IWCのメンズ時計まとめ記事。高級腕時計ブランドIWCの2018年新作モデルをはじめ、人気の腕時計をピックアップしました。またIWCの時計を身につけた、男性の魅力を余すところなく引き出すメンズコーデもご紹介します。

【目次】

IWCの人気メンズ腕時計


■トリビュート・トゥ・パルウェーバー “150 イヤーズ”

■トリビュート・トゥ・パルウェーバー “150 イヤーズ”
●手巻き ●18Kレッドゴールド ●ケース径45mm ●サントーニ社製アリゲーター革ストラップ  ¥4,266,000(税込) ※世界限定250本

時・分は大型のデジタル表示で、秒針停止機能付きスモールセコンドを添えた魅惑のレイアウト。ノーブルなスタイルながら性能も高く、パワーリザーブは60時間を誇る。

●手巻き ●ステンレススティール ●ケース径45mm ●サントーニ社製アリゲーター革ストラップ  ¥2,700,000(税込) ※世界限定500本

これだけエンスージャスト好みの時計にもステンレススティール ケースのモデルを用意。IWCらしい完璧主義と誠実さが伺われる。

IWCの新作モデルは、腕時計の常識を覆す画期的な新作だ!

■ダ・ヴィンチ・トゥールビヨン・レトログラード・クロノグラフ

■ダ・ヴィンチ・トゥールビヨン・レトログラード・クロノグラフ
●自動巻き ●レッドゴールドケース×アリゲーターストラップ ●ケース径/44㎜

すべてのパーツを一から見直したIWCのダ・ヴィンチ・トゥールビヨン・レトログラード・クロノグラフは、フライバッククロノグラフにトゥールビヨン、さらにはレトログラード式の日付表示。この3つの複雑機構をひとつにまとめた技術力には脱帽せざるを得ない。ケースやインデックスに用いられた落ち着いたゴールドが本格派の風格を感じさせる。コンプリケーションを支える68時間のパワーリザーブも心強い。

イタリア風伊達男の手元に似合う時計はブルガリ?

■パイロット・ウォッチ・マークXVIII

■パイロット・ウォッチ・マークXVIII
40ミリのケースは実用性も高い。●自動巻き ●SSケース×SSブレスレット ●ケース径/40㎜ (IWC)

まさに「ザ・パイロットウォッチ」と呼びたくなるような質実剛健な雰囲気でありながら、モダンさをも漂わせる。入門機でありながら、到達点ともいえる完成度は手に入れるべき逸品だ。

高級時計とスポーツの意外な関係。レガッタのオリンピック選手が愛用した時計の秘密とは

IWCの時計を身につけたメンズコーデ


【1】IWC時計×ネイビージャケット×シャツ×タイ

【1】IWC時計×ネイビージャケット×シャツ×タイ
●自動巻き ●ステンレススティールケース×アリゲーターストラップ ●ケース径/43㎜ ¥3,380,000(IWC) ジャケット¥247,000・シャツ¥54,000・タイ¥23,000・チーフ¥6,000(コロネット〈ブリューワー〉) ※すべて参考価格

4つのサブダイヤルに8本の針とひとつの窓で、年月日、曜日、時間を表示し、さらにクロノグラフとムーンフェイズも搭載。文字盤にあふれる情報を丁寧に整理し、さらに立体感のあるデザインにしたことで、高い視認性を確保。これだけ上質なハイコンプリケ-ションが500万円以下。アクセシブルな価格設定が素晴しい。

今さら聞けない機械式腕時計用語、トゥールビヨンって何?

【2】IWC時計×ライトグレースーツ×イエローシャツ×タイ(右)

スーツ¥298,000(八木通商〈ベルヴェスト〉) シャツ¥50,000(タイ ユア タイ 青山〈タイ ユア タイ〉) タイ¥18,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈フィオリオ〉) チーフ¥13,000(リングヂャケットマイスター 青山店〈ドレイクス〉) 靴¥230,000(ジョン ロブ ジャパン) 時計¥1,175,000(IWC)

北イタリアのパドヴァのファクトリーブランド「ベルヴェスト」。トレンドへの柔軟さを持ち味とするこちらが今季つくったのは、なんと1970年代のアーカイブから着想を得たモデル! 極太のピークドラペルや、4つボタンのダブルというデザインは迫力満点だ。ライトグレーにオレンジの縞が入った生地も、実に個性的である。

男の魅力を引き出す「クラシコイタリア」スーツ名鑑

【3】IWC時計×ネイビージャケット×シャツ

『ポルトギーゼ・ミニッツ・リピーター』 ●手巻き ●18Kレッドゴールドケース×アリゲーターストラップ ●ケース径/44 ㎜ ¥10,500,000(IWC)ジャケット¥335,000(伊勢丹限定)・シャツ¥46,000(ゼニア カスタマーサービス〈エルメネジルド ゼニア〉)

複雑なリピーター機能により、美しいゴングで時を報せる。決して目立たず、だが完璧なまでに紳士の腕に特別な存在感を与えてくれる逸品。

「子供っぽい人ね」と嗤われぬための、守るべき習慣はコレ

【4】IWC時計×カーキジャケット×ニット×白パンツ×ストール

【4】IWC時計×カーキジャケット×ニット×白パンツ×ストール
ジャケット¥74,000〈アスペジ〉・ストール¥39,000〈ピエール=ルイ・マシア〉/以上ラ ガゼッタ 1987 青山店 ニット¥48,000(クルチアーニ 東京ミッドタウン店) Tシャツ¥15,000〈ルトロワ〉・パンツ¥24,500〈GTA.〉/以上ビームス ハウス 丸の内 靴¥16,000(ストラスブルゴ〈コンバース〉) 帽子¥81,000(ボルサリーノ ジャパン) 時計¥1,400,000(IWC)※すべて参考価格

通常のジャケットの襟型を採用する『M-43』タイプのアウターは、襟を立てた着こなしが粋だ。アウターのカーキ色に対し、ニットとパンツ共に白でコーディネートした爽やかな着こなしを。

ミリヲタ騒然! MA-1がここまでエレガントでいいのか?

【5】IWC時計×ジャケット×パンツ×チェックシャツ×タイ×ハット

ジャケット¥600,000〈キートン〉・タイ¥28,000〈タイ ユア タイ〉/以上タイ ユア タイ 青山 シャツ¥46,000(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン) パンツ¥36,000〈インコテックス〉・チーフ¥5,000〈バーニーズ ニューヨーク〉/以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 帽子¥39,000(ボルサリーノジャパン) 時計¥1,250,000(IWC)※すべて参考価格

シルク混の生地を使用したシングルのジャケットは、ツイードのような素朴な風合いが魅力。落ち着いた色のジャケットには、茶色を基調としたチェックシャツを合わせ、ペイズリータイで、都会のカントリージェントルマンを気どる。

男の色気はシルクで魅せる! スーツ&ジャケットコーデ6

【6】IWC時計×ジャケット×パンツ×ストライプシャツ×タイ

【6】IWC時計×ジャケット×パンツ×ストライプシャツ×タイ
ジャケット¥297,000・シャツ¥46,000・パンツ¥59,000・タイ¥23,000・チーフ¥13,000・ベルト¥42,000(ゼニア カスタマーサービス)眼鏡¥28,000(ブリンク〈GLCO〉)時計¥1,300,000(IWC)

ホップサック調の織り柄によるやわらかいリネン混生地を、綺麗に仕立てたジャケット。正統派のジャケットには、ストライプのシャツにジャカードタイで落ち着いた雰囲気に仕上げた。

夏を涼しく過ごすリネンジャケットのコーデテクニック

【7】IWC時計×ネイビージャケット×カプリシャツ×ストライプショーツ×ハット

【7】IWC時計×ネイビーシャツ×カプリシャツ×ストライプショーツ×ハット
パンツ¥23,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈GBS〉) 帽子¥15,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈キジマ タカユキ〉) チーフ¥6,000(コロネット〈ブリューワー〉)靴¥190,000(ジョン ロブ ジャパン)時計¥1,060,000(IWC)※すべて参考価格

リネンのカプリシャツと一枚仕立てのネイビージャケットに、ストライプのショーツを合わせ、開放的かつシックなリゾートスタイルを表現。ジャケットのそでを捲りあげ、シャツのすそを出して着こなすことで、よりくつろいだスタイルが楽しめる。素足にはいたブラウンスエードのローファーに合わせ、ブラウンの帽子をかぶることで、色数を抑えた大人の上品さが演出できる。

メンズファッションの真髄は白シャツとネイビージャケットにあり! 正しい組み合わせで大人のおしゃれを楽しもう!

【8】IWC時計×カーキジャケット×Tシャツ×デニムパンツ

【8】IWC時計×カーキジャケット×Tシャツ×デニムパンツ
ジャケット¥73,000(ヒューゴ ボスジャパン) Tシャツ¥25,000(カヴァレリア〈マテオ アルベサ〉) パンツ¥46,000・ベルト¥28,000(ヤコブコーエン GINZA SIX〈ヤコブ コーエン〉) 時計¥1,060,000(IWC) カメラ¥850,000・レンズ¥250,000(ライカサポートセンター) カメラストラップ¥9,800(代官山 北村写真機店)

海辺の風景に似合う、ボーダーTシャツとジーンズの組み合わせ。そんな定番のカジュアルにサファリジャケットをはおれば、適度にワイルドさが加味された旬な着こなしにさまがわりする。このサファリジャケットの素材はコットン×リネン。清涼感が漂い、大人の男にふさわしいエレガンスがそこここに醸し出される。

知的かつ男らしくありたいなら迷わずサファリジャケットを選ぶべし!

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク