琵琶湖岸に面する近江商人の町・近江八幡。時代劇に迷い込んだような風景やレトロな洋館、人々の心の拠り所となっている日牟禮八幡宮など、見所の多い観光地です。

この町を本拠地とし、全国に店舗を持つ老舗菓子店が「たねや」グループ。和菓子店の「たねや」のほか、洋菓子店「クラブハリエ」の「バームクーヘン」も有名ですよね。最近では、新たな拠点「ラ コリーナ近江八幡」も話題になっています。

そんな「たねや」がどうやって生まれ、広がってきたのか。歴史やターニングポイント、そして代表菓子を「たねや」広報担当さんにお伺いしました。

建築家ヴォーリズとの交流で生まれた洋菓子

「たねや」はもともと近江八幡の材木店。江戸時代に木材から野菜などの種を扱う商いへ変わっていき、周りから「たねや」と呼ばれるようになります。

和文化_1,スイーツ_1,手土産_1,プレゼント_1
かつての菓子舗たねや外観

「菓子屋をはじめたのは1872年。明治になってまだ間もない頃です。業種を変えても、地元の人々が親しみを込めて呼んでいたという『たねや』の名前は残りました」(「たねや」広報担当)

和菓子屋だった「たねや」ですが、今では洋菓子店「クラブハリエ」の「バームクーヘン」も人気です。洋菓子に挑戦し始めたのは今から約70年前、1951年のこと。

先代の住まいの近所に住んでいたのが、著名な建築家のヴォーリズ。パーティに招かれたり、パンを焼いたりなどの交流の中で、洋菓子づくりを教えてもらい、「これからは洋菓子を取り入れていかなければ」と思ったのだそうです。

スイーツ_2,和文化_2,手土産_2,プレゼント_2
手塩にかけてつくったバームクーヘンは「クラブハリエ」の人気商品

ヴォーリズがいなければ、人気のバームクーヘンも生まれなかったのかもしれないなんて、驚きですね!

全国展開は百貨店出店がきっかけ

「たねや」「クラブハリエ」ふたつをあわせて47店舗を持つ「たねや」グループ。大手有名菓子店と比較すると少ないですが、地方を拠点とする菓子店としては大きな規模を誇ります。

いまや全国各地で見ることができるお店ですが、かつては滋賀県内でのみ店舗を展開していました。

そこから全国展開に変わったきっかけは、今から35年前のこと。

「日本橋三越の本店、老舗のとらやさんの隣に店を構えることになりました。結果、『たねや』らしさを考えることや現在の店舗展開にもつながっていきました」(「たねや」広報担当)

京都生まれで雅な雰囲気を持つ「とらや」の隣に並んだことで、どのように差別化するべきかを考えた結果たどり着いたのが、滋賀という場所に根付いて商売をしてきたというそれまでの背景です。

「たねや」のある滋賀は、農耕文化の中にあります。昔から続く暦とともに歩む、素朴な暮らしをお菓子でも味わえるよう「歳時菓子」の販売をはじめました。

例えば、1月7日「人日の節句」。1日のみ販売のお菓子ですが、その日に食べる意味をお客様に伝え、日本文化の素晴らしさの継承にも取り組んでいます。また、店舗展開も独自の路線へと展開します。

スイーツ_3,和文化_3,手土産_3,プレゼント_3
甲子園球場3つ分以上の広さを誇る「ラ コリーナ近江八幡」

例えば、2015年にオープンした「たねや」グループの新たな拠点であり、今や近江八幡の人気観光スポットとなっている「ラ コリーナ近江八幡」。自然と人の共生を目指すこの複合の施設は、交通の便が不便な場所にあります。

また「近江八幡日牟禮ヴィレッジ」があるのは、日牟禮八幡宮の境内。どちらも町中の便利な場所とは言い難いですが、地域との関係が揺るがない場所を選んで、店舗がつくられました。

「こういった場所を選んだ理由は、土地の持っている歴史、人との接点を大切にしたいという思いから。交通が多少不便でも、その場所まで足を運ぶ価値があるように。生活に密着した菓子だけでなく、地域に密着する場もつくっているのです」(「たねや」広報担当)

毎日の生活で食べたい「たねや」の定番商品

進物、お供え物、としてもおすすめの、たねやの定番商品をご紹介します。

■1:創業時から続く人気商品「栗饅頭(くりまんじゅう)」

和文化_4,スイーツ_4,手土産_4,プレゼント_4
「栗饅頭(くりまんじゅう)」5個入¥972

創業当初から職人が伝え続けている伝統の味。素朴な味わいは、世代を超えて多くの人々に愛され続けています。栗を刻み入れた白餡を香ばしげな焼き色の生地で包んだ栗饅頭は、何度食べても飽きないおいしさです。

■2:縁起のいい名前&ふたつの餡が楽しめる一石二鳥な「斗升最中(ますますもなか)」

和文化_5,スイーツ_5,手土産_5,プレゼント_5
「斗升最中(ますますもなか)」5個入¥972

ゆず餡と粒餡、ふたつの味が楽しめる贅沢な最中。升の形をしているので、名前にも「升」。升や斗は、水や穀物などの量をはかる「枡」のことです。呼び方も「ますます」と縁起がいい言葉で、「ますます繁盛」するようにとの願いも込めているのだそう。

お土産に持っていったら、喜ばれそうな一品です。

■3:食べる直前に餡を挟むスタイルはたねや発祥!「ふくみ天平」

スイーツ_6,和文化_6,手土産_6,プレゼント_6
「ふくみ天平」6個入¥1,210

最中種に、できたて餡を挟んだときの職人だけが知るおいしさ。今では、食べる直前に餡を包むタイプの最中は一般的になりましたが、このおいしさを誰でも楽しめる形にしたのは、実はこちらの「ふくみ天平」が発祥! 

求肥と北海道産小豆を使った餡を、サクッとした食感の最中で楽しめる、たねやの定番商品です。


近江八幡の人気観光地にもなっているラ コリーナ近江八幡をはじめ、お土産として手に入れたいお菓子がそろっている「たねや」。近くのお店で、伝統の味をぜひチェックしてみてください。

問い合わせ先

  • たねや 
  • TEL:0748-33-6666
  • 住所/滋賀県近江八幡市北之庄町615-1 ラ コリーナ近江八幡

WRITING :
ミノシマタカコ