ヤコブ コーエン、PT01、リーバイス、エドウインなど人気のデニムブランドのまとめ記事。一年通して使えるアイテムだからこそ上質なものを選ぶのが大人である。ここでは人気の高級デニムや定番モデルのデニム、オーダーデニムなどをまとめて紹介する。あなたにピッタリなデニムパンツを見つけていただきたい。

おすすめデニムパンツ目次

誰もが憧れるメンズに人気の高級デニム


【1】ヤコブ コーエン「J622」

パンツ¥87,000(ヤコブ コーエン GINZA SIX)*写真はリミテッドエディションモデル。

高級デニムの代表格であるヤコブ コーエンのデニム。その中でも人気のもでるがこちらの「J622」だ。股上は浅く、膝から裾にかけてはテーパードがかかっているタイトシルエットが人気のひとつ。

デニムパンツの常識を変えた「ヤコブ コーエン」の普通じゃないデニム

【2】ヤコブ コーエン「J676」

パンツ¥37,000(ヤコブ コーエン GINZA SIX)

2018年秋冬に発売したヤコブコーエンのモデル「J676」。一見するとチノパンのように見えるが正真正銘デニムパンツである。ヒップ回りや腿周りはゆったりとし、股上はほどよく深く、裾が細めのキャロットパンツにも似たような仕立てが特徴。

デニムパンツの常識を変えた「ヤコブ コーエン」の普通じゃないデニム

【3】ヤコブ コーエンのウールデニム

パンツ¥110,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)

ウールデニムの魅力といえば、その柔らかい肌さわりだろう。一般的なデニムと比較すると洗濯による色落ちをあまり気にする必要がない。だからこそビジネスシーンで活用したい1本と言えるだろう。

世界で一番美しい ブルネロ クチネリのデニムは大人が穿くのにふさわしい唯一無二のデニム

【4】ブルネロ クチネリのダメージジーンズ

パンツ¥78,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)

ダメージジーンズは若者だけの特権ではない。かといって過度な加工は避けたいものである。だったらこちらのジーンズはどうだろうか。ストレッチ性、適度なスリムラインとこちらのデニムであれば、大人が穿くのにふさわしいといえよう。

世界で一番美しい ブルネロ クチネリのデニムは大人が穿くのにふさわしい唯一無二のデニム


必ず1本は持つべき定番のデニムパンツ

【1】エドウインの人気モデル「503」

レギュラーストレート「503」パンツ¥7,900(エドウイン・カスタマーサービス)

デニムの王道と言えばこちらの「503」だろう。価格もアンダー1万円とながらもその機能は十分すぎるといえる。デザイン、価格すべてを満たす1本であれば何本持っても損はないだろう。

日本が世界に誇る「EDWIN」は世界基準のデニムだった!

【2】エドウイン「502」

スリムテーパード「502」 パンツ¥7,900(エドウイン・カスタマーサービス)

新品のデニムパンツも魅力的ではあるが、やはり少し色落ちしているほうがいいとうあなたにおすすめなのがこちらの「502」だ。派手な加工はなく、落ち着いたダメージがちょうどよい加減である。

日本が世界に誇る「EDWIN」は世界基準のデニムだった!

【3】リーバイス®人気モデル501®

パンツ¥30,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス® ビンテージ クロージング〉

ぐ5ポケットデニムの原型でありながら最新と、パンツに困ったらまずはコレをおいてほかにはない!というぐらいおすすめなのがこちらの「501®」だ特筆すべきデザインはないがすでに完成されたデザインは文句無しの1本と言える。

やっぱ定番デニムがイチバン! これぞキングオブデニム「リーバイス®501®」

【4】リーバイス®新作「501®」

パンツ¥16,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス®〉)

何本持っていても困らないのがデニムである。ただし何を買うか悩むならとりあえずのコレ!がまさにこのモデルである。アレンジ次第でファッションの幅が広がりビジネスでも重宝することだろう。

やっぱ定番デニムがイチバン! これぞキングオブデニム「リーバイス®501®」

【5】リーバイス®の復刻モデル「501®」

パンツ¥30,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス® ビンテージ クロージング〉)

見た目にはわからないが履き心地は実に軽快である。洗いがかかっていないモデルになるので、デニムを育てる楽しみがある1本だ。

デニムの歴史はこのモデルから始まった!

【6】1933年モデル「501®」

パンツ¥30,000(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイス® ビンテージ クロージング〉)

2通りの穿き方が楽しめるリーバイス®の1933年モデル「501®」。サスペンダーボタンは当時のまま残り、ベルトループがつけられているため、どちらのスタイルでも穿くことが可能。シルエットの変化はなく、ワイドシルエットのまま。まさに歴史を感じる1本と言える。

デニムの歴史はこのモデルから始まった!


【7】PT05「SWING」

パンツ¥33,000(PT JAPAN〈PT05〉)

伊達男御用達のパンツブランドPT05からはこちらの「SWING」を紹介。PT05のラインナップの中でも、腰周りや腿周りなどが比較的ピッタリとしていてるが、窮屈に感じさせないストレッチ性がある。

世界中の伊達男を魅了する「PT05」のおしゃれなデニムパンツ

【8】PT05のブルーデニムパンツ

パンツ¥36,000(PT JAPAN〈PT05〉)

デニムを選ぶ基準に色味があるだろう。濃い色よりも少し抑えてある色のほうが好みという方におおすすめなのがこちらのモデルだ。テーラードジャケットに合わせてコーディネートするがいいだろう。レストランやパーティーでも、これくらいキレイ目なデニムであれば全く問題ない。

世界中の伊達男を魅了する「PT05」のおしゃれなデニムパンツ

【9】「PT01」の「BREAKBEAT」

パンツ 左¥38,000・右¥32,000(PT JAPAN〈PT05〉)

好みがはっきりと分かれるのがパンツのシルエットだ。スリムなデニムパンツも魅力的ではあるがゆったりとしたシルエットのほうが好みという方に、おすすめなのがこちら。ボタンフライでオーセンティックなデニムは一度試してみる価値あり!

世界中の伊達男を魅了する「PT05」のおしゃれなデニムパンツ

【10】「インコテックス」「SKY」

パンツ¥36,500(スローウエアジャパン〈インコテックス スラックス〉)

「インコテックス」の中でも人気の高いモデルがこちらの「SKY」だ。ドレスパンツ同様、足を長く見せる美脚ラインはそのままに、見た目はシンプルなウォッシュド5ポケットデニムに仕上がっている。

イタリアパンツブランドの最高峰「インコテックス」のデニム

【11】「アントレ アミ」の定番モデル『GAGA』

¥27,000(インターブリッジ〈アントレ アミ〉)

日本のデニムブランドを代表する「アントレ アミ」からはこちらの「GAGA」を紹介する。9分丈のデニムパンツなのでサイズ感に注意は必要であるが、足元にボリュームのあるスニーカーやブーツなどを合わせることでスッキリまとめることができる。

誰でも美脚になれる魔法のデニム。「アントレ アミ」はあなたの即戦力になる頼もしい相棒です。

【12】「アントレ アミ」ワークショップデニム

ともに¥27,000(インターブリッジ〈アントレ アミ〉)

日本製にこだわるあなたにはこちらのワークショップデニムをおすすめする。普段使用されるブランドロゴのリベットではなく、通常のデニムに見られるオーソドックスなリベット。どちらも穿きこんで自分だけのオリジナルにしたいものである。

誰でも美脚になれる魔法のデニム。「アントレ アミ」はあなたの即戦力になる頼もしい相棒です。


自分らしいカスタマイズならオーダーがおすすめ

【1】R&BLUESでデニムパンツをオーダー

写真はオーダーサンプル。パンツ¥39,400(R&BLUESプレスルーム)※オーダー価格。

穿きこんで育てるのもデニムの魅力であるが、オーダーもまたひとつの選択肢である。ビジネスの使用を想定した場合、オーダーすることでジャケットや靴などさまざまなアイテムに合わせた1本が仕立てられる。生地の厚さやスラックスのようにしたりと、オーダーであればあなたに最適な1本が必ず作れるはずだ。

究極のオーダーパンツを考察すると最後に行きつくのはオーダーである!

【2】オーダーするなら定番の5ポケットがおすすめ

写真はオーダーサンプル。パンツ¥37,000(R&BLUESプレスルーム)※オーダー価格。

オーダーは難しいと思っている方には、手始めに5ポケットのデニムパンツをオーダーしてみることをおすすめする。シルエットにはあまりこだわらず刺繍や裏地などちょっとしたセンスを随所に光らせてみるのもいいだろう。

究極のオーダーパンツを考察すると最後に行きつくのはオーダーである!

以上、メンズに人気のデニムパンツをまとめて紹介した。お気に入りの1本は見つかりましたか? 高級ブランドや定番モデルなど、各ブランド豊富なラインナップで取り揃えていますが、まずはここで紹介したブランドから選んでみるのはどうでしょうか。

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク