季節を問わず取り入れたい上品なベージュスカート。トップスや小物の選び方、コートと合わせたコーディネートなど、季節ごとの着こなしをご紹介します。

【目次】

春夏のベージュスカートコーデ


【1】ベージュスカート×ピンクブラウス

【1】ベージュスカート×ホットピンクブラウス
ブラウス(ブラミンク)、スカート(アマン〈アンスクリア〉)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、帽子(ドゥロワー 丸の内店〈アルバータス・スワンポエル〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小林幹幸 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

身につけると気分が高まる鮮やかピンクなら美人度が上昇。今季新鮮さが漂うピンクの筆頭は、目の覚めるようなフューシャピンクです。顔映りもよく若々しい色のパワーを味方につけて、クラス感を演出しましょう。

【2】ベージュスカート×ラベンダーピンクニット

【2】ベージュスカート×ラベンダーピンクニット
ニット(ADORE)、スカート(MOGA)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エストネーション〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ざっくりとしたニットとスエードスカートのシンプルな装いも、春色でリズムをつけることで、可憐な表情になります。コットンリネンのニットは、前身ごろがショート丈に設定されているため、ボトムとのバランスもとりやすい。バックルまで白を採用した、ショルダーバッグで着こなしの明度を上げましょう。

【3】ベージュスカート×ブルーシャツ

【3】ベージュスカート×ブルーシャツ
シャツ・スカート・ベルト(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バングル・リング(ジョージ ジェンセン ジャパン)、バッグ(ブランドニュース〈メアリ オルターナ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)

白のピンストライプが施されたタイトスカートには、サイダーのように爽快なブルーシャツを取り入れるとオシャレ度が上がります。比翼シャツはゆったりとしたドルマンスリーブ、スカートにはフロントにラッフルが施され、きちんと感をキープしながらも、ほんのり旬が楽しめるデザインに。淡いブルーと白の軽妙なハーモニーで、都会に似合うすっきりとした装いが完成します!

ベージュと組み合わせるだけでこんなにオシャレ!「春色」が最高に映える着こなし方

【4】ベージュスカート×グレーニット

【4】ベージュスカート×グレーニット
ニット(ハウント代官山/ゲストリスト)、スカート(マディソンブルー ヘッドストア<マディソンブルー>) ピアス(デペッシュモード恵比寿本店)、サングラス(モスコット トウキョウ<モスコット>)、バングル(ウノアエレ ジャパン<ワンエーアールバイウノアエレ>)、バッグ(スティーブン アラン トーキョー<ムーニュ>)、靴(アパルトモン 青山店<アクアズーラ>)

ダークトープのVネックニットは、薄手のシルク混。パレットの上でグレーとブラウンを混ぜ合わせたような深みのある色合いが、大人の女性の表情をリッチに見せてくれます。前後差の付いた旬のフィッシュテールスカートは、布量が多いので、明るめのベージュを選んで、重心が下へ下がりすぎないようにバランスを考慮。コットン素材のナチュラルな風合いが、リラックスしたい休日気分にぴったりです。

大人コーデ|キャリア女性のシーン別コーデ20選

【5】ベージュスカート×黒ニット

【5】ベージュスカート×黒ニット
スカート・カーディガン・ニット(クルチアーニ 銀座店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・ネックレス・カフ・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

クルチアーニといえば、上質なニットウエアで名高いブランドですが、実は、ニットに合わせるコーディネートアイテムにも隠れ名品がひそんでいます。今季は、着こなしに女らしいこなれ感を生み出す、ベージュのスエードスカートを発見! 旬のタイトシルエットで仕立てたスカートは、ラップデザインで足さばきもよく、快適な着心地です。タイト&フィットが基本のクルチアーニのニットスタイルにはもちろん、オンオフを問わず、さまざまな装いで活躍必至のアイテムです。

【6】ベージュスカート×アースカラーシャツ

【6】ベージュスカート×アースカラーシャツ
ディオール ファイン ジュエリーのリング・ディオール タイムピーシズの時計(クリスチャン ディオール)、シャツ(マディソンブルー ヘッドストア〈 マディソンブルー〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈 シクラス〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

アースカラーの濃淡の着こなしに、ゴールドのリングを加えただけで、表情まで華やかに。

【7】ベージュスカート×白シャツ

【7】ベージュスカート×白シャツ
スカート・シャツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、時計・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ハリのあるシルクオーガンジー素材で軽やかさをまとった、コクのあるキャメルベージュのスカートが、着こなしを刷新。みずみずしく、かっこいい、今理想の女らしさを手に入れましょう。

【8】ベージュスカート×ベージュブラウス

【9】ベージュスカート×ベージュブラウス
共布ベルト付きブラウス・共布ベルト付きスカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモンアルカンタラ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

肌になじむベージュのワントーンは、深みのある赤のバッグをアクセントに。素材は伸縮するので着やすさも抜群です。

【9】ベージュスカート×ベージュプルオーバー

【10】ベージュスカート×ベージュプルオーバー
プルオーバー・スカート(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

今どきのアスレジャーファッションを、極上素材の上品なベージュで楽しむのも大人の流儀。最高級のラムナッパレザーで仕立てたスポーティーなプルオーバーを、同レザーのプリーツスカートとセットアップで着こなしましょう。肌になめらかに沿う極薄のレザーは、一流のクラフツマンシップの賜物。レザーそのものの色、コクのあるタンベージュとレザーのやわらかな光沢感が、アクティブなおしゃれにラグジュアリーな奥行きを醸し出します。

秋冬のベージュスカートコーデ


【1】ベージュスカート×カーキニット

【1】ベージュスカート×カーキニット
ニット(Theory luxe)、スカート(アオイ〈マルゴン〉)、ベルトアマン〈アンボワーズ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious9月号』小学館、2017年

辛口アイテムにあえてフェミニンなスカートを合わせて、絶妙な甘辛バランスに仕上げるのが大人の女性の着こなしです。ハンサムなカーキトップスに、あたたかみのあるベージュスカートで、エレガンスな女性らしさをプラス。品格を醸し出す配色テクニックです。

大人の「ベージュ」の着こなし4ルール20コーデ

【2】ベージュスカート×ベージュブラウス

【2】ベージュスカート×ベージュブラウス
スカート・シャツ・ニット・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)

品のいいオフホワイトをベースに、ピンクベージュでチェックに織り上げたツイード素材のタイトスカート。淡い色調とウールカシミアの温かみのある素材感が、女らしく優しい雰囲気を醸し出します。しなやかなシルクシャツを合わせれば、往年の女優を彷彿とさせる端正な着こなしが完成。濃いグレーのバッグで、淡色の着こなしをさりげなく引き締めます。

女らしく体型カバーも!老けて見えない「ひざ下丈スカート」の洗練スタイル8選

【3】ベージュスカート×ベージュニット

【3】ベージュスカート×ベージュニット
トップス・スカート・ファーストール(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ・靴(JIMMY CHOO)、グローブ(キートン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2015年

全面に刺しゅうが施された優しい雰囲気のタイトスカートは、セットアップで辛口な印象に。キャメルと相性がよくモード感のあるアニマル柄のヒールをアクセントにすれば、粋な女の装いが完成します。

タイトスカートコーデの大人品格スタイル11選

【4】ベージュスカート×ベージュニット

【4】ベージュスカート×ベージュニット
ニット・スカート・バッグ・ストール(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

温もりのあるウールカシミヤのケーブルニットに、ジベリン仕上げのベビーキャメルのフレアスカートを合わせて、大人の愛らしさが漂う着こなしに。遠目にも伝わるリッチなテクスチャーと、トーンをそろえたキャメルベージュが洗練度をアップしてくれます。

ベージュスカート×冬コート


【1】ベージュスカート×グレンチェックコート

【1】ベージュスカート×グレンチェックコート
ウィム ガゼットのコート・ニット・ジェドウのスカート・シャーロット レバックのピアス・ファリエロ サルティのストール・サンドロ テミンの手袋・マルコ マージのバッグ・ペリーコの靴(ウィム ガゼット 青山店)、タイツ(福助〈フェモツィオーネ〉) 撮影/熊澤 透 BY :『Precious2月号』小学館、2017年

辛口なグレンチェックのガウンコートには、大人かわいいピンクベージュのふんわりスカートを合わせて、大人の余裕を感じるスタイルに仕上げましょう。

大人の「ベージュ」の着こなし4ルール20コーデ

【2】ベージュスカート×ネイビーコート

【2】ベージュスカート×ネイビーコート
ウールのコート(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ニット(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、スカート(アルーナ〈ドローム〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴/伊勢丹新宿店限定(ステディ スタディ〈ピエール アルディ〉) 撮影/佐藤 彩 BY :『Precious12月号』小学館、2014年

ネイビーのハイネックのセーターにジャケットを合わせれば、きちんと感のあるスタイルに。やわらかな印象のセーターだからできる、こなれ感のある装いになります。ボトムスにはスエード素材のタイトスカートや細身のスカートを合わせて、やや広がりのあるジャケットのシルエットを、美しく強調。小物はネイビーと好相性のホワイトのバッグやスカートと同じ、ベージュのヒールで統一感のある着こなしにまとめましょう。

キャメルニット、ホワイトニット、ネイビーニット、ブラックニット、ビビッドニットのレディースコーデ20

【3】ベージュスカート×ベージュコート

【3】ベージュスカート×ベージュコート
スカート(ebure)、コート(エストネーション〈アルマローザ ファー〉)、ブラウス(キートン)、ベルト(エリオポール銀座〈メゾン ボワネ〉)、ネックレス・ブレスレット(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

最愛のベージュを使ったワントーンは、素材の上質感が決め手。ウール、シルク、ファーが美しく溶け合った豊潤な印象に魅了されます。

【4】ベージュスカート×ベージュコート

【4】ベージュスカート×ベージュコート
ウールベースのコート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、トップス(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、スカート(ADORE)、ネックレス(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY :『Precious11月号』小学館、2016年

クラス感を重視したいレセプションでは、上質素材を使ったベージュのワントーンコーデでまとめると、気品と洗練さが漂い、大人のエレガンスを目指す方には効果的です。インナーとボトムを同色系にまとめ、エレガンスなマキシ丈コートを合わせたロング&リーンな着こなしは、出席者から羨望の的に。ウエストコンシャスなタイトスカートで、旬のエッセンスもプラスしましょう。

大人の「ベージュ」の着こなし4ルール20コーデ

【5】ベージュスカート×ベージュコート

【5】ベージュスカート×ベージュコート
コート・スカート/ザロウ、ブラウス/ラルフ ローレン、バッグ・靴/トッズ

温もりを感じるベージュ系のグレージュコートを主役にするときは、ぼやけた印象にならないように、小物で濃淡をしっかりつけて引き締めます。上質なレザーコートの光沢感を生かしたいので、小物はマットなクロコダイルを。

グレー着るならコレ!ファッションのプロ4人が教える「着こなし&愛用品」6選

【6】ベージュスカート×ベージュコート

【6】ベージュスカート×ベージュコート
ウールストレッチのコート・スカート・カシミヤのカーディガン・ベルト・黒×ベージュのバイカラーのバッグ・パンプス(コロネット〈ニナリッチ〉)、ピアス(コロネット〈アントニーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

凛として知的なたたずまいが人気のチェスターコートが、ゆったりとしたシルエットで断然、今年らしい雰囲気に。この美しくて程よいボリューム感は、後ろ身ごろにあしらわれた構築的なカッティングによるもので、後ろ姿でも魅せる一着。カシュクール風にウエストマークしたカシミヤカーディガンが、まろやかな女らしさを添えてくれます。