ウェスティンホテル東京では、2017年11月1日(水)よりクリスマスケーキコレクション、「Holiday Season 2017 -JOURNEY-」の受付を開始! 

個性あふれるケーキから定番まで全11種紹介!

ロボットや丸太をモチーフにしたユニークなものから定番ケーキまで、ウェスティンホテル東京のクリスマスケーキはその数なんと全11種類。ケーキといえば、見た目はもちろんですが、気になるのがその味。今回は、ケーキの中身の紹介を詳細な図解イラストでも発表しています。では、早速チェックしていきましょう。

■1:チョコレートの森に積みあがった丸太「MA・RU・TA Berry」は限定5個

MA・RU・TA Berry[18×28cm]¥32,000※限定5個

28cmもの高さが、圧倒的なインパクトの「MA・RU・TA Berry」は、ドイツをイメージ。見た目のインパクトはパーティーにぴったり。

層によってさまざまな味の連続…!

■2:チョコレート好きにはたまらない、ザッハトルテベースの「MA・RU・TA」

MA・RU・TA[18×28cm]¥30,000※限定5個

ザッハトルテをベースに、ピスタチオ、バニラ、プラリネという3種のクリームで包んだ丸太がアクセントに。

チョコレートのバリエーションも多様

■3:男の子も大喜びな「クリスマスロボックス」

クリスマスロボックス[18×28cm]¥18,000※限定10個

チョコレートの土台の上には、これまたチョコレートでつくったロボットから飛び出すモチーフたち。

全部食べられるなんて、感動!

■4:ウェスティン デリの人気商品がケーキに変身

プロフィットロール[20cm]¥15,000※限定10個

ウェスティン デリの人気商品、シュークリームのミニサイズをアーモンドタルトの上に積み上げました。

パーティ―シーンでつまみながら食べるのに最適

■5:定番ショートケーキはいちごピュレで個性を

ストロベリーショートケーキ[直径15cm]¥4,900

純正生クリームを楽しめる上品な正統派。いちごピュレを中のクリームはジェノワーズ(スポンジケーキ)に織り交ぜ、どこを食べてもいちご感をさり気なく。

シンプルな見た目ながら、手間のかけられたショートケーキ

■6:酸味と甘みのハーモニー「ラズベリーショコラ」

ラズベリーショコラ[直径15cm]¥4,900

濃厚なチョコレートにカシスの酸味を利かせた、こちらも定番ながら間違いのない味。

内側のフランボワーズペパン(種入りのコンフィチュール)は2層

■7:マスカルポーネはティラミスだけじゃなかった!「クリームタルト」

赤いベリーとマスカルポーネのクリームタルト[直径15cm]¥4,800

ティラミスでおなじみマスカルポーネチーズが、いちごのムースに変身。アーモンドタルトとベリーで変化のある味に。

いろいろなベリーで華やかに

■8:雪はホワイトチョコレートのムース!「ブッシュ ド ノエル」

ブッシュ ド ノエル[18cm]¥4,800

内側には赤いベリーのムース、外側の雪はオレンジ風味のホワイトチョコレートのムース。切った瞬間の驚きが楽しみ。

外からじゃわからない隠し玉がいっぱい

■9:たくさんのサンタの訪れに、小さい子供も大喜び

ストロベリーショートケーキ サンタクロース[直径15cm]¥5,200

ベーシックなストロベリーショートケーキに、いろいろなフルーツや、オーナメントを満載にして最高のクリスマス感を演出。

ほっとできる定番の味は、一流ホテルならでは

■10:フランスを意識したおしゃれな「フレジェ」

フレジェ[8×26cm]¥9,800

抹茶のマカロン生地とピスタチオのクリーム、そしていちごという、クリスマスケーキには珍しい組み合わせ。

どこを切ってもかわいい、おしゃれさも魅力

■11:雪男がかわいいチーズケーキ「モンターニュネージュ」

モンターニュネージュ[9×26cm]¥6,000

チーズスフレの上に、フロマージュブランと生クリーム&ヨーグルトクリームが。さっぱりいただけます。

シンプルな見た目に複雑な味わいは大人向け!

このほか、ドイツのクリスマスの定番お菓子、「スペシャル・シュトーレン」や、イタリア発祥のスイートブレッド「パネトーネ」も登場。

図解でより味のイメージがつきやすくなった、多彩なケーキの数々。みんなの喜ぶ顔をイメージして、厳選してくださいね。

※掲載した価格はすべて税込です

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
安念美和子