ラグジュアリーの入口メディア「Precious.jp」の記事より、食べ物や頭皮ケア、サプリメントなど、髪に良い習慣をピックアップしてまとめました。薄毛、白髪、ダメージにお悩みの方は、ぜひ日頃のケアの参考にお役立てください。

食べ物や頭皮ケアが重要!発毛や白髪に良い習慣


■健康な髪を育てる絶対条件

健康な髪を作る絶対条件というのが、

(1)毛穴のつまりや乾燥といった頭皮の炎症を予防すること
(2)頭皮のやわらかさを保つこと
(3)髪を作る毛母細胞の活性化
3つです。

(2)の状態を保つには、頭皮に栄養が届きやすくするために、血流やリンパの流れをスムーズにすることが大事です。(3)の毛母細胞の活性化は、食事や睡眠といった生活習慣も影響します。これら3つのうちひとつでも欠けてしまうと、髪が細くなったり、抜け毛が増えたり、と健康的な髪は育ちにくくなります。

健康的な頭皮
乾燥しキメの乱れている頭皮
頭皮の皮膚組織

\フェイスラインも若返る!頭皮の保湿/

——頭皮に厚みが出ることで、髪以外にどんな変化が出るのでしょうか。
お顔のリフトアップ効果ですね。頭皮が下がると、目尻は3mm下がるともいわれています。逆に頭皮がきちんと保湿され、健康的な状態であれば、頭皮は全体的に厚みが出ます。そうすることで、筋肉の上にある頭皮が持ち上がり、お顔のたるみ改善につながってくるんです。頭皮のお手入れ状況によって、頭皮の厚さは、2mm〜6mmにも変わってきます。
——頭皮の厚みがフェイスラインに影響してくるのですね。
もともと頭皮は厚みがあり、体の中でも重力の影響を受けやすいパーツです。乾燥が進むと、頭皮の水分が少なくスカスカな状態になるため、さらに頭皮が下がる原因になります。
頭皮と顔は皮一枚で繋がっていますから、フェイスラインのたるみ、ほうれい線も頭皮が下がることによりどんどん加速します。また、重力によって押しつぶされた頭皮は、硬く薄くなり、血行不良を起こします。そうなると当然、細毛や白髪も増えていきます。
頭皮の保湿ケア次第で、お顔のシワやたるみは大きく変化し、健康で美しい髪を育てることができます。うるおいのある頭皮は、指で触ると跳ね返すような弾力があるんですよ。
——ふっくらとした健康的な頭皮のために、保湿はどのようにしたら良いのでしょうか。
まずは日々のシャンプーです。髪に合うからと、なんとなくずっと同じシャンプーを使っている方も多いと思うんですが、季節と今のご自身の肌に合ったものかどうかという点で見直すことも大切です。
そして、お風呂上がりに頭皮用の化粧水や美容液を使うことも保湿には欠かせません。毎日使うものだからこそ自分に合ったアイテムを選び、頭皮も保湿をする習慣をつけてくださいね。
——生活習慣と頭皮の関係についても教えていただけますか?
そうですね。ジャンクフードなど脂っぽいものを日常的に食べている方は、頭皮の皮脂の分泌量も多くなります。そうなると、皮膚を含む体全体が酸化しやすくなるため老化体質になりがちです。
また、夜遅くまでスマホやパソコンによるブルーライトを浴びることで、脳を活性化させてしまい自律神経の乱れにもつながります。最初の90分間でいかに質の高い睡眠が取れるかどうかが、成長ホルモンの分泌に大きく関わってきます。寝ている間の成長ホルモンで髪も育ちますから。目の疲れや精神的なストレスで、耳の上の側頭筋も硬くなりがちです。(イーラル キュアリストインストラクター・栁田幸恵さん)

若々しさの鍵は「頭皮の厚さ」だった!乾燥する冬こそ心がけたい頭皮の保湿

■育毛におすすめのサプリ

■育毛におすすめのサプリ
写真左から:「AOPALE(アオパレ)」ボトルタイプ 内容量13.5g(450mg×30カプセル)9,800円(税抜)/パウチタイプ 内容量3.1g(450mg×7カプセル)¥2,500(税抜) 

地中海沿岸の強い日差しや乾燥の中でも、美しくたくましく生き続ける「シトラス」や「ローズマリー」から抽出されるエッセンスから生まれる、近年注目の自然派フィトケミカル成分「ニュートロックスサン®︎」を配合した、飲む美容ケアサプリ「AOPALE(アオパレ)」。

抗炎症作用によって、日焼けによるシミや肌老化からお肌を守ってくれる効果が期待でき、増量剤や防腐剤といった余分なものは一切含んでいません。

\アオパレにはこんな成分も!/

●L-シスチン
「L-システイン」が2分子結合した「アミノ酸」のこと。 髪や爪に含まれている、ケラチンというたんぱく質を構成するものです。「美白、育毛、肝機能の向上」に役立つとされています。

●ビタミンD
油脂に溶ける「脂溶性ビタミン」のひとつ。小腸や腎臓で、カルシウムやリンの吸収を促進、それにより血液中のカルシウム濃度を保ち、「丈夫な骨を作ってくれる」働きがあるとされています。

飲む美容ケア!体の内側から紫外線対策ができるサプリ「アオパレ」って?

■美髪・発毛にはナッツ類がおすすめ

■美髪・発毛にはナッツ類がおすすめ
アンチエイジングに大切な食べ物は、デザイナーズフードや良質なタンパク質など。

\ナッツ類の植物性タンパク質やミネラル類/

ナッツ類を摂るのも効果的です。ナッツ類が含む植物性タンパク質は、肌やそのほかの細胞を形づくる役割をしています。また、ミネラル類も豊富です。ミネラル類には、肌や髪に栄養を行き渡らせてくれる役割があり、美肌や発毛を促進する効果があります。なお、ピーナッツはナッツ類ではなく豆類なので、ご注意を。

効果的なアンチエイジングとは?|食事法、美容ケア、生活習慣から運動・睡眠まで徹底解剖

■頭皮ケア

医師の下で行われる高級ヘアケア・頭皮ケア。

\「頭皮が髪を育てる土台」という考え方が、美しい髪づくりには必須/

髪のアンチエイジングには、食事などで取り入れる「栄養素」が重要

「『美しい髪は、健康的な頭皮から』という考え方に基づくと、サロンでの頭皮ケアやホームケアは必須ですが、内面的な頭皮ケアも重要です。内面的なケアとは、デトックス栄養療法を基本にした、食事とサプリメントケアのこと。頭皮の状態に負担をかける有害物質をデトックスして、必要な栄養素をしっかりと取り入れる考え方です。そうした内面的なケアも欠かさないのが、美しい髪を保つ秘訣です」(サロン・ド・リジュー代表・永本羚映子さん)

自宅でできるヘア&頭皮ケアは「頭皮を洗い、頭皮を乾かす」ことが重要

「シャンプーは頭皮を洗う、ドライヤーは頭皮を乾かす、が基本です。毛髪を擦り合わせる行為はキューティクルを損傷してしまいます。しっかりと指の腹を直接、地肌につけて毛穴を意識して洗髪することが大事です。スカルプマッサージも行うといいでしょう。

また洗髪後はドライヤーを使ってなるべく早く、髪と頭皮、それぞれに熱から守るオイルなどの商品を使ってから、素早く乾かすことが大切です。乾かすときのコツは、髪ではなく頭皮を乾かすのを意識すること。生乾きの状態のまま放置しますと、雑菌が繁殖してしまい、かゆみや頭臭など、さまざまな頭皮トラブルの原因となってしまいます」(永本さん)

長髪の女性

「髪のアンチエイジング」で、いつまでも美しいヘア&頭皮に!

■白髪や抜け毛を加速する要因

\髪も美しく歳を重ねるために、「今」できること/

Q. 遺伝的な要素以外に、白髪や抜け毛を加速する要因はありますか?
睡眠不足、ストレス、食事といった生活習慣ですね。髪の毛は寝ている間に成長しますから、睡眠はとても重要です。また、肌にも髪にも影響するホルモンバランスの乱れは、ストレスが引き金になることもあります。偏った食事を見直すことも大切です。食事により栄養が体に行き渡る順番として、まずは内臓器官に運ばれて、次に皮膚。髪は最後の方なんですね。そのため必要な食事を摂っていないと、栄養が髪まで行き渡らないんです。
Q. 白髪が気になり始めたとき、白髪染め以外にできることはありますか?
白髪が目立つのは、分け目やこめかみ部分が多いかと思います。さほど白髪が目立たない時は、美容師さんと相談をしながらヘアスタイルで工夫するのも手かと思います。本数が少なかったら切り、抜くのは厳禁です。抜いてもまた生えてくることも多いですし、何よりも頭皮に余計な負担がかかってしまいます。毛穴の変形や、炎症の原因にもなります。
Q. きれいな白髪に移行するために、今からできることはありますか?
先述の生活習慣に加えて、マッサージです。シャンプー時に、指の腹やシャンプーブラシで頭皮を揉みほぐすだけでも頭皮の血行改善に役立ちます。シャンプーの時に、毛先だけが泡立っていればOK!と思っている方も意外に多いんです。頭の筋肉はとても少なく、勝手には動きません。手でほぐしてあげないと、どんどん凝り固まって血行が悪くなり、健康的な髪が生えにくくなる。という悪循環になってしまうんです。
シャンプー前のブラッシングもおすすめです。ブラッシングとお湯の予洗いで、汚れの約8割が落ちると言われています。ほぐす、という意味に加えて、負担のかかる強い洗浄力のシャンプーを使わなくてもちゃんと汚れをオフすることができると思います。(回答者:トータルビューティサロン uka 丸の内KITTE店・金井あゆみさん)

プロに教わる「40代の白髪対策」。夏こそ最新のヘアケアで「美しい頭皮」に!

■腸をキレイにする

■腸をキレイにする
「エステプロ・ラボGINZA」カウンセラーの丹羽里実さん

腸を綺麗にしておくことは、なぜそんなにも大切なのでしょう?

口にしたものが腸から吸収され、皮膚になり、髪になり、爪になります。ですから、腸はすべての「入り口」なんですね。汚れた腸は、掃除のされていない排水溝に例えられます。この汚れは、体内で消化しきれなかった食べ物の残りカスなどが付着した状態です。この腸を通った、「汚れた材料」から細胞がつくられてゆく、となるとどんなに素晴らしい食材や栄養を摂ったところで、思ったような効果は期待できません。

腸を綺麗に保ち、身体に必要な栄養素を行き渡らせることができれば、病気やストレスにも強い身体になりますし、美肌キープや便秘改善、と良いことづくめなんですよ。

腸の中には、たくさんの菌が住んでいます。善玉菌、悪玉菌、そしてどっちつかずの日和見菌ですね。腸が汚れている状態は、悪玉菌が増えてしまった状態を指します。悪玉菌が最も増える原因となるのが、消化不良です。

ファーストフードやスナック菓子、ハムなどに代表されるような、食品添加物の多いものを、朝も夜もと摂取していると、体内で消化しきれずに、腸という生温かい小部屋の中で、どんどん腐敗します。すると、活性酸素が発生し、血液も細胞も汚れていってしまうんです。ですからまずは、この腸を汚さないことが健康と美しさの「鍵」です。(丹羽里実さん)

美しさの近道はサプリメントにあり!プロが教える「正しいサプリメントの選び方」

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。