男性へ贈りたいおすすめメンズブランド財布まとめ。クリスマス、男性へのプレゼントで悩む女性のために、おすすめのブランド財布を35選ピックアップしました。スマイソンやココマイスターなど、大人の男性にぴったりなブランド財布を、大切な人へのプレゼントにチョイスしてみてはいかがでしょうか。

男性へのプレゼントにおすすめのメンズブランド財布


■ココマイスターの「ジョージブライドル」

■ココマイスターの「ジョージブライドル」
写真上から上/コインパース[サイズ:縦7×横11.4×マチ1.8cm スリットポケット3]¥23,140・中/二つ折りパース[サイズ:縦9.2×横10.7×二つ折り時厚さ3㎝ カードポケット6、フリーポケット1、札入れ2、小銭入れ1]¥33,334・下/ロングパース[サイズ:縦9.2×横19×二つ折り時厚さ2.5cm カードポケット14、フリーポケット2、札入れ1、ファスナー付き小銭入れ1]¥39,815(ココマイスター)※すべて参考価格

牛皮=カウハイドに染色を施し、何か月もかけて蜜ロウをしみ込ませた革で、表面に「ブルーム」と呼ばれるロウが白く浮き出るのが特徴の英国で1000年以上の前から続く伝統的な手法でつくられた革。使い込むうちにロウが取れ、美しい光沢が生まれ、味わいを増します。堅牢で、耐久性にも優れている特質は、多くの馬具メーカーが鞍をつくるのに、このブライドルレザーを用いていることからもわかるでしょう。

ココマイスターの『ジョージブライドル』シリーズは、表はもちろんのこと、裏にもこのブライドルレザーを贅沢に使った財布や革小物がそろう同ブランドの自信作。硬いブライドルレザーは、財布や革小物などの縫製が非常に難しく、この革を表と裏、両面に使って縫うのは、さらに至難の業です。

英国の職人の技法でつくられた最高級の革に敬意を払いながら、日本の職人の技を加えていくことで、新たな価値を持った製品を生み出すことが〝ココマイスター〞の目ざす到達点。英国と日本の職人技とセンスを、お互いが競い合うように磨き上げることで、紳士の審美眼にかなう、一級のレザーグッズが生み出されます。

日本職人の技術に圧倒! 英国が羨むレザー加工の技術に脱帽

■スマイソンの「トラベルウォレット」

■スマイソンの「トラベルウォレット」
写真左からワイヤレスイヤホン Beoplay E8¥30,463(バング&オルフセン ジャパン〈バング&オルフセン〉)リーディンググラス¥35,000(サンライズ〈ペルソール〉)トラベルウォレット¥65,000(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)財布の上に乗っているノートと万年筆、ウェイファーノート¥8,000(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)マイスターシュテュック モーツァルト¥54,000(モンブラン コンタクトセンター〈モンブラン〉)

旅券や地図、お金をスマートに取り出せることは、旅慣れた男になるための必須条件。そのためにはまず、機内への持ち込みやちょっとした移動での荷物を最小限に留めておきたいところ。そんな時に活躍するのがスマイソンのトラベルウォレット。機能的な収納と品格溢れるレザーは、旅を重ねるごとに手放せぬ魅力となるでしょう。

「男ひとり旅」が楽しくなる逸品図鑑

■ココマイスターの「革財布」

■ココマイスターの「革財布」
上質なコードバンによる、しっかりとした財布は、育てていくような感覚も同時に楽しめる。長財布¥40,000・二つ折り財布¥34,000(COCOMEISTER オンライン サポート)

2009年に誕生したココマイスター。設立されてから年月が浅いものの、熟練した職人の技を生かし、コードバンなど、上質なレザーを使ったレザーアイテムが評判です。ココマイスターは、重厚なダレスバッグ、ブリーフケースなどを生産する一方で、より多くのデザインのバリエーションと多彩なレザーで表現した小物類も得意とします。とりわけ、繊細な仕事を積み上げた財布は、素材の持ち味と職人の技術が見事に生かされています。

写真の財布は共に、コードバンを素材にします。コードバン特有のしっとりとした質感や、ツヤの魅力を最大限に引き出すため、ごくシンプルなデザインに徹してつくり上げているのです。財布の周囲に施された精緻なステッチワークからも、熟練した職人技が見て取れるでしょう。

スーツの内ポケットに忍ばせる財布なら、上質なコードバンを使った、このふたつのデザインに注目したいですね。

知っておくべきすごい日本ブランド8選

■セルジュ・アモルソの「クロコダイルウォレット」

■セルジュ・アモルソの「クロコダイルウォレット」
クロコダイルの表革にカーフの裏革を組み合わせ、コインポケットはホック留め。整ったステッチにコバの処理も美しい。デザインや仕様から、プレシャスレザーなど革の種類も豊富だ。国内ではアモルソ氏本人が来日し、受注会を開催。価格は素材、仕様によって異なる。各¥311,000※参考価格(ストラスブルゴ〈セルジュ・アモルソ〉)

上着の内ポケットに入れても違和感はなく、ブランドロゴが内にさりげなく刻印されているのも嬉しい。ひけらかすものでないからこそ、自分だけの密かな贅沢が味わえる。お気に入りの財布があればそれだけで、懐だって暖かくなった気になります。

プレシャスレザーの財布「セルジュ・アモルソ」で心の贅沢を!

■スマイソンの「レザー財布」

■スマイソンの「レザー財布」
上/英国の伝統的なグレインレザーを使用。¥44,000・下/独特のシボがあり、やわらかなディアスキンを使用。¥56,000(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)※価格はすべて税抜です。※価格は2016年春号掲載時の情報です。

シンプルさが革の上質さを引き立て、アンダーステイトメントの精神にも通じるのが英国最古参のブランド「スマイソン」。「スマイソン」といえば文房具が有名ですが、実は革小物が隠れた名品。その緻密なステッチや、持ち運びを考えて作られたアイテムは常に英国紳士を魅了してきました。

経済的に成功している紳士ほど、長財布を使っていることが多い・・・。それも、スマートで薄いもの。金運はもとより、幸運を呼ぶ長財布は悪目立ちしない「スマイソン」がベスト。

金運を呼ぶ長財布は「スマイソン」がベスト!

■ヴァレクストラの「オールインワンウォレット」

■ヴァレクストラの「オールインワンウォレット」
¥295,000(ヴァレクストラ・ジャパン)

取り外せるウォレット、カードケース、パスポートケースを内蔵したオールインワンのポーチ。トラベルスタイルを格上げするヴァレクストラは白レザーの名手。発色の上品さや手に吸い付くようなレザーの質感はさすがの一言。

他人よりかっこいい男でいたいなら、上品便利な純白7アイテムが必要だ!

■カミーユ・フォルネの「レザーウォレット」

■カミーユ・フォルネの「レザーウォレット」
ウォレット・カードケース ¥70,000(カミーユ・フォルネ ジャポン)

時計ベルトで名高いですが、実はレザーグッズ全般に卓越した技術を誇るブランドでもあります。プラムのような色味のグレインレザーにアリゲーターを配するセンスは、ほかの国からは決して生まれてこない逸品。

モロウ・パリほか12の注目「パリ発」ブランド、一気見せ!

■セリーヌの「レザー財布」

■セリーヌの「レザー財布」
【W20×H11cm】財布¥80,000(セリーヌ ジャパン)

「デューン」と呼ばれるやわらかいベージュのフラップタイプの財布を開けてみると、正反対のビビッドな朱色が印象に残る財布。素材はとてもやわらかいドラムドカーフスキンを使用しており、すぐに手に馴染みます。フラップを開ければ、フラットポケットが3つ付いているので、使用頻度の高いカード類をスマートに取り出せます。

【W19×H11cm】財布¥80,000(セリーヌ ジャパン)

どこか知的な雰囲気が漂う「コール」(マットなグレー)は、同色のグレースーツとトーンを合わせて色使いを楽しみたいアイテム。素材はフラップウォレットと同じくドラムドカーフスキンを使用しています。

【W14×H10cm】財布¥80,000(セリーヌ ジャパン)

一見すると手帳のようにも見える可愛らしい財布。こちらの財布はスナップボタン付きのストラップで2段階の調整が可能です。収納する量に応じてマチ幅を変えられ、バイカラーの見た目も遊び心抜群。素材はグレインドカーフスキンとシャイニーカーフスキンを使用。

【W14×H10cm】財布¥74,000(セリーヌ ジャパン)

コンパクトな財布を探している方におすすめしたいのがこちら。収納力抜群で、お札も小銭も収納可能。中を開けると鮮やかな鮮やかなイエローカラーが目を引きます。素材は同じくドラムドカーフスキンを使用。

美を追求する男が最後にたどり着くブランドはセリーヌしかない!

■エルメスの「シルクイン」

■エルメスの「シルクイン」
【20×11.5cm】ロングウォレット¥138,000(エルメスジャポン)

落ち着いたエトゥープが見た目にも美しい長財布。やわらかなグレインレザーを使用していて傷がつきにくく、手に持ったときの馴染みもよい。持ち手のジップの先にはレザーを使用。細部のデザインにこだわっているのが見てとれます。

思わず自慢したくなるのが、中に隠されたスカーフのプリント柄だ。財布を持つだけでなく、開ける楽しみが「シルクイン」の特徴。
【9.5×11.5cm】財布¥89,000(エルメスジャポン)

カードと小銭がたっぷり収納できるミドルサイズのお財布。ビビッドカラーが目をひくが、普段とは違った装いのときや、靴や鞄などと色を合わせて使う楽しみがあります。

【8×8cm】小銭入れ¥54,000(エルメスジャポン)

小銭入れは、ジャケットやシャツのポケットにすんなり収まるコンパクトサイズ。小銭をぞんざいに扱っていないですか? スマートさが求められる場所では必ずやあなたの助けになるでしょう。

男が持つべき財布は、知性あふれるエルメスしかない!

■土屋鞄製造所の「レザー財布」

■コードバンの「レザー財布」
左から【H18.9×W9.5×D1.5cm】ベルコード長札入れ¥61,112・【H9×W11.1×D2.5cm】ベルコード二折札入れ¥46,297(土屋鞄製造所)

表革には、水性染料で染め上げた水染めコードバン、内装の革には、職人が専用の器具でしごいたやわらかな手揉みキップレザーを使用した札入れ。コードバンの美しい艶は高級感があり、持つだけで品格がにじみ出てきます。内側はとてもやわらかく革特有の硬さがないので、手に馴染みやすく、スリムなフォルムで胸ポケットに入れても膨らまらず、スーツやジャケットスタイルを損なうことがありません。

日本のビジネスマンを支えているのは、土屋鞄製造所のレザーアイテムだ!

■モロー・パリの「ゴートレザー財布」

■モロー・パリの「ゴートレザー財布」
写真左【H10×W13×D2cm】ジップ財布¥90,000・写真右【H9.5×W12.5×D2cm】二つ折り財布¥75,000(モロー・パリ 青山店)

表のカーフレザー一面にプリントされているのは、ブランド発祥時にトランクに使用されていた「柳の細枝を編み込んだ格子柄」と、1882年にフランスのパリでブティックをオープンしたサントノレ通り283の住所を記したロゴマーク。内装の革は、馴染みの良い柔らかなゴートレザー(山羊)を使用し、鮮やかなブルーが実に美しい。ジップの持ち手はブランド名である「MOREAU」の頭文字2文字を模したデザインです。

ツウが愛してやまない「モロー・パリ」のレザーアイテムは、ギフトとしても喜ばれる逸品だ

■サンローランの「黒財布」

■サンローランの「黒財布」
写真左から【W9×H18×D2cm】長財布¥85,000・【W11×H9.5×D2.5cm】二つ折り財布¥55,000(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)

スーツやジャケットの内ポケット、鞄からちらりとのぞかせる「YSL」のモノグラムロゴが男の格式ばった所作を引き立ててくれます。

漆黒の中にエレガントを見た! 男が持つべきはシンプルなレザーアイテムで決まり!

■ヴァレクストラの「レザー財布」

■ヴァレクストラの「レザー財布」
長財布【W9×H17.5cm】¥63,000(ヴァレクストラ・ジャパン)

ソフトなカーフのグレインレザーを使用した財布は、しっとりとやわらかな質感。中を開くとブランドの証とも言える、V字カットされたカードスロット。レザー端「コバ」と呼ばれる箇所は、ブランド独自の染料「Costa」を何層にも手作業で塗り重ね、ブラックでトリミングされたようなデザインに仕上がっています。

長財布【W20.5×H11cm】¥120,000(ヴァレクストラ・ジャパン)

こちらのラウンドジップ式長財布は、中にジップ式のコインケース、12枚のカードホルダー、フリーポケットのふたつを配した収納力が魅力。明るいカラーリングでも、シックなカラーリングでも大人らしい高級感のあるつくりに仕上がっています。

あなたのパーソナルカラーは何色? 気分を変えるおしゃれなレザーアイテム

■ベルルッティの「レザー財布」

■ベルルッティの「レザー財布」
(下)【W12×H21×D2cm】長財布¥166,000・(上)【W10×H8cm】カードケース付き小銭入れ¥82,000(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)

ベルルッティを代表するブラウンは、その見事なグラデーションが見る者すべてを引き込むことでしょう。どこか吸い寄せられるような魅力を感じるのがベルルッティの醍醐味。

【W7×H7cm】小銭入れ¥46,500(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)

1枚革で作られた小銭入れはコロンとした可愛いサイズが魅力的。スクリットをあしらうことで、より大人らしい表情になります。あえてポケットに入れてラフに使ってもサマになるアイテムです。

絶妙な色艶がたまらなく美しい! スクリットが織りなすベルルッティのレザーアイテム

■スマイソンの「トラベルウォレット」

■スマイソンの「トラベルウォレット」
【W24×H15cm】トラベルウォレット¥102,000(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)

クロスグレインカーフレザーを使用したトラベルウォレットは、細かい書類やチケットなど整理整頓がしやすいアイテム。傷がつきにくい素材なので、上品さを保ち続けることができるのも利点のひとつです。

ひと目見ただけで、どこに何を収納しているかがわかる。

開いてみると表の素材とは異なり、中面はスムースカーフレザーを使用。シンプルな表情ですが、重厚感のあるデザインは癖がないので使いやすく、出張や旅行とシーンを限定せず、毎日使いたいものです。

成功者が持っているレザーは格が違う! ジェントルマン御用達ブランド「スマイソン」で男の魅力を引き出す!

■T・MBHの「エキゾチックレザー財布」

■T・MBHの「エキゾチックレザー財布」
【W17.5×H9cm】札入れ¥80,000(T・MBH浅草橋直営店)

腑が左右対象に綺麗にそろった水染めリザードを使用した札入れ。薄マチながら、片側におよそ100枚のお札が入るほど大容量の財布。

オーダーを幾度と行っていく中で、ブランドのイメージにたどり着いた内装のカラー。落ち着きのあるトープカラーで品の良さが漂う。

極限の薄さを実現するためにカードを収納するためのカード室はつけず、取り出し可能なリフィルに収納が可能。薄さとやわらかさが両立しているため、スーツの胸ポケットに入れてもかさばらず、スマートに使用できます。

【W8×H7.3cm】コインケース¥54,000(T・MBH浅草橋直営店)

コンパクトなコインケースも、贅沢な素材を使用することで高級感あふれる大人顔に。言わずもがな、その収納力には眼を見張るものがあります。

余白を大きく残したのは、コインが引っかかりやすいよう、巧みに計算されている。

取り出し口が大きく、小銭が取り出しやすい形状。留め具には強力な磁石を使用しているので、小銭だけでなくお札を挟むことも可能。

究極の薄さを実現した日本ブランド「T・MBH」のレザーグッズ

■ロエベの「レザー財布」

■ロエベの「レザー財布」
【W19.2×H9.5×D2.5cm】長財布¥69,000(ロエベ ジャパン カスタマーサービス)

横の線で描かれたテクスチャードカーフスキン、ブランドロゴがワンポイントあしらわれたグレインレザーと、3種の異なるレザーを使用した高級感あふれる財布です。

(左)【W11×H10×D2.5cm】二つ折りウォレット¥57,000・(右)【W19×H10×D3cm】ジップウォレット¥83,000

力強さもあり繊細さがあり、チェックの型押し模様がどこかヴィンテージの雰囲気を醸し出しているロエベの横長ウォレット。飾らないデザインだからこそ自慢したくなる逸品です。

成熟した男性にこそおすすめしたい「ロエベ」の表情豊かなレザーアイテム