イルミネーションでキラキラと輝く街並みや、赤や緑にデコレートされたショーウィンドウ、かわいく飾りづけられたクリスマスツリー……。いくつになっても、クリスマスシーズンが近づくとドキドキワクワク、心が弾みますよね。

そんな夢を忘れない大人に、今回Precious.jp編集部がオススメしたいのが、リーガロイヤルホテル東京のクリスマスケーキです。2017年のコンセプト「ROYAL CHRISTMAS~物語が動き出す この瞬間~」からイメージをふくらませた4つのケーキをピックアップ。

リーガロイヤルホテル東京1Fのテイクアウトショップ「メリッサ」にて、12月20日(水)~25日(月)まで販売されます。

毎年人気のリーガロイヤルホテルから4つのケーキを厳選!

■1:ずっと眺めていたいキュートさ!「ゆきだるまファミリー」

ゆきだるまファミリー(直径9×高さ10cm)¥5,500※1日限定12台、12月19日までの予約制(税込・各種割引対象外)

今年の新作は、雪だるまの家族がクリスマスツリーを楽し気に飾るファンタジックなミニケーキ。4体の雪だるまは1体ずつチョコレート細工で手づくりしているため、表情もさまざま。和菓子の技法をチョコレートに応用したというリアルなもみの木に星の飾りを乗せる様子は、まるで物語のワンシーンのよう! ベースの白いバタークリームの中はフランボワーズとピスタチオのバタークリーム、その下にスポンジ生地が層になっています。

■2:二段で華やかなプレミアムケーキ「ドリーミング・クリスマス」

プレミアムケーキ ドリーミング・クリスマス(上段/直径15×高さ4cm、下段/直径24×高さ5cm)¥12,000※1日限定5台、12月19日(火)までの予約制(税込・各種割引対象外)

プレミアムケーキの名にふさわしい品格を感じさせるのが、大小さまざまなクリスマスカラーのボールをランダムに飾ったこの二段ケーキ。赤、黄色、緑のボールはフランボワーズ、レモン、ピスタチオのガナッシュ入りチョコレートで表現したもので、バタークリームコーティングのケーキにモードな華を添えています。上段にレアチーズのムース、下段に3種のチョコレートのクリームを使用したケーキとのマッチングが大人好みの一品!

■3:3種類の栗を堪能できる「ノエル・モンブラン」

ノエル・モンブラン(長さ17×高さ10×横8cm)¥4,200(税込)

マロン好きの方、必見です! こちらはクリスマスケーキの定番であるブッシュ・ド・ノエルに、フランス産、スペイン産、熊本産の和栗という3種類の栗を使用したもの。フランス産のマロンムースの中には口当たりの軽いココア生地と和栗のムースを入れ、スペイン産の焼き栗ペーストでラッピング。星型のチョコレートとナッツ、ベリーを飾って、今年らしくファンタジックに仕上がっています。

■4:伝統のレシピで生み出す「クリスマスショートケーキ」

クリスマスショートケーキS(直径12×高さ10cm)¥2,800・M(直径15×高さ10cm)¥4,000・L(直径18×高さ10cm)¥5,500(すべて税込)

「ケーキを食べるなら、やっぱりショートケーキがいい!」という方には、リーガロイヤルホテル東京伝統のレシピで作られた王道の味わいを。シェフパティシエに受け継がれてきたというコンデンスミルクとカスタードを加えてコクを出したクリームと、コアントロー入りのシロップをしみこませた独自のスポンジのハーモニーは万人受けするおいしさです。華やかな飾り付けでクリスマス気分を盛り上げて。

他にもクリスマスカップスイーツ2種など、クリスマスムードを高めるスイーツが目白押し。

また、ケーキによっては早期割引もあるので、キュンときたケーキには早めにお問い合わせしてお得にゲットしちゃいましょう!

問い合わせ先

  • リーガロイヤルホテル東京1F テイクアウトショップ「メリッサ」 
    予約期間/2017年10月14日(土)~12月19日(火)※11:00~20:00
    予約受付時間/上記日程の11:00~20:00
  • ※10月14日(土)~31日(火)までのご予約で15%割引
    ※11月1日(水)~15日(水)までのご予約で10%割引
    受け渡し期間/2017年12月20日(水)~12月25日(月)
    営業時間/10:00〜10:30
    TEL:03-5285-1121(代表)
    住所/東京都新宿区戸塚町1-104-1

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
大貫香織