ラグジュアリー体験の入口メディア「Precious.jp」より、40代50代におすすめしたいグラデーションボブスタイルをピックアップ。ボリュームがあって軽やか、女性らしく若々しい髪型を参考に、ぜひ自分に似合うヘアスタイルを探してみてください。

40代50代女性のおすすめグラデーションボブスタイル


■どの角度から見ても立体的軽やかショートボブ

■ どの角度から見ても立体的軽やかショートボブ
完成
サイド
バック

【スタイリング方法】

1: 分け目をつくらないように髪を振りながら、熱風で乾かす

分け目を作らないように乾かすのがポイント。根元を起こすことで空気感のある印象になる。

2:マジックカーラーで前髪を巻く

小さめのマジックカーラーで前髪を持ち上げるように根元まで巻く。

3: つむじと前髪の間にある毛束を巻く

大きめのマジックカーラーで後頭部に向けて巻く。

4:サイドの表面を毛先から中間まで巻く

両サイドも同じように巻く。

5:サイドの内側を毛先から中間まで巻く

逆サイドも同様に。その後5分くらいキープして取り外せば完成。

〈卵型ショートヘア スタイリングのコツ3か条〉

■地肌をこするようにトップを乾かす
■前髪は持ち上げて根元まで巻く
■仕上げに襟足を抑えるとメリハリが出る

【40代直毛の悩みを解決】使うのはアレだけ!あっという間にふわっと立体的なボブに

■若々しさを引き出す軽やかショートボブ

■若々しさを引き出す軽やかショートボブ
完成
サイド
バック

【スタイリング方法】

1:つむじと前髪の間の毛束をカーラーで巻く

カーラーは太いものを使用。頭頂部の髪を前後に分けて、前の毛束は内側に、後ろの毛束は外側にカーラーで巻く。根元からふわっと立たせるようなイメージで。

2:サイドの髪をブラシアイロンで外側にブラッシング

サイドの髪をブラシアイロンで根元から外巻きにするように、ブラッシング。ブラシアイロンがない場合はクシとドライヤーで代用してもOK。

3:頭頂部の髪をブラシアイロンで「前髪の方」に巻く

プロセス1で立ち上げた前方の髪をブラシアイロンでくるっと巻く。ふわっと巻くことで前髪にボリュームが出る。

4:ワックスを髪全体にもみ込む

パールひと粒大のハードワックスを手のひらに薄く伸ばし、髪全体にしっかりともみ込む。表面ではなく、髪を握るように内側からもみ込むのがポイント。

〈丸顔ショートヘア スタイリングのコツ3か条〉

■カーラーで頭頂部の髪を前に!分け目をつくらない
■サイドの髪は外巻きにしてラフさ、軽さを強調
■ワックスをもみ込むときは、根元を潰さないように内側からもみ込む

丸顔の悩み「おでこが目立つ」「分け目が寂しい」は、前髪を厚めに作って解消!

■トップにボリュームのあるグラデーションボブ

■トップにボリュームのあるグラデーションボブ
完成
サイド
バック

【スタイリング方法】

1:頭頂部から前に向かって、髪をとかしつけるようにドライヤーをあてる

前からではなく、後頭部側から前へ。

2:頭頂部を中心に前髪、サイドをマジックカーラーで根元から5分ほど内巻きに。あとは手ぐしでほぐせば完成

根元から大きめのマジックカーラーを巻きます。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

■トップをカットして立ち上がりをつくる
■前髪は真っ直ぐ前向きに乾かして分け目をつくらない
■サイドの髪は両方を耳にかけず、片側だけにしてバランスをくずす

分け目をつくらないだけ。「頭頂部がふんわり」するショートヘアがわかった!

■丸みと厚みのあるグラデーションボブ

■丸みと厚みのあるグラデーションボブ
完成
サイド
バック

【スタイリング方法】

このスタイルは特別なブローテクニックがなくても、ふんわりとしたボリュームがつくれるのがポイント。「ドライヤーで乾かすときは、内側から手ぐしで髪をちょっと引っ張るようにしてください。それだけで空気感のあるスタイルに仕上がります」(enfleurageディレクター・長谷部しのぶさん)

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

■内側から手ぐしでとかしながら乾かして根元から立ち上げ、ボリューム感を出す
■顔にかかる前髪は真っ直ぐにのばし、サイドのふんわり感とメリハリをつけること
■頭頂部は分け目部分から根元からフワッと立たせて、ボリュームアップ

【ショートヘア】ボリューム不足の髪は「グラデボブ」で解消!

■マルチバングのグラデーションボブ

■マルチバングのグラデーションボブ
プルオーバー¥37,000(YOKO CHAN)、ネックレス¥283,334・ピアス¥274,630(GINZA TANAKA)

マルチバングは、ダブルバングの進化版。ダブルバングは内側に短い髪、外側に長い髪をつくり重ねたスタイルですが、内側の短い髪をさらに斜めにカットして、アシメトリーにしたのがマルチバングです。

長さの違う前髪をつくることで、下ろすことはもちろん、そのまま斜めに流すことも、さらには逆サイドに分け目を変えて長めの前髪にすることも可能。アレンジしやすい前髪なので、前髪をつくるのが不安な人や、気分によって前髪を変えたい人におすすめです。

若々しさと華やかさが増えて小顔になる!大人の女性がすべき2つの前髪

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。