お箸の中央についている紙留め=帯、あなたはどうしていますか?

新元号・令和がスタートし、2020年にはオリンピックが東京で開かれるなど、「日本人であること」について触れる機会が増えてきました。そんな時こそ今一度、確認しておきたいのが「日本料理をいただく時のマナー」。
食事のマナーがきちんと身についた、自然な身のこなしができる大人の女性って憧れますよね。また、外国人と食事をする際に、間違ったマナーを披露してしまうと、なんとも恥ずかしい思いをしてしまいそうです。

そこで、ホテル椿山荘東京の料亭「錦水」の女将、新盛睦美さんに、大人の女性が嗜むべき日本料理の会食=会席のマナーの基本を、改めて教わります。第2回目は「お箸」についてです。

手で食べ物を受けるようにして食べる「手皿」はマナー違反!【令和元年、日本人なら覚えておきたい会席マナー4】

教えてくれたのは…新盛睦美さん
ホテル椿山荘東京 和食レストラン課 料亭「錦水」女将
藤田観光株式会社に入社後、大阪の太閤園で務めたのち、転勤でホテル椿山荘東京へ。日本の文化を伝えるべく、料亭のおいしいお食事をいただきながら、テーマやポイントを絞って学べるマナーレッスン講座をスタート。

和食店に行くと供される、真ん中部分に帯のついた「利休箸」。帯がきっちりとまっていると、なかなかスルッとお箸が抜けないもの。でも、帯をビリっと破くのはマナー違反です。そんなとき、どうしたらよいのか?を教えてもらいました!

■1:箸を手に取り、下の箸を持つ

お箸を縦に持ったときの、下の方をつまむ

真ん中にふくらみのある利休箸。2本の箸の下の方をつまみます。

■2:つまんだ箸を、すべらせるようにずらす

お箸を左右に動かすのは意外と簡単

長さをそろえて留めてある箸を、左右にずらすようなイメージです。

■3:帯を抜き、盆の上に置く

するりと抜けました

するっと帯を抜くことができるので、帯を抜き、お盆の上に置きます。

■4:お箸を箸置きに戻す

一度戻すのがエレガントなポイント

そのまま食べ始めるのではなく、一度、箸を箸置きに置くほうが、よりきちんとして見えます。箸置きがない場合は、抜いた帯に箸先を置くようにしてもかまいません。

以上、中央が帯で留められた利休箸の使い方のコツでした。ちょっとしたことで、スマート度がぐっとアップする会席マナーのポイント。次回は基本中の基本、お箸の取り方、置き方をおさらいしましょう。

美しい日本文化を体感!「料亭で学ぶ 和食マナー&立ち居振る舞い体験教室」~接待&会食マナー教室

  • 「料亭で学ぶ 和食マナー&立ち居振る舞い体験教室」~接待&会食マナー教室
  • 期間/開催中~2019年8月9日(金)
  • ※平日限定 ※2週間前までの完全予約制
  • 時間/入店時間11:30~13:30のいずれか(教室は約2時間半)
  • 場所/料亭「錦水」個室
  • 料金/¥15,000(※個室料、税、サービス料込)※ほかの割引・優待との併用は不可
  • 内容/ゲストのお迎えの仕方や予約の取り方など、接待での注意点を重点的にレッスンしたのち、食事をしながら基本的な会席マナー講習
  • メニュー/ミニ会席(※乾杯ドリンク1杯付)
  • 人数/1組4~8名(1日1組限定)
  • 予約・問い合わせ:03-3943-5489(9:00~20:00)

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
安念美和子