【目次】

眉_1

【「透け感眉」のメイクプロセス】

<STEP.1>薄茶を眉中から眉山へ直線的にのせていく

・色をのせる前に、一度スクリューブラシを使って毛を起こすようにして立てる。
・その後、平ブラシに薄茶をとり、眉頭1cmくらいあけた部分から、平らな面の幅を生かして眉山まで直線的にのせていく。眉毛の上辺はのせないでOK。

<STEP.2>眉山から眉尻へは細くなだらかに

・眉尻の位置を決めたら(右の写真を参照)、眉山から眉尻にかけては、平ブラシの幅広い面から細い面になるように持ち替え、角度がつきすぎないように気をつけながら眉尻まで色をのせていく。
・眉尻の最後はスッと力を抜いてのせて。

\眉尻の決め方は口角→目尻の延長線上で/

カジュアルで軽やかな印象に見せたい「透け感眉」の場合は、短めの眉尻がおすすめ。口角から目尻を通る延長線上を眉尻に設定しましょう。

<STEP.3>眉頭は眉中から戻るようにしてのせる

・眉頭は色をのせる塩梅がとても難しい部分。特に眉頭の上部も、眉中から眉尻と同様に色をのせないで。
・眉頭の下部2/3のみ、平ブラシの幅広部分を使い、眉中から眉頭へ戻るようにのせる。
・これは眉頭に不自然に色が濃くのるのを防ぐため。

<STEP.4>眉山の下側に濃い茶でひと筋のラインを

・眉山の下辺りがアーチになっていて、直線的な太眉を描くには毛の存在感がなく心もとない場合は、薄茶だけでは下辺はカバーしづらい場合も。
・地毛の色に近い濃い茶で平ブラシの細い面を使って、直線的に1本ラインを引いて補っておく。

<STEP.5>薄茶をのせた上辺部分だけをブラシでぼかす

・薄茶で描いた部分をなじませるため、色をのせた上辺のみ、スクリューブラシでスッとぼかしていく。
・ブラシでとかす回数が増えると、色のパウダーが落ちていくので、1か所1〜2回程度に留めておくのがポイントに。やりすぎ注意。

\眉毛が足りない場合はリキッドペンで「毛」を描き足す/

・眉毛がまったくない箇所はパウダーだけだとのっぺりとして、立体感がなく見えてしまうことが。
・そこで、毛のない部分はリキッドタイプで、自眉毛の色に近い色のアイブロウペンを使い、毛を描き足すイメージで繊細に描いて足していって。

(a)SUQQU フレーミング アイブロウ リキッド ペン 02

女性らしい柔らかなブラウンのリキッドペン。色、細さ、質感と眉毛のリアル感を追求した名品。太め軸で持ちやすい。

(b)エスティ ローダー フェザーライト ブロー エンハンサー 03

眉毛を自然に繊細に描き足せる筆ペンタイプ。羽のように軽いタッチとシアーな色づきで失敗なく描きやすい。

<STEP.6>眉頭は眉マスカラのブラシで真下へ塗る

・眉マスカラは、毛をしっかりと立たせ、際立たせることが役割なので、しっかりと毛の360度につくように塗るのがコツ。
・まずは眉頭から。毛流れに逆らって、上から下へしっかりとブラシで数回繰り返しながら塗る。

<STEP.7>眉中から眉尻は斜め45度に下げながら塗る

・眉頭を除いた部分は、斜め下45度に、毛流れと逆方向にマスカラを塗っていく。
・根元から毛先までしっかりと塗布するように数回繰り返して。

<STEP.8>今度は眉頭の毛を下から持ち上げつつ塗る

・眉毛の表側の面にもマスカラを塗っていく。
・毛流れを整えながら、眉頭上辺の薄茶を塗っていない部分を覆うようにしっかり毛を立たせるように塗る。
・ここも毛がフィックスするように数回繰り返して。

<STEP.9>眉中から眉尻は斜め45度に上げながら塗る

・眉中から眉尻も薄茶をのせていない上辺を眉毛が覆えるように、しっかりと毛を立たせながら塗っていく。
・斜め45度に上げながら、数回繰り返し塗る。全体を塗り終えたら、眉毛が1か所に固まっていないかをチェックしながら整えて。

大人の夏眉は【透け感】で軽さを演出| 完成プロセスを大公開

眉毛の色を「暗め」に変える、今どき大人眉


ダークカラーを使った今どき眉メイク

長井かおりさん
ヘア&メイクアップアーティスト
多くの女優やモデルからの指名を受ける人気ヘア&メイクアップアーティスト。雑誌や広告など第一線で活躍する傍ら、メイクレッスン講師としても活躍。ひとりひとりの個性や魅力を引き出す、上品なメイクテクニックにファン多数。Precious.jpでは、大人のリアルな肌や骨格の悩みをメイクだけで見事解決。
明るくのっぺりとした、いかにも描きました感のある眉が残念なセルフメイクから、立体感とナチュラルさのある今どき大人眉が上品な長井メイクへ。
明るくのっぺりとした、いかにも描きました感のある眉が残念なセルフメイクから、立体感とナチュラルさのある今どき大人眉が上品な長井メイクへ。

「茶髪ブームのときに『眉は髪よりワントーン明るく』と言われていましたが、その名残なのか、髪色は落ち着いた今でも明るめ眉をキープしているアラフォー世代の方をよくお見かけします。

髪のトーンに合わせて、眉の色もトーンダウンさせるのが正解です。自眉と同じグレーもしくはダークブラウンのペンシルで、足りない部分を描き足してから、明るいパウダーを重ねてほんのり明るさを出すのが鍵。色を重ねることで、眉に自然な立体感と抜け感も加味されます」(ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさん)

【今どきダーク眉にシフトさせるアイブロウアイテム&メイクプロセス】

左から/軽やかな描き心地で思いどおりのナチュラルな眉が描ける。角度しだいで、全体の形づくりも1本1本描き足すのもどちらも可能。カネボウ化粧品 ルナソル スタイリングアイブロウペンシル(フラット)01 ¥3,500、長井さんコラボのミネラルカラーパウダー。アイホールにのせたオレンジを眉にもほんのり効かせて。ヤーマン オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルピグメント 01 ¥2,300、ハイライトカラーからアイラインとしても使えるダークカラーまで5色を1パレットに。アイシャドウとして使用できるのもうれしい。カネボウ化粧品 ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4,200
左から/軽やかな描き心地で思いどおりのナチュラルな眉が描ける。角度しだいで、全体の形づくりも1本1本描き足すのもどちらも可能。カネボウ化粧品 ルナソル スタイリングアイブロウペンシル(フラット)01 ¥3,850、長井さんコラボのミネラルカラーパウダー。アイホールにのせたオレンジを眉にもほんのり効かせて。ヤーマン オンリーミネラル N by ONLY MINERALS ミネラルピグメント 01 ¥2,530、ハイライトカラーからアイラインとしても使えるダークカラーまで5色を1パレットに。アイシャドウとして使用できるのもうれしい。カネボウ化粧品 ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4,620
<STEP.1>足りない部分に眉を描き足す

・アイブロウペンシル(ルナソル)のスクリューブラシで眉の毛流れを整えから、欠けた部分や足りない部分をペンシルで描き足していきます。

眉頭〜眉山は斜め上向きに、眉山〜眉尻は床と平行気味にブラシを動かすと整いやすい。
眉頭〜眉山は斜め上向きに、眉山〜眉尻は床と平行気味にブラシを動かすと整いやすい。
アウトラインをとるのではなく、1本ずつ植毛するように毛流れに沿って描き足していくのがポイント。
アウトラインをとるのではなく、1本ずつ植毛するように毛流れに沿って描き足していくのがポイント。
<STEP.2>左右交互に整えていく

・どちらか片方を仕上げて、もう片方を描き始めるのはNGです。
・同時進行で、左右交互に描き進めていくのが、左右対象に仕上げる秘訣。
・ペンシルで描き終えたら、再度スクリューブラシでとかし、眉をぼかしながら肌に定着させます。

左右の眉を見比べて低い方は上側を、高い方は下側を描き足していくと左右対象に。
左右の眉を見比べて低い方は上側を、高い方は下側を描き足していくと左右対象に。
軽く肌をこするようにブラシを入れると、描いた眉が定着しやすく。
軽く肌をこするようにブラシを入れると、描いた眉が定着しやすく。
<STEP.3>パウダーをのせる

・アイブロウパウダー(ルナソル)の右2色に、アイホールにも使用したオレンジのミネラルパウダー(オンリーミネラル )を混ぜてアイブロウブラシにとり、眉にふんわり重ねます。
・まぶたの色を眉にもほんのり感じさせることで目元が締まり、抜け感もアップ。

まぶたに使用したアイシャドをアイブロウと混ぜて使用するテクニックをぜひ取り入れて。
まぶたに使用したアイシャドをアイブロウと混ぜて使用するテクニックをぜひ取り入れて。
肌を染めるような感覚で、ブラシを軽く肌に押し付けるのがコツ。
肌を染めるような感覚で、ブラシを軽く肌に押し付けるのがコツ。

【BEFORE→AFTER】

明るいブラウンだけを使用した眉は、描き足した部分に目立つばかりかのっぺりとして見える。ダークトーンで整えた上に明るいパウダーを重ねると、ナチュラルに仕上がり立体感も生まれる。
明るいブラウンだけを使用した眉は、描き足した部分に目立つばかりかのっぺりとして見える。ダークトーンで整えた上に明るいパウダーを重ねると、ナチュラルに仕上がり立体感も生まれる。

【ナチュラルで抜け感のある今どき立体眉の完成】

自眉のようにナチュラルに仕上がった今どき眉でこなれた印象に。
自眉のようにナチュラルに仕上がった今どき眉でこなれた印象に。

脱・明るめ眉!「暗めの立体眉」が今どき大人眉の正解です

短くカットしすぎた眉毛は「グレー」で描き足す


グレーのアイブロウペンシルを使ったナチュラル眉メイク

自眉部分と描き足した部分の境目が目立つセルフメイクから、境目が目立たない自然な美眉の長井メイクへ。
自眉部分と描き足した部分の境目が目立つセルフメイクから、境目が目立たない自然な美眉の長井メイクへ。

「伸びるまでの間は、自眉の根元部分と同系色のグレーのアイブロウペンシルで、移植するように1本ずつ描き足すこと。ブラウンのペンシルで描き足す人が多いですが、ブラウンでは書き足した部分が目立ってしまうので注意しましょう。

グレーで不足部分を補ったあとに、ブラウンのアイブロウパウダーでトーンアップ。これが、まるで自眉のような自然な仕上がりをかなえるポイントです」(長井さん)

【自眉のように自然に仕上がるアイブロウアイテム&メイクプロセス】

左から/がごめ昆布配合の密着性の高いパウダーが、肌をいたわりながら眉に明るさと立体感をもたらす。SHIRO がごめ昆布アイブロウパレット 9A02 ¥4,840、繊細なラインもぼかしも自在な繰り出しタイプのペンシル。主張しすぎないソフトなグレーで不足部分を描き足して。SUQQU ソリッド アイブロウ ペンシル 04 ¥4,400
左から/がごめ昆布配合の密着性の高いパウダーが、肌をいたわりながら眉に明るさと立体感をもたらす。SHIRO がごめ昆布アイブロウパレット 9A02 ¥4,840、繊細なラインもぼかしも自在な繰り出しタイプのペンシル。主張しすぎないソフトなグレーで不足部分を描き足して。SUQQU ソリッド アイブロウ ペンシル 04 ¥4,400
<STEP.1>スクリューブラシで眉をとかす

・アイブロウペンシル(SUQQU)のお尻のスクリューブラシで眉をとかし、眉の欠けた部分を見つけやすいように毛流れを整えておきます。

眉にフィットしやすいようにブラシ部分を軽く折り曲げておくのがおすすめ。
眉にフィットしやすいようにブラシ部分を軽く折り曲げておくのがおすすめ。
<STEP.2>足りない部分をペンシルで描き足す

・アイブロウペンシルで、足りない部分に毛を移植するように1本ずつ書き足していきます。
・ラインで縁取らないよう注意して。

毛流れに沿って薄い部分や毛がない部分を1本ずつ埋める。
毛流れに沿って薄い部分や毛がない部分を1本ずつ埋める。
眉山〜眉尻は左右対象になるように高さを揃えて整えていく。
眉山〜眉尻は左右対象になるように高さを揃えて整えていく。
<STEP.3>全体に明るいパウダーをオン

・アイブロウパウダー(SHIRO)の左のブラウンをとったブラシを肌に押し当て、肌を染めるようにパウダーをのせます。
・仕上げに再度スクリューブラシで眉をとかし、描き足したアイブロウをぼかしながら、肌に描き足した部分を定着させます。

毛流れに逆らうように点で置いていくと肌をしっかり色づけることができる。
毛流れに逆らうように点で置いていくと肌をしっかり色づけることができる。
眉だけでなく肌を軽くこするようにブラシを入れて。
眉だけでなく肌を軽くこするようにブラシを入れて。

【描き足した部分が目立たないナチュラルな眉の完成】

自眉と描き足した部分の境目がない、まるで自眉のような自然な仕上がりに。
自眉と描き足した部分の境目がない、まるで自眉のような自然な仕上がりに。

短くカットしすぎた眉に必要なのは、グレーの眉ペンシルでした!

黒髪の人は自然な影色の「カーキブラウン」が正解


カーキブラウンで仕上げると知的に映る

 
尾花 ケイコさん
ヘア&メイクアップアーティスト
(おばな けいこ)雑誌『Precious』をはじめ、数多くの女性誌やTVなどで活躍。清潔感のある美しさを引き出すメイクテクニックで業界人からも信頼が厚い。特に眉メイクの美しさには定評あり。美眉師としての認知度も高く、眉コスメの開発も手がける。

【きつく見えない絶妙カラーの薄づきカーキブラウンアイブロウ】

眉_2,アイブロウ_1,パウダー_1
カーキ、チャコールブラウン、イエローホワイトセットで、ダークな髪色の人向き。いちばん右のイエローホワイトをノーズシャドウ位置に塗布して光効果でメリハリ感を演出する。SUQQU 3D コントロール アイブロウ 01 ¥7,150

 眉全体を染め上げるアイブロウパウダーの色は眉色に合わせるのか、髪色に合わせるのか迷うところですが、客観的に引いた状態で見たときの全体のバランスを考えると、髪色に合わせるのがいいでしょう。

「黒髪やダークな髪色の人はグレーではなく、自然な影色といわれる緑ニュアンスのカーキブラウンが正解色。メリハリの効いた上品で知的なシャープ顔になりますよ」(尾花さん)

眉毛印象を手軽に変えるなら、簡単に色をつけられる「眉ティント」がおすすめ


いつでも美眉! 時短にもなる人気の「眉ティント」

眉の上からリキッド状の眉墨を塗ると、乾燥してフィルムのように剥がすことができるようになるのが「眉ティント」。思い通りの形の眉が完成し、メイクオフしても平均3日間は消えず、汗や水・皮脂にも強いことから、じわじわと人気が高まっているメイクアイテムです。

いつでも「眉がある」安心感

一度眉ティントを使うと、平均で3日ほどは持つと言われています。蒸し暑い季節は、気づかぬうちに、汗や皮脂で眉が消えてしまっていた…ということがありますが、そんなうっかりがなくなります。また、お休みの日に「肌のためにメイクはしたくないけど眉だけは…」と思っている方、ジムやプール、ヨガなどのスポーツで汗を流す習慣のある方も、眉を気にせず過ごすことができるので、小さい箇所だけれど大きなストレスが減ることに繋がります。

一度色を着色しても、数日しかもたないので「アートメイクのように消えなくて困る」ということもありません。

メイク時間の短縮に

眉メイクが苦手で、眉を描くのに時間がかかってしまうという方は、夜にじっくり描いて仕込んでおけば、翌朝のメイクタイムが短縮されて一石二鳥。忙しい女性の強い味方になってくれます。

最近の眉ティントは、カラー展開も豊富で、自然な眉に仕上がるので、思い通りの眉をつくることができます。また、眉ティントを乾かして剥がす場合にも、硬くなりすぎないので、脱毛の心配もありません。

スポーツをする方や、眉メイクが苦手な方、朝の準備を短縮させたいという方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

大人の眉悩みを解消する眉ティントの「裏技」

年齢と共に眉はまばらになってしまったり、若い時に細眉にしすぎて、眉毛が欲しい部分に毛が生えてこないというのが大人の眉のお悩み。そんな時は、欲しいところだけに眉ティントを仕込んでおくのも、ひとつの手段。

また、その日の気分で眉の形や太さを変えたいという方にも、眉全体を描く使い方ではなく、眉毛が欲しいと思う部分にだけ、眉ティントを仕込むのもオススメです。

さらに、眉ティントのライトユーザーの方なら、普段のメイクに薄っすら眉ティントを使ってしまうのもあり!全体的に眉ティントを塗っている訳ではないので、目立たずに、自分の好きなタイミングではがすこともでき、色の調整も自由自在です。

「眉が薄い」お悩みにサヨナラできる「眉ティント」って何?その使い方・裏技を解説


※商品の価格はすべて税込です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。