異例づくめのトニー賞

2021年9月下旬、コロナ禍に対する一応の対処ができたと踏んだニューヨーク演劇界で、劇場が次々に再開し始めた。

そのタイミングで「2020年」のトニー賞授賞式も開催(現地時間2021年9月26日夜)。ノミネーションの発表が例年より半年近く遅れての現地時間の昨年10月15日。そこから数えてもほぼ1年、前回の授賞式から数えると2年4か月ぶりだった。

開催時期も変則なら中身も変則。以下、ミュージカル部門について書き出すと……。

まず、候補資格が2020年2月19日までに正式オープンしていること(例年なら5月初旬が締め切り)。それをクリアしたのが次の4本。

■:『ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge!: The Musical)』

『ムーラン・ルージュ』写真;Getty Images
『ムーラン・ルージュ』写真;Getty Images

 ■:『ジャギッド・リトル・ピル(Jagged Little Pill)』

■:『ティナ(Tina: The Tina Turner Musical)』 

『ティナ』写真;Getty Images

■:『盗まれた雷撃~パーシー・ジャクソン・ミュージカル(The Lightning Thief: The Percy Jackson Musical)』 

この内、一昨年秋から昨年初頭までの期間限定公演だった『盗まれた雷撃~パーシー・ジャクソン・ミュージカル』が全くノミネートされなかったので、残る3作での賞争いとなったが、この3作、いずれも既存の楽曲を使っているので(細かく言うと『ジャギッド・リトル・ピル』には新曲が2曲あるが)「楽曲賞」の候補にミュージカル作品が入らなかった。「リヴァイヴァル・ミュージカル作品賞」も該当作品がないので候補ゼロ、「主演男優賞」の候補は1人だけ(1人でも不戦勝というわけではなく、6割以上の賛成票が必要とのこと)。異例づくめだ。

そんな2019/2020シーズンのトニー賞。ミュージカル関係の受賞結果は次の通り。

『ムーラン・ルージュ』=作品賞/主演男優賞(アーロン・トヴェイト)/助演男優賞(ダニー・バースタイン)/編曲賞(ジャスティン・レヴァイン、ケイティー・クレセック、チャーリー・ローズン、マット・スタイン)/演出賞(アレックス・ティンバーズ)/振付賞(ソニア・テイエ)/装置デザイン賞(デレク・マクレイン)/照明デザイン賞(ジャスティン・タウンゼント)/衣装デザイン賞(キャサリン・ズーバー)/音響デザイン賞(ピーター・ハイレンスキー)

『ジャギッド・リトル・ピル』=助演女優賞(ローレン・パットゥン)/脚本賞(ディアブロ・コーディ)

『ティナ』=主演女優賞(エイドリアン・ウォーレン)

量のバランスは違うが一応3作に振り分けられたので、いずれにとっても再開後の好材料にはなったはず。『ムーラン・ルージュ』はすでに再開。『ジャギッド・リトル・ピル』は10月21日から、『ティナ』は10月8日から再開予定。

他に、『劇場街に新風を吹き込む刺激的な音楽パフォーマンス2本!!』で紹介したパフォーマンス公演『デイヴィッド・バーンズ・アメリカン・ユートピア(David Byrne's American Utopia)』と『フリースタイル・ラヴ・スプリーム(Freestyle Love Supreme)』が特別賞を受賞している。映画化も話題になった前者はすでに再上演中。後者は10月7日からの再開が予定されている。

『アメリカン・ユートピア』(c)2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
『アメリカン・ユートピア』(c)2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

新シーズンのブロードウェイ・ミュージカルの予定

さて、遅ればせながら2021/2022シーズンが幕を開けたニューヨーク演劇界。上記5作品以外のブロードウェイ・ミュージカル再オープン/新オープン情報を挙げておこう。

まず、ロングラン中の作品から

9月時点で再開している作品リスト

■:『アラジン(Aladdin)』
■:『シカゴ(Chicago)』
■:『カム・フロム・アウェイ(Come From Away)』

■:『ヘイディズタウン(Hadestown)』 

『ヘイディズタウン』写真;Getty Images
『ヘイディズタウン』写真;Getty Images

■:『ハミルトン(Hamilton)』 

『ハミルトン』(c)2020 Lin-Manuel Miranda and Nevis Productions, LLC
『ハミルトン』(c)2020 Lin-Manuel Miranda and Nevis Productions, LLC

■:『ライオン・キング(The Lion King)』
■:『ウェイトレス(Waitress)』
■:『ウィキッド(Wicked)』

10月以降に再開予定の作品リスト

■:『エイント・トゥー・プラウド(Ain't Too Proud—The Life and Times of the Temptations)』

■:『オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)』

11月以降に再開予定の作品リスト

■;『ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)』
■:『ハリー・ポッターと呪いの子(Harry Potter and the Cursed Child)』

12月以降に再開予定の作品リスト

■:『ディア・エヴァン・ハンセン』(Dear Evan Hansen)

そして、コロナ禍以前に上演を開始していたものの今回のトニー賞の締め切りに間に合わなかった作品を含めて、2021/2022シーズンの新作扱いとなるミュージカルの再開またはプレヴュー開始予定は次の通り。盛りだくさんだ。

10月にプレヴュー開始予定の作品リスト

■:『キャロライン、オア・チェンジ(Caroline, or Change)』
■:『北国の少女(Girl From the North Country)』

『北国の少女(Girl From the North Country)』写真;Getty Images
『北国の少女』写真;Getty Images

■:『ミセス・ダウト』(Mrs. Doubtfire)
■:『シックス(SIX: The Musical)』

『シックス』写真;Getty Images
『シックス』写真;Getty Images

11月にプレヴュー開始予定の作品リスト

■:『カンパニー(Company)』
■:『ダイアナ(Diana)』
■:『フライング・オーヴァー・サンセット(Flying Over Sunset)』

12月にプレヴュー開始予定の作品リスト

■:『MJ(MJ: The Musical)』※MJはマイケル・ジャクソンの略​
■:『ミュージック・マン』(The Music Man)。

あと、年内だが時期未定としている『トミー(The Who's Tommy)』の他、来年の予定には、『1776(1776)』、『ビートルジュース(Beetlejuice)』、『パラダイス・スクエア(Paradise Square)』、『シング・ストリート(Sing Street)』、『お熱いのがお好き(Some Like It Hot)』といったタイトルが並んでいる。

以前〈挑戦的手法で「今」を描こうとする新たな『ウエスト・サイド・ストーリー』〉として紹介した画期的なリヴァイヴァル版『ウエスト・サイド・ストーリー(West Side Story)』は、残念ながら再オープンしないようだが、その他の作品が無事にオープンを迎えられることを祈りたい。

この記事の執筆者
ブロードウェイの劇場通いを始めて30年超。オンのミュージカルは99.9%網羅。たまにウェスト・エンドへも。国内では宝塚歌劇、歌舞伎、文楽を楽しむ。 ミュージカル・ブログ「Misoppa's Band Wagon」(https://misoppa.wordpress.com/)公開中。 ERIS 音楽は一生かけて楽しもう(http://erismedia.jp/) で連載中。
公式サイト:ミュージカル・ブログ「Misoppa's Band Wagon」