「水/ガラス」をテーマに、天井から壁、床までガラス!海に浮かぶ絶景ウォーターバルコニーがアイコンの「ATAMI 海峯楼」とは?

相模湾を一望する熱海の丘の上、建築家・隈研吾さんが手掛けたホテルがあります。テーマは「水/ガラス」。水とガラスの特性が生み出す美と、透明ゆえにシームレスに海の眺めと溶け込んだ空間。わずか4室のみの、悦楽です。

外観
熱海の丘の中腹。ちょっとわかりづらい立地も、隠れ家感があります

ATAMI 海峯楼が位置するのは、相模湾を一望にする海抜80メートルの丘の中腹。壁に水が伝う吹き抜けの空間に架かった、ガラスの橋を渡ってフロントへ向かいます。

1995年に建築家・隈研吾さんが手掛けた、賓客をもてなすためのゲストハウスを、2010年にホテルとして一般にも開放したのがこちら。客室はわずか4。わずか4組のゲストのために、レストランやバー、大広間や温泉大浴場などが整えられています。

相模湾に浮かんでいるようなウォーターバルコニー

ウォーターバルコニー
周囲の風景の中に溶け込んだ、ガラス張りのウォーターバルコニー

ATAMI海峯楼のアイコンは、「ウォーターバルコニー」というダイニング。

水盤に囲まれた楕円形の空間で、壁も天井も床もガラス張りです。テーブルもイスもガラス製。周囲を水盤に囲まれた造りで、視線はその先の相模湾へとつながります。

沖に浮かぶ初島や伊豆大島、晴れた日には房総半島までも見渡せます。夕映えに染まる相模湾の海面には潮目が描かれ、それを眺めているだけでも、贅沢な気分。

このウォーターバルコニーをディナーで利用できるのは、4室のスイートルームの中でもハイエンドな「誠波(せいは)」か、「風科(ふうか)」。どちらか、早く予約を入れた方が優先されます。

ウォーターバルコニーでいただく朝食

朝食
ウォーターバルコニーでいただく朝食。お釜のごはん、やっぱり美味しい

朝食は「誠波」と「風科」のどちらもが、時間差で利用することができます。朝の光に輝く(少々眩しいくらい?)相模湾も、これまた絶景です。

月替わりのメニューは、できるだけ地のものを使ったクリエイティブな和食。夜のコースディナーは、どの料理も美味しく、特に絶妙な炊き加減のごはんに感動しました。

海側はすべて一面の窓!「誠波」の絶景オーシャンビュー

4室、すべてスイートかつオーシャンビューですが、おすすめはラグジュアリースイートの「誠波」です。

リビング+ベッドルーム+トイレタリーが横一列に配置され、長さ15メートルはある海側がすべてフルハイト(天井から床まで一面)の窓。水盤を張ったテラスの一角には露天ジャグジーやデイベッドも置かれています。そしてシンクまでガラス製という、こだわりぶり。

ベッドルーム
目が覚めたら、相模湾が目の前に
リビング
もともとは1995年のデザイン。当時からインフィニティエッジを採用していたのですね
ジャグジーとデイベッド
誠波のテラスにはジャグジーとデイベッドが
ガラス製のシンク
シンクまでもガラス製。顔を洗って、目を開いたら、相模湾

客室のどこにいても、視界のどこかに海があります。また、部屋前の水盤も、風で波打ったり、雲を映していたり、無数の雨粒の王冠が作られたり。どんな天候でも、自然を感じる贅沢な時間を味わえます。

もうひとつ、おすすめは「風科」。こちらは、熱海の夜景が美しいです。

アート作品に囲まれた非日常

スタイリッシュなデザインのホテルながら、モダン和テイストの大広間「楽精」もあります。迫力の大きな襖絵は、明治末期から平成まで活躍された版画家の徳力富吉郎さんの作品。襖を閉じると、「松の間」と「波の間」の二間に分かれます。

大浴場
地下の大広間とインスタレーション。このフロアに大浴場もあります

この大広間の前には、水盤に浮かぶ氷山のような狩野智弘さんのインスタレーション。レセプションには画家・千住博さんの作品が目を楽しませてくれます。

湯どころ熱海ですから、温泉も楽しめます。しかも、美肌効果が期待できるとか。

各スイートにもバスルームはありますが、開放感たっぷりの大浴場は1組につき50分間の貸し切りで利用できます。大浴場の予約はチェックイン時に行います。

ウォーターバルコニーで花火大会も鑑賞できる

花火大会
ウォーターバルコニーで花火大会を鑑賞できるのは、誠波のお部屋の特権

熱海の絶景が楽しめるATAMI海峯楼。熱海海上花火大会の日は、予約も激戦。実は、花火大会は夏だけではなく、通年、開催されています(日時は要確認)。このホテルから眺める秋や冬の花火も、オツでしょうね。

ATAMI 海峯楼 の詳細・Web予約はこちら >>

問い合わせ先

  • ATAMI 海峯楼 
  • 料金/ラグジュアリースイート風科¥67,100~、ラグジュアリースイート誠波¥75,900~(税・サービス料・入湯税別)
  • TEL:0557-86-5050
  • 住所/静岡県熱海市春日町8-33

関連記事

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子、大西瞳・原田恵子(イクシアネクスト)