【目次】

簡単でかわいいまとめ髪アレンジ


大人フェミニンなフレンチシニヨン

完成

■アレンジ方法

ふんわりとフェミニンなシルエットの秘密は、髪を上下に分けること。上下それぞれをまとめることで、全体をキュッとひっつめた感じがなくなり、ラフな雰囲気のシニヨンに仕上がります。一見難しそうですが、ピンでうまく押さえていけば、こなれた感じにまとめることができますよ。

STEP1:アイロンで毛先にニュアンスを出し、髪を上下に分けブロッキング

まとめた毛先にニュアンスを出すため、アイロンをかけてカールをつけます。
あごと耳上を結んだ延長線上で、髪を上下に分けてブロッキング。
下の部分の髪をひとつにまとめ、時計回りに毛先までねじり上げていきます。
(手順は左から右へ)
  1. まとめた毛先にニュアンスを出すため、アイロンをかけてカールをつけます。
  2. あごと耳上を結んだ延長線上で、髪を上下に分けてブロッキング。
  3. 下の部分の髪をひとつにまとめ、時計回りに毛先までねじり上げていきます。

STEP2:ピンをうまく利用して、上下左右の髪を固定&ねじる

シニヨンを固定するように、周りからピンを差す。ここではアメリカピンを3本使用します。
ブロッキングしていたトップの髪を下ろし、左右を交差させながら矢印の方向にねじり、上部をピンで留めます。
トップの髪の左右を交差させてピンで留めた状態は、右端の画像のようなイメージです。
(手順は左から右へ)
  1. シニヨンを固定するように、周りからピンを差す。ここではアメリカピンを3本使用します。
  2. ブロッキングしていたトップの髪を下ろし、左右を交差させながら矢印の方向にねじり、上部をピンで留めます。
  3. トップの髪の左右を交差させてピンで留めた状態は、右端の画像のようなイメージです。

STEP3:ねじった毛先を束に入れ、残りはラフに留めて仕上げる

トップの髪をピンで合わせた位置から、ねじりながら写真のように上に持ち上げます。
中央は、右手をくるっと反転させ円を描いた状能(その後毛先をねじった束の中に入れ込む)。
ねじって円を描いた部分をピンで留めて固定し、残った毛先をシニヨンに絡めながらラフに留めたら完成です!
(手順は左から右へ)
  1. トップの髪をピンで合わせた位置から、ねじりながら写真のように上に持ち上げます。
  2. 中央は、右手をくるっと反転させ円を描いた状能(その後毛先をねじった束の中に入れ込む)。
  3. ねじって円を描いた部分をピンで留めて固定し、残った毛先をシニヨンに絡めながらラフに留めたら完成です!

ヘアピン1つ、たった3ステップでできる簡単フレンチシニヨン

「ロング」のアレンジでつくるかわいい髪型【3選】

【1】ふんわりウェーブの後れ毛を効かせたポニーテール

/mwimgs/b/7/-/img_b74f206c844bcd16c07936b8d5e0b398153603.jpg
完成
/mwimgs/1/3/-/img_13cf807a9461f868d10d023e8c6df24c162552.jpg
サイド
バック

■:アレンジ方法

うねりを目立たせないポニーテール成功のカギは、アレンジ前のカールアイロンにあるとか。頭頂部は根元を立たせるように、後れ毛となるこめかみ部分の髪は根元から毛先にかけてフォワードに巻いておくと、仕上がりに差が出るようです。おばさんの引っ詰め髪に見えない、大人のポニーテールをつくる7つのステップをご紹介します。

STEP1:頭頂部の髪の根元を起こすように、カールアイロンで毛先から根元に向かって巻く

STEP2:こめかみ部分の毛束をカールアイロンでフォワード巻きに
毛束を垂直に持ち上げて根元を立たせるように、後頭部方向に巻くのがポイント。

STEP2:こめかみ部分の毛束をカールアイロンでフォワード巻きに

STEP3:こめかみから前にある髪ともみあげを残して1つに束ねる
根元から毛先に向かって縦巻きになるように巻く。

STEP3:こめかみから前にある髪ともみあげを残して1つに束ねる

STEP4:ひとつまみの毛束を取り、ゴムの上から巻き付ける
襟足より少し上の位置にゴムがくるように束ねること。

STEP4:ひとつまみの毛束を取り、ゴムの上から巻き付ける

STEP5:結び目を押さえながら、ひとつまみずつ髪を引き出す
ゴムが隠れたら、アメピンでしっかり固定する。

STEP5:結び目を押さえながら、ひとつまみずつ髪を引き出す

左右対称になるよう、バランスよく毛束を引き出し、トップをふんわりさせる。

オバ見え引っ詰め髪から脱却!後れ毛プラスの大人ポニーテールの作り方

【2】色っぽさと優雅な印象を兼ね備えた、ツイストヘア

/mwimgs/b/5/-/img_b53627b22cf537a7fdc35e0c7aa7ccb8152014.jpg
完成
サイド
バック

■:アレンジ方法

簡単なのに凝った印象に見えるひとつ結び。「後れ毛の出し方」「毛束の崩し方」「後頭部のボリューム感」が、おばさんに見えないひとつ結びを成功させるポイント!さっそく詳細を見てみましょう。

STEP1: 1対2で髪を分ける

STEP2: ハチ上の毛束を左右に分けてねじり、ねじった毛束をツイストさせる
左右どちらが多くてもOK。アシンメトリーに分ける。

STEP2: ハチ上の毛束を左右に分けてねじり、ねじった毛束をツイストさせる

STEP3:ねじった毛束をつまんで崩す
ハチ上の毛束を2つに分けてねじる。ねじったら双方の毛束をツイストしながら編んでいく。1で分けた毛束、左右ともねじってツイストさせたらゴムでひとつ結びにする。

STEP3:ねじった毛束をつまんで崩す

STEP4:ゴムを隠すように毛束を巻きつける
爪で少しだけつまみ、細かく引き出す。片手でゴムの結び目を抑えるとやりやすい。

STEP4:ゴムを隠すように毛束を巻きつける

STEP5: こめかみの後れ毛を細く出す
ひとつ結びにした毛束から少しだけ髪をとり、ゴムに巻きつける。巻きつけたらピンで留める。

STEP5: こめかみの後れ毛を細く出す

STEP6:耳後ろの後れ毛も引き出す
こめかみを細くとって引き出す。

STEP6:耳後ろの後れ毛も引き出す

こめかみよりも少し太めの毛束を引き出す。

ロングヘアの簡単ひとつ結び|老け見えしない後れ毛の出し方とは?

【3】ゆるっと感が今っぽいハーフアップ風シニヨン

完成
サイド
バック

■:アレンジ方法

「今っぽく仕上げるためには、『ゆるっとした部分を作ること』『後れ毛をうまく活用する』ことが大切になります。髪をまとめる時はしっかりと崩す、後れ毛は引き出し過ぎると疲れた感じになってしまうので程よく引き出す、この2点がポイントですね。下準備として、髪を巻いておくとよりニュアンスのある雰囲気に仕上がります。巻かなくても、アレンジ前にシュシュなどでお団子を作り、髪に動きをつける方法も手間がかからないのでおすすめです」(賀山さん)

STEP1: 襟足で髪をひとつ結びに

STEP2: 後頭部の毛束をゆるめる
結ぶ位置は襟足くらいの低い位置がベスト。高すぎると若作りに見えるので注意。

STEP2: 後頭部の毛束をゆるめる

STEP3: 結んだ毛束の一部をねじる
握るように崩し、毛束をゆるめて後頭部に丸みを出す。

STEP3: 結んだ毛束の一部をねじる

STEP4: ねじった毛束をゴムに通す
毛束の一部をつまみ、ねじっておく。

STEP4: ねじった毛束をゴムに通す

STEP5:団子を指で崩す
まとめた毛束のゴムにねじった毛束を通して団子にする。

STEP5:団子を指で崩す

団子の毛束を指でつまみ、適度にゆるませてほぐす。

顔まわりと襟足の後れ毛を出すだけ!ロングヘアの簡単アレンジ

「ミディアム」のアレンジでつくるかわいい髪型【4選】


【1】清楚でクラシカルなギブソンタック

完成
正面
サイド
バック

■:アレンジ方法

幅広い世代から根強い支持を集める「ギブソンタック」。ギブソンタックとは、低めの位置で髪をまとめるアップスタイルのことで、「首筋が美しく見える」「上品でエレガント」と大人世代にも好評です。
「全体的にきっちりとした印象に仕上げること。後れ毛を出しすぎたり、トップの髪をたくさん引き出してしまうと、一気に若作りなアレンジになってしまいます。きちんとまとめることが、大人の余裕、清潔感、上品さ、優雅さを表現する鍵です」(泰斗さん)

STEP1: 髪全体を低い位置でひとつ結びにする

STEP2: ひとつ結びをくるりんぱする
髪の毛は手ぐしでざっくりと集めて。まとめたらゴムで結びます。

STEP2: ひとつ結びをくるりんぱする

STEP3:くるりんぱした毛先を、2と同じ穴にもう一度通してピンで留める
ひとつ結びの中央に穴を作り、結んだ毛先を穴に通してくるりんぱする。

STEP3:くるりんぱした毛先を、STEP2と同じ穴にもう一度通してピンで留める

STEP4: まとめた髪から毛束を引き出す
くるりんぱした毛先をSTEP2と同じ穴にもう一度通して、ゴムの付近にピンで留める。

STEP4: まとめた髪から毛束を引き出す

STEP5:こめかみに後れ毛を作る
お団子にした毛束から細かく毛束を引き出す。引き出しすぎると崩れるので、少しゆるっとさせる程度に出すのがポイント。

STEP5:こめかみに後れ毛を作る

こめかみの髪をひとつまみして引き出せば完成。

上品ヘアの定番!若作りに見えない「ギブソンタック」の簡単やり方5ステップ

【2】サイドのねじりでつくる愛らしいハーフアップ

完成
サイド
サイド
バック

■:アレンジ方法

プロセスはねじってピンで留めるだけと簡単ですが、耳上の毛束をねじることでサイドに程よいボリュームができ、輪郭や頭の型が綺麗に見えるメリットがあるのだそう。エイジングサインが気になる方、こなれた印象のハーフアップに挑戦してみたい方はぜひお試しください!
「耳上にボリュームゾーンをつくることで全体のシルエットが菱形になり、フェイスラインが引き締まった印象に。頰が下がって見える、輪郭が野暮ったく感じる、という40代以降の方にぜひチャレンジしていただきたいです」(大久保さん)

STEP1: 右耳上の毛束をねじりながら後頭部へ

STEP2: 後頭部の中央にピンで留める
耳上の毛束をねじりながら後頭部に持っていく。こめかみの毛束を少し残しておくのがポイント。毛束の中間くらいまでねじるイメージで後頭部へ持っていく。

STEP2: 後頭部の中央にピンで留める

STEP3: 左耳上の毛束をねじりながら後頭部へ
ねじった毛束を後頭部の中央でピン留め。ピンを数本使って留めてもOK。

STEP3: 左耳上の毛束をねじりながら後頭部へ

STEP4: ねじった毛束を後頭部の中央でピン留めする
逆サイドも耳上の毛束をねじりながら後頭部へ。

STEP4: ねじった毛束を後頭部の中央でピン留めする

右と同じ位置でピン留めする。

たった3分で完成!ピンだけでつくる簡単ハーフアップ

【3】毛先をねじりながら巻き込む三つ編みアレンジ

/mwimgs/b/e/-/img_bec9d2eac516363d614a163c0e122cce64571.jpg
完成
/mwimgs/0/0/-/img_00635e812b9a6f2a4228e853e40b88db68504.jpg
サイド
■:アレンジ方法
バック

■:アレンジ方法

「頭皮全体を引っ張るように、髪の根元から編んだり巻きこんだりしているので、緩んだフェイスラインがキリッと引き締まるフェイスリフト効果もあります。きちんと感をアピールしたい、フォーマルな席にもおすすめしたいアレンジです」(高橋さん)

STEP1:両耳の上端で髪を上下に分けて、ピンで仮止めする

/mwimgs/f/8/-/img_f8e42a48f441c01fb4c6c9d60ccf0489134217.jpg
ピンで仮止めします。
STEP2:下段の髪をきつめにゴムで束ねる
両耳の上端からUの字を描くように後ろ下がりに分け目を付け、上段の髪をピンで仮留めする。

STEP2:下段の髪をきつめにゴムで束ねる

STEP3:上段のピンを外し、トップの髪を2つに分ける
襟足ギリギリのところで髪を束ねること。

STEP3:上段のピンを外し、トップの髪を2つに分ける

STEP4:それぞれの毛束を時計方向にねじり、毛束の根元の髪をすくって持っている毛束に加える
直径5㎝を目安に頭頂部の狭い範囲の毛束とり、それぞれの手に毛束を持つ。

STEP4:それぞれの毛束を時計方向にねじり、毛束の根元の髪をすくって持っている毛束に加える

STEP5:左右の毛束を交差させる
毛束をねじる方向を一定に揃えないとアレンジ具が崩れるので要注意。

STEP5:左右の毛束を交差させる

STEP6:下段の髪を束ねたあたりまで編み込み、ピンで仮止めする
編み目が緩まないように、毛束を引っ張りながら交差させること。

STEP6:下段の髪を束ねたあたりまで編み込み、ピンで仮止めする

STEP7:最初に編み込み始めた部分の両サイド2㎝ほど毛束を取り、時計回りにねじる
ゴムのあたりまで編み込んだら毛束を1つにまとめ、ピンで仮止めする。

STEP7:最初に編み込み始めた部分の両サイド2㎝ほど毛束を取り、時計回りにねじる

STEP8:残ったサイドの髪を、左右それぞれ時計回りにねじる
それぞれ片方ずつ襟足あたりまでねじったら、左右の毛束を1つに束ねて、ピンで仮止めする。

STEP8:残ったサイドの髪を、左右それぞれ時計回りにねじる

STEP9:STEP7の毛束とSTEP8の毛束を1つのピンで仮止めする
前髪以外のフェイスラインにかかる髪を、襟足あたりまでねじる。

STEP9:STEP7の毛束とSTEP8の毛束を1つのピンで仮止めする

STEP10:ゴムとピンを外し、三つ編みにする
下段の束ねた髪、真ん中で編み込んだ毛束、サイドのねじった毛束の3つの毛束にする。

STEP10:ゴムとピンを外し、三つ編みにする

/mwimgs/1/4/-/img_143a6a7f41aec3cdb6580781d9128107186543.jpg
ゴムとピンを外し、三つ編みにする。
毛先付近まで編んだらゴムまたはピンで留めれば、完成。

三つ編みにするだけで目元も頬も引き締まる!?大人の「リフトアップまとめ髪」

【4】サイドのねじりでつくる愛らしいハーフアップ

/mwimgs/a/7/-/img_a7992824903d622a34d25d90f18c1a4a1064870.jpg
完成
/mwimgs/c/9/-/img_c99e97fb428722a5a4b86829d50acc73887210.jpg
サイド
■:アレンジ方法
バック

■:アレンジ方法

「髪を左右に分ける」→「それぞれをねじって結ぶ」→「結んだ毛束をまとめてピンで留める」たったこれだけ!肩でハネやすかったり、まとめるには長さが中途半端だったりと、扱いづらいイメージのミディアムヘアですが、うねりをカバーできるだけでなく、クラシカルな印象も楽しめるヘアスタイルです。

STEP1:まず髪全体にヘアクリームをなじませる

STEP2:後頭部の毛束を左右2つに分け取る
アレンジの前に髪のボワつきを抑えるため、全体的にヘアクリームをつけていく。髪の内側を中心にしっかりとなじませて。

STEP2:後頭部の毛束を左右2つに分け取る

STEP3:左右2つに分けた毛束をそれぞれねじってゴムでまとめる
斜めに分けるのがコツ。分け目をギザギザにすることで、白髪が目立たない効果も。

STEP3:左右2つに分けた毛束をそれぞれねじってゴムでまとめる

STEP4:片方ずつ耳の後ろでねじってまとめ、ピンで留める
二つ結びの状態に。その際に耳が半分隠れるように結ぶのがポイント。

STEP4:片方ずつ耳の後ろでねじってまとめ、ピンで留める

STEP5:最後に後頭部の髪をつまんで引き出し、バランスを整えたら完成
毛先をくるっと丸めるようにねじりながらまとめる。毛先のゴムが隠れるようにピンで留めて。もう片方も同様に。

STEP5:最後に後頭部の髪をつまんで引き出し、バランスを整えたら完成

ピンで留めた部分を片手で押さえながら引き出すとバランスが取りやすい。

きっちりまとめても老け見えしない!うねりやくせ毛も解消できる、梅雨対策アップスタイル

「ボブ」のアレンジでつくるかわいい髪型【3選】

【1】波巻きニュアンスの上品ハーフアップ

/mwimgs/e/d/-/img_ed844ab76f9821862f095dd1cfbfd75f170220.jpg
完成
/mwimgs/5/2/-/img_5203dbd248369916f22ba2b8b2a3656f85262.jpg
正面
/mwimgs/f/1/-/img_f15d2e1d48fd48a9b9b4f9b0fbf0d29188045.jpg
サイド
■:アレンジ方法
バック

■:アレンジ方法

「上品さ」「優雅さ」「こなれ感」の三拍子が揃う万能なハーフアップ。アレンジしにくい顎ラインのボブスタイルも、ハチ上の髪を波巻きにし、ねじってピン留めするだけ。ちょっとしたパーティーや特別なイベントにもぴったりのアレンジです。

STEP1:頭頂部の髪をストレートアイロンで波巻きにする

STEP2: 頭頂部の髪をギザギザに取る
毛束をざっくりと取って、根元から内カールと外カールを交互につくってウエーブ状に。波打つようなウェーブをつくるイメージで。

STEP2: 頭頂部の髪をギザギザに取る

STEP3: まとめた髪をねじる
まっすぐ取るときちんと感が出過ぎてしまうので注意。ギザギザに取ることで、仕上がりにニュアンスが生まれる。

STEP3: まとめた髪をねじる

STEP4: ねじった毛束をピンで留める
STEP2でまとめた毛束を後頭部でねじる。

STEP4: ねじった毛束をピンで留める

STEP5:頭頂部の毛束を引き出す
ねじった毛束の下からピンを射し込むとしっかり固定できる。

STEP5:頭頂部の毛束を引き出す

STEP6:ハチ部分の毛束をねじりながら後頭部へ
毛束をひとつまみして少しずつ引き出す。表面ではなく内側の毛束を引き出すとシルエットが綺麗に。

STEP6:ハチ部分の毛束をねじりながら後頭部へ

STEP7: ねじった毛束をゴムで結ぶ
STEP5でまとめた髪のすぐ下にあるハチ部分の毛束を、両サイドねじりながら後頭部へ持ってくる。

STEP7: ねじった毛束をゴムで結ぶ

/mwimgs/e/4/-/img_e46679ff7792f51491bf21728540c2a7126916.jpg
STEP4で留めたピンの上で結ぶ。
STEP8: Uピンを使ってゴムを隠す

STEP8: Uピンを使ってゴムを隠す

Uピンの留め方はGIFアニメーションでチェック!
ゴムの上からUピンを挿し、ゴムを持ち上げるように下から挿し込む。

Uピンの留め方はGIFアニメーションでチェック!

STEP9: 頭頂部とハチ以外の毛束を波巻きにする
Uピンは下から挿し込む。

STEP9: 頭頂部とハチ以外の毛束を波巻きにする

ストレートアイロンで残った毛束を細かく波巻きに。

ねじってピン留め!短めボブの上品ハーフアップ【プロセスアニメ付き】

【2】くるりんぱでつくる、大人のアップスタイル

/mwimgs/5/d/-/img_5d16163d841ed58764563cdd3ff90aab119764.jpg
完成
/mwimgs/8/f/-/img_8f8e6d3cf8f40cc16f77e2034685ca52117586.jpg
サイド
■:アレンジ方法
バック

■:アレンジ方法

連続くるりんぱで作る簡単アップスタイルです。気をつけるポイントは、「後れ毛の扱い方」と「毛束の崩し方」。
「ミディアムの場合、くるりんぱした時に短い髪が飛び出してしまったり、顔まわりや襟足の後れ毛が落ちてしまったりすることがあります。これが疲れた印象や老け見えの原因になることもあるので、スタイリングの際には注意が必要です。もうひとつ気をつけたいのが、毛束を崩し過ぎてしまうこと。崩しすぎると若作りに見えたり、ボサボサな印象になったりするので、『程よく、適度に崩す』ことも心がけてください」(亀井さん)

STEP1: 耳上の毛束をゴムで結ぶ

STEP2: くるりんぱする
ざっくりと集めて根本から離した位置で結ぶ。

STEP2: くるりんぱする

STEP3: 耳横の毛束をまとめて結ぶ
結んだ毛束の中央を割いて毛先を上から通す。

STEP3: 耳横の毛束をまとめて結ぶ

STEP4: 結んだ毛束をくるりんぱする
STEP2でくるりんぱした毛束の上から結ぶ。結び目は少し右に寄せるのがポイント。

STEP4: 結んだ毛束をくるりんぱする

/mwimgs/1/7/-/img_179ebbaf6ab77d58c59468de91873b4f113879.jpg
毛束の中央に毛先を通してくるりんぱ。
STEP5: 襟足とくるりんぱした毛先をまとめてねじる
結び目をズラすことで、結び目が重ならずスッキリとした印象に仕上がる。

STEP5: 襟足とくるりんぱした毛先をまとめてねじる

/mwimgs/5/0/-/img_50331c84c7900e3c45f827a99304f216121608.jpg
襟足とくるりんぱの毛先をひとつにまとめたら、毛束をふたつに分けて編む。
STEP6: ねじった毛束をピンで止める
まとめたらゴムで毛先を結ぶ。

STEP6: ねじった毛束をピンで止める

STEP7: こめかみの後毛を出す
毛束は左にまとめてピンで固定する。ピンは上から毛束をすくうように止めるのがコツ。

STEP7: こめかみの後毛を出す

爪の先でこめかみの毛束を少しだけつまみ、引き出す。

くるりんぱ2回で完成!後れ毛が色っぽい上品アップスタイル

【3】マジェステ使いで華やぐまとめヘア

/mwimgs/7/b/-/img_7bd2bc599c9562702391227313dd674f110038.jpg
完成
/mwimgs/2/8/-/img_2871b29dc16b4993b440d184f586dc6a103178.jpg
サイド
■:アレンジ方法
バック

■:アレンジ方法

まとめ髪にしたくても「どうもオシャレにならない…」という方、必見のヘアアクセサリーがマジェステ。ハーフアップに束ねた髪に付ければ華やかになるだけでなく、結び目が乱れていても隠れてしまうので、ぶきっちょさんの頼もしい味方です。このマジェステに似合うアレンジを5つのステップでご紹介します。

STEP1:耳の先端より上の髪を束ねてゴムを結ぶ

STEP2:結び目の上に穴をつくる
頭頂部の髪を、両耳の先端の延長線上でゴムで束ねる。

STEP2:結び目の上に穴をつくる

STEP3:穴に毛束を通して、くるりんぱをする
くるりんぱをするための穴を結び目の上につくる。

STEP3:穴に毛束を通して、くるりんぱをする

/mwimgs/2/1/-/img_21b7a5eca01f1e4b0d5d0b450b2a6ff6106579.jpg
STEP4:襟足の髪と一緒に束ねる
穴に毛束を通したら、毛束を左右に引っ張って結び目を引き締める。

STEP4:襟足の髪と一緒に束ねる

STEP5:ひとつ結びにした結び目にマジェスタを付ける
ハーフアップにした結び目のやや下あたりを束ねること。

STEP5:ひとつ結びにした結び目にマジェスタを付ける

毛束の髪をすくいながら棒を通すと、マジェスタが安定して崩れにくくなる。

「ハーフアップ+ひとつ結び」ならボリューム不足の髪も華やかに決まる!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: