「Precious.jp」から40代~50代女性におすすめの、かわいい髪型のアレンジ方法に関する記事をピックアップ。簡単なまとめ髪や前髪アレンジなど、普段使えるテクニックが満載です。

【目次】

セミロングのアレンジでつくる可愛い髪型


3ステップでできるかわいいツイストアレンジ

■3ステップでできるツイストアレンジ
ブロッキングをしてねじるだけ!

STEP1:髪を前後に分け、3つのパートにブロッキング

(手順は左から右へ)

左右の耳のラインから後ろの毛を後ろでひとつにゴムで結ぶ。

中央の写真は横から見たところ。

左のブロックの髪を、こめかみ上の分け目から前髪に向かって3パートに分けます。後ろの毛束からくるくると外向きにきつめにねじっていき、後ろにまとめた髪の結び目上の位置でダッカールピンで押さえましょう。

STEP2:毛束をひとつずつくるくるとねじり、後ろの髪とまとめる

(手順は左から右へ)

真ん中のパートの毛束をSTEP1と同じようにねじり、押さえておきます。

顔周りのパートの毛束も同じようにねじります。

ねじった3本の毛束を押さえていたダッカールピンを外し、真ん中の毛束と合わせてゴムで結びます。

STEP3:左右を同じようにねじってまとめ、仕上げに毛束をゴムに巻きつける

(手順は左から右へ)

右側ブロックの髪も左側ブロックと同様に3パートに分け、それぞれねじって押さえておきます。

左側ブロックと同じく、右側ブロックも真ん中の毛束と合わせ、ゴムでひとつに結びます。

後ろにまとめた髪から毛束を少しとり、ゴムを隠すようにくるくると巻き付け、毛先をピンで留めたら完成です!

3ステップでできるツイストアレンジ

ミディアムのアレンジでつくる可愛い髪型


女性らしい頭頂部の丸いシルエットがかわいい

完成
サイド
バック

このアレンジのポイントは、潰れやすい頭頂部の髪だけをつまんで引き出しているところ。フロントの髪は引き出さないのが鉄則です。

「日本人の頭の型に多いのが『ハチ張り絶壁』。ハチが張っている部分の髪を引き出してしまうと頭デッカチに見えてしまうので、つむじ付近にある頭頂部の毛束だけを引き出して、高さと立体感を出してください。

ひとつ結びの高さは上すぎると若づくりに見えてしまうので、下の方で結びましょう。落ち着いた雰囲気に見せつつ、ねじりを入れて華やかに。40代でも挑戦しやすいアレンジです」(MAGNOLiAデザイナー・KAYOさん)

アレンジ前

STEP1:耳前とそれ以外の髪に分ける

耳上の髪と耳後ろの髪をざっくりと取る。

STEP2:後ろの髪を束ねてゴムで結ぶ

結ぶ位置を高くすると若づくりに見えるので、高すぎない位置で結んで。

STEP3:頭頂部の毛束を細かく引き出す

結んだ髪のゴムを持って、頭頂部を中心に毛束を細かく引き出していく。

STEP4:耳上の髪をふたつに分けてねじる

根元から毛先までしっかりとねじる。

STEP5:ねじった髪の毛束を引き出してゴムで結ぶ

ねじった髪の表面の髪をつまんで細かく引き出す。ゴムで結ぶ前に毛先から根元に向かって毛束を引き出すと引っ張りやすい。

STEP7:ねじった髪を後ろで結んだ髪のゴムに巻きつけて、ピンで止める

後ろで結んだ髪のゴムを隠すようにねじった髪を巻きつける。ピンで留めれば完成。

つまんだ毛束の量が多いと頭が大きく見えることも。毛束を引き出すときは〝塩ひとつまみ〟くらいのイメージで、細かく引き出してみてください。

オバさんっぽいひとつ結びは卒業!上品で優雅な大人のまとめ髪、これが正解

艶っぽさとかわいさが両立!後れ毛アレンジ

■艶っぽく見える「後れ毛アレンジ」9ステップ
完成
サイド
バック

STEP1: 逆毛を立てて根元から髪を立たせる

頭頂部の髪をざっくりと取って、コームで根元に逆毛を立てる。毛束の中間から根元に向けて数回コームを動かして。

STEP2: 逆立てた髪の根元にスプレーをする

立たせた根元をハードスプレーで固める。これで頭頂部に高さが出る。

STEP3: 髪の毛を上下に分ける

耳上の高さを目安に髪を上下に分ける。

STEP4:こめかみともみあげの後れ毛を引き出す

こめかみともみあげの後れ毛は、結ぶ前に引き出しておく。量は写真を参考に、ほんのひとつまみ分だけ!

STEP5:上の髪の毛をゴムで結ぶ

ゴムでしっかりと結ぶ。

STEP6:結んだ上の髪の毛と下の髪の毛をまとめて、ひとつ結びにする

上の髪と同じ位置で結ぶのが理想。この時に、うなじと耳後ろの後れ毛を引き出しておく。

STEP7:ゴム周りの毛束を引き出す

ゴム周りの髪を全方位へ引き出す。ゴムを中心に8箇所、上下左右均等に髪の毛を引き出すとバランスが取れる。

STEP8:さらに頭頂部とサイドの髪を引き出す

頭頂部とサイドの髪は、プロセス8で引き出した毛束の間の髪を4箇所引き出すのが理想。

STEP9: ゴムに髪を巻きつけてピンで留める

結んだ髪から毛束を取り、ゴムを隠すように巻きつけてピンで留める。

艶っぽく見える!40代の「後れ毛アレンジ」のやり方9ステップ

簡単で可愛いまとめ髪のアレンジ方法


簡単!3ステップでできるかわいいフレンチシニヨン

■3ステップでできる簡単フレンチシニヨン
ポイントは髪を上下に分けてまとめること。清潔感あるラフな大人の色気を実現!

ふんわりとフェミニンなシルエットの秘密は、髪を上下に分けること。上下それぞれをまとめることで、全体をキュッとひっつめた感じがなくなり、ラフな雰囲気のシニヨンに仕上がります。一見難しそうですが、ピンでうまく押さえていけば、こなれた感じにまとめることができますよ。

STEP1:アイロンで毛先にニュアンスを出し、髪を上下に分けブロッキング

(手順は左から右へ)

・まとめた毛先にニュアンスを出すため、アイロンをかけてカールをつけます。
・あごと耳上を結んだ延長線上で、髪を上下に分けてブロッキング。
・下の部分の髪をひとつにまとめ、時計回りに毛先までねじり上げていきます。

STEP2:ピンをうまく利用して、上下左右の髪を固定&ねじる

(手順は左から右へ)

・シニヨンを固定するように、周りからピンを差す。ここではアメリカピンを3本使用します。
・ブロッキングしていたトップの髪を下ろし、左右を交差させながら矢印の方向にねじり、上部をピンで留めます。
・トップの髪の左右を交差させてピンで留めた状態は、右端の画像のようなイメージです。

STEP3:ねじった毛先を束に入れ、残りはラフに留めて仕上げる

(手順は左から右へ)

・トップの髪をピンで合わせた位置から、ねじりながら写真のように上に持ち上げます。
・中央は、右手をくるっと反転させ円を描いた状能(その後毛先をねじった束の中に入れ込む)。
・ねじって円を描いた部分をピンで留めて固定し、残った毛先をシニヨンに絡めながらラフに留めたら完成です!

\まとめ髪の下準備のポイント3つ/

下準備が大切。

1:トップに逆毛を立ててボリュームと高さを出す。
2:結ぶ位置は耳上から指2本分上が目安。
3:毛先をカールして艶とまとまり感を出す。

この3つの下準備ポイントをおさえるだけで、ただのひとつ結びとは洗練度が歴然と違う、大人の女性の風格がただようまとめ髪にすることができます。

一見難しそうに見えるフレンチシニヨンも、上下それぞれをまとめることによって全体をキュッとひっつめた感じがなくなり、ラフな雰囲気に仕上がりました。ピンでうまく押さえていくことで、ふんわりとフェミニンなシルエットにまとめることができるのです。

ヘアピン1つ、たった3ステップでできる簡単フレンチシニヨン

クラシカルで清楚でかわいらしさもある大人のまとめ髪

完成
フロント
サイド
バック
アレンジ前

STEP1: 髪全体を低い位置でひとつ結びにする

髪の毛は手ぐしでざっくりと集めて。まとめたらゴムで結びます。

STEP2: ひとつ結びをくるりんぱする

ひとつ結びの中央に穴を作り、結んだ毛先を穴に通してくるりんぱする。

STEP3:くるりんぱした毛先を、2と同じ穴にもう一度通してピンで留める

くるりんぱした毛先を2と同じ穴にもう一度通して、ゴムの付近にピンで留める。

STEP4: まとめた髪から毛束を引き出す

お団子にした毛束から細かく毛束を引き出す。引き出しすぎると崩れるので、少しゆるっとさせる程度に出すのがポイント。

STEP5:こめかみに後れ毛を作る

こめかみの髪をひとつまみして引き出せば完成。

後れ毛はこめかみ部分にだけ作るのがオススメ。さりげなく上品で、色っぽい印象にも繋がります。後れ毛がパサついたり広がっていると、疲れた印象に直結してしまうので、オイルやシアバターをなじませて、みずみずしく仕上げてください。

上品ヘアの定番!若作りに見えない「ギブソンタック」の簡単やり方5ステップ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
TAGS: