例えばパソコン作業で集中しているとき、前かがみになり、さらに無意識に奥歯をぐっと噛んでいませんか? または怒りをこらえるときに奥歯を噛むこと、寝ているときの歯ぎしりも口角下がりの原因です。

実は上の歯と下の歯をくっつけている時間が長いと、口角下にある口角下制筋が緊張しっぱなしなり、硬くなって縮むのです。そうすると口角が下に引っ張られて不満そうな顔になってしまいます。怒っていないのに怒っていると思われるのは損!なのでアプローチすべきは「口角下制筋」。この筋肉が柔軟になることで、口角はキュッと引き上がって幸せそうな顔に変わっていきます。

笑顔もつくりやすくなり、ハッピーな出来事を引き寄せやすくなるかも!?隙間時間でできる、簡単メソッドなので、ぜひ覚えておきましょう!

村木宏衣さん
アンチエイジングデザイナー
((むらきひろい)大手ステティックサロン、整体院、美容医療クリニックでの勤務経験を経て、小顔、リフトアップ、むくみ、ボディメイキングなど女性の悩みに対して、独自の「村木式 整筋」美容メソッドを確立。現在は「クリニックF」内「Amazing♡ beauty」を開設。著書に『一生劣化せず今すぐ若返る 整筋・顔体大全』(日経BP社)など多数あり。

 

体験者:武田宏美さん
読者モデル(38歳・音楽配信サービス会社勤務)
(「確かに集中して仕事をしているときはぐっと噛みしめていましたね。口角下制筋がこんなに硬くなっているとは思いませんでした。このメソッドは痛気持ちよくて、しっかりとほぐれる感じ。口の開け閉めもしやすくなった気がします」

下がり口角が引き上がり、ハッピー顔になるリフトアップメソッド

■Step1:圧をかける位置=口角下制筋の位置を確認

口角を下げるときに働く口角下制筋は口角からあご先にかけて走っている筋肉。そして、筋肉の走行に対して圧をかけ、硬直をほぐしていきます。圧をかけるのは口角の下からあごの両端を結ぶラインで、左右各3か所、計6か所。

口角下制筋は奥歯を噛むときにも使われる筋肉。食いしばりのクセがある人はこの筋肉が固くなっているはず。

■Step2:マッサージする指の形を確認

はじめにマッサージに適した指の形をつくります。こぶしを握り、人さし指を立ててかぎ型に曲げましょう。この第二関節の側面を肌に沿わせてマッサージしていきます。

人さし指をかぎ型にしている
指の先端でプッシュするよりも、この方が摩擦の刺激が起こりにくく、しっかりと圧をかけやすい。

■Step3:人さし指の第二関節の側面で、口角の下をグリグリとほぐす

Step2でつくった人さし指の第二関節の側面を口角の下に当てます。親指はあご下の骨に引っかけてあごを挟むように固定して。それから人さし指の第二関節の側面で「グリグリ」と小さな円を5回描きながら圧をかけます。それをStep1で確認した6か所に行って。

グーッと圧をかけて小さく動かしましょう。骨をほぐすようなイメージで。このマッサージは口角下に伸びるマリオネットラインの解消にも効果的。
指であごを挟み、マッサージしている女性
親指であごを挟むと安定するので、深く圧をかけることができます。不安定なまま、皮膚をさするようにしてしまうと摩擦が起きて、肌の刺激になるので要注意。

 【まとめ|下がり口角が引き上げ、ハッピー顔になるリフトアップメソッドのポイント 4か条】
1. 口角が下がるのは、食いしばりによる口角下制筋の硬化が原因のひとつ。この筋肉を柔軟にすることが課題。2.人さし指の第二関節の側面で行うと摩擦が起きず、しっかりと圧をかけやすい。
3.骨をほぐすようなイメージで、深く圧をかけるように行うのがコツ。
4.こまめに行うのが解決の近道。口角下に伸びるマリオネットラインの解消にも有効。

以上、下がり口角が引き上げ、ハッピー顔になるリフトアップメソッドを教えていただきました。

セルフケアは続けることが大事。「誰でも簡単に効果テキメン」のアンチエイジングメソッドに限定して、毎週土曜日にテーマを変えてお届けします。

4月のテーマはたるみが気になる人必見の「リフトアップ」で、次回は4月27日の更新です。お楽しみに!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
松原敬子
EDIT&WRITING :
荒川千佳子