職場や取引先、同僚とのコミュニケーションが多い大人のキャリア女性にとって、「疲れている」「ちょっと老けたのでは?」といった印象をもたれることは、何よりも避けたいこと。そこで、顔のなかでも最も活動するパーツである「目元」の①メイクを長持ちさせる方法と、②毎日のケアで老化を食い止めるコスメ、をまとめてご紹介いたします。

■目元にしわができてしまう原因とは?

目周りは、顔のほかの部分に比べて「皮膚が薄く、脂が少なく、乾きやすい」部分。内側から出てくる皮脂が少ないということは美容成分も浸透しづらく、毎日のアイメイクのON/OFFで物理的な負担がかかりやすいなど、デリケートなゾーンにも関わらず「酷使するわりに、ケアが届きづらい」のです。

また、老眼なのにメガネをかけずに目を酷使したり、眉をひそめた状態のままスマホを見つめている、といった表情の習慣も、しわが増える原因となります(眉間や額なども同様)。なるべくしわをつくらない顔で長く過ごす習慣づけも大切です。

若くて美しい目元を一日中キープするためには?

■目元のしわの解消方法

朝にしっかりメイクをしても、時間の経過に伴い夕方ごろには、よく動かす目元からメイクが落ち、老け感が漂ってしまう。目周りのくすみとしわが目立ってきてしまう。40代・50代の女性の肌にはつきものの、「目元のメイク維持」問題。解決するためには、目元のベースメイクの仕上げ方が大切です。そんなお悩み肌のために活躍するのが、「三種のアイメイク神器」。①アイクリーム、②コンシーラー、③パウダーの3つを用い、しわには「引き算」、くすみには「足し算」をすることで、一日美しい目元をキープすることができます。すぐに実践できるこの鉄則を、下記リンクより詳細にご紹介します。


■1:目元のしわの改善に使えるおすすめコスメ

目元ベースメイクの三種の神器とは、「アイクリーム・セラム」「コンシーラー」「コンパクトパウダー」の3つのこと。保湿性、明るさ、ツヤ感を目周りに加え、メイクを長持ちさせてくれます。

メイクを長持ちさせる「三種の神器」を活用しましょう

「アイクリーム・セラム」はメイクの上からでもつけることができ、その高い保湿力で乾燥を防いでくれます。

「コンシーラー」は目元の動きにしなやかに対応できるゆるめのテクスチャーで、ファンデーションより1-2段階明るいものを選び、その明るさで肌のアラを目立たなくさせます。

「コンパクトパウダー」は目元に光沢感やツヤを出すために用います。

これら「三種の神器」として使えるコスメを3点ずつ、下記リンクよりご紹介します。


■2:実年齢より老けて見せない「アプリケーター付きアイクリーム」

たるみをくい止めて、目を大きく!「老け目元」が若返る、厳選アイクリームとは

どうしても乾きやすく、皮膚も薄く、せっかくの美容成分がなかなか浸透しにくい目元。そこ専用のクリームである「アイクリーム」がほかのクリームと違うのは、美容成分の粒子が微細で、肌への浸透に配慮した特別なつくりになっているところ。顔用クリームよりも先に、アイクリームを塗るように心がけましょう。そのなかで最強なアイテムは、マッサージ用アプリケーター付きのアイクリーム。雑誌『Precious』が厳選したおすすめクリームと、そのアプリケーターの使い方を、下記リンクの記事で解説しています。

アプリケーターの使い方を解説

■3:しわ、くすみを食い止める「美容液」「クリーム」「シートマスク」

美容液、クリーム、シートマスクを活用

エイジングの初期のサインは大まかにいって、年齢ごとに下記のように現れます。

■30代前半:目元や口元の「小じわ」や、顔全体の「くすみ」など
■30代後半~40代:「たるみ」や「ハリ不足」、「ほうれい線」などの深いしわ

これらのエイジングのサインが本格化する前に、毎日のスキンケアに取り入れたいのが「エイジングケア美容液」。しわができてしまった場合は、額や眉間、眼尻の溝の奥まで届いて持ち上げる「しわ専用美容液&クリーム」や、下瞼から額、眉間まで広範囲に美容成分を届けてくれる「目元用シートマスク」です。下記リンクより、それぞれの代表的なアイテムを紹介しています。

以上、目元の老化をカバーしてくれるメイク方法と、しわやシミ自体を対策するコスメをご紹介しました。責任ある立場の女性は、常にその表情に注目が集まるもの。夕方や夜になっても自信をもって「他人の目線のある場」に臨めるよう、しっかりと対策をする技術を身につけ、習慣づけたいものです。

アンチエイジング関連記事