高級食パンを始め、素材にこだわった高品質のパンや、専門性の高いパン屋さんが注目を集める昨今、高級メロンパンは、ブームではなく定番の人気パンとして世代を超えて愛されています。

当記事では、メロンパンの歴史や名前の由来について解説します。

また、「Melon de melon(メロンドゥメロン)」(千代田区千駄木)、「東京メロンパン」(千代田区神保町)、「ル・ミトロン (Le Mitron)」(横浜市神奈川区)、「磯子物語」(横浜市磯子区)など東京・横浜のおすすめメロンパン推しパン屋、「メロンパン」(広島県呉市)、「創作工房プランタン」(大阪府堺市堺区)、「山一パン総本店」(京都市南区)、「金生堂」(神戸市兵庫区)など大阪・京都・神戸・広島の高級メロンパン専門店をご紹介しています。

メロンパンの歴史
ハイクオリティな素材にこだわった高級メロンパン ※写真は「生メロンパン」(パティスリーオシカワ)

さらに、「花月堂」、「自然素材の菓子工房ましゅれ」、「手づくりパン工房そよ風」、「テーブルマーク」、「ミルクやさんのくぼちゃんパン」などお取り寄せできるシンプルな高級メロンパン、「ファリーナ 幸鹿堂」、「パティスリーオシカワ」、「八天堂」、「とみやメロンハウス」、「来ばえちゃ本舗」など、通販できる中身が詰まった高級メロンパンもセレクトしてみました。

■高級メロンパンはブームではなく定番

耳までふかふかで口当たりのやわらかい食パンや、コンビニでもよく見かけたチーズ蒸しパンなど、平成の始めごろから起こったとされるパンブーム。そんな中、ベーグルの台頭などを経て、2000年代初頭に焼きたてメロンパンや専門店が続々とオープンしました。

その後、高級クリームパンや高級食パンなど、さまざまなパンがヒットしていますが、高級メロンパンはいまだに人気があり、メロンパン専門店も賑わい続いています。メロンパンの人気はブームではなく定番といえるほど、世代を超えて多くの人に親しまれているのです。

■メロンパンの歴史

年代、老若男女を問わず人気のメロンパンですが、その歴史はあまり知られていないのではないでしょうか。ここからは、メロンパンの発祥や形、呼び名についての歴史を調べてみましょう。

発祥は日本

メロンパンは、日本発祥の菓子パンといわれています。1930年代、神戸のパン屋さん「金生堂(きんせいどう)」が発売した、表面がひび割れていて格子状の模様が付いた丸い形のパンが、日本で最初のメロンパンとされています。

また、アメリカ経由で入っていたメキシコの「コンチャ(スペイン語で貝・貝殻の意味)」という甘いパンの形がメロンパンと似ており、それをルーツとする説もあります。

その他、旧ソ連の構成国であったアルメニア出身の帝国ホテルのパン職人が、フランスの焼き菓子であるガレットと、ロシアの伝統的なパンの製法を組み合わせて生まれたという説など、メロンパンの発祥には諸説あるようです。

地域によって違う形や呼び名

形や呼び名についても地域によって違いがあります。 東京や日本の多くの地域では、丸いドーム型のメロンパンがおなじみですが、京都、滋賀、兵庫、高知、大阪などの西日本の一部では、洋食店でライスの形作りをする食型で成形したラグビーボールのような形のパンが「メロンパン」と呼ばれることもあるそうです。

後者はビスケット生地は使わず、中にはマーガリンを加えた白餡(京都や神戸)やカスタード(広島)が入っているものもあります。

また、京都、滋賀、広島、愛媛、兵庫などの西日本の一部では、ドーム型のメロンパンを「サンライズ」という名前で呼ぶ地域もあります。その理由は、前述したメロンパン発祥のパン屋さん「金生堂」で、ドーム型のメロンパンを「サンライズ」と命名して販売したから。サンライズの由来は、旭日旗を模してパンの表面に線を入れた模様から、日の出を表現すべく名付けられたのだそうです。

■メロンパンの名前の由来

今ではおなじみのメロンパンという呼び方ですが、どうしてメロンパンと呼ばれるようになったのか、その由来にはいくつかの説があるようです。

見た目がメロンと似ている

丸い形と格子状の模様が入った焼き上がりがマスクメロンに似ていることからメロンパンと呼ばれ出した、というのがもっともポピュラーな由来でしょう。また、この説にも、「あえて高級感のあるメロンに寄せた」説と、「偶然表面がひび割れてメロンに寄った」説があるようです。

メレンゲがメロンに

ふたつ目の由来として、パンの上のビスケット生地にメレンゲを加えていたため、当初は「メレンゲパン」と呼ばれていましたが、それが次第に「メロンパン」という呼び方になっていったという説もあります。

「メロン型」を使ったパンだから

西日本の一部では、ラグビーボールのような形のパンが「メロンパン」と呼ばれることは前述した通りです。それらは、洋食店でライスを成型するために使われる「メロン型」という業務用調理器具で形作られていたため、メロンパンとなったようです。

また、そのラグビーボールのような形が、ウリ科キュウリ属でメロンの仲間である「マクワウリ(真桑瓜・まくわうり)」に似ていることから、メロンパンと命名されたという説もあるようです。

■東京・横浜の高級メロンパン専門店、メロンパン推しパン屋のおすすめ

東京・横浜には高級メロンパンの専門店が数多くあります。ここでは、東京・横浜にあるメロンパン推しのおすすめパン屋さんをご紹介します。

東京「Melon de melon(メロンドゥメロン)」(千代田区千駄木)

「メロン ドゥ メロン」の店舗外観はこんな感じ。画像は郡山愛宕店(福島県)。
「メロン ドゥ メロン」の店舗外観。画像は郡山愛宕店(福島県)。

全国に店舗のある高級メロンパンテイクアウト専門店「Melon de melon(メロンドゥメロン)」は、高品質素材を使用した、焼き立てのこだわりメロンパンが気軽に楽しめると人気の店です。

一番人気のプレーンメロンパンは、卵をたっぷりと使用した生地と、アーモンドパウダーの香るサクサクの食感が食べ応え抜群の逸品です。 東京には、東京メトロ千代田線の千駄木駅からすぐにある千駄木店と、亀戸中央通商店街にある亀戸店の2店舗があります。

メロンドゥメロン オフィシャルサイト

メロンパンを最もおいしく食べる方法が判明!全国展開する行列店「メロン ドゥ メロン」の人気の秘密>>

東京「東京メロンパン」(千代田区神保町)

新大久保や巣鴨、高田馬場など都内に数店舗あるカリカリふわふわの高級メロンパン専門店です。人気ナンバーワンの看板商品「東京メロンパン(プレーン)」は、ミルククッキーをふわふわパンに巻いたシンプルで素朴な味わい。

その他、「シナモンメロンパン」「ショコラメロンパン」「キャラメルメロンパン」などバリエーションも豊かなので、メロンパン好きでなくとも必ず立ち寄ってほしいお店です。

東京メロンパン オフィシャルサイト

横浜「ル・ミトロン (Le Mitron)」(横浜市神奈川区)

横浜のおいしいパン屋「ル・ミトロン (Le Mitron)」は地元で人気のお店です。神奈川区神大寺の本店の他、神奈川県内に3店舗あります。

食パンやカレーパン、あんパンなども人気ですが、「懐かしのメロンパン」は昭和の焼き菓子のような香りとブリオッシュ生地を合わせた、懐かしい味のメロンパンです。毎日でも通いたくなると、地元のみならず県外のファンからも愛されています。

ル・ミトロン オフィシャルサイト

横浜「磯子物語」(横浜市磯子区)

横浜市磯子区久木町にある「磯子物語」。街の人に愛されていた伝説の「ベーカリーオガワ」の跡地に店を構える、焼きたてにこだわったパン屋さんです。

イチオシは、不動の人気を誇る「もぅやみつき~メロンパン」。焼きたてはもちろん、少し冷めてから食べると外はサクサク、中はふわふわで、一度食べたらやみつきになってしまう美味しさ。 2020年のバレンタインには、真っ黒なクッキー生地に包まれた「ブラックメロンパン」が発売されるなど、季節限定のパンや、個性派のパンも人気のお店です。

磯子物語 オフィシャルサイト

■大阪・京都・神戸・広島の高級メロンパン専門店、メロンパン推しパン屋のおすすめ

大阪・京都・神戸・広島にある人気の高級メロンパン専門店や、メロンパン推しのおすすめパン屋さんをご紹介します。

広島「メロンパン」(広島県呉市)

戦前から続くメロンパンを販売するパン屋さん、その名も「メロンパン」。 お店の看板メニュー「メロンパン」は、一つひとつ手作業で焼き上げられており、呉ではおなじみのラグビーボール型が特徴。中には特製のクリームがたっぷり詰まっており、ずっしりと重く、外見も味も一般的なメロンパンの想像を超える逸品です。

メロンパン オフィシャルサイト

大阪「創作工房プランタン」(大阪府堺市堺区)

創業当時からこだわりの天然素材を使い、職人が愛情を込めて焼き上げる「創作工房プランタン」。毎朝店頭には約100種類のパンが並びますが、看板メニューは夕張メロンをイメージして作られた「夕張メロンパン」。卵、牛乳、バターを使ったブリオッシュ風生地とサクサクのクッキー皮の中には、夕張メロンを使って作られたクリーム入り。夕張メロンの風味豊かな人気商品です。 

創作工房プランタン オフィシャルサイト

京都「山一パン総本店」(京都市南区)

創業70年余、京都市南区に本社工場がある「給食の山一パン」としても地元でおなじみの「山一パン総本店」。「ムーラン」「パンドール」「ブーランジェリー 108」の3店舗にてパンの販売を行っています。一番人気は、京都府から「京ブランド食品」として認定された「京風メロン」。

パン生地に京都伏見の酒酵母を用いた酒種を使用し、吟味された上品な甘さの白餡を包み込んで風味豊かに焼き上げられています。

山一パン総本店 オフィシャルサイト

「金生堂(きんせいどう)」(神戸市兵庫区)

大正13年(1924年)創業の神戸のパン屋さん「金生堂」は、サンライズとも呼ばれるメロンパン発祥の店として知られていることは前述しました。 そのサンライズ、「サンライス」とも呼ばれているそうで、その理由は「ズ」の発音がしにくいため、お客さんが「ス」といい始めたからなのだそう

金生堂では、丸いドーム型のパンの上に甘いビスケット生地を乗せて焼いたサクサク食感のサンライズ(一般的にメロンパンと呼ばれるもの)と、白餡を包んだラグビーボール型の「メロンパン」が一緒に並んで販売されているそうです。

金生堂(神戸新鮮市場オフィシャルサイトより)

■お取り寄せできる、シンプルな高級メロンパンのおすすめ

全国から注文が集まる、シンプルな高級メロンパンが数多くあります。ここでは、お取り寄せできるクラシックな高級メロンパンをご紹介します。

「ジャンボめろんぱん」(花月堂)

「ジャンボめろんぱん」(花月堂)
「ジャンボめろんぱん」(花月堂)

創業1945年(昭和20年)、浅草にある甘味処「浅草花月堂」の名物「ジャンボめろんぱん」は、テレビなど多くのメディアで紹介され、店頭では1日に3,000個販売されています。通常のパンの発酵は1時間程度ですが、この「ジャンボめろんぱん」はその3倍の時間かけて発酵させるので、ふわふわ・サクサクの食感が楽しめます。

amazonで詳細をチェック!>>

「黄金きび砂糖めろんぱん&ロール お試しセット」(自然素材の菓子工房ましゅれ)

「黄金きび砂糖めろんぱん&ロール お試しセット」(自然素材の菓子工房ましゅれ)
「黄金きび砂糖めろんぱん&ロール お試しセット」(自然素材の菓子工房ましゅれ)

無添加素材のスイーツとパンを販売する、北海道「北のブランド」認証製品取扱店「自然素材の菓子工房ましゅれ」。「黄金きび砂糖めろんぱん」は、北海道産有機JAS認定小麦と無添加飼料で育った平飼い自然卵、十勝産バターなど、無添加自然素材を使用したサクサクふわふわ、もちもちのメロンパンです。

こちらのお試しセットには、無添加生クリームたっぷりのロールケーキ「ましゅれーる」がセットについてきます。どちらも冷凍で届くので賞味期限は約1か月あり、お家でいつでも気軽に楽しむことができます。

楽天市場で詳細をチェック!>>

「【メロンパン】芳醇なバターの香りが漂う工房手づくりのビス生地で作った昔なつかしメロンパン(1個約65g)」(手づくりパン工房そよ風)

「【メロンパン】芳醇なバターの香りが漂う工房手づくりのビス生地で作った昔なつかしメロンパン(1個約65g)」(手づくりパン工房そよ風)
「【メロンパン】芳醇なバターの香りが漂う工房手づくりのビス生地で作った昔なつかしメロンパン(1個約65g)」(手づくりパン工房そよ風)

安心安全の素材を厳選しておいしいパンを手作りする「手づくりパン工房そよ風」。ビスケット生地に網目がつけられた同店のメロンパンは、芳醇なバターの香りとやさしい甘さが懐かしを感じさせてくれます。冷凍で届くので、食べたいときにオーブンで加熱すると焼きたての美味しさが楽しめます。 

楽天市場で詳細をチェック!>>

「ミニメロンパン 220g(10個)【冷凍】」(テーブルマーク)

「ミニメロンパン 220g(10個)【冷凍】」(テーブルマーク)
「ミニメロンパン 220g(10個)【冷凍】」(テーブルマーク)

冷凍食品やパックごはんなどをでおなじみの「テーブルマーク」。同店の「ミニメロンパン」は、直径約6~7cmと食べやすいサイズのミニメロンパンです。朝食として食べたり、おやつや小腹が空いたときにピッタリ。 凍ったままでオーブンに入れて約2分間の過熱で食べられます。冷凍で365日と長期間保存が可能です。 

amazonで詳細をチェック!>>

「メープルメロンパン5個」(ミルクやさんのくぼちゃんパン)

「メープルメロンパン5個」(ミルクやさんのくぼちゃんパン)
「メープルメロンパン5個」(ミルクやさんのくぼちゃんパン)

石川県七尾市で酪農とパン屋さんを営む「ミルクやさんのくぼちゃんパン」。「メープルメロンパン」は、楽天ランキングのメロンパン部門で1位を受賞した看板商品です。自家産の新鮮な牛乳を使って作っており、防腐剤・膨張剤不使用。外はサクサク、中は牛乳たっぷりのしっとりふわふわ生地とメープルの風味が楽しめます。 

楽天市場で詳細をチェック!>>

■通販できる、中身が詰まった高級メロンパンのおすすめ

メロンパンの中には、中身が詰まった食べ応えのある高級メロンパンもあります。変わり種のメロンパンに興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

「本物のメロンを使った究極のメロンパン10個 」(パン工房ファリーナ)

「本物のメロンを使った究極のメロンパン10個 」(パン工房ファリーナ)
「本物のメロンを使った究極のメロンパン10個 」(パン工房ファリーナ)

茨城県神栖市の菓子・パン販売を行う鹿島製菓が展開する「パン工房 ファリーナ」。「究極のメロンパン」は、第26回全国菓子大博覧会厚生労働大臣賞を受賞した逸品。水の代わりに、茨城名産のクインシーメロンの果肉と果汁を練りこんで生地を贅沢に仕上げられています。パンにはさまれた甘さ控えめのカスタードは、濃厚なメロン風味の生地と相性抜群。まるでケーキのようなメロンパンです。

楽天市場で詳細をチェック!>> 

「生メロンパン」(パティスリーオシカワ)

「生メロンパン」(パティスリーオシカワ)
「生メロンパン」(パティスリーオシカワ)

「とろける生チーズケーキ」が全国の物産展で大きな反響を呼んでいる宮崎県の洋菓子店「パティスリーオシカワ」。同店の「生メロンパン」は、ふわふわ・しっとりのパン生地の中には、南九州の酪農家とともに安心・安全な商品を届ける「南日本酪農」の新鮮な純生クリームがたっぷり。濃厚なのにしつこくなく、あっさりとした甘さが楽しめます。 

楽天市場で詳細をチェック!>>

「プレミアムフローズンくりーむパン・メロンパン12個詰合せ」(八天堂)

「プレミアムフローズンくりーむパン・メロンパン12個詰合せ」(八天堂)
「プレミアムフローズンくりーむパン・メロンパン12個詰合せ」(八天堂)

創業昭和8年、日本各地の駅でも購入できるスイーツパンの専門店「八天堂」。ほろほろ食感の生地にふわふわクリームが包まれたスイーツパン「メロンパン」と、八天堂の人気商品くりーむパンを詰め合わせたセットです。冷凍庫から出して、常温で約10分解凍するだけで、できたてのような美味しさを楽しめます。 

楽天市場で詳細をチェック!>>

「メロン屋さんの!こだわりメロンパン10個入り」(とみやメロンハウス)

「メロン屋さんの!こだわりメロンパン10個入り」(とみやメロンハウス)
「メロン屋さんの!こだわりメロンパン10個入り」(とみやメロンハウス)

各地の物産展でも行列のできるメロン栽培農家「とみたメロンハウス」オリジナルのメロンパンです。サクサクのビスケット生地の中に、濃厚な甘みの赤肉メロンから作ったクリームと、さっぱりとした爽やかな甘みの青肉メロンのクリームがたっぷり入っています。家庭用のオーブンを使って焼きたてが食べられる、本格派のためのメロンパンです。 

楽天市場で詳細をチェック!>>

「山形限定 庄内クリームメロンパン【6個入】」(来ばえちゃ本舗)

「山形限定 庄内クリームメロンパン【6個入】」(来ばえちゃ本舗)
「山形限定 庄内クリームメロンパン【6個入】」(来ばえちゃ本舗)

メロンの生産量全国4位の山形県。なかでも庄内は県内有数のメロンの名産地でありながら、メロンのスイーツや加工品が少ないことから、庄内メロンの魅力を知ってもらうべく「来ばえちゃ本舗」が展開したのが「山形限定 庄内クリームメロンパン」。

山形県鶴岡のオリジナルメロン「鶴姫レッドメロン」を使用したクリームを、ふわふわの生地とサクサクのビスキュイ生地で包んだメロンパンです。ころっとかわいい手のひらサイズで、おやつやお茶のお供にもピッタリです。 

楽天市場で詳細をチェック!>>

さまざまな形や食感が味わえる高級メロンパンを楽しもう

メロンパンの歴史や発祥、地域によって異なる形や名前の由来について紹介しました。また、大阪・京都・神戸・広島の高級メロンパン専門店や、通販やお取り寄せができるシンプルな高級メロンパンや中身が詰まった豪華なメロンパンをご紹介しました。 自分へのご褒美、大切な方へのギフトやプレゼント、お持たせや手土産に、風味豊かな高級メロンパンを選んでみてはいかがでしょうか?

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。