頭皮を乾燥から守る保湿方法や、おすすめの保湿剤をまとめました。お肌のケアは行っていても、頭皮のケアまで行なっている女性は少ないはず。頭皮の乾燥が与える影響や、保湿の重要性をおさらいし、ぜひ日頃のエイジングケアに取り入れてみてください。

【目次】

頭皮の保湿は女性のエイジングケアに重要!


頭皮タイプ別のケア方法

髪質と同様、頭皮にも、タイプ別のケア方法があります。
「今は髪そのものよりも頭皮から正常化し、髪を健康にしていこうという風潮が強いですね」(SUN VALLEY代表・渋谷謙太郎さん)

健康な頭皮は青白く毛穴がくっきり見える。
健康な頭皮は青白く毛穴がくっきり見える。

・乾燥肌
・オイリー肌

乾燥肌は健康な頭皮に比べてオレンジががりやすい傾向が!
乾燥肌は健康な頭皮に比べてオレンジががりやすい傾向が!

「まず、乾燥肌は、フケやかゆみが起こりやすいですね。部分的に乾燥した部分が痒くなってしまうのです。健康な頭皮は青白い色をしているのですが、このタイプの人は、あかぎれぽく細かい点々ができやすく、全体的に乾燥でオレンジががった頭皮の色になってしまいます」

「頭皮は弱酸性で、薬剤はアルカリ性のものが多いので、どんな人でもカラーやパーマをした後はどうしても乾燥しやすくなるのですが、乾燥肌の人はその傾向がより強い傾向があります。

デメリットばかりを話してしまいましたが、乾燥肌の人は頭皮のニオイが出づらいという傾向もありますね。全体的に髪の毛も細くやわらかい人が多い印象です」(渋谷さん)

オイリー肌は毛穴が詰まりやすく、髪の成長を妨げることも。
オイリー肌は毛穴が詰まりやすく、髪の成長を妨げることも。

「オイリー肌の人は、通常起きやすい肌トラブルと同じく、頭皮にニキビができやすいという特徴があります。また、脂が出やすいということから毛穴に汚れが溜まりやすく、部分的にというよりは頭皮全体がかゆくなりやすいですね」

「あとは脂が出ると肌の酸性がより強くなりバクテリアがわきやすく、ニオイが出やすくなります。全体的にくせ毛で硬毛の人に多いですね」(渋谷さん)

頭皮のトラブルは起こってしまう前のケアが大切!
頭皮のトラブルは起こってしまう前のケアが大切!

トラブルを事前にケアする方法

「いちばん身近な方法で言うと、シャンプーの選び方ですね。乾燥肌の人に関して言うと、しっとりと重めのシャンプーを使用することをおすすめします。すでに肌トラブルが出てしまっている人は、医療部外品のシャンプーなどもおすすめです。また、このタイプの人は洗いすぎにも注意ですね。頭皮はシャンプー後3〜4時間で皮脂の状態が整うので、あまり洗いすぎると皮脂が少ない状態の時間を長くつくってしまうことになります」

「オイリー肌の人関しては、さっぱりとしたクレンジング作用の強いシャンプーがおすすめです。ニオイが出やすいのと、皮脂のせいでシャンプーの泡立ちが悪くなるので、毎日しっかりとシャンプーすることが大切です」

「また、最近は頭皮をケアする保湿剤なども出ていますが、オイリー肌の人はギトギトしたクリームやゲルタイプのものは、使用せず化粧水のようなミストタイプが良いですね。逆に乾燥肌の人は、ゲルタイプの保湿剤などはおすすめです。いずれにしても、クリームタイプの保湿剤に関しては髪につくとギトっとしてしまうので、クリームタイプはお風呂で使用して、普段の保湿はゲルかミストで、という方法が良いと思います」(渋谷さん)

「頭皮をきれいにする」4つの方法を、8万人以上の髪をカットしたカリスマ美容師に聞きました

頭皮の保湿はフェイスラインにも影響する

「エイジングとは、「乾燥」と「酸化」が進んだ状態を指します。このふたつが進行すると顔はたるみ、シワもでき、髪も抜け……、と老化スピードが一気に加速します」

「シャワーを浴びているときにお湯の温度が熱く感じる、いつもと同じシャンプーを使っているのにしみてしまう、かゆみやフケが出る、という自覚症状があれば要注意です。頭皮は、お顔の皮膚の4倍の厚みがあります。ですから、上記のような過敏な状態はすでに乾燥が進んでいる可能性が高いです」

「こうした自覚症状がなくても、秋冬は皆さん乾燥傾向にあります。特に、30代以降の女性の約6割はお肌も頭皮も乾燥状態だといわれているんですよ」

「頭皮の保湿は、お顔に比べたらまだまだ習慣として浸透していないかもしれませんね。私はジムに通っているのですが、髪を洗ってドライヤー前に頭皮の化粧水をつけている方を見かけた事がないですね。サロンスタッフの方を通じてお客様の話を聞いていても、頭皮の保湿を意識している方は少ない印象です。」(イーラル キュアリストインストラクター・栁田幸恵さん)

健康的な頭皮。
健康的な頭皮。
乾燥しキメの乱れている頭皮。
乾燥しキメの乱れている頭皮。
頭皮の皮膚組織。
頭皮の皮膚組織。

「健康な髪を作る絶対条件というのが、(1)毛穴のつまりや乾燥といった頭皮の炎症を予防すること (2)頭皮のやわらかさを保つこと (3)髪を作る毛母細胞の活性化 の3つです。」

「(2)の状態を保つには、頭皮に栄養が届きやすくするために、血流やリンパの流れをスムーズにすることが大事です。(3)の毛母細胞の活性化は、食事や睡眠といった生活習慣も影響します。これら3つのうちひとつでも欠けてしまうと、髪が細くなったり、抜け毛が増えたり、と健康的な髪は育ちにくくなります。」(イーラル キュアリストインストラクター 栁田幸恵さん)

頭皮の保湿でフェイスラインも若返る!

「頭皮が下がると、目尻は3mm下がるともいわれています。逆に頭皮がきちんと保湿され、健康的な状態であれば、頭皮は全体的に厚みが出ます。そうすることで、筋肉の上にある頭皮が持ち上がり、お顔のたるみ改善につながってくるんです。頭皮のお手入れ状況によって、頭皮の厚さは、2mm〜6mmにも変わってきます」

「もともと頭皮は厚みがあり、体の中でも重力の影響を受けやすいパーツです。乾燥が進むと、頭皮の水分が少なくスカスカな状態になるため、さらに頭皮が下がる原因になります。

頭皮と顔は皮一枚で繋がっていますから、フェイスラインのたるみ、ほうれい線も頭皮が下がることによりどんどん加速します。また、重力によって押しつぶされた頭皮は、硬く薄くなり、血行不良を起こします。そうなると当然、細毛や白髪も増えていきます。

頭皮の保湿ケア次第で、お顔のシワやたるみは大きく変化し、健康で美しい髪を育てることができます。うるおいのある頭皮は、指で触ると跳ね返すような弾力があるんですよ」

「健康的な頭皮のための保湿は、まずは日々のシャンプーです。髪に合うからと、なんとなくずっと同じシャンプーを使っている方も多いと思うんですが、季節と今のご自身の肌に合ったものかどうかという点で見直すことも大切です。

そして、お風呂上がりに頭皮用の化粧水や美容液を使うことも保湿には欠かせません。毎日使うものだからこそ自分に合ったアイテムを選び、頭皮も保湿をする習慣をつけてくださいね」(イーラル キュアリストインストラクター・栁田幸恵さん)

若々しさの鍵は「頭皮の厚さ」だった!乾燥する冬こそ心がけたい頭皮の保湿

頭皮の保湿におすすめの保湿剤


頭皮用美容液

■頭皮用美容液
頭皮に深いうるおいを与える頭皮用美容液。イーラル プルミエ ストレッチオール 145ml ¥12,000
毛母細胞の活性化に働きかけ、髪のハリとコシをアップする頭皮用美容液。イーラル ピュアエッセンススカルプ 80ml ¥4,200 
毛母細胞の活性化に働きかけ、髪のハリとコシをアップする頭皮用美容液。イーラル ピュアエッセンススカルプ 80ml ¥4,200 

若々しさの鍵は「頭皮の厚さ」だった!乾燥する冬こそ心がけたい頭皮の保湿

トリートメント

■トリートメント
右/和漢植物などを配合し、保湿力が高いのが特長。えそらフォレスト HANAオーガニック 3WAYトリートメントパック 280ml ¥4,100
左/髪内部のダメージを受けた部分を結合し、補強するトリートメント。頭皮に使うとしっかり保湿され、やわらかく保てる。ケラスターゼ マスク エクステンショニスト 200ml ¥5,800
左/髪内部のダメージを受けた部分を結合し、補強するトリートメント。頭皮に使うとしっかり保湿され、やわらかく保てる。ケラスターゼ マスク エクステンショニスト 200ml ¥5,800

ぺたんこ、うねり、白髪、薄毛…「髪の老化」を食い止める最新ケア方法7選

※商品の価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。