Precious的大人のナチュラルメイクを考える企画、4回目は眉です。太眉ブームの今、40代だって上手に取り入れたいけれど、一歩間違えるとバブル感が出てしまいそうで怖い。そこで今回は、大人でも失敗せずに太眉がつくれる方法を学びます。

【第1回】盛りメイクは老けを呼ぶ。「抜いて」「効かせる」バランスで若々しく!

眉を描く女性
大人のナチュラルメイクにおける眉とは?

眉下を3mm太く!アンダーにしっかり色を入れることで、顔立ちがくっきり!優しい幸せ顔に

ナチュラルメイク完成
眉を描いた完成図

今どきの眉は、太さは出しながらも自然であることが大切。とはいっても40代・50代の女性は、眉山を強調したシャープな細眉時代が長かったせいか、眉を下げることにためらいを感じてしまうのも事実です。

眉山を意識しすぎると、描き方自体が古くさくなってしまうので、ここは考えた方を変えて、眉下を太めに描くようにしましょう。眉下に色を乗せることで、今っぽい直線眉になるのはもちろん、眉と目の間隔が狭まるので、若々しい印象に見えるんです。

のっぺり眉はNG。リキッド×パウダーのダブル使いで、眉にも立体感を出して!

太眉が流行っているからといって、単色塗りで一気に描いたのっぺり眉は逆に古く見えてしまいます。今どきの眉は、リキッドとパウダーを使って立体的に描くのがポイント。このところ多く出ているリキッドは筆ペンタイプなので、眉が1本1本描けるのでおすすめです。

色は、髪色と同じ、もしくは気持ち明るめのブラウンを選択すると、自然な印象に仕上がります。

4種のアイブロウ
(左から)天然の美容成分配合なので、抜け毛が気になる大人の眉にも優しい。セルヴォーグ インディケイト アイブロウ リキッド 02 ¥2,200、淡く艶っぽい発色と繊細で極細なラインで、眉1本1本をリアルに描く。エレガンス アイブロウ リクイッド BR21 ¥3,000(使用色)、ハイライトのような明るい色から、アイラインとして使えるダークカラーまで、濃淡5色をセット。ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4,200、ライト、ミディアム、ダーク、3色のブラウンパウダーがセットに。ふんわりやわらかな眉が描ける。カネボウ パウダーアイブラウ ¥4,000(使用色)

■PROCESS1:スクリューブラシでとかして、毛流れを確認

スクリューブラシで眉毛を整える様子
眉を上に向かってとかす

実は眉は年齢がとても出やすいところ。年を重ねるごとに少なくなるし、ハリも失われてきます。また若いころに抜き過ぎてしまった人は、生え方がゲジゲジだったり、生えてこなかったりすることも。

まずは眉を描く前に毛流れを確認しましょう。スクリューブラシを眉と平行に持ったら、まず上に向かってとかします。生えグセとスカスカになっている部分を確認したら、最後に眉頭から眉尻に向かって整えましょう。

■PROCESS2:リキッドタイプのペンシルで、眉の隙間を1本1本描いていく

リキッドアイブロウで眉毛の隙間を埋める様子
眉の印象を中心に寄せて

1でスカスカしていたところや、長さが足りなかった部分をリキッドタイプのペンシル(エレガンス)で1本1本描いていきます。眉山がしっかりある人(鋭角)は、山を強調しないよう、内側部分だけ描き足して、まっすぐ自然な眉になるようにします。

眉山が外側にある人や、表情筋がゆがんで外側にズレてしまっている人は、眉全体がだらりと広がった印象に見えてしまいます。眉山の眉頭側を気持ち書き足して、キュッと中心に寄せるようにしましょう。

眉尻の止め位置は、小鼻と目尻を結んだ延長線、眉頭の底辺の位置より少し上めにすると、目尻が自然と上がり、目が大きく見えます。

■PROCESS3:眉頭の欠けている部分を「明るい茶色のパウダー」で埋める

眉頭をアイブロウバウダーで埋める様子
眉の間の広がりを狭める

眉頭が欠けていると、直線的な眉に見えないのはもちろん、眉と眉の間が広がって間延びした印象に。明るい色のパウダー(カネボウ真ん中)で、眉頭の角を描き足して。広がった眉間を狭めて眉山を中央に寄せることで、引き締まった存在感のある眉に。求心力も生まれるので、小顔効果もアップ。

■PROCESS4:眉下に色を足す。ここにしっかり色を入れるのがポイント!

眉下を塗っている様子
眉下は太くまっすぐに仕上げる

眉下を抜きすぎた弓形眉は、間延び顔の原因。PROCESS4で使った明るい色のパウダーで、えぐれた部分を埋めるよう、パウダーをのせていきます。眉下を太くまっすぐに仕上げることで、眉と目の間隔が狭まり若々しい表情に。間延びしてハレぼったく見えていたアイホールも引き締まり、小さく見えていた目もくっきり! 

■PROCESS5:最後に濃い茶色のパウダーをふわっとのせて

眉にパウダーをのせる様子
たっぷりぬらないよう注意

仕上げに濃いパウダー(カネボウ右)を眉全体にふわっとまといます。太さを出したいからといって、たっぷり塗ってしまうと、のっぺり眉になってしまうので要注意。立体感は出しつつ、全体のトーンだけそろえる気持ちで。

5つのステップでソフトな太眉に!プロセスを動画で解説

 

問い合わせ先

シリーズ「大人のナチュラルメイクのつくりかた」

シリーズ「大人の肌づくり」

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
MOVIE :
フラッグシップオーケストラ
HAIR MAKE :
高橋里帆(Happy Star)
MODEL :
小川りかこ
DIRECTION :
若松真季