日焼けしてしまった肌のアフターケア方法をまとめました。パックや美容液など、日焼け後に使いたいおすすめの美白アイテムから、痛いほどの日焼けをしてしまった後に行いたいケア方法まで、美肌を保つために大切なケアをご紹介します。

【目次】

パックや美容液!日焼けのアフターケアにおすすめの美白アイテム


■美白化粧品の肌に効くポイントをおさらい

【その1】「メラニンをつくれ」という情報伝達物質をブロック

肌表面の細胞が紫外線などの刺激を受けると、「メラニンをつくれ!」という指令をメラノサイトに出します。その指令=情報伝達物質をブロックする代表成分が、カモミラET、トラネキサム酸(m-トラネキサム酸)、TXCです。

【その2】メラニンのもと「チロシナーゼ」の活性&合成を抑制

シミのもととなるメラニンをつくるのに不可欠な、チロシナーゼという酵素を分解したり、働きを制限したり、チロシナーゼの代わりに働くことで、メラニンの生成を抑えるのが特徴です。代表成分は、ビタミンC誘導体、リノール酸s、アルブチン、エラグ酸、ルシノール、コウジ酸、プラセンタエキス、4MSK、TXC。

【その3】メラニンの居座り抑制&排出促進

できてしまったメラニンが居座るとシミとして顕在化してしまうため、メラニンがスムーズに排出されるよう、肌のターンオーバーを促進。肌が整い、くすみが解消されることも。代表成分は、4MSK、プラセンタエキス、エナジーシグナルAMPです。

【その4】メラニンの受け渡しを制限

メラノサイトでつくられたメラニンが表皮の細胞に受け渡されるのをストップすることで、シミが表面化するのを防ぐ効果があります。ほかの成分とはひと味違った働きをします。代表成分は、ニコチン酸アミドWです。

【その5】メラニンの色を還元

細胞の中で酸化することでメラニンは黒褐色になります。このメラニンの色を無色化して、白く戻していく作用のこと。シミだけでなく、日焼け後の肌をもとに戻す効果もあります。代表成分は、ビタミンC誘導体。しかし実際の表記名は、L -アスコルビン酸2 -グルコシドや3 - O -エチルアスコルビン酸などと記載されています。

もし効果実感が得られない場合は、効かせたいポイントがズレているのかもしれません。今使っているものの成分を確認しておくと、ほかの成分が配合されているものに切り替えるという選択肢も出てくるので、成分は知っておくのがオススメです。

さらに上級者になると、紫外線が強い春から夏は「メラニンをつくれ」という指令を止めるポイント1の成分を配合しているものを。

紫外線を浴びてしまったと感じたあとは、メラニンの生成を防ぐ以降に働きかけるポイント2~4、夏の終わりはメラニンを薄くしたり、排出を促すポイント3~5をなどと、成分によって使い分けたりすると、より効果実感が高くなることがあります。

また、認可を受けていなくても、美白効果を発揮する成分が世の中にはまだあるのも事実。どんな独自成分を配合しているのか、カウンターで聞いてみてもよいでしょう。

今さら聞けない「美白コスメの謎」を徹底解説!有効成分がシミを防ぐ5つのポイント

■日焼けのアフターケアにおすすめの美白アイテム

myEVERYフレッシュCマスク[写真下]

テイク ザ デイ オフクレンジング ミルク192g ¥3,800(クリニーク)、myEVERYフレッシュCマスク 3.33セット ¥2,000(スキンケアファクトリー) [Precious2018年8月号184ページ]
テイク ザ デイ オフクレンジング ミルク192g ¥3,800(クリニーク)、myEVERYフレッシュCマスク 3.33セット ¥2,000(スキンケアファクトリー) [Precious2018年8月号184ページ]

高濃度ビタミンCを注入!紫外線で傷んだ肌をマスクが即ケア!袋の中にはフェースマスクと粉末のビタミンC誘導体が入っていて、付属の精製水を入れることでフレッシュなビタミンCローションマスクが完成します。美白、コラーゲン生成促進、肌サビケアなどマルチな効果が。

アメリカ西海岸など乾燥する国への旅に持っていく「最強レベルの日焼け止め」コスメ4選

ポーラのホワイトショットシリーズと万能薬的コスメ

上/ホワイトショット CXS 25ml ¥15,000・下/ホワイトショット QXシートマスク(医薬部外品)5枚・フィルム状美容液4枚入り×5包 ¥11,000(医薬部外品)(ポーラ) [Precious2018年8月号183ページ]
上/ホワイトショット CXS 25ml ¥15,000・下/ホワイトショット QXシートマスク(医薬部外品)5枚・フィルム状美容液4枚入り×5包 ¥11,000(医薬部外品)(ポーラ) [Precious2018年8月号183ページ]
■1:[上写真上]使用感もケア効果も確かな、最先端美白美容液は必携

1998年に登場して以来、進化を続けてきた『ホワイトショット』。最新研究でストレスや加齢でメラノサイトが停滞し、メラニンの産生量を増加させることを発見。これをケアする新成分を投入したのがこの最新版。

■2:[上写真下]うっかり日焼けにはこれ。メラニンをため込まない肌に

メラニンの排出と分散を高めシミ、色ムラをケアするだけでなく、糖化をケアする成分も含み、黄ばみにも対処するシートマスクは透明感も潤いも高まる。フィルム状美容液はシミが気になる場所に貼って使用を。

■3:ほてりも乾きも即解消。疲労肌に効く万能薬的コスメ
シスレー エコロジカル コムパウンド 60ml ¥14,500
シスレー エコロジカル コムパウンド 60ml ¥14,500

「ホームドクターの異名をもつ名品。ほてりや乾き、肌荒れなど、二度重ねて手でホールドすれば即改善します」(ビューティエディター・安倍佐和子さん)

心身をリセット!南国への旅に持っていくコスメ4選

エスティ ローダーのリニュートリィブ UR ホワイト クリーム

2018年4月13日(金)発売 リニュートリィブ UR ホワイト クリーム 48g ¥36,000(税抜き)[医薬部外品]
エスティ ローダー リニュートリィブ UR ホワイト クリーム 48g ¥36,000[医薬部外品]
■1:「ジャパニーズ アンジェリカ」「ホワイト チュベローズ」は最強美白成分!

このラグジュアリークリームには2種類の花の成分が使われており、いずれも肌の炎症の軽減を助けることで知られています。

ひとつめの花の成分は、雄大な自然を抱く北海道の地で生育している「ジャパニーズ アンジェリカ」の花のエキス。これは、肌に蓄積された色素の分解を助けることで、既に現れている「シミやソバカスなどの悩みを改善してくれる」ことが証明されているエキスです。肌のメラニンの生成反応の活性化を抑制して、新たなシミの発生も防いでくれます。

もうひとつの花の成分は、「ホワイト チュベローズ」。夜に開花し、エイジングケア効果を持っていると、古くから言い伝えられているお花です。特にこの「ホワイト チュベローズ」エキスは、最高純度とエイジング効果を持ち、極めて貴重なものと言われています。

これらの2種類の花の成分が、細胞レベルでの炎症の軽減に著しく効果的で、肌の炎症のサイクルを断ち切り、未来のシミの生成と出現を抑制してくれることから、今あるシミだけでなく、これから出てくるシミまでも抑え、美白へと導いてくれるのです。

■2:独自のイオン水「ブラン フローラリクシール™デュウ」が美白成分を増強!

「ジャパニーズ アンジェリカ」「ホワイト チュベローズ」の花エキスにはそれぞれ、肌の炎症を鎮め、より明るく導く効果がありますが、この効果を研ぎ澄まし、増幅させるために配合されているのが、独自成分「ブラン フローラリクシール™デュウ」です。

「ブラン フローラリクシール™デュウ」は、既にニュートリィヴのほかの商品にも採用されている、独自製法のイオン水。肌に吸収されやすく、ビタミンやミネラルを高濃度に含んでいるのが特徴です。このイオン水に、2種類の希少な花のエキスを加えた瞬間、さらに目覚ましい効果をもたらす仕組みになっています。

そのことから、使い続けることで肌は明るく澄み渡り、色ムラまで均一になり、キメの整った若々しい肌へ導いてくれる「最強の美白クリーム」が完成しました。

■3:「サーチュイン-1(SIRT-1)テクノロジー」が長寿遺伝子に働きかけ、エイジングケア!

優れた美白効果をもつ、この「リニュートリィブ UR ホワイト クリーム」には、■2で触れたイオン水に加え、エイジングケア成分として、長寿遺伝子に働きかけエイジングをサポートする「サーチュイン-1(SIRT-1)テクノロジー」も配合。このテクノロジーは、肌のハリを高め、うるおい保持力を改善し、バリア機能を高めることが科学的も証明されているそうです。

「サーチュイン-1(SIRT-1)テクノロジー」が、高い保湿効果と維持を実現し、肌にのせた瞬間にふっくらとしたハリをもたらし、乾燥による小ジワを目立たなくして、しなやかで弾力のある肌へ整えてくれます。

肌の欠点を消し去る!エスティ ローダーの「美白クリーム」が絶賛される理由

痛い日焼けのアフターケア方法


■炎症を起こした肌を完全にクールダウン

うっかり日焼けをしてしまった直後、おそらく大半の人は肌が赤くなっているはず。これは肌が炎症を起こしている状態なので、まずはクールダウンすることが大切です。濡らしたタオルや冷たいおしぼり、保冷剤をタオルで包んだものなどで冷やしてあげましょう。

タオルなどが手元にない場合は、水道水などで冷やしてあげてもOK。熱を持っているときは熱いお風呂やシャワーも控え、とにかく冷やすことを心がけましょう。触れると痛いからと言って、そのまま放置するのはNGです。

冷やす時間は日焼けの程度によるので一概には言えませんが、赤みが少しおさまる、熱を持っていたのが引いてくるなど、肌の状態に応じて対応するようにしてください。

また、シミにさせないために美白ケアを……とすぐに美白化粧水や美白美容液などをつける方もいるかもしれません。しかし、日焼けは肌が炎症を起こしている状態。そのため普段使っている化粧水でもしみることがあります。炎症を悪化させてしまう恐れもあるので、十分にクールダウンしてから行うようにしましょう。

■保湿はクールダウンの後に

日焼け後は乾燥が気になることも。ただし、日焼けした肌はとてもデリケートな状態。保湿をするのは、肌をクールダウンさせて赤みや熱が少し引いてからにしましょう。肌の状態を見ながら行うようにしてください。

保湿には、ひんやり効果があり、テクスチャーも優しいジェルタイプのスキンケア用品をオススメします。冷蔵庫で冷やして使うとひんやり感がよりアップし、肌にも心地良いはず。鎮静効果のあるアロエが配合された「ベラリス」やコパトーンの「アフターサンオイルフリージェル」、そのほか、ナチュリエの「ハトムギ保湿ジェル」といった商品がオススメです。

鎮静効果のあるジェルを冷やして使えばひんやり快適。
鎮静効果のあるジェルを冷やして使えばひんやり快適。

■水分・ビタミンC・リコピンを補給

・水分補給

まずはたっぷりと水分補給を行うようにしましょう。前述したように日焼けによって乾燥を引き起すこともあるので、水分をとることで潤い補給の効果も期待できます。

・ビタミンC

ビタミンのなかでも、ビタミンCには抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑制したり、シミやそばかすを防いだりする働きもあるので特にオススメです。最近ではサプリで飲むタイプの日焼け止めも出ているので、アウトドアなど1日中外にいるときには外側からのケアにプラスしてもいいでしょう。ビタミンCが豊富なオレンジ、キウイ、グレープフルーツ、ブロッコリーなども日焼け後にとりたい食べものです。

・リコピン

日光への耐性を高める効果が期待できるリコピンを含んだ食べ物をとるのもいいでしょう。代表はトマトですが、そのほか、赤いパプリカやスイカなどにも含まれています。

水分とビタミンの補給を忘れずに。
水分とビタミンの補給を忘れずに。

うっかり日焼けは最悪!正しいケアと日焼け止めの塗り方4つのルール


※商品の価格はすべて税抜です。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。