【目次】

基本のベースメイク【図解】


基本のベースメイク・ファンデーションの塗り方の「5つのポイント」

メイク歴が相当長くなった40代・50代の女性は、もはやファンデーションを塗る手の動きはルーティーン化し、「我流塗り」になっていませんか? 艶肌メイクの基本、ベースメイク・ファンデーションの塗り方にも気を遣っていきましょう。

進化形ファンデーションでマイナス7歳肌を実現するための「塗り方」を学びます。
進化形ファンデーションでマイナス7歳肌を実現するための「塗り方」を学びます。

ベースメイクはカバー力こそ大事、という思い込みが「厚塗り肌」を招く原因。カバー力を高めるために、つい塗り重ねてしまいがちですが、今のファンデーションは光ワザに優れているので、むしろ少量のほうがベスト。

そもそも私たちの肌トラブルをすべて、パーフェクトに隠すファンデーションはありえないし、むしろカバー力は8割程度のほうが自然です。それよりも頬に艶を与えてメリハリ感をつくる、毛穴やシワを目立たせない、などいかに若々しい印象に仕上げるか?が肝心。

そのためには正解の使用量、しっかりと塗るところと薄く塗るところを把握すること、塗り始めの位置、指&スポンジ使い、仕上げのブラシ使いという5つの塗り方ポイントをもう一度、確認しておきましょう。

【POINT1】のびがいいので少なめで十分。一度に塗るのではなく、半顔ずつ塗ること

カバー効果を高めたいと、つい多めにとりたくなりますが、これが厚塗り、ムラづきの失敗のもと。何度も言いますがファンデーションのテクスチャーも粉体も進化しています。のびはいいし、光反射効果に優れ、薄くてもアラはしっかりと隠せますから、少なめで十分。

パフやスポンジにとる場合は半分くらい、リキッドなら米粒大をまず片頬、額、鼻の半顔に塗る。次にもう1度同じ量をとって、片頬、口元を塗り、その残った分でまぶたを塗る。足りなければ後から重ね足すこともできるので、まずは少量から始めて。

【半顔に使用する正解の使用量】
【クッションコンパクト】 最も厚塗りになる危険あり。パフの半分の量が最適。粉っぽさを回避するには、とる量を加減するのが最善策。特に目の下、口周りは乾きやすいので薄くのせること。
【クッションコンパクト】 最も厚塗りになる危険あり。パフの半分の量が最適。粉っぽさを回避するには、とる量を加減するのが最善策。特に目の下、口周りは乾きやすいので薄くのせること。
【リキッドタイプ】 少量でカバー効果あり。米粒くらいが適量。薄くのばすだけで十分なので、足りなかったら足す、くらいの少なさにしておくのが厚塗りにならないポイント。
【リキッドタイプ】 少量でカバー効果あり。米粒くらいが適量。薄くのばすだけで十分なので、足りなかったら足す、くらいの少なさにしておくのが厚塗りにならないポイント。
【パウダリータイプ】 ベッタリとつかないようにとる量はパフの半分以下。粉体量が増しカバー力が高くなったぶん、パフの広範囲にとってしまうとベッタリと多くついてしまうので注意。
【パウダリータイプ】 ベッタリとつかないようにとる量はパフの半分以下。粉体量が増しカバー力が高くなったぶん、パフの広範囲にとってしまうとベッタリと多くついてしまうので注意。

2回に分けて、半顔ずつ塗布

1回目は片頬、額、鼻を塗る。2回目は片頬、口周りを塗る。
1回目は片頬、額、鼻を塗る。2回目は片頬、口周りを塗る。

線で示したように、顔をふたつのエリアに分けて塗布を。シミ、くすみがカバーしきれなかったら、最後に重ねづけすればいいのではじめは少量を心がけて。

【POINT2】しっかり塗るところ、薄く塗るところ、塗らないところを知ること!

ファンデーションをキレイに塗る、というのは顔全体に均一の厚さで塗ることではありません。場所によって「しっかりと塗るところ」「薄く塗るところ」「塗らなくていいところ」があり、プロはそれを意識しているから、自然で美しい肌に仕上げることができるのです。

頬のいちばん高い位置はしっかりカバーして、艶感を強調。フェースライン、生え際は塗らない。それ以外の額、目周り、口周りはよく動いてヨレやすい場所なので、なるべく薄めに仕上げること。この法則を守るとメリハリ感まで生まれ、小顔効果も得られます。

生え際は塗らない、フェースラインは塗らない、ぼかすだけ。頬はしっかりと塗ってカバー、頬以外はなるべく薄く仕上げる。
生え際は塗らない、フェースラインは塗らない、ぼかすだけ。頬はしっかりと塗ってカバー、頬以外はなるべく薄く仕上げる。

【POINT3】どのタイプのファンデーションも塗り始めが肝心。頬骨の高い位置からのばす

頬骨の高い位置からのばす。
頬骨の高い位置からのばす。

ベースメイクを美しく仕上げるためには、ファンデーションをどこから塗り始めるのか、が重要。なぜなら最初につけたところに多くつくので、艶が欲しいところ、くずれにくいところから始めるべき。なので、塗り始めのスタート地点は「頬骨のいちばん高い位置」が正解です。

今までのファンデーションの塗り方の常識とされてきた「内側から外側」の方向で塗ってしまうと、目の下に厚くたまりやすく、ヨレやくずれの原因になるので、これが習慣化している人は、すぐに変えましょう。

額は眉間の少し上から放射状に生え際に向かってぼかしていくと自然だし、小鼻や口周りは厚塗りにせず、指やスポンジに余ったものを薄く塗ってヨレを防止。これに気をつけるだけで、長時間、メイクくずれが起こらず若々しい印象をキープできます。

【額のポイント】 眉間の少し上から放射状にのばしていく。額は表情で多く動く場所なので薄めに塗布を。また生え際にたまると厚塗りに見えるので、ぼかす程度に。
【額のポイント】 眉間の少し上から放射状にのばしていく。額は表情で多く動く場所なので薄めに塗布を。また生え際にたまると厚塗りに見えるので、ぼかす程度に。
【小鼻のポイント】 毛穴が目立つ小鼻部分は埋めるようになじませる。毛穴が広がっているので、ファンデーションを入れ込むように塗るのが正解。ただしくずれやすいので薄めに。
【小鼻のポイント】 毛穴が目立つ小鼻部分は埋めるようになじませる。毛穴が広がっているので、ファンデーションを入れ込むように塗るのが正解。ただしくずれやすいので薄めに。
【口元のポイント】 よく動く場所なので薄く指に余ったもので十分。特に口角下を明るくすると口角が引き上がって見える効果あり。なので塗り忘れやムラ塗りに気をつけて。
【口元のポイント】 よく動く場所なので薄く指に余ったもので十分。特に口角下を明るくすると口角が引き上がって見える効果あり。なので塗り忘れやムラ塗りに気をつけて。
<正しい塗り方の手順>

<STEP.1>頬骨の高い位置から中心に向かって放射状にのばしていく。
<STEP.2>そのまま、つけ足さずに額は眉間の少し上から、生え際に向かって放射状にのばし、鼻を塗る。
<STEP.3>ファンデーションをとり、反対側の頬を1と同じ方法で塗る。
<STEP.4>そのまま口周りを仕上げる。
<STEP.5>まぶたは残った分を塗布する。
<STEP.6>最後に指、またはスポンジでムラ付きしているところをならす。

【POINT4】グイグイと力まかせに塗らないこと。指、スポンジの使い方も気をつけて

時間がない朝は、とにかくファンデーションをすばやくのばしたい。だからといって皮膚が大きく動くほど、グイグイと力まかせに塗るのは厳禁。早くのばせるわけでも、カバー力が増すわけでもないし、その刺激の積み重ねが肌にダメージを与えている可能性も!

プロにメイクをしてもらうとわかるのですが、まるで羽根が触れるような、ソフトタッチが基本。プロ並みの仕上がりを目指すなら、優しいタッチでスタンプ塗り、もしくはスポンジを滑らすのを心がけて。

クッションコンパクトはスタンプ塗り。みずみずしい感触なだけに、滑らすように塗ると肌に密着しない。軽くたたきながら密着させるのが正解。
クッションコンパクトはスタンプ塗り。みずみずしい感触なだけに、滑らすように塗ると肌に密着しない。軽くたたきながら密着させるのが正解。
リキッドタイプは第2関節までの指の腹を使用。指先で塗るとムラづきするので、なるべく広い面でトントンと塗布するのがコツ。のばすときも軽いタッチで。
リキッドタイプは第2関節までの指の腹を使用。指先で塗るとムラづきするので、なるべく広い面でトントンと塗布するのがコツ。のばすときも軽いタッチで。
パウダリータイプは軽いタッチで撫でる。グッと押さえつけるように塗るとムラづきに。スポンジで撫でるように塗ると、ふんわりと均一に塗布できる。
パウダリータイプは軽いタッチで撫でる。グッと押さえつけるように塗るとムラづきに。スポンジで撫でるように塗ると、ふんわりと均一に塗布できる。

【POINT5】ブラシでトントン、クルクル。このひと手間でより美しい仕上がりに

ブラシを使うと、指やスポンジよりもムラなく密着させることができるので、カバー効果を高めたいときの重ねづけに最適。特に毛穴カバーはブラシづけがベスト。下から上へと動かしやすく、クルクルと小さく円を描きながら塗布すると、下向きのたるみ毛穴にファンデーションを押し込むことができ、ふんわりと自然に隠すことができます。

さらに密着力も高まるので、メイクもちが格段にアップするのも利点。おすすめはクルクルと円を描くように塗布しやすい、下の3本のようなカット面が大きい、カブキブラシタイプです。

カバーしたいところはブラシを使ってトントンとおくように、毛穴が目立つところはクルクル重ねづけを。
カバーしたいところはブラシを使ってトントンとおくように、毛穴が目立つところはクルクル重ねづけを。

適量が多すぎる、塗る方向が違う!ファンデーションの「老ける塗り方」を見直す5つのポイント

艶肌メイクを持続!パウダーでの「メイク直し」


美しい艶肌を復活!簡単キレイな化粧直し「3つのステップ」

<STEP.1>メイク崩れした部分にコンシーラーをのせる

・皮脂浮きしやすい小鼻、涙目の影響を受ける目尻が、特にメイク崩れしやすい部分です。ここにチョンチョンとコンシーラーをのせていきます。

小鼻や目尻など、メイク崩れしやすい部分にコンシーラーをのせる
小鼻や目尻など、メイク崩れしやすい部分にコンシーラーをのせる。

<STEP.2>スポンジでトントンとたたき込み、なじませる

・強い力でぐいぐいとこすると、せっかくのコンシーラーがはがれ落ちてしまいます。皮脂や油分を吸着させる程度の、軽いタッチでなじませます。

コンシーラーがはがれ落ちないよう、スポンジを使い軽いタッチでなじませる
コンシーラーがはがれ落ちないよう、スポンジを使い軽いタッチでなじませる。

<STEP.3>Tゾーンと小鼻にフェイスパウダーを重ねる

・たいていの人は、夕方にもなればTゾーンと小鼻がテカっているもの。ティッシュで皮脂を押さえたあとに、フェイスパウダーをサッとのせると美肌印象が復活します。

Tゾーンと小鼻にフェイスパウダーをのせることで、美肌印象が復活!
Tゾーンと小鼻にフェイスパウダーをのせることで、美肌印象が復活!

夕方に美肌を復活!簡単キレイな化粧直しの3ステップ

「パウダーファンデーション」【おすすめ3選】

【1】コスメデコルテ 「AQ スキン フォルミング パウダーファンデーション」

スメデコルテ AQ スキン フォルミング パウダーファンデーション 全7色 各¥12,100 円 *レフィル、ケース、スポンジがセット <レフィル>7色 各\9,900 <ケース> \2,200円 *スポンジ付
コスメデコルテ AQ スキン フォルミング パウダーファンデーション 全7色 各¥12,100 円 *レフィル、ケース、スポンジがセット <レフィル>7色 各¥9,900 <ケース> ¥2,200円 *スポンジ付

肌にフィットし、ヨレやくずれを防ぎ、美しい仕上がりが持続。AQライン共通の美容成分も含まれているので、日中の乾燥ダメージから肌を守ってくれる効果も。

大人世代におすすめパウダーファンデーション5選【2019年春夏】|ツヤ肌、高いカバー力、小顔仕上がり・・・どれにする?

【2】SHISEIDO「シンクロスキン セルフリフレッシング カスタムフィニッシュ パウダーファンデーション」

SHISEIDO シンクロスキン セルフリフレッシング カスタムフィニッシュ パウダーファンデーション¥7,040(セット価格)
SHISEIDO シンクロスキン セルフリフレッシング カスタムフィニッシュ パウダーファンデーション¥7,040(セット価格)

しっとりとしたパウダーでフィット感が高く、表情の動きにも崩れず、リタッチが最小限ですみます。自然な光沢感で毛穴や小ジワの凹凸を目立たなくする効果も。しっかりカバーしたい場合は水ありでの使用がおすすめ!

【3】エレガンス コスメティックス「エレガンスファイン ヴェルヴェティファンデーション」

エレガンス コスメティックス エレガンスファイン ヴェルヴェティファンデーション¥6,600(セット価格)
エレガンス コスメティックス エレガンスファイン ヴェルヴェティファンデーション¥6,600(セット価格)

肌を補正することに特化したパウダーと艶と透明感を際立たせるパウダーの2種をセット。これらのパウダーが混ざり合うことで、薄膜なのに効率よく色ムラが消えてきめ細やかな素肌のような仕上がりが実現!

カバー力と透明感が続く!マスクに負けないノンストレスタイプの「パウダリーファンデーション」8選

「リキッドファンデーション」【おすすめ3選】


【1】ゲラン「レソンシエル」

肌が喜ぶ軽いつけ心地ながら、16時間持続するパーフェクトな仕上がりが魅力の天然由来成分97%の リキッド。肌を守りながら、肌を育ててくれる次世代型。ゲラン レソンシエル SPF20・PA+++ 全10色 30ml ¥7,700
ゲラン レソンシエル SPF20・PA+++ 全10色 30ml ¥7,700

ラグジュアリーブランドの代名詞ともいえる「ゲラン」から、天然由来成分97%の次世代型ファンデーションが誕生。肌が呼吸できる軽いつけ心地なのに、カバーしたい部分は隠してくれる、そんな大人肌にうれしい完璧な仕上がりが実現します。

さらにうれしいのは、肌の常在菌のバランスを整える有用成分を配合しているため、使うほどに肌バランスが良好になっていき、バリア機能も徐々に強化されていくのです。ということは、揺らぎにくく、乾燥しにくい健康的な肌が手に入っていくということ。

ファンデーションでありながら、このケア効果は見逃せません。肌に塗った瞬間から潤い、使い続けるほどに素肌がキレイになっていくと評判の注目の秀逸品なのです。

ゲランの次世代型リキッドファンデーション「レソンシエル」は、使うほどに肌が綺麗になっていくと評判!

【2】シュウ ウエムラ アンリミテッド ラスティング フルイド

軽くて、薄い感触で表情にもピタリと寄り添い、くずれない。シュウ ウエムラ アンリミテッド ラスティング フルイド SPF24・PA+++ 全24色 35ml ¥6,160
シュウ ウエムラ アンリミテッド ラスティング フルイド SPF24・PA+++ 全24色 35ml ¥6,160

肌色をのせるというよりも、自分の皮膚色をのせるという感覚のヌードな仕上がりが特長的なリキッド。薄くて軽い塗り心地は今までにない感覚。ピタッとフィットしてくれるので、ロングラスティング力も高く、とてもくずれにくいです。

塗るだけで「若見え肌」にアップグレードしてくれるファンデーション6選

【3】ディオール「ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ」

肌への密着感が高く、ハリ感や立体感を演出可能。パルファン・クリスチャン・ディオール ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ SPF35・PA++ 全8色 ¥6,600
パルファン・クリスチャン・ディオール ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ SPF35・PA++ 全8色 ¥6,600

肌の内側から発光しているかのような艶感と潤い感をもたらすリキッド。軽い質感のオイルをブレンドして配合しているため、ファンデーションののびがよく、くずれにくいのに艶のある仕上がりに。24時間持続する仕上がり感は働く女性の味方です。

塗るだけで「若見え肌」にアップグレードしてくれるファンデーション6選

「フェイスパウダー」【おすすめ5選】


【1】SUQQU「リタッチ プレスト パウダー」(左)

【2】ゲラン「メテオリット コンパクト」(右)

左/オレンジのリタッチパウダー×赤みのある4色で、血色感と艶を補うことができる秀逸品。SUQQU リタッチ プレスト パウダー 02 ¥7,150、右/あの名品『メテオリット』がコンパクトに。明るさと透明感を演出しつつ、テカリも防止。ゲラン メテオリット コンパクト 3 ¥8,140
左/UQQU リタッチ プレスト パウダー 02 ¥7,150 右/ゲラン メテオリット コンパクト 3 ¥8,140

化粧くずれをリタッチするときに、マットなプレストパウダーなどで直してしまうと、急に朝の肌感と変わってしまうことが。そこでオススメなのが、光感のあるプレストパウダーを使うこと。「ゲラン」は4つのシェードを混ぜることで明るさと透明感をオンでき、「SUQQU」は健康的で艶のある仕上がりがそれぞれかないます。

これさえあれば「若見え肌」に!最強の脇役ベースメイクアイテム11選

【3】コーセー「雪肌精 MYV フェイスパウダー」

キメ細かなパール入りの極上のパウダーが、雪のように透き通る肌に仕上げます。コーセー 雪肌精 MYV フェイスパウダー 02 ¥4,950
コーセー 雪肌精 MYV フェイスパウダー 02 ¥4,950

メイクの仕上げにフェースパウダーを軽くはたくことで、ツヤはあるのにきちんと感のある上品な仕上がりに。超微粒子のパールが入っているタイプで、光効果で肌に透明感と立体感が生まれます。

厚塗りは老ける!「5歳若く見える」透明美肌のつくりかた

【4】コスメデコルテ「フェイスパウダー」

コスメデコルテ フェイスパウダー 00 20g ¥5,500
コスメデコルテ フェイスパウダー 00 20g ¥5,500

シルクのようなタッチで、なめらかに溶け込むようになじむ軽やかなパウダー。ノンパールのトランスルーセントなのに、濡れたような艶感がキレイに演出できます。

フェイスパウダーをファンデーションの上に重ねると、どうしても粉っぽさや乾いてくるのを感じてしまうものですが、最高級のオーガニックシルクパウダーを採用して、保湿効果の高いアミノ酸でコーティングしたことで、しっとりと潤い続ける肌でいられるように。

これさえあれば「若見え肌」に!最強の脇役ベースメイクアイテム11選


※商品の価格はすべて税込です。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。