「Precious.jp」の記事の中から40代~50代女性に人気のロングの髪型をピックアップ。簡単アレンジや前髪のあり・なしで変化を持たせるヘアスタイルの提案など、美人髪が盛りだくさん。ぜひ自分にあった新しいヘアスタイルにチャレンジしてみてください。

【目次】

ロングの髪型の簡単アレンジ


■アップアレンジの大人のロングヘア

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
アレンジ前
アレンジ前

【アレンジ方法】

1:耳裏からフロント部分の毛束をとってハーフアップに
耳裏の位置からフロント部分の毛束を両サイドとる。頭頂部から後頭部の髪は残しておくのがポイント。
耳裏の位置からフロント部分の毛束を両サイドとる。頭頂部から後頭部の髪は残しておくのがポイント。
毛束を後ろでひとつ結びにする。襟足の少し上くらいがベスト。
毛束を後ろでひとつ結びにする。襟足の少し上くらいがベスト。
2:結んだ毛束をくるりんぱする
1で結んだ毛束の中央を割って、毛先を上からくぐらせる。
1で結んだ毛束の中央を割って、毛先を上からくぐらせる。
3:残した後頭部と襟足の髪をふたつに分ける
結んでいない髪の毛を左右に分けて。
結んでいない髪の毛を左右に分けて。
4:左右に分けた毛束をくるりんぱの穴に上から通す
左右に分けた髪の毛を、それぞれ2のくるりんぱの穴に通す。穴の下から指を入れて、毛束を通すとやりやすい。
左右に分けた髪の毛を、それぞれ2のくるりんぱの穴に通す。穴の下から指を入れて、毛束を通すとやりやすい。
5:毛先をゴムでひとつ結びにする
すべての毛先をまとめる。
すべての毛先をまとめる。
6:毛先をもう一度くるりんぱする
2のくるりんぱの穴に毛先を上から通す。
2のくるりんぱの穴に毛先を上から通す。
7:毛先をピンで固定する
くるりんぱした毛先をピンで固定し、お団子をつくる。
くるりんぱした毛先をピンで固定し、お団子をつくる。
8:耳上の毛束をゆるっと引き出す
お団子を持ちながら耳にかかっている毛束をゆるく引き出す。たるませるようあイメージで。
お団子を持ちながら耳にかかっている毛束をゆるく引き出す。たるませるようあイメージで。
9:頭頂部と後頭部の毛束をつまんで引き出す
お団子を持って、頭頂部と後頭部の毛束を引き出す。ツメでひとつまみし、細かく引き出すのがコツ。絶壁は後頭部が丸く見えるようにしっかりと引き出して。
お団子を持って、頭頂部と後頭部の毛束を引き出す。ツメでひとつまみし、細かく引き出すのがコツ。絶壁は後頭部が丸く見えるようにしっかりと引き出して。

アレンジの前に、ドライヤーで根元をこするように乾かし、モヒカンラインを立ち上げておくとシルエットに丸みと女性らしさが出ます。あとは全体をランダムにコテで巻き、クリームワックスをなじませておくとスタイリングが楽です。

髪がパサついてまとまっていないと『やつれ感』『疲れた印象』になりかねません。とくにもみあげ、顔まわりの毛束には入念になじませるのがポイントです。

古臭いオバさんとは言わせない!今っぽい「ギブソンタック」をつくる9ステップ

■優雅な雰囲気に!上級者ロングヘアのアレンジ

このような+サングラスをしたまとめ髪に。
このような+サングラスをしたまとめ髪に。
サイド
サイド
バック
バック

【アレンジ方法】

1:手ぐしで髪を後ろに束ねる
コームやブラシを使わず、手ぐしでざっくりと髪を後ろにまとめる。手ぐしでまとめることで、今っぽい抜け感をつくることができます。
コームやブラシを使わず、手ぐしでざっくりと髪を後ろにまとめる。手ぐしでまとめることで、今っぽい抜け感をつくることができます。
2:ゴムで結ぶ
耳の高さで髪を束ね、ゴムでしっかりと結ぶ。結ぶ位置は、低すぎると老けて見え、高すぎると若づくりに見えるので、耳の高さを守って。
耳の高さで髪を束ね、ゴムでしっかりと結ぶ。結ぶ位置は、低すぎると老けて見え、高すぎると若づくりに見えるので、耳の高さを守って。
3:毛束を結び目に巻き付ける
束ねた根元に、ひとつまみの毛束を巻き付けます。ゴムを隠すようにピンで留めます。
束ねた根元に、ひとつまみの毛束を巻き付けます。ゴムを隠すようにピンで留めます。
4:トップの毛をランダムに引き出す
結び目をしっかりと抑え、つむじ周りから後頭部にかけての毛をランダムに引き出します。このひと手間で、今っぽい印象に。
結び目をしっかりと抑え、つむじ周りから後頭部にかけての毛をランダムに引き出します。このひと手間で、今っぽい印象に。
5:毛束の毛先をほぐす
毛先を指でつまみ、根元に向かって裂くようにほぐします。細かくほぐすことで毛束にボリュームが出て、若々しさを演出できます。
毛先を指でつまみ、根元に向かって裂くようにほぐします。細かくほぐすことで毛束にボリュームが出て、若々しさを演出できます。

サングラスが似合うエレガンスなまとめヘア

■ロングの簡単ポニーテールアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
アレンジ前
アレンジ前

【アレンジ方法】

1:耳上の毛束を後ろで結ぶ
結ぶ位置は耳裏くらい。きっちりとまとめないのがポイント。
結ぶ位置は耳裏くらい。きっちりとまとめないのがポイント。
2:結んでいない襟足の毛束を1の上からひとつ結びにする
襟足の髪を左右に分ける。
襟足の髪を左右に分ける。
1で結んだ毛束の上でひとつにまとめてゴムで結ぶ。
1で結んだ毛束の上でひとつにまとめてゴムで結ぶ。
3:2で結んだ毛束をくるりんぱする
結んだゴムの上の穴に毛先を通す。通したら、毛先を持ってキュッと絞り安定させる。
結んだゴムの上の穴に毛先を通す。通したら、毛先を持ってキュッと絞り安定させる。
4:ねじりができた部分の表面をつまんで引き出す
くるりんぱでねじりができた部分を指でつまんで細かく引き出す。引き出しすぎないよう、ゴムを片手で抑えながら引き出して。
くるりんぱでねじりができた部分を指でつまんで細かく引き出す。引き出しすぎないよう、ゴムを片手で抑えながら引き出して。
5:後頭部の毛束を指で引き出す
結び目を片手で抑えながら後頭部の髪の表面を細かく引き出す。
結び目を片手で抑えながら後頭部の髪の表面を細かく引き出す。

毛先をひっぱりすぎると髪がつぶれてしまうので要注意です。後頭部の髪を引き出すときは、頭の型が丸くなるように意識しましょう。後頭部が凹んでいるとバランスが悪いので、絶壁の場合は後頭部に丸みをプラスするような気持ちで引き出してみてください。

脱地味!脱若作り!40代ポニーテールは「くるりんぱ」と「後れ毛」が成功ポイント

前髪ありのロングの髪型


■流し前髪と顔周りのリバース巻きのロングヘア

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック
スタイリング前
スタイリング前

【アレンジ方法】

1:サイドの内側を縦巻きにする
コテは36mmを使用。毛束を多めにとって中間をしっかりと巻く。ハチ上を留めておくとやりやすい。逆サイドも同様に巻いて。
コテは36mmを使用。毛束を多めにとって中間をしっかりと巻く。ハチ上を留めておくとやりやすい。逆サイドも同様に巻いて。
2:ハチ上の髪を縦巻きにして華やかに
ハチ上は毛束の中間だけをリバース。根元と毛先は逃すように巻いて。逆サイドも忘れずに巻く。
ハチ上は毛束の中間だけをリバース。根元と毛先は逃すように巻いて。逆サイドも忘れずに巻く。
3:襟足をリバース巻きに
襟足の毛束を前に持ってきて中間を巻く。逆の襟足も同様もリバースすれば完成。
襟足の毛束を前に持ってきて中間を巻く。逆の襟足も同様もリバースすれば完成。

コテで巻くときはすべて毛束の中間から縦巻きにする。コテを寝かせると、一昔前の古臭い巻き方になってしまうので気をつけましょう。

パサつきや広がりが気になるときは、仕上げにオイルや保湿剤をつけてみてください。少量を手のひらに伸ばし、髪の内側や毛先になじませてください。

丸顔が小顔になる最強のロングヘアの秘密は「流し前髪」と「顔周りのリバース巻き」にあり!

■前髪ありのふんわりロングヘア

■薄毛に見せないふんわり前髪
完成
サイド
サイド
バック
バック

【アレンジ方法】

1:「地肌を擦る」ように前髪の根元を乾かす
髪ではなく根元を乾かす。
髪ではなく根元を乾かす。
2:熱風を当てながら、髪の中間あたりから人差し指に2~3回巻き付けるようにねじる
手を自然な手ぐしとしてくるくる巻く。
手を自然な手ぐしとしてくるくる巻く。

【薄毛&髪が広がる女性必見】薄毛に見せないコツは、前髪の乾かし方にあった!

前髪なしのロングの髪型


■ふわっと立ち上がる前髪と顔まわりの華やかなカールのロング

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

【アレンジ方法】

顔まわりをコテで外巻きにするときは、毛束の中間から毛先を巻くのがコツです。根元から巻いてしまうと、失敗感のあるわざとらしいウェーブになってしまうので気をつけましょう。

スタイリング前
スタイリング前
1:ドライヤーでフロント部分の根元を立ち上げる
前髪から頭頂部にかけて根元に熱風を当てる。
前髪から頭頂部にかけて根元に熱風を当てる。
2:コテで顔まわりを外巻きに
コテは26mmを使用。毛束の中間から毛先をリバース巻きにする。
コテは26mmを使用。毛束の中間から毛先をリバース巻きにする。
3:オイルを中間から毛先になじまてツヤを与える
パール粒くらいのオイルを手のひらになじませて、中間から毛先にかけてなじませる。
パール粒くらいのオイルを手のひらになじませて、中間から毛先にかけてなじませる。

仕上げのオイルは、手のひらに薄く伸ばして、毛束の中間から毛先にしっかりとなじませてください。毛先にツヤとまとまりがあれば、髪の豊かさ、しなやかさにつながり、それだけで若々しく見えます。

「根元を立ち上げる」「顔まわりを巻く」「ツヤを与える」だけ!5歳若返るロングヘア

■優美なカールで顔まわりが華やぐゆるやかウェーブロングヘア

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

【アレンジ方法】

スタイリング前
スタイリング前
1:フロント部分の表面をブローする
フロント部分の髪の表面に熱を当てると、キューティクルが整い、見た目がツヤやかになる。毛束の中間に熱を当てるイメージで。
フロント部分の髪の表面に熱を当てると、キューティクルが整い、見た目がツヤやかになる。毛束の中間に熱を当てるイメージで。
2:耳前の毛束をリバース巻きにする
コテは36mmを使用。耳前の毛束をまとめて中間だけを巻く。逆サイドも同様に。
コテは36mmを使用。耳前の毛束をまとめて中間だけを巻く。逆サイドも同様に。
3:毛先に保湿剤をなじませる
仕上げに、クリームなどの保湿剤を毛先につける。
仕上げに、クリームなどの保湿剤を毛先につける。

年齢とともに髪の水分量が減り、まとまりにくくなっているので『表面のツヤだし』『毛先の保湿』は重要です。このひと手間で、みずみずしさ、コシ、ツヤ、まとまりのあるダメージレスな印象に仕上がります。

毛束の中間を縦巻きにすると今っぽい仕上がりにするのが目標です。顔まわりを巻くときのポイントは『毛束を太くとる』『縦に巻く』、この2つ。ブローで髪表面にツヤを出すと、ダメージを感じさせないみずみずしい印象になります。

面長な顔が小顔に見える髪型が判明!正解は「緩やかなウェーブのロングヘア」でした

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。