創業者:ロジェ・ヴィヴィエ
創業地:フランス・パリ
創業年:1937年。アイコニックな「バックル」を用いたモチーフで知られるシューズ&バッグブランド

有名ブランドのシューズを数多く手がけ、ラグジュアリーブランドとして世界的な名声を獲得

パリのフォーブル・サントノレ通りの旗艦店

■創業当時のエピソード

ロジェ・ヴィヴィエ

学生時代には彫刻を専攻し、靴製作を学ぶために職人見習いとして働いていた創業者のロジェ・ヴィヴィエ。その後、劇場や音楽の世界に魅了されてステージ装飾などを手がけ、歌手・女優のジョセフィン・ベーカーやミスタンゲットらのカスタムシューズを製作したことをきっかけに、シューズデザイナーとしてのキャリアをスタートさせていくこととなります。

エリザベス女王の戴冠式用シューズのデザイン画

1937年、パリのロワイヤル通り22番地に最初のブティックをオープン。以降、1953年には、イギリスの女王・エリザベス2世の戴冠式用シューズを製作。同年にはクリスチャン ディオールのシューズ部門デザイナーにも起用されるなど、着々と実績を積みながらその実力を認められていきました。1963年には、自らの名を冠したブランド「ロジェ ヴィヴィエ」を立ち上げ、パリのフランソワ・プルミエ通りにブティックをオープン。ヴィヴィエ氏の死後、1998年からはブランドを休止していましたが、2004年にパリのフォーブル・サントノレ29番地に新たな旗艦店をオープンさせ、ブランドを再スタートしています。

■ブランドの転機

「バックル」を用いた、さまざまなカラーの「ベル ヴィヴィエ」

1965年、イヴ・サンローランが「モンドリアン・ルック」を発表した際に、ドレスに合わせ、ロジェ・ヴィヴィエがデザインしたバックルシューズが初めて登場。ブランドを代表するモチーフであり、時代を越えて愛される「バックル」を用いたシューズの伝説はここから始まることとなりました。1967年に公開された映画『昼顔』では、主演のカトリーヌ・ドヌーヴがバックルシューズ「ベル ヴィヴィエ」を劇中で着用。このことが大きな反響を呼び、その名が世界中に知れ渡っていったのです。

■ブランドのアイコン・定番アイテム

「ベル ヴィヴィエ」に代表される、ブランドアイコンである「バックル」モチーフのパンプス
クラッチバッグ
スニーカー「スニーキー ヴィヴ」

■ブランドを愛用するセレブリティーとエピソード

『昼顔』で「ベル ヴィヴィエ」を着用するカトリーヌ・ドヌーヴ

前述のように、『昼顔』でロジェ ヴィヴィエのシューズを着用したカトリーヌ・ドヌーヴ。その後も数々の出演作で着用した彼女は、ブランドを代表する顧客としても知られています。また、ロジェ ヴィヴィエが衣装提供した映画『ロビン・フッド』への出演を機に、公私に渡って愛用しているケイト・ブランシェットなど、多くの大物女優たちから支持を集めています。さらに、元フランス大統領夫人カーラ・ブルーニ・サルコジのためにデザインされたバッグ「ミス ヴィヴ」は、公務でも愛用され当時の話題に。クラッチバッグもパーティーなどで各国のファーストレディーや王族たちに愛用されており、セレブリティーたちの御用達ブランドであることがうかがえます。

■ブランドの現クリエイティブ・ディレクターとブランドアンバサダー

左から/クリエイティブ・ディレクターのブルーノ・フリゾーニ、ブランドアンバサダーのイネス・ド・ラ・フレサンジュ

2004年のブランド再スタートにあたり、クリエイティブ・ディレクターにブルーノ・フリゾーニ、ブランドアンバサダーにイネス・ド・ラ・フレサンジュが就任。ブルーノは「ムッシュ ロジェ・ヴィヴィエの精神や哲学に沿いながら、新たな視点で彼の作品を再解釈するように心がけています」と語ります。また、かつてはモデルとして活躍し、1990年にランウェイから引退したイネス。ロジェ ヴィヴィエというフランスを代表するブランドの洗練された魅力を、彼女らしいスタイルで体現しています。

1937年に誕生し、休止期間を経て2004年に再スタートをきったロジェ ヴィヴィエ。歴史あるメゾンとして、ブランドを代表するシューズはもちろんのこと、バッグやアクセサリーなど、ラグジュアリーなアイテムの数々を今なお提案し続けているのです。