「Precious.jp」の記事の中から40代~50代女性におすすめのスキンケアの方法、コスメ情報をピックアップしました。いつまでも若々しいお肌を保つためには、日々のスキンケアが重要です。スキンケアを見直して、透明感のある潤い肌を叶えてください。

【目次】

おすすめのクレンジング方法でスキンケア


クレンジングクリームの効果を最大限利用してスキンケア

クレンジングクリームの効果を最大限利用して
クレンジングクリームの効果を最大限に利用するおすすめスキンケア

1:流さないからこそ!リビングで「ぬくぬくクレンジング」のすすめ

メイクオフは洗面所で、と決めつけてはいませんか? ところが、洗い流さないクレンジング方法ならば、リビングルームでTVや映画を楽しみながらの「ながらメイク落とし」も可能なのです。暖かくなる季節、クリームのソフト感が際立ち、肌へのなじみがぐんと増してクレンジング効果も倍増!

ソファにゆるりと身を委ね、リラックス気分で行うマッサージはまさに至福の時間となり、ケア効果も高まります。疲労まで一緒にクレンジングされていくような気持ちよさの、一石二鳥のクレンジングを楽しんでみてください。

2:蒸しタオルで「スチームオフ」すれば、モチモチ具合はエステ並み

「クレンジングはバスタイムの間にすませたい」という方におすすめなのは、お湯で温めたタオルで蒸しながらメイクオフする方法。

まずはお風呂に入る前にクレンジングクリームをたっぷり塗って、バスタブの中でマッサージを。それからタオルを少し熱めのお湯に浸して絞り、顔全体(鼻や口元は除く)を覆って2~3分おきます。肌に残ったクリームと汚れをタオルに移し取るように、そうっと押さえながらオフしたら、さらにきれいな面で優しく拭き取ってフィニッシュ!クリーム+蒸気のマスク効果で、信じられないほどモッチリしっとりと変わった弾力肌に出合えます。

3:クレンジングクリームは、旅先でも乾き知らずのパワーを発揮!

汚れを落としながら肌を慈しむのが得意技だけに、クレンジングクリームは旅先でもその真価を発揮します。

例えば、わずか数秒で水分を奪い去ってしまうほど乾燥した飛行機の機内では、メイク落としの間の一瞬だとしても素肌をさらすなんて危険すぎ! その点、クレンジングクリームなら肌を厚みのある潤いのバリアで守りつつ、汚れをそっと浮き上がらせてくれるからもってこいなのです。

また水質が心配な地域や、超乾燥のホテルであれば、なおのこと、その効果を実感することができるはずです。

冬の乾燥肌にサヨナラ!化粧水&クレンジングの5つの新常識

潤い美肌が手に入る拭き取りクレンジングでスキンケア

自ら潤う肌に鍛える「拭き取りクレンジング」4つのポイント

ひとつ目の秘策は、クレンジングの際の仕上げの「拭き取り」。汚れとともにクリームを一気に洗い流すほうが簡単ではあるけれど、ぬるま湯を含ませたコットンで拭き取る方法を選ぶのは、肌に美容成分と潤いを押し込めるのが狙いです。

拭くことで余分な角質も取り去ることができ、温感作用により肌は見違えるほどふっくらと復活。このクレンジング法は、いうなれば代謝を促すための「フィットネス」のようなもの。動きだした肌は自ら潤う力を獲得し、乾燥に負けない肌へと育っていくのです。

POINT1:リムーバーなしでメイクを絡め取る、綿棒を使ったプロの技!
クリームタイプのクレンジングなら、綿棒でのメイクオフも簡単に。
クリームタイプのクレンジングなら、綿棒でのメイクオフも簡単に。

クリームタイプは、クレンジング力が高いためポイントメイクを落とすことも可能。肌当たりの優しい太めの綿棒にとり、ラインやマスカラを絡め取るよう落とすという、プロの技を拝借しましょう。

POINT2:摩擦で肌が荒れないよう、使う量は適量よりも少し多めに
少し多めの分量で、手と肌の間にクッションを。
少し多めの分量で、手と肌の間にクッションを。

例えば、適量がアーモンド大だとしたら、その1.5倍は使いたいもの。マッサージを兼ねたクレンジング法だからこそ、手と肌の間でクッションとなる少し多めの量が必要なのです。

POINT3:落とし忘れやすい小鼻や生え際は、クリームを継ぎ足してたっぷりと
汚れが残りやすい部分には、重点的にクリームを補給して。
汚れが残りやすい部分には、重点的にクリームを補給して。

肌が乾ききっていると、マッサージの間にクリームが吸収されてしまうことも。そこで必要となるのは、途中でのクリームの補給です。特に、汚れが残りやすい小鼻や生え際は、重点的に継ぎ足していきましょう。

POINT4:両手を使って、ぬるま湯を含ませたコットンで優しく拭き取る
ぬるま湯を含ませたコットンで、クリームをそっと拭き取っていく。
ぬるま湯を含ませたコットンで、クリームをそっと拭き取っていく。

大判のコットン2枚にぬるま湯を含ませたら、それを両手に持ち、左右同時に拭き取っていきます。圧をかけすぎて、肌を引っ張らないように注意して。目周りのデリケートなゾーンは、片方のコットンで肌を軽く押さえながら、もう片方でそっと拭き取りましょう

クリーム・クレンジングでメイクオフとマッサージが同時に完了

ふたつ目は、クレンジングの際に「マッサージ」を行うこと。何しろ、上質のクレンジングクリームは肌に摩擦を与えない配慮から、なめらかなテクスチャーを採用しています。それがクッションの役目を果たしてくれるので、マッサージにも適役なのです!

代謝がアップして肌が温まると汚れが奥から浮き上がり、美容成分の浸透はよりスムーズになる、という好循環も生まれます。

1分でOK。毎日続けたら美肌効果てきめんな、メイクオフ&マッサージの4ステップ 

クリームタイプのクレンジングなら、メイクオフとマッサージが同時に完了。
クリームタイプのクレンジングなら、メイクオフとマッサージが同時に完了。

(1)小鼻脇からこめかみに向かって小さな円を描きながらマッサージ。口角からこめかみにかけても同様に。

(2)あごの中心からフェースラインを通り、耳の下へ、クルクルと小さな円を描きながら上昇。ファンデーションが残りやすい、あご下、首との境目も忘れずに。

(3)眉間から髪の生え際へ向かってすり上げるようにマッサージしたら、次に額の中心からこめかみへと小さな円を描く。

(4)耳下から鎖骨へ、すり下ろすように手を動かす。マッサージで動いた老廃物を、鎖骨のリンパへと流してフィニッシュ!

メイクオフとともに、美容成分によるスキンケアもかなうクリームタイプのクレンジング。その一石二鳥の特性を生かしたふたつのクレンジング術で、乾燥にも負けない「潤い美肌」が手に入ります。

「潤い美肌」が手に入る、クリーム洗顔2つの秘策!

化粧水を使ったおすすめスキンケア


1~3日目:くすみやシミ、たるみなどを即解決のおすすめスキンケア「朝晩2回のローションパック」

1:呼び水のためのローションを少しとる

1円玉くらいの少量のローションを手にとる。
1円玉くらいの少量のローションを手にとる。

肌に少し水分があったほうが、次に行うローションパックの浸透がよくなるので、1円玉くらいの少量のローションを手にとっておく。一度にローションをたくさんとっても、肌には入っていかないので、少量でまずは十分!

2:ローションを「サーキュレーション塗り」

手にとったローションを乗せる際は、肌をこすらないように気をつけて。
手にとったローションを乗せる際は、肌をこすらないように気をつけて。

手にとったローションを手のひら全体にのばし、顔の中心から外側に向かって大きく動かし、マッサージするような感覚でのせていく。すると角層がほぐれ、よりローションが浸透しやすくなる効果が。ただし、このとき、肌をこすらないように気をつけて。

3:コットンの四隅までしっかりとヒタヒタに!

ヒタヒタになっている目安は、指が透けるくらいコットンの裏まで浸っていること。
ヒタヒタになっている目安は、指が透けるくらいコットンの裏まで浸っていること。

いよいよローションパックへ。6×8cmくらいの大判コットンに、四隅までヒタヒタになるくらい、しっかりとローションをとる。コットンを手に持ったとき、指が透けるくらい、裏まで浸っているのが目安に。ただローションが垂れることがあるので注意して。

4:コットンを薄く4枚に割いてスタンバイ

1枚のコットンをまず2枚に。さらに、その2枚をさらに割き、全部で4枚に割く。
1枚のコットンをまず2枚に。さらに、その2枚をさらに割き、全部で4枚に割く。

1枚のコットンをまず2枚に割く。次に、その2枚をさらに割き、全部で4枚になるように準備する。4枚に割くとかなり薄くなるけれど、薄いほうが肌にピタッと密着して剥がれにくくなるというメリットが。貼り終えたら、手のひらで押さえて密着させておく。

5:顔全体に割いたコットンをのせていく

割いたコットンは、朝と夜の異なるのせ方で。
割いたコットンは、朝と夜の異なるのせ方で。

朝はコットン1枚分を割いた4枚を両頬、額、あご、鼻筋に。夜はもっとしっかり角層に水を入れるため、コットン2枚を8枚に割き、朝の状態に、さらに重ねて全顔を覆うようにのせる。

左・朝/割いたコットンを、頬を覆うようにして1枚のせる。少しコットンを頬に合わせてのばし、ピタッと沿わせて。もう片側の頬も同様に。さらに額に1枚。最後の1枚は縦長に2分割し、鼻とあごにのせる。右・夜/朝のスタンダード貼りにプラスし、縦長に2分割したコットンを両こめかみにのせる。同様に、縦長にした2分割を鼻筋と鼻の下にのせる。最後に1枚ずつあご先から耳下に引き上げるようにのせる。
左・朝/割いたコットンを、頬を覆うようにして1枚のせる。少しコットンを頬に合わせてのばし、ピタッと沿わせて。もう片側の頬も同様に。さらに額に1枚。最後の1枚は縦長に2分割し、鼻とあごにのせる。右・夜/朝のスタンダード貼りにプラスし、縦長に2分割したコットンを両こめかみにのせる。同様に、縦長にした2分割を鼻筋と鼻の下にのせる。最後に1枚ずつあご先から耳下に引き上げるようにのせる。

朝は5分、夜は10分それぞれおく。途中でコットンが乾いてきたら、随時ローションを足すのを忘れずに! パック後は、美容液などの通常のケアを行ってください。

4~7日目:角層を「水」で満タンにする仕上げのダメ押し漬けで、夜のみローションパックを継続!

3日間、朝晩のローションパックを続けると、角層にはだいぶ水が入り、パンパンとしてくるはず。さらに角層の水を満たすべく、朝の重ね塗りと夜のローションパックで角層を満タンに!

朝1:1回分を少量に分けて地ならしを

500円玉大はNG。1円玉大ずつの少量を3回に分けて。
500円玉大はNG。1円玉大ずつの少量を3回に分けて。

ローションの適量は、よく500円玉大といわれるものの、1回でその量は肌に入っていきにくいことも。そこで、1円玉大ずつの少量を3回くらいに分けて塗ると、結果的に500円玉大の全量が肌に入っていきやすくなります。ローションは分けて入れ込むと覚えておきましょう。

朝2:「サーキュレーション塗り」で角質をほぐしつつ入れ込む

角質をほぐすようにローションを入れ込んでいく。
角質をほぐすようにローションを入れ込んでいく。

手にとったローションを手のひらにのばし、前述の「サーキュレーション塗り」の要領で、内側から外側へ大きくなじませる。手のひら全体でなじませると、硬くなったキメがほぐれやすくなり、肌に水が入りやすくなります。1円玉大のローションを約3回分、手のひらで入れ込んでいきましょう。

朝3:最後は、パッティングをしながら肌を鎮静

丸みをつけた手のひらでのパッティングで、肌を沈静化させてフィニッシュ。
丸みをつけた手のひらでのパッティングで、肌を沈静化させてフィニッシュ。

ローションを約3回に分けて入れ込んだら、最後に手のひらに丸みをつけ、指の第一関節のみを使い、フェースラインを中心にパッティングしていきます。手に丸みをつけることで肌に風が送られ、肌が冷えて鎮静させることが可能に。その後は、美容液などの通常のケアを行います。

夜:夜のみ、1~3日目と同様のスペシャル貼りでパック!

夜はローションパックでスペシャルケア。
夜はローションパックでスペシャルケア。

朝は時間がなくとも、夜はリラックスしながら、角層に水分をため込ませて。1週間の後半の夜は、ローションパック+通常ケアを続けていきましょう。

1週間で化粧水1本を使いきると、肌はやわらかさが増し、透明感もアップすること間違いなし。キメがふっくらとし、化粧くずれも激減するはずです!

化粧水「1本を1週間で使いきる」ローションパックで美肌になれる!詳細テクニック

美容液を使ったおすすめのスキンケア


引き締めてあげる、美容液の「×づけ」

スキンケアで改善したいたるみ毛穴。このたるみ毛穴には、2種類の美容液の活用が必須です。ひとつは毛穴の表面をキュッと引き締めるビタミンC美容液。もうひとつはたるみを引き上げるリフトアップ美容液です。

また、たるんだ毛穴は、一定方向を向いていないため、なんとなく美容液をつけてもちゃんと美容液が届いていない可能性が! くるくると○を描いたり、×を描くようにしてつけたりすると美容液の効果がより実感できるようになります。

1:たるみ毛穴が目立つ頬は「○づけ」

頬は「○づけ」
頬は「○づけ」。

こめかみを軽く押さえて少し引っ張り上げて毛穴を元の位置に戻した状態で、○を描くように美容液を塗っていきます。いろんな方向からマッサージするように塗り込むと効果的です。

2:開き毛穴が気になる小鼻は「×づけ」

小鼻は「×づけ」
小鼻は「×づけ」。

ここでもこめかみを軽く押さえた状態で、小さく×を描くようにして、小鼻の周りの毛穴が開きやすい部分に美容液を塗り込みましょう。

肌老化ストップ!ファンデで隠しきれない「たるみ毛穴」を解消するお手入れ習慣

40代・50代のスキンケアにおすすめのデパコス


ディオール「プレステージ ル バーム デマキヤント」

■ディオールの「プレステージ ル バーム デマキヤント」
ディオール プレステージ ル バーム デマキヤント 150ml ¥10,500

ローズワックスが配合され、生まれたてのバラ色の素肌に導いてくれる、新しいクレンジング。肌になじませると、とろけるようにオイル状に変化。肌に素早くなじむので、キメや毛穴の奥の汚れやカバー力のあるメイクもしっかり落としながら、肌をなめらかに整えてくれます。

洗った後もベタつかず、心地よい洗い上がりです(最後は少量のぬるま湯でオイルを乳化させてから、洗い流します)。とろけるようなバラ色のバームは、蓋を開けた瞬間にみずみずしいローズの香りが広がり、疲れた心を癒やしてくれることでしょう。

これで顔を洗えば生まれたてのバラ色肌に!ディオールのクレンジング「プレステージ」3選

ドゥ・ラ・メール「ザ・クレンジング ウォーター」

ドゥ・ラ・メール「ザ・クレンジング ウォーター」
ドゥ・ラ・メール ザ・クレンジング ウォーター 200ml ¥10,500

夜のお手入れですら面倒な日、旅行や外出先での化粧直し、あるいはジムで汗を流した後など、洗顔料も水もいらないクレンジングは最高に便利。しかも肌への穏やかな、けれど確実な働きで信頼のドゥ・ラ・メールとあれば、忙しい日々を過ごす女性の頼れる味方になってくれること間違いなしです。

ドゥ・ラ・メールのザ・クレンジング ウォーターで「ふき取るだけ」のメイク落とし

ランコム「アプソリュ レクストレ ローション」

ランコム アプソリュ レクストレ ローション 15ml ¥18,500(税抜)
ランコム アプソリュ レクストレ ローション 15ml ¥18,500

化粧水というより「美容液がミストになった」と思えるくらい濃密な効果実感をもたらしてくれるのが、ランコムの『アプソリュ レクストレ ローション』です。

リフレッシュ&潤いチャージという化粧水ミスト本来の働きを凌ぐ才能が、ずば抜けた活性力。天然のローズウォーターがたっぷり配合された「とびきり細かな霧」を、額、頬、フェースラインの順でゆっくりなぞるようにスプレーしていくと、そこだけが優雅な香りに包まれた聖域となって、まさに夢心地な化粧水。

ランコムの化粧水ミストで、くすみ肌がバラ色に!

エスティ ローダー「リニュートリィフ゛ UR ホワイト クリーム」

エスティ ローダー リニュートリィフ゛ UR ホワイト クリーム
エスティ ローダー リニュートリィフ゛ UR ホワイト クリーム 48g ¥36,000[医薬部外品]

優れた美白効果をもつ、この「リニュートリィフ゛ UR ホワイト クリーム」には、イオン水に加え、エイジングケア成分として、長寿遺伝子に働きかけエイジングをサポートする「サーチュイン-1(SIRT-1)テクノロジー」も配合。このテクノロジーは、肌のハリを高め、うるおい保持力を改善し、バリア機能を高めてくれます。

肌にのせた瞬間にふっくらとしたハリをもたらし、乾燥による小ジワを目立たなくして、しなやかで弾力のある肌へ整えてくれます。ひとたび肌に塗ると、肌に溶け込むようなまろやかなテクスチャー。普通の美容クリームでは味わえない、まさにラグジュアリーな体験ができるクリームです。

肌の欠点を消し去る!エスティ ローダーの「美白クリーム」が絶賛される理由

エッフェオーガニック「中央/モイスチャーミルク」

1:中央/エッフェオーガニック「モイスチャーミルク」
左から/角質層の奥からしっとり潤いのある肌に。エッフェオーガニック モイスチャーローション 150ml ¥3,800、アボカドやマカデミアナッツなどのオーガニックオイルを贅沢に配合。やわらかな肌に。同 モイスチャーミルク 120ml ¥3,800、ホホバやスィートアーモンドなど5種のオイルがベースの美容液。使ってすぐにハリを実感できる。同 リッチバランシングオイル 20ml ¥5,000

さまざまなエイジング現象の根本にある「乾燥」と加齢と共に失われる「女性ホルモン」に着目。ブランドすべての製品に配合されているオオヒレアザミ、ダマスクローズ、ザクロ果実、フランキンセンスの4つの成分が、スキンケア&アロマによる相乗効果で、大人の肌にアプローチ。キメ細かでハリのあるツヤ肌に導いてくれる。

【開運スキンケア6選】「攻める」進化形オーガニックコスメで運気アップのスピードが加速!

SK-II「オーバーナイト ミラクル マスク」

SK-II オーバーナイト ミラクル マスク 4.0g×6個 ¥9,900(税抜・編集部調べ)
SK-II オーバーナイト ミラクル マスク 4.0g×6個 ¥9,900(編集部調べ)

肌は日中に受けたダメージを寝ている間に修復するため、睡眠不足が続いて肌の基礎体力が落ちると、ダメージの修復が間に合わず、肌荒れを起こしたり、乾燥したりと肌トラブルを悪化させる原因に。

そこで独自の「ピテラ(R) ジェル」と「ネムノキエキス」を配合し、肌の代謝アップと抗酸化に着目。寝ている間にも肌を優しく包み込んで、ひと晩中濃密な潤いをチャージしてくれます。

翌朝は見違えるほどにフレッシュでみずみずしく、弾力のある肌に。睡眠不足による乾燥、くすみ、蓄積した肌の疲れも、たったひと晩でなかったことにしてくれるという画期的なジェルマスクなのです。

寝ている間に「潤い肌」に!ジェルマスク「SK-Ⅱ オーバーナイト ミラクル マスク」は忙しい女性の味方


※商品の価格はすべて税抜です。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。