大人の女性をエレガントに演出する黒ブラウスを取り入れた冬の装いを、ラグジュアリーファッション誌「Precious」のこれまでの記事からピックアップしました。スカートの合わせ方やオフィスで映える着こなしなど、洗練されたコーディネートを参考にしてください。

【目次】

黒の長袖ブラウスコーデ


【1】ミカコ ナカムラの黒ブラウス×ブルーワイドパンツ

程よくトレンド感も楽しめる旬の色と素材感にチャレンジ
パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ベルト(yoshie inaba)、サイモン アルカンタラのピアス・イヤーカフ・バングル・ソフィー ブハイのリング(ストラスブルゴ)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

艶めくパンツを主役に、トレンド感が光る着映えスタイルを。ボトムが印象的なぶん、シンプルな黒のシルクブラウスでバランスをとりましょう。

【2】ヴァレンティノの黒ブラウス×ベージュパンツ

シックカラーでまとめた凛としたパンツスタイルはワンランク上の華やぎに
ヴァレンティノのブラウス・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・ピアスチェーン/片耳用・リング(フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

黒×ベージュのシックトーンで華やぎシーンに臨むときこそ、ディテールにこだわって。ベージュのパンツは、センタープレスがきいた、キリッとしたシルエットが見事。程よい緊張感が、華やぎシーンにふさわしいオーラを生み出してくれます。パンツにハリ感があるからこそ、シルクブラウスのなめらかさが際立ちます。

【3】ニナ リッチの黒ブラウス×水色スカート

愛らしいフォルムのバッグが、優雅なしぐさを引き出す
シルクのブラウス・スカート・パープルの水ヘビのバッグ『クティ』・靴(コロネット〈ニナ リッチ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ドレープが美しいサテンの黒ブラウス&水色スカートに、ころんとしたフォルムのかわいいバッグで、洗練された遊び心を感じさせて。個性的に見えて、どんな服にも似合うバッグ『クティ』は、デイタイムからパーティーまで活躍してくれます。

【4】エンポリオ アルマーニの黒ブラウス×ボルドースカート

コメンテーターとしてTV出演。きれい色のスカートで上品に
ブラウス・ファーストール(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ (デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ビジューパンプスやブラックファーを味方につけて、シンプルな黒ブラウスコーデに華やかなオーラを授けましょう。

【5】コルピエロ フォー エストネーションの黒ブラウス×柄スカーフ

細長スカーフを2本使い!ボウブラウス風に重ねて鮮やかなエレガンスを
ブラウス・スカート(エストネーション〈コルピエロ フォー エストネーション〉)、スカーフ『ツイリー』《ロカバール》・グレー系の細長スカーフ『ツイロン』《シルク・ゲーム》・ブレスレット(エルメスジャポン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

細長スカーフ『ツイリー』に、より細長い新作スカーフを重ねる提案。シックカラーの黒ブラウスの襟元に長く垂らして結べば、エレガントなボウブラウス風にアレンジできます。

【6】アストラットの黒ブラウス×ベージュタイトスカート

やわらかなカシミアシルクをモノトーンで小さく巻いて
ブラウス(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、スカーフ『バンダナ』《エクスリブリス》・ピアス(エルメスジャポン)、スカート(アオイ〈ポール カ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

黒地に白で馬車のモチーフをあしらったバンダナ柄の小ぶりなスカーフ。黒のスタンドカラーのブラウスの襟元に、なじませながらも、少し白が出るだけで、軽やかな表情になります。コンパクトに巻くときは、やわらかい素材がまとめやすいので、カシミアシルクなどがおすすめです。

黒ブラウスとスカートのコーデ


【1】アトランティックアスコリの黒ブラウス×ブラウンスカート

シックなグレージュ×ボルドーの大人配色が甘いコートに品格を宿す
ブラウス・スカート(スーパー エー マーケット〈アトランティックアスコリ〉)、ドゥロワーのコート・グーセンスのブローチ(ドゥロワー青山店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

シックなニュアンスカラーが美しいムートンにボルドーのラムレザーを施したノーカラーコートを黒ブラウスに合わせて。胸元につけた大ぶりのブローチが大人かわいいワンポイントになってくれます。

黒ブラウスのオフィスコーデ


【1】エスカーダの黒ブラウス×リング

赤い天然石を含んだインパクトリングで幸運をしっかり引き寄せて
ブラウス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、リング『パリ ヌーベルバーグ』(カルティエ) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

シンプルな黒のブラウスには、華麗なカラーグラデーションのリングを。ピンクのモルガナイトから流れる房のようなたたずまいがロマンティックな風格を生みます。

【2】ブラミンクの黒ブラウス×白パンツ

ケープを引き立てるシンプルな着こなしでノーブルな装いを堪能
ブラウス・ケープ(ブラミンク)、パンツ(MOGA)、ファーストール(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ピアス(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ダブルフェースのウールケープは、上質な素材感を生かすような、ミニマルなデザインが魅力的。コートの中は、黒のシルクブラウス×細身パンツですっきりと。主役のアウターは…ケープ部分をたくし上げれば、ノースリーブコートとしても楽しめる2WAY仕様です。

【3】ピアッツァセンピオーネの黒ブラウス×ライトグレーセットアップ

いつものテーラードスーツもバンドカラーのブラウスで今の気分に!
ブラウス(三喜商事〈ピアッツァセンピオーネ〉)、ジャケット・パンツ(SANYOSHOKA〈I ポール・スチュアート〉)、ピアス・ネックレス(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

すっきりとクリーンなネックラインの黒のシルクブラウスが、ベーシックスーツを新しい印象に。ブラウン×ブルーのバイカラーもおしゃれ感を添えてくれます。華やぎ感を高めたい日は、胸元にさりげなく煌めくジュエリーを添えましょう。

【4】ジョルジオ アルマーニの黒ブラウス×グレーセットアップ

ストレスフリーな着心地もうれしい、デニム調の軽やかなパンツスーツ
ジャケット・パンツ・ブラウス・バッグ(ジョルジオアルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス(TASAKI〈M/G TASAKI〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

カシミアウール混にストレッチの入ったダブルフェースのジャケットは、従来のダブルジャケットとは違う浅めの前合わせで、ブラウスの上から軽やかにはおれる一着。ドローストリングタイプのパンツで、シックかつ軽快に着こなしましょう。

40代女性におすすめの黒ブラウスコーデ


【1】Vinceの黒ブラウス×グレーパンツ

深みのあるグレーやカーキを優しく重ねるグラデーションで、大人の余裕を醸し出して
コート(wb)、ブラウス(Vince表参道店)、パンツ(レキップ)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、イヤリング・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ふんわりと軽やかなシャギーコートをはおり、冬の街を颯爽と歩いて。ビルが立ち並ぶモダンな街並みになじむのは、色味を抑えたシックな着こなし。黒とろみブラウスやグレーのパンツで、シックカラーの濃淡をつくれば、決して地味にならず、洗練されたスタイルができ上がります。

【2】黒ブラウス×黒ニットマント

黒なのにこんなに軽やか!洗練の「ニットマント」
マント・パンツ・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

裾を軽快に仕上げた一枚仕立てなので、足さばきがよく、歩くとドラマティックなシルエットを描くマント。前立てにあしらわれたシルクサテンの直線的なラインは、表情を華やかに見せるだけでなく、黒ブラウスとあいまって、全身をほっそり見せてくれる効果もあります。

【3】エンポリオ アルマーニの黒ブラウス×グレーセットアップ

セットアップでハンサムに。細部までチェックして目指すは反響の高いインプレッション!
ブラウス・ジャケット・パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

キリッと見せたいときには、ネイビーのスーツ×黒ブラウスでハンサムな雰囲気に仕上げましょう。

黒ブラウスコーデの関連記事