ほうれい線ができる原因と、ほうれい線を解消するエクササイズ&おすすめグッズをまとめた記事です。化粧品でケアをしているという方も、簡単なエクササイズと頼れるサポートグッズを取り入れて、より効果を高めましょう。

【目次】

ほうれい線を解消するエクササイズ


ほうれい線ができる原因とは?

ほうれい線や下がり口角などの「老け影」は、エイジングの代表的な悩み。ほうれい線の原因となるのは加齢だけでなく、姿勢の影響や肌の乾燥・ハリの低下など、毎日の表情やスキンケア、ライフスタイルがほうれい線の原因となっています。

そして口周りをはじめとする表情筋の衰えが、たるみやほうれい線などのしわをさらに定着させて「老け顔」を加速させることに。さらに、その顔の筋肉は首の筋肉や鎖骨にまでつながっています。肩が内側に巻いて猫背になっていたり、首が前に出ていたりと姿勢が悪くなると、体の前側の筋肉が縮んでしまいます。その影響で顔の筋肉まで下に引っ張られてしまうので、よりほうれい線が目立つ結果になるのです。

エクササイズによって顔の表情筋やその周りの筋肉を刺激し、少しずつでも固くなった筋肉をほぐしてリセットしてあげると、徐々にほうれい線が解消され、肌と筋肉にもハリと弾力が蘇るので、毎日こつこつほうれい線解消エクササイズを続けることが大切です。今回は、1日たったの5分でできる、忙しい人にも毎日続けられる簡単セルフケアをご紹介します。

「目&べろ回しエクササイズ」

口内からほうれい線の解消を目指すのが、「目&べろ回しエクササイズ」。口の中で舌を回すと、口の周りにある口輪筋がダイレクトに刺激でき、血流がアップします。

また同時に目も回すと、口輪筋とつながっている目の周りの眼輪筋も鍛えられ、しわやたるみの出やすい口元&目元を一緒に効率よく改善可能になります。さらに、口内の唾液の分泌も促され、口腔内の健康にも役立って一石二鳥です。

1:眼球と舌を同時に1周させる

眼球と舌を同時に1周させる
眼球と舌を同時に1周させる

姿勢を正して座り、顔を正面に向けます。舌先を上唇と歯茎の間にしっかりと入れ、眼球と一緒に舌をゆっくりと1周させます。時計回りと反時計回りを各3回、行ってみてください。

2:口角の斜め上を舌で3秒押す

舌先で内側から押す
舌先で内側から押す

2時と10時の方向に筋肉のつなぎ目があり、血流が悪くなりがちなので、その場所のみ1周させる途中で、3秒間舌先で押し続けます。

3:首の筋肉を優しくさする

クールダウン
クールダウン

舌を動かし続けると首のあたりまで負荷がかかるので疲労感を覚えるもの。耳の下あたりから首の前側まで数回優しくさすり、クールダウンしておきましょう。

「舌スイングエクササイズ」

「舌スイングエクササイズ」は、舌を思いっきり出し、虹を描くようにスイングさせるエクササイズ。舌の根元はあごの組織とつながっているため、舌を出して動かすことであごまでも鍛えられるのです。すると、自然とフェイスラインのもたつきもすっきり解消! しかも、口角から鎖骨につながる筋肉もしっかり伸ばせるので、年齢とともに気になる首のしわにも効果てきめんです。

1:舌をしっかり伸ばして左右にスイング

左右にスイングを8回
左右にスイングを8回

両手を胸の前でクロスさせ、首の前側を伸ばして反らせます。

2:舌を出してスイングを8回繰り返す

舌を思いっきり出し、目とともに虹を描くようにスイングさせます。8回行ったら舌を引っ込めて正面を向き、手を下ろしましょう。

「振り子ケア」

顔をたるませている顔の筋肉は、首の筋肉や鎖骨にまでつながっています。肩が内側に巻いて猫背になっていたり、首が前に出ていたりと姿勢が悪くなると、体の前側の筋肉が縮んでしまいます。その影響で顔の筋肉まで下に引っ張られてしまうのです。首の筋肉や鎖骨にまでアプローチできる「振り子ケア」をすれば、口角が上がり、ほうれい線が薄くなるのを実感できますよ。

1:頬を包むように手のひらを添える

振り子ケア 頬を包むように手のひらを添える
振り子ケア 頬を包むように手のひらを添える

頬にある咬筋などを包むようにして手のひらで優しく触れ、耳たぶの付け根を指先で挟むようにしておきます。

2:内側に入った肩を外へと開く

肩を外へと開く
肩を外へと開く

1の状態のまま、内側に巻いてしまっている肩を反対に返すようにして開き、手のひらが外側に向くようにします。そして右手のひらに頭の重みを預けて力を抜きます。

3:腕を前後に優しく揺らす

腕を前後に優しく揺らす
腕を前後に優しく揺らす

耳から左の親指までが1本のロープでつながっているようなイメージで、深呼吸をしながら前後に小さく揺らします。深呼吸を4回行う間、揺らし続け、反対も同様に行ってください。

4:脇から胸を持ち上げ、腕を揺らす

脇から胸を持ち上げ、腕を揺らす
脇から胸を持ち上げ、腕を揺らす

肋骨の空間が前に倒れているのを正すように、脇腹から胸を持ち上げるようにして手のひらを優しく当てます。そして2・3と同様に肩を開き、深呼吸しながら腕を小さく揺らします。反対も同様に行いましょう。

顔ヨガ「おいしい顔」

ほうれい線やたるみを解消するなら、毎日の「顔ヨガ」も効果てきめん。ほうれい線に意識を向けながら、顔の筋肉を動かしましょう。口角もアップして表情もより豊かに、美人印象が格段にアップします。顔ヨガ講師の間々田佳子さんが実際の正しい顔の動きを教えてくれました。

顔ヨガ「おいしい顔」は、口角挙筋(こうかくきょきん)・舌筋を使用して口角アップ。きれいな笑顔になるエクササイズです。

1:目線を上に、口角を上げて笑顔をつくる

目線を上にして口角を上げる
目線を上にして口角を上げる

目線を少し上にして、口角を上げて笑います。上の歯が8本見えているように。舌を出して舌先は小鼻を舐めるように上に向けます。

2:舌先を上げたまま、左右に移動して3往復

おいしい顔 右
おいしい顔 右
おいしい顔 左
おいしい顔 左

舌先を上げたまま、左右の口角に移動。舌で唇を舐めないよう、しっかり外に出して。3往復しましょう。

顔ヨガ「ムンクの顔」

下眼瞼筋(かがんけんきん)を鍛えて、ほうれい線や目の下のむくみ、たるみ解消、目のクマ軽減や小顔効果も。顔全体をストレッチしてほぐしてくれます。

1:口を「お」の形にして鼻の下を伸ばす

口を「お」の形に
口を「お」の形に

口を「お」の形にして鼻の下を伸ばします。ほうれい線が消えるように口を小さくすぼめます。

2:目線を上げて目の下の伸びを感じる

目線を上げる
目線を上げる

顔はそのままで目線だけ上げます。天井を見るようにして目の下の伸びを感じます。

目線を上げたときに額にしわが入らないように気をつけましょう。額にしわが入ってしまう場合は、手で押さえて行いましょう。

簡単にできる!ほうれい線を解消するエクササイズ7選

「スマイル筋ストレッチ」

まず、鏡を見ながら笑ってみてください。自然な美しい笑顔がつくれていますか? アンチエイジングデザイナーの村木宏衣さん曰く、好印象を与える美しい笑顔とは上唇をしっかりと上げて前歯が8本しっかりと見えている状態。

口角を横に広げるだけだったり、下の歯しか見えていなかったりしているならば、上唇を持ち上げる筋肉(上唇挙筋、上唇鼻翼挙筋)が硬化している証拠。解決策は、上唇が自然にキュッと持ち上がるように、この筋肉をストレッチすること。

上唇挙筋、上唇鼻翼挙筋の弾力が復活することで、上唇がめくれて持ち上がり唇がふっくら。頬もキュッと持ち上がるのでほうれい線解消や小顔効果にも。顔全体の若返り効果も高いのでおすすめですよ。

筋肉をとらえて「えおえお」と口を大きく動かす

「え」では、小鼻を膨らませるようにして前歯をしっかりと見せる、「お」のときは、鼻の下をしっかりと伸ばして。
「え」では、小鼻を膨らませるようにして前歯をしっかりと見せる、「お」のときは、鼻の下をしっかりと伸ばして。

人さし指と中指で小鼻の横の筋肉をとらえ、しっかりおさえたら、「え」の口の動きで前歯8本をしっかり見せる(写真左)。次に「お」の口の動きで鼻の下をしっかり伸ばす(写真右)。

このように押さえた筋肉の伸び縮みを感じながら「え、お、え、お」と口を大きく動かすことを10セット繰り返す。さらにこの位置から上に向かって少しずつずらしながら、目の下まで計4か所、同様に行いましょう。

このように筋肉をとらえながら行うことで、筋肉の奥のリンパが流れて、筋肉に弾力が戻ってきます。

マスク生活で口角が下がっていませんか? 笑顔美人になるスマイル筋ストレッチのすすめ

「耳ほぐしマッサージ」

口角を上げて笑顔をつくる、頬を持ち上げる表情筋(大頬骨筋、小頬骨筋)と耳周りの筋肉(前耳介筋、後耳介筋、上耳介筋、など)や咬む筋肉(咬筋)は機能的に連結をしています。これらが劣化して硬くなると、たるみが起こる、頬の肉が下がるなど、ほうれい線がどんどん深くなってしまいます。

ほうれい線ができると、シワケアと同様にその部分に美容液やクリームをたっぷりとすりこんでどうにかしよう、と思いがちですが、それでは効果なし。皮膚だけの問題ではなく、耳周りの筋肉、咬筋が硬くなることが大きく影響しているのだから、この筋肉をほぐしてハリを復活させることが得策です。

このメソッドは耳を手で覆い、外回しに円を描くようにマッサージするだけ。まずは片側だけやってみると、反対側と比べで明らかにフェースラインが変わっているのが一目瞭然! さらに耳周りにはリンパも集中しているので、マッサージすることでむくみ解消に。小顔効果も絶大ですよ。

1:手を軽く丸めて、耳全体を覆うように当てる

少し圧をかけるくらいの力加減で覆いましょう。片側ずつでも、両側同時に行ってもどちらでもOK。
少し圧をかけるくらいの力加減で覆いましょう。片側ずつでも、両側同時に行ってもどちらでもOK。

これが基本の位置。親指の付け根がエラの位置で、人さし指、中指、薬指、小指の4本の指が耳を覆い、手のひらでフェースラインを押さえましょう。

2:外回しに円を描くように手を動かす

食いしばりがクセになっている人は、噛み合わせ位置からフェイスラインにかけて走っている咬筋が固まりがち。口を軽く開けることで、その筋肉が緩みやすくなります。
食いしばりがクセになっている人は、噛み合わせ位置からフェイスラインにかけて走っている咬筋が固まりがち。口を軽く開けることで、その筋肉が緩みやすくなります。

1の状態から、外回しに15回、円を描くようにマッサージします。このとき、ぽかんと軽く口を開けましょう。人さし指、中指、薬指、小指の腹で耳周りの筋肉をほぐし、手のひらで咬筋とフェースラインをマッサージする感じで行って。

たった10秒で完了! ほうれい線を消して小顔になる、簡単「耳ほぐし」マッサージとは?

「深層リンパケア」

ほうれい線の対処法としてはまず、アンチエイジングコスメで真皮をしっかり立て直すことが重要です。その上で、マッサージを取り入れましょう。クリームを塗ったあとさらにその効果を上げるコツをご紹介します。

筋肉と同じ深さにある深層リンパを流し、コスメがより効きやすい肌に整えていく方法です。深層リンパは、筋肉が硬くなると流れづらくなります。そこで、使いすぎていて硬くなっている筋肉をほぐし、使えていない筋肉を刺激してリフトアップへと誘導していきます。

多くの人が使いすぎなのが、大頬骨筋と小頬骨筋。逆に使えていない筋肉が上唇挙筋と上唇鼻翼挙筋。この使えていないふたつの筋肉が頬を持ち上げる役割を果たしています。下のマッサージを2週間も続けると、ほうれい線が薄くなるのを実感できるはず。肌の奥からパンとしたハリ感が出てきます。

1:食いしばりの「凝った筋肉」をほぐす

食いしばりの凝った筋肉をほぐす
食いしばりの凝った筋肉をほぐす

リラックスして、口の力を抜き、半開きに。手をグーにして、下の点の部分におき、自然な呼吸をしながら、1か所につき、外回しを10回行いましょう。このとき、肩や首に力が入らないように気をつけてください。

かみ合わせの部分(頬骨の下あたり)から下に向かって3か所ほど行いましょう。その後、口角の下あたりにある筋肉もほぐしておくこと。すると、口角の下がりも解消できます。
かみ合わせの部分(頬骨の下あたり)から下に向かって3か所ほど行いましょう。その後、口角の下あたりにある筋肉もほぐしておくこと。すると、口角の下がりも解消できます。

2:鼻の下の伸びた筋肉を縮める

鼻の下の伸びた筋肉を縮める
鼻の下の伸びた筋肉を縮める

「口輪筋」という、口をぐるっと囲んでいる筋肉に対し、垂直になるように指2本をおき、指を小さく上下させて、筋肉を刺激しましょう。10往復繰り返して。この筋肉に弾力が戻るとほうれい線が薄くなります。

鼻の下あたりから口角に向かって4か所くらい行いましょう。両手で同時に行い、中央から口角に向かって移動させてください。
鼻の下あたりから口角に向かって4か所くらい行いましょう。両手で同時に行い、中央から口角に向かって移動させてください。

3:ほうれい線をつくるコリをほぐす

ほうれい線をつくるコリをほぐす
ほうれい線をつくるコリをほぐす

人さし指でカギ形をつくり、ほうれい線の始まり部分から横に小さくスライドさせましょう。10往復行ってください。顔の内側から外側に向かって移動させながら、同様に行っていくことがポイント。骨をほぐすようなイメージでやってみましょう。

ほうれい線の始まりから頬骨の上まで、縦に4か所。さらに顔の内側から外側に少しずつずらしながら、4か所くらい行いましょう。外側のほうがより凝っているのでしっかり行ってください。
ほうれい線の始まりから頬骨の上まで、縦に4か所。さらに顔の内側から外側に少しずつずらしながら、4か所くらい行いましょう。外側のほうがより凝っているのでしっかり行ってください。

4:リンパを流してすっきりシャープにする

リンパを流してすっきりシャープにする
リンパを流してすっきりシャープにする

しっかりほぐし終わったら、人さし指でカギ形をつくり、最後に頬骨の下に沿わせながら、耳たぶの下を通り、鎖骨までリンパを流していきましょう。最後にコレを行うか否かで、顔のスッキリ感が違ってきます。

頬骨の下や耳の周りは、リンパがたまりやすく、滞りやすい部分。流す途中の耳の前で止まり、圧をかけてから、次の位置まで流すのがオススメ。鎖骨も最後に圧をかけておきましょう。
頬骨の下や耳の周りは、リンパがたまりやすく、滞りやすい部分。流す途中の耳の前で止まり、圧をかけてから、次の位置まで流すのがオススメ。鎖骨も最後に圧をかけておきましょう。

真皮がふっくら弾力アップ!2週間で「ほうれい線が薄くなる」簡単マッサージ

ほうれい線エクササイズと合わせて取り入れたいおすすめグッズ


■パナソニック「ドレナージュ美顔器温感かっさ EH-SP20-P」

パナソニック ドレナージュ美顔器温感かっさ EH-SP20-P ¥20,000(編集部調べ)
パナソニック ドレナージュ美顔器温感かっさ EH-SP20-P ¥20,000(編集部調べ)

「これは温熱&振動機能が搭載されていて、むくみやコリが気になる部分に当てるだけで簡単にケアできます。絶妙なカーブラインがフェイスラインやほうれい線、側頭筋などあらゆるパーツにフィットしてくれて、頑張らなくても簡単に綺麗が叶います!」(ヘア&メイクアップアーティスト・小田切ヒロさん)

本当の美人は「頑張っていない」という真実。頑張らなくても手に入る美しさとは?

■ReFa(リファ)「ReFa CAXA RAY(リファカッサレイ)」

「ReFa CAXA RAY(リファカッサレイ)」¥23,800(税抜)
「ReFa CAXA RAY(リファカッサレイ)」¥23,800

360°マルチアングル構造のローラーが肌を深くつまみ流し、たるみケアに効果的と定評のある美顔ローラー「ReFa」ブランドから、新たに「ReFa CAXA RAY(リファカッサレイ)」が登場。

顔のたるみの原因のひとつで、皮膚を支える土台と言われている「SMAS筋膜」(顔面の皮膚の下にあり、顔の構造を正しく支えている繊維状の筋膜)を中心に、表情筋、皮下脂肪、血流・リンパの複合的なアプローチに着目した、カッサのような形状が特長的です。

すくい上げてつまみ流す美顔器「リファカッサレイ」で、「顔のリフトアップ」と「ほうれい線ケア」が実現

■アーティスティック&シーオー「ドクターアリーヴォザベガス」

左/5種の植物幹細胞エキスを配合した専用美容液 。P.E. ザ ベガス 30ml ¥8,000、右/「ミス アリーヴォ ザ ベガス ツー」¥59,800
左/5種の植物幹細胞エキスを配合した専用美容液 。P.E. ザ ベガス 30ml ¥8,000、右/「ミス アリーヴォ ザ ベガス ツー」¥59,800

筋肉の運動性を高める新機能のHI-MFIPやMFIP、肌のコンディションを整えるウルトラパルスを3秒ずつ交互に出力することで、肌深部を温め、血流を促進。

さらに赤色LEDが肌を活性し、EMSがフェイスラインを整えます。肌細胞が活性化し、コラーゲンなどの生成を活発化。中・高周波が肌を温めてエイジング効果が期待できます。

顔全体はもちろん、目じりのシワ、ほうれい線、小鼻などの細かい部分もケアできるのも魅力。

ARTISTIC&CO.(アーティスティック&シーオー)の美顔器は「素肌力が高まる」と話題です

■パナソニック「RF美顔器」

【種類:超音波/ラジオ波】フェースラインやほうれい線、目元、頬、口元などのエイジングサインの気になる部分を心地よい温感とともにリフトアップ。海外でも使用可。パナソニック RF美顔器 EH-SR72 ¥43,000前後(編集部調べ)
【種類:超音波/ラジオ波】フェースラインやほうれい線、目元、頬、口元などのエイジングサインの気になる部分を心地よい温感とともにリフトアップ。海外でも使用可。パナソニック RF美顔器 EH-SR72 ¥43,000前後(編集部調べ)

美容クリニックでも使われている1MHzの高周波(ラジオ波)と超音波のマリアージュで肌を引き締める、「パナソニック」最新の本格派美顔器。

ラジオ波と超音波を1秒ごとに出力することで、まんべんなく肌の奥まで刺激を送ることが可能に。1回の使用でも、頬のハリ感、フェースラインの引き締まり感が実感できると、早くも人気のアイテムです。

1台4役以上で全方位ケアが可能!美容のプロが注目する「美顔器」6選

■ビューテリジェンス「NEWA リフト プラス」

【種類:ラジオ波】週に数回、1回8分のケアでリフトアップがかなう本格派コードレス美顔器。皮膚科医が科学的根拠に基づいて検証。最高峰のホームケアでたるみ解消へ。ビューテリジェンス NEWA リフト プラス ¥68,800(NEWA リフト用アップジェル、充電プラグ、保管用ポーチ付き)
【種類:ラジオ波】週に数回、1回8分のケアでリフトアップがかなう本格派コードレス美顔器。皮膚科医が科学的根拠に基づいて検証。最高峰のホームケアでたるみ解消へ。ビューテリジェンス NEWA リフト プラス ¥68,800(NEWA リフト用アップジェル、充電プラグ、保管用ポーチ付き)

世界的医療機器メーカーがこだわり抜いて本気で開発したのが『NEWA』。サブマイクロ波(ラジオ波)を用い、目的をリフトアップにのみ絞って、高効果を上げることに徹した名品中の名品です。

即効的な効果実感はもちろん、継続的に使うと、肌の内側からパンとしたハリ感が生まれ、フェースラインのもたつきやほうれい線が目立たなくなるというデータもそろっています。

また、くすみが改善され、肌色が明るくなる効果も。そのほかにも、安全性が高く、コードレスで使いやすいと定評があり、たるみ解消を狙い撃つなら、迷わず手にとってほしい一品です。

医師も驚くその効果!たるみ解消を狙い撃つなら「NEWA リフト プラス」

■ヤーマン「メディリフト」

【種類:EMS】年齢を感じさせる顔の下半身を引き締めるウェアラブル美顔器。肌に優しくフィットし、しっかりとあご下から持ち上げてくれる頼もしさが。お休み前のリラックスタイムにお茶を飲みながら、読書しながらトライしてみて。ヤーマン メディリフト ¥25,000
【種類:EMS】年齢を感じさせる顔の下半身を引き締めるウェアラブル美顔器。肌に優しくフィットし、しっかりとあご下から持ち上げてくれる頼もしさが。お休み前のリラックスタイムにお茶を飲みながら、読書しながらトライしてみて。ヤーマン メディリフト ¥25,000

年齢とともに頬の位置や口角が下がったり、ほうれい線ができたり、二重あごになったりと、顔の下半分にたるみのサインが出てきがち。なぜかといえば、顔には表情筋と呼ばれる30種類以上の筋肉があり、これらの筋肉が使えていないと衰えてしまうから。

でも、いくつになっても筋肉は鍛えることができるもの。とはいえ、すべてを鍛えればいいわけでもなく、リフトアップのために鍛えたい筋肉、鍛えてはいけない筋肉をきちんと分け、装着するだけで表情筋の筋トレができるのが、この『メディリフト』。しかもつけているだけだから簡単。なのに、5歳若返ったかのようにリフトアップが実現。

リフトアップの名品といえば!顔下半分の筋トレが簡単にできるヤーマン「メディリフト」


※商品の価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。