SALVATORE FERRAGAMO(サルヴァトーレ フェラガモ)の歴史

創業者:サルヴァトーレ・フェラガモ
創業地:フィレンツェ(イタリア)
創業年:1927年。実用アイテムでしかなかった靴に、美という付加価値を与えたサルヴァトーレ・フェラガモ(左写真右)。自身の名を冠したブランドを発表したのは1927年のこと。彼は、ウェッジソールにコルクを使用して軽くしたものや、甲の部分に透明なナイロン糸を配した見えないサンダルなど、夢のような靴を次々に生み出し、靴の歴史を大きく変えました。フィレンツェにあるアトリエには、オードリー・ヘプバーンやマリリン・モンローといった世界のセレブリティも、自分だけのラグジュアリーな靴を求めて通うようになり、ついには「スターの靴職人」と呼ばれるまでに。彼亡き後は、ファミリーが彼のクリエイションに対する熱い情熱を受け継ぎ、一大トータルブランドへと発展させていきました。創業者の長女フィアンマがデザインした『ヴァラ』は、今までに100万足以上を売り上げた伝説的な靴に。
現在のデザイナー:マッシミリアーノ・ジョルネッティ

SALVATORE FERRAGAMO(サルヴァトーレ フェラガモ)の問い合わせ先