靴好きの男性は靴磨きの方法に一家言を持つものだが、シューケア製品を専門に扱うR&Dのシューケアマイスター、三村宙央さんは、「靴磨きは女性の化粧と同じ」と断言する。とはいっても、女性の「化粧」のようには道具はいらない、慣れてくれば時間も掛からない。

R&Dのシューケアマイスター、三村宙央さん。いつもは東京・三越銀座店の5階で、靴磨きの技を披露する。

靴磨きに必要な道具は、「ステインリムーバー」と呼ばれる汚れ落とし、靴クリームとブラシ、靴磨き用の布だけ。「ブラシが意外に重要なんです」と三村さんは話す。

1.靴にシューキーパーを入れ準備

靴にシューツリーを装着したから靴磨きをした方が、シワが伸びて汚れもよく取れる

まずは靴にシューキーパーを入れる。履きシワを伸ばし、シワの間に入った汚れを取りやすくするためだ。次が埃などを取るブラッシング。「汚れ落としで使うブラシは毛先が細かく、柔らかい馬毛のブラシがベスト」と三村さんは話す。

2.クリーニング

ブラッシングをした後、古くなったクリームを取り除くために「ステイリンリムーバー」を布に付け、軽く塗っていく。

次が化粧の「クレンジング」にあたる汚れ落としだ。

水性の「ステインリムーバー」ならば、古いクリームを落としてくれると同時に汚れや汗も落としてくれる。古いクリームを一度落とすことも靴磨きでは重要だ。加えて、革の通気性もよくなる効果がある。

「力をあまり入れずに軽く塗る、これがポイントです」と三村さん。

3.乳化性タイプのクリームで靴に潤いを

水溶性クリームを使えば、初心者でも簡単に靴磨きができる。クリーム用の小さなブラシを使いまんべんなく塗る。

次が靴磨きの本番だ。靴用クリームは主に油性と乳化性の2タイプがある。

「油性と乳化性のクリームは、まったく別物です。乳化性でないと革の栄養補給はできません」と三村さんは話す。昔ながらの油性タイプで磨くプロもいるが、乳化性タイプには水分が含まれているので、クリームが靴に素早く浸透し、栄養と潤い、光沢を与える。

一般の人なら乳化性タイプが選択すべきだろう。

4.ブラシで余分なクリームを取り除く

硬めの毛のブラシを使い余分なクリームを取り除く。クリームが乾かないうちに仕上げることが大事だ。

塗ったクリームが乾かないうちに再びブラッシング。このときのブラッシングは、クリームを全体に広げ、余分なクリームを取る役割を担う。

「この段階でかなり光沢が出るはずです。汚れ落としの場合とは違い、ブラシは硬めがいいでしょう。豚毛や化繊などがいいと思います」と三村さん。

クリームを多く塗れば光沢が出るのではとついクリームを塗り過ぎてしまう人も多いが、これは靴には逆効果に。「薄化粧」する感覚で靴磨きを行うべき。

だから三村さんは「靴磨きは化粧と同じ」だと語る。

5.仕上げ

ブラッシングの後は、専用の布などを使って仕上げを。

 最後に布=クロスで磨き上げれば、靴磨きは終了する。慣れれば片足5分もかからない。

  次に三村さんが披露してくれたのが、「ハイシャイン=鏡面磨き」と呼ばれるプロ級のテクニックだ。靴のつま先やかかと部などに、この磨き方を施せば、光沢のトーンが変化し、色の深みが出て来る。

職人が教える鏡面仕上げのテクニック

「ハイシャイン」の靴磨きに使うのは油性ワックス。つま先やかかとなど、部分的に「ハイシャイン」を行う方が効果大。

上で紹介したように、一般的な靴磨きが終了した後、「ハイシャイン」に。

ここで使うのが、今度は油性のワックスだ。このワックスを布で「ハイシャイン」したい部分に2〜3回塗り込む。塗り込むときには円を描く要領で。

次は馬毛などの柔らかいブラシを使ってやさしくブラッシング。強くブラッシングせずに、革の毛穴にワックスを埋め込むようなイメージでやるといい。これは靴全体にワックスを均一に広げ、定着させることは目的だ。

油性ワックスの蓋などに水を少量入れる。
油性ワックスの蓋の水を指先に1、2滴付け、それを「ハイシャイン」したい場所に。
左がつま先を「ハイシャイン」したもので、右が通常の水溶性クリームだけで靴磨きをしたもの。輝きが違う。

 次が指先に水を1〜2滴とり、ワックスを塗った部分にのせ、布でワックスをならしていく。これは水を利用してワックスを平らにしていくのが目的で、これも軽く、円を描くようにしていくのがコツです。水滴でワックスをならしていく工程を繰り返していくと、指に引っかかるような感じが出てきたら「ハイシャイン」完成までもう一歩。磨き部分の表面にロウがのってくると、「ハイシャイン」独特の深い光沢が得られる。

 オルガ・ベルルッティは「靴を磨きなさい。そして男を磨きなさい」と語るが、靴磨きは難しいものではない。他人に任せず自分で磨けば、靴への愛着もさらに深まるだろう。

R&Dのオリジナル製品、M.モゥブレィはイタリア、英国、ドイツなどの工場で生産するシューケアグッズ。詳しくは、http://www.randd.co.jp
この記事の執筆者
TEXT :
小暮昌弘 エディター
BY :
MEN'S Precious2017年冬号Butler Bertie's Clippingより
メンズクラブ編集長を務めた経歴をもつベテラン編集者。ファッション以外にも、モノや歴史、文学など幅広い知識を持つ。その経験豊富な知識を生かし多彩なジャンルで執筆する経験豊かな編集者。
TAGS: