秋冬コーデに欠かせないファッションアイテムといえばコートである。ビジネススーツと相性の良いトレンチコートや、着丈が美しいチェスターコートなど、いつの時代でもトレンドに左右されることのない、10年後もファッションの第一線で活躍するオススメのロングコートをまとめて紹介する。

ロングコート目次

スーツと相性の良いロングコート

これぞコートの王道スタイル! サンヨー「100年コート」

コート¥106,000(SANYO SHOKAI カスタマーサポート〈サンヨー〉)※サイズ:L・着丈109.5cm、ライナー付き

出番が限られるコートだからこそ、飽きが来ない王道のものが良い。ならば三陽商会の「100年コート」はどうだろうか。見た目はシンプルであるがクラシックなディティールを盛り込んでいるため、スーツやジャケットとの相性は抜群だ。

フランスの古き良き物作りをリスペクトした「デ ボン ファクチャー」のロングコート

コート¥157,000(シップス 銀座店〈デ ボン ファクチャー〉)※サイズ:48・着丈114cm 編集部調べ

ウール100%のソフトな風合いに、落ち着いたブラウンがどこかフランス上流階級を彷彿させる。やや低めのゴージラインやラグランスリーブ、ゆったりとした丸みのあるシルエットなど、随所にブランドのこだわりが感じられる1着だ。

すでに完成されたヴィンテージコートで男の格を上げる!

コート¥92,000(デイビッズ クロージング〈ヴィンテージ〉)※サイズ:38・着丈113cm 編集部調べ、1点物につき要問い合わせ確認

新品のコートも良いが、ヴィンテージもまた、なんともいえないオーラを感じる。1950年代のコットンギャバジンのヴィンテージコートなんかどうだろうか。半世紀もの時がたち色褪せたブラウンカラーは、ヴィンテージだからこその風合い。くたびれた感じのコートもまた味がある。

ビスポークスーツのような美しい仕立て! 「フォルテラ」のロングコート

コート¥108,000(ビームス 六本木ヒルズ〈フォルテラ〉)※サイズ:48・着丈115.5cm

イタリアファッション界の重鎮、アレッサンドロ・スクアルツィ氏が手がけるブランド「フォルテラ」。サルトリアスーツのように美しい仕立ては、スーツスタイルに良く映える。

ビジネススーツに映えるのは無地のロングコートしか無い!

「パルト」のバルマカーンコート

コート¥98,000(アマン〈パルト〉)※サイズ:48・着丈105cm 編集部調べ

英国調を表現した「パルト」のバルマカーンコートを纏えば、気分はまるでシャーロック・ホームズのようだ。3ピーススーツにハットで名探偵をイメージするのも良し! いつものスーツでも十分に映えること請け合いだ。

チェックが鮮やかな「コヒーレンス」のロングコート

コート¥153,000(コヒーレンス)※サイズ:M、ライナーは別売り、着丈108cm 編集部調べ

マス目の大きいチェック柄に目を引くコヒーレンスのコート。そのデザインだけでなく着た時に優雅に見えるシルエットもまた魅力的だ。サイドポケットはヴィンテージに見られる貫通式を採用。コートの上からパンツのポケットにも手が伸ばせ、ポケット自体もハンドウォーム用とA4サイズがらくらく入るマガジンポケットの2層と機能性も盛り込んだ。

すでに完成されたヴィンテージ! 「アクアスキュータム」のバルマカーンコート

コート¥130,000(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム〉)※サイズ:38・着丈110cm 編集部調べ、ライナーは別売り、撥水加工無し

長年使い込んだような風合い、パッチワーク風のステッチ、生地の擦り切れなどの加工を施している「アクアスキュータム」のロングコート。一見するとヴィンテージコートであるが、全て加工によるものだ。新品のようにパリッとした着用感も良いが、すでに完成されたヴィンテージコートであれば、着た瞬間にあなたの服と馴染むことだろう。

「マッキントッシュ ロンドン」のステンカラーコート

コート¥156,000(SANYO SHOKAI カスタマーサポート〈マッキントッシュ ロンドン〉)※サイズ40、着丈110cm

スーツに合わたい! そう思わずにいられないのがステンカラータイプのロングコートだ。ボリュームのある生地をベルトで絞り、ゆとりのある着こなしをすることで絞りの効いた着こなしができる。ハリとコシのある生地は優雅さだけでなく高級感を与えてくれる。

無地のコートでは飽き足らないあなたに、小洒落たロングコートはどう?

イタリアブランドの雄「カルーゾ」のベルテッドコート

コート¥198,000(シップス 銀座店〈カルーゾ〉)※サイズ48、着丈111cm、編集部調べ

ガンクラブチェックでカントリーテイストを表現した「カルーゾ」のベルテッドコート。ラグランスリーブにややゆとりのあるサイズ感、着丈の長さなど随所にクラシックさを取り入れながらも古臭くならないモダンな表情は流石である。ガウンのようにゆったりと着こなしリゾート気分を味わうのもいい。

シルエットが魅力的な「スティレ ラティーノ」の英国風ロングコート

コート¥270,000(伊勢丹新宿店〈スティレ ラティーノ〉)※サイズ48、着丈108cm、編集部調べ

ウール×ナイロン×コットンを3種類をブレンドした生地で仕立てた英国の風を感じるコート。ブレンドした生地により、それぞれの素材の良さを感じることができるだろう。ラグランスリーブにゆとりのあるサイズ感で、トレンドを取り入れたコートであれば、纏うだけで英国気分になる。

ガンクラブチェックのロングコートで英国の息吹を感じよ!


カジュアルに着こなせるロングコート

立ち衿が魅力的な「カンタータ」のハイカラーコート

コート¥178,000(カルネ〈カンタータ〉)※サイズ48、着丈105cm、編集部調べ

ボタンで留められたハイカラー(立ち衿)により巻物を必要としないロングコート。大きめなフラップ式のパッチポケットにターンナップカフ、バックベルトなどクラシカルなディテールを取り入れながらも、ブランドらしいアレンジが効いた魅力的な1着。

ブラウンコートは「着丈」「デザイン」「色彩」の3つを意識せよ!

いつもの「バブアー」とは違うロングコート

コート¥98,000(バブアー 銀座店)※サイズ:38・着丈115cm 編集部調べ

「バブアー」を知っている者なら思い浮かべるのが、伝統的なワックスコットンとカーキ色だが、トレンチコートをベースに作られたロングコートを知っているだろうか。ゆったりとしたシルエットと大胆なグレンチェック柄は今の時代に合わせた英国コートだ。

普通とは少し違う「イーヴォ」のロングコート

コート¥110,000(トヨダトレーディング プレスルーム〈イーヴォ〉)※サイズ48・着丈110cm 編集部調べ

コーデュロイの人気は年によって変化するがコートであればトレンドに左右されることも少ないだろう。ラグランスリーブでゆったりとしたシルエットがクラシカルなディテールではあるが、黒で統一することでモードな雰囲気が一気に加速する。

ロングダッフルコート「グレンフェル」のグレーがおすすめ!

コート¥128,000(コロネット〈グレンフェル〉)※サイズ38・着丈106cm 編集部調べ

カジュアルコートの定番と言えばダッフルコートであるが英国王室御用達ブランドグレンフェル「EST」のロング丈なら大人が着ても子どもっぽくならないコートだ。ダッフルコート本来のゆったりとしたシルエットではなく、アームホールや身幅をシャープにすっきりと現代的にアップデートすることで都会的な雰囲気に仕上げている。少しカジュアルなぐらいがちょうど良いのだ。

コート選びで悩んだら着回しやすい黒かグレーを選ぶべし!

これぞダッフルの大本命! 「ロンドン トラディション」のロングダッフルコート

コート¥69,000(ビームス 六本木ヒルズ〈ロンドン トラディション〉)※サイズ40、着丈106cm、編集部調べ

2000年に英国で創業を始めたファクトリーブランド「ロンドン トラディション」のダッフルコートは、フードやトグルボタン位置など通常のものとは一線を画す、高いデザイン性が魅力だ。創業者自らの経験を生かし立ち上げたブランドは、ダッフルコートに新しい革命をもたらす1着になるだろう。裏地の鮮やかなオレンジにも注目を!

ブラウンコートは「着丈」「デザイン」「色彩」の3つを意識せよ!


ビジネス、カジュアルどちらでもいける万能チェスターコート

今らしいシルエットが魅力的な「タリアトーレ」

コート¥95,000(ビームス 六本木ヒルズ〈タリアトーレ〉)※サイズ48、着丈115cm

今らしいシルエットが大人を魅了するタリアトーレの「ANDY」。オーバーサイズといっても、だらっとしたシルエットではなく、計算された立体美がこのブランドの持ち味。チェスターコートの大人らしさも相まって、あなたのコーデを格上げしてくれることだろう。

男らしい印象を与える「タリアトーレ」のロングチェスターコート

コート¥105,000(トレメッツォ〈タリアトーレ〉)※サイズ:46・着丈120cm 編集部調べ

チェスターコートの良さはこの完成されたタリアトーレの「ANSON」が一番である。ネイビーをベースに柔らかなソフトツイード生地を使用したダブルのチェスターコートは着心地の良さはもちろん、綺麗なシルエットを生み出すことができる1着だ。

ガンクラブチェックのロングコートで英国の息吹を感じよ!

大人コーデの定番! 「ビッグ アンクル」のロングチェスターコート

コート¥138,000(ラ ガゼッタ 1987 青山店〈ビッグ アンクル〉)※サイズ48、着丈109cm、編集部調べ

2014年に設立した新進気鋭のブランド「ビッグ アンクル」。滑らかなウールを使用しソフトな風合いが大人らしい印象。シンプルなチェスターコートのように見えるが、肩はドロップショルダーに、リラックスしたシルエットが特徴だ。

ブラウンコートは「着丈」「デザイン」「色彩」の3つを意識せよ!

色気を感じる「イーヴォ」のベルテッドチェスターコート

コート¥78,000(トヨダトレーディング プレスルーム〈イーヴォ〉)※サイズ:48・着丈111cm 編集部調べ

ゆったりとしたシルエット、ドロップ気味のショルダー、着丈の長いロング丈とまさに旬なディテールが特徴的なイーヴォの「OSTUNI」。ベルトでコートのニュアンスを変えられるので、自身にあった着こなしを楽しめるのもポイントである。ワードローブのようなロングコートである。

細かなチェック柄が美しいダブルチェスターコート

コート¥230,000(アミ オモテサンドウ〈アミ アレクサンドル マテュッシ〉)※サイズ:48・着丈120cm 編集部調べ

細かくデザインされたチェック柄が上品な「アミ アレクサンドル マテュッシ」のダブルのチェスターコート。攻めたデザインだけにここぞという場面で着たい1着だ。構築的なショルダーやロング丈から生まれるAラインは、スタイルを良く見せる視覚的効果だけではなく着たものを主役にさせてくれる、そんなコートである。

後ろ姿も美しく見えるチェスターコートで男らしさをアピール!


多種多彩なミリタリーテイストのロングコート

上品にデザインされたミリタリーロングコート

コート¥105,000(伊勢丹新宿店〈タリアトーレ〉)※サイズ48、着丈113cm、編集部調べ

伊勢丹メンズ館15周年を記念しつくられたタリアトーレの「BERT」。主張のあるワイドラペルにたっぷりとした着丈など男らしいシルエットの反面、生地は上品でサラッととしたウールツイルを使用。醍醐味となるベルトもあえて短く取ることで程よくバランスの取れた丹精な顔つきは伊勢丹メンズ館15年にふさわしい1着だ!

玄人専用⁉「SANYO」のトレンチコートは男の中の男が着るコートだ!

コート¥119,000(SANYO SHOKAI カスタマーサポート〈サンヨー〉)※サイズL、着丈117cm

SANYOを代表する100年コートの「Agedモデル」は、男が着るために生まれてきたといっても過言ではない。着丈、シルエットなど男の欲をすべて満たす究極のトレンチと言えるだろう。買った時から味わいのある表情が楽しめるのは、日本の卓越した技術力の高さの証明である。

現代的にアレンジされた「アスペジ」のロングコート

コート¥148,000(アスペジ 六本木)※サイズS、着丈108cm、編集部調べ

1965年頃のユーゴスラビア軍の軍服をモチーフにしたアスペジのミリタリーコート。ウールとリネンをベースにブレンドした生地を使用。ザラつきのある肌触りがいかにも男らしさを醸し出している。開きの少ない襟元に大きめのドロップしたラペル、ボタンまでカーキ1色に統一したデザインはミリタリーを思う存分楽しめることだろう。

派手な色彩が魅力的! 「ナイジェル・ケーボン」のロングコート

コート¥160,000(アウターリミッツ〈ナイジェル・ケーボン〉)※サイズ44、着丈110cm、編集部調べ

一見すると派手だが、コートの魅力のひとつに派手なカラーリングがあげられる。地味なスーツやカジュアルスタイルもコートひとつで見違えるようなコーデになる。フロントの大きめなポケットや背面の腰下あたりに施された左右2つのポケットは、ヴィンテージに見られるディテールを再現している。大柄こそ変化球だが、大人の男が着てこそ映えるコートである。

1着あれば安心できる! シーンを選ばず着用できるロングコート!


メンズにおすすめ! オーバーサイズのロングコート

鮮やかなイエローがインパクト大! ヘルノのオーバーサイズコート

コート¥298,000(ヘルノ・ジャパン)※サイズ50、着丈109cm、編集部調べ

ドロップショルダーに身幅もたっぷりとした、現代の空気感を落とし込んだオーバーサイズシルエットのコート。肩から腕に覆われた脱着可能なコットン素材の生地は、デザインだけでなく、雨などからコートがダメージを受けないためのディテール。重たく感じる冬コーデも華やかになることだろう。

初心者でも安心して使えるチーニのコート

コート¥142,800(エリオポールメンズ銀座〈チーニ〉)※サイズフリー、着丈119cm、編集部調べ

イタリアブランド「チーニ」は、ラグランスリーブにゆったりとしたAラインシルエットで、今の旬なディテールを持ち合わせている。ネイビー無地だからオーバーサイズ初心者にもトライしやすく、またコーディネートも取り入れやすい。せっかく羽織るならボタンは閉めずに、コートが颯爽と風になびく様を楽しみたい。

いやらしくないホワイトカラーのロングコート

コート¥125,000(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)※サイズ48、着丈115cm、編集部調べ

ボスからは着丈も身幅もたっぷりととられたロングコートをチョイス。イタリアの最高級生地メーカー「コロンボ社」のウールを贅沢に使用し、大人らしい上品なコートに仕上がっている。カジュアルな着こなしだけでなく、ドレスな着こなしにもハマる1品だ。

おしゃれの新定番⁉ 今が旬のオーバーサイズコートで上級者コーデ


カシミヤ100%のロングコート

「アクアスキュータム」のカシミヤステンカラーコート

¥300,000(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム〉)※サイズ38、着丈110cm、編集部調べ

カシミヤ100%で作られたアクアスキュータムのステンカラーコート「AQ ネルソン」。コートの老舗ブランドなだけあるその仕立てはパーフェクトである。濃紺から放たれるカシミヤの艶と柔らかな肌触り、羽織っていることを忘れてしまうほどの軽やかさは、一度着てしまったら二度と手放せなくなってしまうことだろう。

日本を代表する名店「サンモトヤマ」のカシミヤポロコート

オーダー価格 ¥460,000(サンモトヤマ 銀座本店〈サン〉)※サイズ50、着丈120cm、パターンオーダーのため、着丈等はサイズ調整可能、納期はおよそ1ヶ月〜

日本のファッションを語るうえで「サンモトヤマ」を忘れてはならない。1955年に創業した銀座の老舗名店「サンモトヤマ」のオリジナルブランド「サン」のロングコートは、本物志向を好む大人のための1着。パターンオーダーのためレギュラーで提案している着丈115cm(サイズ50の場合)よりも5cm長めだが、長くすることでより優雅な裾の揺れをより楽しめる。サイズは42〜54の7サイズ展開、カラーはベージュ・ライトグレー・チャコールグレー・ブラックの4色展開。

一生使えるカシミヤ100%で仕立てられた超贅沢なロングコート

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク