いつの時代も人気のハイブランドの高級バッグ。40代~アラサーの女性が憧れるブランドの定番から最旬モデルまで、ラグジュアリーメディア『Precious.jp』が一挙にご紹介します。

【目次】

40代女性に人気の高級バッグ


【1】ロジェ・ヴィヴィエ/マダムヴィヴ

【1】ロジェ・ヴィヴィエ/マダムヴィヴ
バッグ『マダムヴィヴ』(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

着こなしに、上品でノーブルな気分を加えてくれるバッグ。スクエアバックルがポイントに。

【2】デルヴォー/ブリヨン

【2】デルヴォー/ブリヨン
バッグ・チャーム(デルヴォー・ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ご覧ください! 漆黒に艶めくアリゲーターの気品ある美しさを! 中央に位置するブランドの頭文字を冠したバックル、大きくカーブを描くハンドルが、左右対称のバランスを保つデザインは、誕生当時からまったく変わっていません。左右均等にそろったアリゲーターの斑の美しさは思わず見とれてしまうほど。職人の技術の高さに感動すら覚える、一生モノのバッグです。

【3】セリーヌ/クラスプ

【3】セリーヌ/クラスプ
バッグ『クラスプ ミディアム』(セリーヌ ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

赤みを帯びたブラウン「ダーククレーコート」に染め上げたクロコダイルは、左右対称に並んだ斑が上質さの証。丹念な手仕事によるセミシャイニーな質感が、端正な台形フォルムに優雅な陰影を演出します。

【4】グッチ/ニムフェア

【4】グッチ/ニムフェア
バッグ『ニムフェア』(グッチ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

気品漂うバンブーのワンハンドルバッグは、カジュアルからドレスアップまでどんなスタイルにもフィットする成熟した女性にふさわしい逸品です。光沢感や緻密なステッチワークといった上質感を、鮮やかに浮かび上がらせるシンプルに徹したフォルム。それに加え、最愛「グレージュ」の絶妙な色合いに、心がときめかずにはいられません。ウェブストライプのストラップをアレンジすれば、カジュアルにも活用できます。

【5】ザネラート/ポスティーナ

【5】ザネラート/ポスティーナ
バッグ(右)ホワイトの『ポスティーナ S プーラ』・(左)グレージュ色の『ポスティーナ Sカシミアブランディーン』(アマン〈ザネラート〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ブランドのシグネチャー、ブランディーン柄型押しレザーのグレージュ色(写真左)と、なめしの工程で金属を使用しないエコロジカルな「プーラレザー」のホワイト(写真右)は、一二を争う人気ぶり! またサイズは、小ぶりながらしっかり収納力もあるSサイズに圧倒的な支持が集まっています。

【6】グッチ/バンブー クラシック

【6】グッチ/バンブー クラシック
バッグ『バンブー クラシック』(グッチ ジャパン) 撮影/唐沢光也(RED POINT) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

左右対称にそろったアリゲーターレザーの斑ふが、こんなにも美しいなんて! ジュエリーにも勝る華やぎを放つ極上レザーの魅力を、クラシカルな『バンブー』が見事に表現しています。

【7】ヴァレクストラ/ISHIDE Crossbody

【7】ヴァレクストラ/ISHIDE Crossbody
バッグ『ISIDECrossbody』同素材のストラップ付き(左)・別売りのチェーンストラップ付き(右)(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

『ISIDE』ファミリーのひとつ、ころんとしたフォルムが新鮮なクロスボディー型。ストラップ使いでアクティブに、クラッチ使いにするとエレガントに…と印象も自在。ハリ感と艶を出す加工を施した「パリージ素材」(ボルドー)や、スムースレザーをやわらかく仕上げた「グロッシー素材」(グリーン)が、革本来の美しさと、コクのある色調を引き立て、モダンな雰囲気を醸し出します。

マチがしっかりとあるので、小さめサイズでも収納力も安心。『ISIDE』シリーズすべてのバッグに装着可能なチェーンタイプのストラップを加えれば、クラシックな華やぎが加わります。

【8】ルイ・ヴィトン/モノグラム

ルイ・ヴィトン/モノグラム
ルイ・ヴィトン スピーディ・バンドリエール25 

レザーグッズ、プレタポルテからシューズなど、多岐に渡る商品展開を行う世界的なラグジュアリーブランド、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)。そのルイ・ヴィトンのなかでも人気の「モノグラム」は、1896年に誕生した歴史あるモチーフです。ブランド名の頭文字のシンプルな意匠に託した「モノグラム」柄のコットンにコーティングを施した「モノグラム・キャンバス」のバッグにはさまざまな種類があり、年々華やかな表情のものが登場しています。

ルイ・ヴィトンのモノグラムバッグ「スピーディ・バンドリエール25」

【9】ルイ・ヴィトン/モノグラム アンプラント

ルイ・ヴィトン/モノグラム アンプラント
ルイ・ヴィトン モノグラム・アンプラント ライン スピーディ・バンドリエール25 

定番の「モノグラム」モチーフがエンボスであしらわれており、主張しすぎずにとても上品な「モノグラム アンプラント」。いわゆる「モノグラム」は少し派手かも…と思う方にも、このワントーンの「モノグラム」なら控えめな印象で、さまざまなスタイルに大人っぽく合わせられそう。

ルイ・ヴィトンのバッグ『スピーディ』。王道ながら主張しすぎない、エンボスのモノグラムはいい女にピッタリ

【10】エルメス/ボリード

エルメス/ボリード
左から/エルメス ボリード 1923(グリーン)・バンドリエール・ボリード 1923 ミニ(ホワイト)・バンドリエール

手にする人を知的かつ健康的に輝かせる、色鮮やかなグリーンの「ボリード 1923」。なめらかできめ細かな感触のグリーンのレザーライニングの内側には、前後にひとつずつポケットがあり便利。ネイビー×グリーンの配色の幅広バンドリエールを合わせることで、小粋にカジュアルダウンするのが今の気分です。また、美しいホワイトレザーの「ボリード 1923 ミニ」。斜めがけできる細い「バンドリエール」を合わせればその美しさを気負いなく楽しむことができます。

エルメスのハンドバッグ「ボリード」に付けるエルメスのストラップ「バンドリエール」

【11】シャネル/チェーンバッグ

シャネル/チェーンバッグ
シャネル チェーンバッグ

1910年、パリでガブリエル・シャネルが始めたラグジュアリーブランドCHANEL(シャネル)。ブランドを代表する名品アイテムであるチェーンバッグは、自立した女性のためにガブリエル・シャネルが「女性の両手を自由にしたい」と、1929年に発表したショルダーバッグから始まりました。その後キルティングバッグの原型が発表され、さらにレザーを編み込んだチェーンストラップなどが加わり、ブランドのアイコンとなるバッグが完成しました。

CHANEL(シャネル)

【12】シャネル/ガブリエル ドゥ シャネル

シャネル/ガブリエル ドゥ シャネル
ガブリエル ドゥ シャネル (シャネル)

2017年の春夏コレクションで鮮烈デビューしてから、ブランドのアイコンバッグとしてすっかり定着した「ガブリエル ドゥ シャネル」。2018年春夏コレクションでは、「水」をテーマとし、ネイビーを基調としたツイードにラメの糸が織り込まれ、光がきらめく水面を演出した新デザインバッグが登場。ワンショルダー、クロスボディー、両肩に1本ずつチェーンをかけるという、3通りの持ち方ができるのも特徴です。

シャネルの新作バッグ「ガブリエル ドゥ シャネル」は、チェーンストラップとツイードが華麗に融合!

【13】グッチ/バンブー

グッチ/バンブー
グッチ バンブー クラシック

「バンブー」は竹を使った斬新なデザインで知られる、グッチの名品バッグ。「収納力があり、着こなしにもぴったりと合うこと」「10年は活用できること」といった大人の女性がバッグに求めることを満たした、このバッグ。付属の2種類のストラップによって、斬新なテイストミックスを堪能できます。大人の着こなしに欠かすことのできない優雅さと気品を備えつつ、私たちを魅了する、モードを牽引するアイテムです。

グッチのハンドバッグ「バンブー」で、気品漂う女性に

【14】グッチ/デュオニソス

グッチ/デュオニソス
グッチ デュオニソス 

「ディオニュソス」はダブルタイガーヘッドのクロージャーが誇り高くあしらわれたコレクション。小脇に美しくフィットするホーボータイプからチェーンバッグまで、さまざまな種類があります。ホーボータイプは、ブラウンのベルベットにGGパターンが浮かび上がり、しっとりとしたニュアンスを印象付けるバッグ。チェーンバッグ型は、カスタマイズサービス「グッチDIY」でオーダーできるものや、クリスタルビジュー入りのものまであり、人気を博しています。

グッチの最新モノグラムバッグ4選

【15】セリーヌ/ラゲージ

セリーヌ/ラゲージ
セリーヌ ラゲージ ファントム

1967年にプレタポルテ分野に進出し、「洗練ブランド」としての地位を築いた、フランスを代表するラグジュアリーブランド「セリーヌ」。「ラゲージ」「トラペーズ」など、品格漂うモードなバッグをつくり続けているのも特徴です。2017年には人気シリーズ「ラゲージ ファントム」から、コットンキャンバスが見える、カットアウトバッグが登場しました。かごバッグのような軽快さで、着こなしを盛り上げてくれます。

セリーヌの人気バッグ11選|トートバッグ・ショルダーバッグなど人気セリーヌバッグを厳選!

【16】ディオール/レディディオール

ディオール/レディディオール
ディオール レディディオール 

ディオールは、第二次世界大戦直後にデビュー、「真のレディとは」「女性らしさ」を表現し続ける、フランスを代表するラグジュアリーブランド。「レディ ディオール」は、ディオールを代表するバッグ1995年9月に発表されました。イギリスの故ダイアナ妃もお気に入りで、このバッグをさまざまなバージョンで注文したほどだったそう。大きさもミニ、ノーマル、ラージと3サイズあり、おしゃれの意欲を刺激してくれるバッグと言えます。

ディオールのバッグ「レディ ディオール」の白で、おしゃれ意欲を喚起!

【17】プラダ/ガレリアバッグ

プラダ/ガレリアバッグ
プラダ ガレリアバッグ 

イタリア・ミラノ発祥のPRADA(プラダ)は、アパレルからバッグ、靴、アクセサリーなどを幅広く手がけるクリエイティビティーあふれるラグジュアリーブランド。「荷物が多い日も美しくありたい」と願う大人の女性が、絶大な信頼を寄せているのがそのプラダのバッグです。なかでも、「プラダ ガレリアバッグ」はその好例で、書類もタブレットもすっきり入る大きめサイズを展開しています。エレガンスのキャリアを積み上げたい、大人の夢を裏切らないバッグです。

究極の「お仕事バッグ」は、プラダの「ガレリアバッグ」に決まり!

【18】サンローラン/サック・ド・ジュール・スープル

サンローラン/サック・ド・ジュール・スープル
サンローラン サック・ド・ジュール・スープル

イヴ・サンローランのスピリットを今に受け継ぐ、フランスを代表するラグジュアリーブランドとして名を馳せている「SAINT LAURENT(サンローラン)」。そのサンローランの新アイコンバッグとして人気のあるのが「サック・ド・ジュール・スープル」です。サイドのデザインがアコーディオン式になっているため、収納力が優れている点も人気のポイント。機能美に優れたバッグなので、ビッグサイズは仕事用に、ミニサイズはオフ用にと、ライフスタイルに合わせて選べるのが特徴です。

人気ブランドバッグ27選|40代から持ちたい人気レディースブランドバッグのまとめ。A4サイズが収まる通勤バッグ他!

【19】サンローラン/ベイビー・サック・ド・ジュール

サンローラン/ベイビー・サック・ド・ジュール
サンローラン ベイビー・サック・ド・ジュール

抜群の収納力がありながらミニマルなデザインで高い人気を誇る、サンローランの「ベイビー・サック・ド・ジュール」。アコーディオン状のマチが程よい収納力を生み出し、ミニマルデザインは、トートバッグの軽やかさとハンドバッグの気品を絶妙に調和させています。斜めがけしても、肩がけしても、バッグの底に手が届くように計算されたストラップの長さも優秀! 所作までスマートに見せてくれる、魅せるたたずまいのデザインは必見です。

イヴ・サンローランのショルダーバッグ7選|ミニバッグからクロコ・バッグまで、ラグジュアリーな人気の逸品を厳選

【20】フェンディ/バゲット

フェンディ/バゲット
フェンディ バゲット

エドアルド&アデーレ・フェンディ夫妻によって、1925年にファー工房を併設した皮革小物店としてオープンしたフェンディ。そんなフェンディのアイコンバッグ「バゲット」は1997年に誕生しました。フランスパンのように小脇に抱えるサイズのバッグは、すぐに大人気に。1500以上ものデザインが現在までに発表され、コーディネートにマストなコレクターズアイテムやアクセサリーとして多くの人々から支持されています。

フランスパンをバッグに!誰もが知ってるブランド「フェンディ」の意外な豆知識

【21】フェンディ/キャナイ

フェンディ/キャナイ
フェンディ キャナイ エフ
上/エンボス加工し、丁寧にハンドペイントを施したFFロゴで、彩り豊かな差し色バッグに。
下/ブラウンのベーシックなFFロゴを、メッシュ素材にプリントしたもの。
別売りのFFロゴのショルダーストラップで迫力をアップして。ショルダーストラップ『ストラップ ユー』・チャーム『スペース モンキー』

フェンディのモノグラム入りショルダーバッグ「キャナイ エフ」。太字のFFロゴを全面にあしらった、フェンディのモノグラムには、イタリアンマダムの迫力にも似たかっこよさがあります。透けるメッシュ素材やカラフルなエンボス加工など、テクスチャーも様々な「キャナイ エフ」。太めストラップにもFFロゴを効かせれば、コーディネートの要になってくれそうです。

フェンディのモノグラムバッグ「キャナイ エフ」

【22】ロエベ/アマソナ

ロエベ/アマソナ
ロエベ アマソナ 75 上から/基本サイズ・ラージ・スモール・エクストララージ

高品質なレザーグッズと革新的なウェアで知られる、スペイン王室御用達のラグジュアリーブランド・ロエベ。そのロエベのアイコンバッグとして、常に進化を遂げてきた「アマソナ」。やわらかなスエード素材で体に当たっても痛くなく、台形マチによって高い収納力がある優秀バッグです。ブランドのシグネチャー素材である「アンテ・オロ」(ゴールドのスエードの意)は、ベルベットのようにしなやかな風合いを醸し出し、懐かしくも新鮮な印象を与えてくれます。

ロエベのハンドバッグ「アマソナ」は、才色兼備バッグの最強ラインナップ

アラサーにおすすめの高級バッグ


【1】ヴァレクストラ/ISIDE

【1】ヴァレクストラ/ISIDE
上品なホワイトから、ピンクまで30色以上のカラーバリエーションを誇る『ISIDE』。今回選んだ4色は、ヴァレクストラにしかない絶妙な大人色。こんな微妙な色調を実現しているのも、オリジナルのレザーである上質なソフトカーフスキンを使用しているから。『ISIDE』(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

今やすっかりブランドの顔となったワンハンドルバッグ『ISIDE』。豊富なカラーバリエーションのなかから、大人の女性におすすめなのは、落ち着いたニュアンスカラー。目立ちすぎず、着こなしに上品に溶け込む色調で、ワンランク上のおしゃれを目指しましょう。

【2】ジバンシィ/クロス スリー

【2】ジバンシィ/クロス スリー
バッグ『クロス スリー』(ジバンシィ表参道店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ふたつに分かれたアコーディオン構造だからコンパクトながらも機能的。ストラップを外せばクラッチとしても使える旬のデザインです。素材はゴート×カーフ。

【3】フェンディ/ピーカブー エックスライト

【3】フェンディ/ピーカブー エックスライト
バッグ『ピーカブー エックスライト』(フェンディ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

チェーンベルト、ボウブラウス、ワンハンドルバッグ、スカーフプリントなどレディーを象徴するディテールが満載です。

【4】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/ベイビーダッフル

【4】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/ベイビーダッフル
バッグ『ベイビーダッフル』甘さを感じさせないシャープなフューシャピンク・完成度の高いシルエットが映える黒・ハートを描いたスタッズ付きの黒(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ボストンのミニマルな美シルエットを損なうことなく、機能面も進化。小ぶりなサイズは、かわいいモード感と端正さが相まって、ますます人気が上昇しています。

【5】ロエベ/ハンモック バッグ

【5】ロエベ/ハンモック バッグ
『ハンモック スモールバッグ』(ロエベ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

サイドジッパーを下げてマチを外に出したり、内側に収納したりすることで、ひとつのバッグが細長いバケツ形から、羽を広げたようなトート形、そしてショルダーバッグへと変化する『ハンモック バッグ』。従来にない豊かな発想のバッグとして、2016年の誕生以来ロエベの新たなアイコンとして人気が高まるばかり。なかでも注目は、まろやかな「ミンク」色をベースに、ハンドルとストラップはキャメル系の「サンド」を組み合わせたグレージュの濃淡配色。絶妙なカラーリングで冬スタイルを優しく彩ること間違いなし。

【6】グッチ/オフィディア

【6】グッチ/オフィディア
バッグ『オフィディア』(グッチ ジャパン) 撮影/唐沢光也(RED POINT) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

非常に繊細で加工が難しいアリゲーターレザーは、トスカーナにある専門のなめし工場で染色。そして「グッチ アートラボ」の熟練職人によりクオリティーの高いレザーのみが厳選の上カットされ、手作業で美しいハンドバッグに仕上げられます。宝石と見まがうようなラグジュアリーなバッグはまさに、伝統が息づく職人技の賜物ともいえるのです。

コロンと愛らしいラウンドのショルダーバッグは、週末のリッチカジュアルを仕上げるための頼もしい存在に! 財布やスマートフォンなど必要最小限の小物がすっぽり収まるサイズながら、贅沢なアリゲーターレザーで風格も十分です。心ときめくカラーがそろうので、どんなシーンでも装いに華やぎを与えてくれます。

【7】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/ベティ

【7】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/ベティ
バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

フラップの丸みが上品なショルダーバッグは、エレガントに肩がけできるだけでなく、カジュアルに斜めがけすれば、モード感がアップします。

【8】グッチ/GGマーモント

グッチ/GGマーモント
グッチ GGマーモント1花の刺しゅうとポップなロゴの対比が新鮮。¥305,000・2着こなしを格上げするジュエリー感覚のゴールド。・3フレッシュなデニム素材。・4-5-6きれい色のベルベットは展開も豊富。・7気品と女力が香るピュアレッドのハンドバッグ。・8エレガントに進化したベルトバッグ。・9華麗なビジュー使いのバッグは、11月下旬から発売予定の『ホリデーコレクション』。・10小粋なターコイズのベルトバッグ。・11リッチ&ポップな黒のベルベットバッグ。

「バンブー」や「ホースビット」など数多くのアイコンバッグを持つ、フィレンツェ発のラグジュアリーブランドGUCCI(グッチ)。その中でも豊富なスタイルのバッグが登場しているのが「GGマーモント」。1970年代のベルトバックルから発想を得てデザインされた、歴史的なアイコンの「GG」をシンボルとしたこのバッグ。ひと目でわかる存在感があるうえに、ラインナップはドラマティックだったり、ヴィンテージライクだったり、アートオブジェのようであったり。個性と美しい色彩にあふれています。

グッチのアイコンバッグ「GGマーモント」11選

【9】シャネル/ボーイ・シャネル

シャネル/ボーイ・シャネル
ボーイ シャネル(シャネル)

味のあるアンティークなメタルが、男前な表情を演出するチェーンバッグ。チェーンが太めになっているので、肩掛けがしやすく安定感もあります。仕事をする女性の背筋を、キリッと伸ばしてくれそうなアイテム。

シャネル「ボーイ シャネル」のバッグなら、女らしくてかっこいいが叶う

【10】エルメス/ケリー

エルメス/ケリー
最上/エルメス ケリー・ミニII 

「バーキン」と共にエルメスの代表的なバッグと言えるのが「ケリー」。そのラインの中で1968年に誕生したのが「ミニ・ケリー」。2017年にはその「ミニ・ケリー」をベースに、iPhone6が入るサイズが登場。「ブルー・エレクトリック」と命名された美しいカラーの「ケリー・ミニII」は、繊細なストラップ付き。ショルダー掛けも可能なので、さまざまなシーンに使えるのがうれしい。

高級ブランドの新作&名品バッグ6選の魅力を解説

【11】ルイ・ヴィトン/ダミエ

ルイ・ヴィトン/ダミエ
ルイ・ヴィトン アヴェニュー・バックパック 

オールブラックながら、個性が際立つルイ・ヴィトンのバックパックは、エンボス加工でダミエ・パターンを施したレザー=ダミエ・アンフィニレザーを使ったもの。上に向かうに従って薄くなる台形のマチによって、すっきりとした見た目になり、圧迫感なく持つことができます。

メンズで発見!大人の女性向け、メゾンブランドの軽快PCリュック4選

【12】セリーヌ/クラシック

セリーヌ/クラシック
セリーヌ クラシック 

ヴィンテージな風合いを醸し出すクロージャーなど、細部に至るまで熟練した職人の手仕事で作り上げられた「クラシック」。決して量産することはできない、「価値のあるシンプル・ラグジュアリー」が心を満たします。形状が違うポケットが充実し、物を整理しやすいのもポイント。その収納力の秘密は、蛇腹状のマチにありました。

麗しの「ネイビー」バッグで、品格の漂う知的なスタイルに

【13】ディオール/ディオラマ

ディオール/ディオラマ
ディオール ディオラマ 

エレガンスが香る、ディオールのアイコンバッグ。冒険的な色にすることで、おしゃれの貫録を感じさせたいのなら、メタリックブルーの「ディオラマ」はその最旬の回答と言えます。黒のコーデやカジュアルなデニムスタイルに合わせれば、「さりげないのに、素敵!」の声が聞こえてきそうです。

メタリックブルーが新鮮!ディオールのチェーンバッグ「ディオラマ」

【14】プラダ/カイエバッグ

プラダ/カイエバッグ
プラダ カイエバッグ 

シルバーの金具が涼しげな印象の、艶やかなスムースカーフ素材の『カイエ バッグ』。チェーンストラップ付きなので、クラッチとしても、ショルダーとしても、ふたつの表情が楽しめます。

プラダのシャーベット色のミニバッグ「プラダ カイエバッグ」

【15】フェンディ/ピーカブー

フェンディ/ピーカブー
フェンディ ピーカブー 上から/なめらかなカーフ素材。ダークブラウンからのぞくピンクが女心をくすぐる。レギュラー・ラムレザーに小花を刺しゅう。ミニショルダーとしてもバッグチャームとしても使えるマルチ仕様。マイクロ・シンプル美が魅力の「セレリア」ラインにスネークのレースアップを配してモードに。

幅広いバリエーションで人気の、フェンディのワンハンドルバッグ兼ショルダーバッグ「ピーカブー」。クロージャーを開けると、贅沢な刺しゅうや意外な色のライニングが現れ、それが人気に火を付けました。この「ひとワザ」は、新作ごとにますます自由にのびやかに飛躍しており、個性豊かにライニングやバッグの表面を彩っています。そのため、おしゃれのときめきが止まらないのです。

フェンディ(FENDI)のワンハンドルバッグ「ピーカブー(Peek-A-Boo)」まとめ|ピーカブー エッセンシャル、セレリア ピーカブー、GINZA SIX限定セレリア ミニ ピーカブー他【2017年春】

【16】ロエベ/パズルバッグ

ロエベ/パズルバッグ
ロエベ 左から/パズル スモール バッグ ・パズル バッグ ・パズル ラージ バッグ 

5WAYで使えるロエベの「パズル バッグ」は、どんなT.P.O.にも最適なバッグです。ハンドルの金具部分にストラップを付ければショルダーバッグに、折りたためばクラッチに、ストラップの片側を下の金具に留めればボディーバッグにと、シーンに応じてさまざまな使い分けが可能。大人の毎日に寄り添う、どこから見ても美しいデザインが特徴です。

ロエベの5Wayで使える「パズル バッグ」で通勤も休日もおしゃれに

ハイブランドのトートバッグ


【1】シャネル/ショルダーバッグ

【1】シャネル/ショルダーバッグ
バッグ(シャネル) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

マチの広いスクエアフォルムのバッグは、収納力もきちんと感も欲しい仕事シーンに理想的。ハンドバッグとしてはもちろん、ショルダーがけもできる2WAY仕様です。

【2】ドルチェ&ガッバーナ/エコファーバッグ

【2】ドルチェ&ガッバーナ/エコファーバッグ
バッグ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

エコファーは、若い世代のもの…なんて思っていたら、もったいない! ドルチェ&ガッバーナのこだわりが光るエコファーは、上品な艶となめらかなタッチを備えて、高級感が違うのです。だからこそ、ブランドアイコンのレオパード柄やゼブラ柄も、上質なリラックス感をまとっています。大人の装いに合うリッチな風合いにこだわったエコファー。軽く、収納力を備えたつくりも愛用ポイントです。

【3】モワナ/クアトロ

【3】モワナ/クアトロ
バッグ『クアトロ』・キーホルダー(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

フランスの老舗モワナのトートバッグは、裁断から縫製まで全工程をひとりの職人が手作業で仕上げた逸品。穏やかなグレージュ色は、グレー、ブラウン、ベージュをミックスするという手の込んだ染色テクニックのなせる業です。

【4】エルメス/バーキン

エルメス/バーキン
エルメスのバーキン

シルクのスカーフや馬具、バッグやウォッチ、ジュエリーなど、さまざまな分野に熟練した職人を抱え、丹精込めた物づくりによって世界的に名をはせているラグジュアリーブランド・エルメス(HERMÈS)。そのエルメスのバッグの中で、「いつかは手にしたい」と憧れる女性が多いのが「バーキン」です。

美容界のカリスマ、渡邉季穂さんのバッグと中身を拝見します

【5】セリーヌ/ビッグバッグ

セリーヌ/ビッグバッグ
セリーヌ ビッグバッグ

2017年秋冬コレクションで発表されて以来、不動の人気を誇るセリーヌの名品バッグ。スムースカーフスキン素材の控えめな艷感が上品さを醸し出し、新色のオリーブグリーンがひときわ美しい逸品。

セリーヌの人気バッグ11選|トートバッグ・ショルダーバッグなど人気セリーヌバッグを厳選!

【6】ディオール/オブリーク

ディオール/オブリーク
ディオール ミニ“ディオール オブリーク ヴィンテージ” トートバッグ 

Dior(ディオール)のITバッグは、メゾンの象徴であるキャンパス地を用いて生まれ変わったシリーズ「DIOR OBLIQUE (ディオール オブリーク)」。全面にブランドロゴが敷き詰められた革新的なデザインのバッグは、1967年にマルク・ボアンが考案したもの。それを初の女性アーティスティック ディレクターに就任したマリア・グラツィア・キウリが蘇えらせ、ストラップを付け替えることで個性的に色付けすることもできる「新ITバッグ」となりました。

Diorの新ITバッグ!「ディオール オブリーク」のすべて

【7】プラダ/エティケット

プラダ/エティケット
プラダ エティケット

「プラダ エティケット」は、PRADA(プラダ)の新アイコンとして登場したバッグ。メゾンの歴史を構築してきたウエアのインサイドラベルを、バッグの表面に配した大胆なアプローチが話題になりました。荷物の多いキャリア女性にも最適な、何色にも染まることができるシンプルなトートバッグです。

おしゃれトートバッグ28選|人気ブランドのレディーストートバッグや30代から持ちたい人気レディーストートバッグまとめ

【8】サンローラン/ショッピング トートバッグ

サンローラン/ショッピング トートバッグ
サンローラン ショッピング トートバッグ 

美しいたたずまいの、むだを省いたクリーンなフォルム。上質なカーフレザーを使っているため体の動きにしなやかに沿うので、メインバッグとしての存在感も十分。そのうえ、荷物が多いときはサブバッグ使いもできる形のトートバッグはヘビーローテーション間違いなしのアイテムです。

おしゃれトートバッグ28選|人気ブランドのレディーストートバッグや30代から持ちたい人気レディーストートバッグまとめ

【9】ロエベ/フラメンコ

ロエベ/フラメンコ
ロエベ フラメンコ ノット[S]・フラメンコ ノット

ノット(結び目)モチーフで人気の「フラメンコ」シリーズ。機能美を備えたトートタイプが2018年に新たにお目見えしました。持ち手からサイドにかけて伸びる「ノット」デザインは、コーディネートにリズムを生み出すポイントに。また、上品なカラーリングはどんな着こなしにも映えるうえに軽くて収納力も高く、大人の日常を支えるのにふさわしい、頼もしい存在と言えます。

ロエベのトートバッグ「フラメンコ ノット」が通勤に便利


※掲載した商品の価格はすべて税抜きです。
この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2019.3.14 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。