日常で耳にすることが多くなって久しい「デトックス」という言葉。ダイエットをしようと考えたときにも、その手段のひとつとして挙がること多く、気になっている人は多いはずです。しかし、実際に「デトックス」とは何か? と、聞かれるとはっきりとその意味や効果を認識している人が少ないのも事実です。

今回は株式会社インナービューティーの看護師・小屋麻子(こやあさこ)さん監修のもと、果たしてデトックスとは何か? その方法や効果について紹介してきます。

デトックスとは?「解毒」という意味

海外セレブも飲んでいることから一躍ブームになったデトックスウォーター

日本語の「デトックス」という言葉は、英語の「detoxification」を略語にした和製英語で、意味は「解毒」です。この言葉はズバリ「体内に溜まった毒素や老廃物を排出して、心身ともに健康な状態に導く」というもの。

毒素や老廃物を体内に溜め込んだままにしてしまうと、むくみや肌荒れなど、美容の大敵を呼び込んでしまうこともあります。もちろん、健康を脅かす危険性や、不定愁訴(ふていしゅうそ)と言われる、お医者さんにも原因がわからない身体の不調が現れてしまうこともあります。

しかし逆に言えば、毒素や老廃物を体外に出す「デトックス」を上手に行うことで、加齢とともに気になってくる肌や体力の衰えにも、効果を発揮してくれることもあるのです。

一言でデトックスといっても、新陳代謝が上がることでむくみを防止したり、整腸作用を整えることで肥満の防止になったりと、体へのアプローチの仕方や効果はさまざまです。

デトックスの方法・やり方には、どんなものがある?

それでは実際に、デトックスのやり方にはどのようなものがあるのでしょうか? 今回は、よくデトックスに用いられる3つの方法と、その効果の真相のほどもあわせてご紹介します。

入浴する

一番身近なデトックス方法は入浴? その効果は?

まず多くの人が最も身近で、思い浮かべやすい方法としては入浴。入浴による発汗で、毒素や老廃物の排出を汗と一緒に流すというものです。

入浴や長時間の半身浴で多くの汗をかくことで、体が軽くなりなんとなく身体中の毒素や老廃物が抜けていった気になりますよね。しかし、端的に言えば入浴によるデトックスの効果は低いとされています。体から毒素を排出する割合は、便75%、尿20%、汗3%、爪1%、髪1%と言われています。

入浴による一時的な体重の減少は、体の水分が抜けたことによるものであり、体の毒素や脂肪が落ちたからではないのです。

とはいえ、入浴により血行不良が改善され、疲労回復やむくみの改善、リラックスなどの効果は期待されます。

直接的なデトックス効果はないにしろ、体にとってよい影響が大きいのは事実と言えますね。

  • ファスティングをする

胃腸を休めて健康な体へ導くファスティングはダイエットの方法として挙げられることも

現代は、運動量に比べて飽食の時代と言われています。特に外食などをしてしまうと、簡単に1日に必要な摂取カロリーを超えてしまうことも! そのような食事をしていることで疲労した胃腸(臓器)を休めることでデトックスしよう、というのがこのファスティング(食物を断つ)という手段です。いわゆるプチ断食です。

ファスティングをすることで、普段フル稼働している胃腸を休め、本来の機能を取り戻し、排出効果を高めることができます。

ファスティングと聞くと、食べ物は何も摂取せず水だけで数日過ごす、というイメージを持っている人も多いですが、実際にはこういったことを専門的な資格もなく緻密に行うのは難しく、かつ心身に危険が伴うこともあります。

一般的に女性が取り入れる場合は、下記のような手段が無理せず行うことができる食事制限です。

1. ファスティングを行う3日ほど前から、糖分や脂質の多い食事を控える。

2. 当日は朝から水、リンゴとニンジンで作った野菜ジュースなどで2〜3日間を過ごす。酵素ドリンクなどで代用も可能。

3. ファスティングが終了したら、どか食いはせず、まず白湯や具なしの味噌汁、おかゆなどの食べ物で胃腸を慣らしていく。

以上のような方法で、胃腸を休めることで整腸作用だけではなく、寝つきや朝の目覚めがよくなる、集中力がアップする、風邪をひきにくくなる、お腹周りがスッキリする、などの効果も得られます。

デトックスウォーターを飲む

入れる食材で効果が変化するデトックスウォーター

デトックスウォーターを使ったデトックスについてご紹介します。カットしたフルーツや野菜などを水に一晩漬け込み、それを飲むだけという簡単な方法です。

水に漬け込む食材により、体に対するアプローチや効果は変化するので、自分自身が気になっている体の変化などをしっかりと見極めてデトックスウォーターをつくると、より効果的です。

起床時、就寝時など体の水分が減っている状態で飲むことで、ビタミンやミネラルなどの成分が体に吸収されやすく、より効果を発揮します。

注意点としては、必ずフレッシュな食材を使用し、つくったデトックスウォーターは1日で飲みきるようにしましょう。

デトックスに効く食べ物は?

普段口にする食材で無理なく、おいしくデトックスも可能

デトックスを行う過程において、日々食べる食材選びも重要になってきます。また、実際それぞれの食材にどのようなデトックス効果があるとされているかを知っておくことで、デトックスウォーターに入れる食材選びの幅も広がります。

リンゴ

リンゴに含まれるポリフェノールは抗酸化作用が強く、紫外線などの活性酸素が原因で起こるシミソバカスなどを防いでくれるという効果があります。ポリフェノールは内臓脂肪を減らしてくれる効果も! ポリフェノールは皮の部分に多く含まれるため、ぜひ皮付きで摂取したいところ。また、水溶性食物繊維も豊富なので、整腸作用にも効果を発揮します。

キウイ

カリウムを豊富に含むキウイは、むくみの解消にぴったり! また、ビタミンCを豊富に含むため美肌効果はもちろんのこと、病気の原因ともなる細菌に対する抵抗力を強めると言われています。老化の原因となる活性酸素を排出する働きも兼ね備えているため、まさに肌の衰えが気になる人にとっては、最適な食材なのです。グリーンキウイよりもゴールドキウイの方がビタミンCの含有量が多いため、より効果を高めたい人はゴールドキウイがおすすめです。

アボカド

体の解毒作用を担っている臓器といえば、肝臓。この肝臓が溜めてしまった疲労を解消し、解毒作用を高めてくれる成分がグルタチオンです。このグルタチオンは、アボカドの中に豊富に含まれているのです。アボカドといえば、美肌効果などが有名ですが、実は肝臓の働きを高めてくれる効果もあるのですね。また、アボカドには水溶性食物繊維と一緒に、腸のぜん動運動を促す不溶性食物繊維もバランスよく含まれているので、便秘の解消にも最適です。

  • ニンジン

普段の食事にも登場回数の多いニンジン。ニンジンにはβカロチンという成分が多く含まれ、このβカロチンはビタミンAに変換されます。ビタミンAには、肌や粘膜の新陳代謝を高める効果があり、肌の老化を防ぐとともに、若々しい状態に保ってくれます。このビタミンAが不足した状態だと、肌が乾燥しやすくなり、口内炎などを引き起こしやすくなります。美容とも関係が深いファスティング用のドリンクの材料として、ニンジンが多用されるのはこのためですね。

  • 納豆

日本では発酵食品の代表格である納豆。納豆は腸内の善玉菌を増やし、過剰なコレステロールを低下させる働きがあります。善玉菌が増えることで、腸内環境が整い、結果デトックスにもつながるということですね。また、キウイと同じくカリウムが豊富に含まれているため、むくみの改善にもつながります。

デトックスに効果的な飲み物は?

日頃セレクトする飲み物でデトックス効果も変化

食べ物はもちろん、飲み物にもデトックスに効果的なものがあります。また、より気軽に日常的に摂取できるのも、飲み物のメリットですね。

  • ルイボスティー

カフェインが入っていないため、妊婦さんや子どもでも安心して飲めると話題になったルイボスティーは、デトックスを習慣化したい人にもぴったり。ルイボスティーには、植物由来のSOD酵素という成分が含まれます。このSOD酵素には、体内の老廃物や毒素を排出する働きがあると言われています。

またSOD酵素には、活性酸素を除去する抗酸化作用があり、体内だけではなく肌の新陳代謝を高め、老化を防いでくれるとも言われています。

たんぽぽコーヒー

妊娠中でもコーヒーが飲みたい! そんな妊婦さんに人気の高いノンカフェインのたんぽぽコーヒー。どうしても「妊娠中の飲み物」として認識されがちですが、これもまたデトックス効果の高い飲み物です。

たんぽぽコーヒーはノンカフェインでありながら、通常のコーヒーと同じく利尿作用があるため、むくみが気になる人にはぴったり。また、たんぽぽの根に含まれるタンポポ根エキスは育毛に効果的と言われています。加齢とともに抜け毛が気になってきた、という人には、ぜひ摂取してみていただきたい飲み物です。

緑茶

日本人にとって最も馴染み深い飲み物、緑茶。緑茶にはポリフェノールが含まれているため、リンゴと同じく抗酸化作用で肌などの新陳代謝を促してくれます。また、緑茶に含まれるカテキンには、細菌の出す毒素に対する解毒作用があり、整腸作用も高いため便秘の解消にも効果的です。

デトックスに対する大きな勘違いとは?

デトックス=ダイエットではない!?

デトックスを、ダイエットのひとつの方法であると考えている人も多いですが、実は直接にダイエットの方法を指すものではありません。

多くの人がダイエットの手段として捉えてしまう理由としては、デトックスで毒素と位置づけられるものの中に、食事で過剰摂取した脂質や糖質も含まれること、また化学物質などの多くが脂肪に蓄積される(セルライト)と言われていることからでしょう。

デトックスそのものがダイエットになる、ということではないのです。しかし、体内の毒素や老廃物の排出を促し、新陳代謝を高めることで、結果的に痩せやすい体になるなどの効果は期待できそうです。

デトックスサプリのおすすめや、その効果は?

気軽にデトックスできるサプリは嬉しいアイテム

デトックスサプリとして最も有名なのが、ミドリムシのサプリです。ミドリムシは栄養価が高いことでも知られていますが、腸内の老廃物や脂質を吸収し外への排出を促す働きがあります。乳酸菌を活性化させる働きもあるため、ヨーグルトなどと一緒に摂取することで、より整腸作用を高められます。

 

新陳代謝や整腸作用を促し、健康な体へと導いてくれる「デトックス」。その方法や効果をしっかりと理解し実践していけば、効果的に美容や健康にアプローチしていくことができそうです。次回は、自宅でできるデトックスの方法についてより詳しく紹介していきます。

デトックス関連記事

小屋麻子さん
インナービューティープランナー/看護師
(こや あさこ)高校卒業後に医療と英語を学ぶために渡米。ニューヨーク州の大学を卒業し、ニューヨーク州の看護師免許を取得。現在は日本のがん専門病院に勤めている。アメリカでの偏った食事や不規則なワークライフによる体調不良を改善すべくデトックスなどを経験したが、インナービューティーダイエットに出会い「食」の大切さに気づき、インナービューティープランナー・ナースとして「食」を通じて社会の健康問題に目を向け、情報発信や教育を行なっている。
日本インナービューティーダイエット協会
この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2018.5.4 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
Rina Onodera