【目次】

簡単にできる!「ミディアム」のヘアアレンジ【19選】


【1】くるりんぱで作る、簡単「ハーフアップ」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

パサつきやすく、すぐにペタッとなってしまうモデルさんの髪。「うねりやすい、クセが強いという方は、髪質をそのまま生かすことができるので、特にこのスタイルはおすすめです」(Rougyヘアデザイナー・江良 栞さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:両耳の先端を結んだあたりから髪をまとめ、ゴムで留める

 
髪をまとめたら、もみあげの上あたりの低い位置でゴムで束ねる。
髪をまとめたら、もみあげの上あたりの低い位置でゴムで束ねる。

■2:ゴムの結び目の上で、毛束を2つに分けて輪っかをつくる

「くるりんぱ」をするために、結び目の根元に輪っかをつくる。
「くるりんぱ」をするために、結び目の根元に輪っかをつくる。

■3:輪っかに毛束を通す

毛束の毛先から輪っかに通す。
毛束の毛先から輪っかに通す。

■4:緩んだ結び目を締めるように毛束を左右に引っ張る

毛束の根元近くを持って、左右に引っ張ること。
毛束の根元近くを持って、左右に引っ張ること。

■5:結び目を抑えながら、頭頂部の髪を少しつまんで引き出す

中央だけでなく、右、左と鏡を見ながらまんべんなく引き出す。
中央だけでなく、右、左と鏡を見ながらまんべんなく引き出す。

■6:ワックスを両手のひらになじませ、毛先を握ってカールをつける

ミルクタイプのワックスをなじませた手で、毛先をくしゅくしゅと握りながらクセをつける。
ミルクタイプのワックスをなじませた手で、毛先をくしゅくしゅと握りながらクセをつける。

「うねりやすくクセがあるので、束ねるプロセスから入りましたが、直毛で硬い髪質の方は、カールアイロンで髪の中間から毛先にかけて巻いておくと、アレンジしやすいですよ」(江良さん)

Rougyヘアデザイナー・江良 栞さん。最近、お弁当づくりにハマっているとか。「コンビニ弁当から卒業したくて、健康のために始めました」
Rougyヘアデザイナー・江良 栞さん。最近、お弁当づくりにハマっているとか。「コンビニ弁当から卒業したくて、健康のために始めました」

うねりもパサつきも解消!高級感ある「ハーフアップ」のつくりかた

【2】くるりんぱで簡単!ボリューム不足を解消する、大人の「ハーフアップ」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「結び目から髪を引き出しているので、根元から髪を立たせるスタイルよりも、頭頂部のふんわり感が長持ちします。また、彼女は白髪の量が多いのですが、このスタイルは分け目がなく、フェイスラインや地肌が見えにくいので、白髪をカバーすることもできます」(Double副店長・西村光太郎さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:頭頂部の髪をとり、両サイドの耳の先端を結んだラインの高さに結ぶ

毛量によって個人差がありますが、束ねる髪は直径1㎝を目安に。
毛量によって個人差がありますが、束ねる髪は直径1㎝を目安に。

■2:束ねたゴムを抑えながら、頭頂部の髪を引き出す

2~3㎜のごくわずかな毛束をつまんで、束ねた部分からまんべんなく10ヶ所位を目安に髪を引き出す
2~3㎜のごくわずかな毛束をつまんで、束ねた部分からまんべんなく10ヶ所位を目安に髪を引き出す

■3:両サイドの耳の上にかかる髪を束ねてゴムで結ぶ

サイドの髪を束ねたら、最初に結んだゴムとほぼ同じ高さに結び目がくるように束ねる。
サイドの髪を束ねたら、最初に結んだゴムとほぼ同じ高さに結び目がくるように束ねる。

■4:3で束ねた結び目の間から、サイドの髪を束ねた毛束を通す

結び目の間にサイドをまとめた毛束を通す「くるりんぱ」をする。
結び目の間にサイドをまとめた毛束を通す「くるりんぱ」をする。

■5:毛束を左右から引っ張り、結び目のゆるみを締める

「くるりんぱ」をした根元を締めるように、サイドの髪を束ねた毛束だけを左右に引っ張る。
「くるりんぱ」をした根元を締めるように、サイドの髪を束ねた毛束だけを左右に引っ張る。

「くるりんぱをすることで、後頭部にも立体感が生まれます。簡単なアレンジなのに、正面はもちろん、サイド、後ろ姿、どの方向から見てもスタイルにメリハリができるんですよ」(西村さん)

Double副店長・西村光太郎さん。「ドラムが趣味で、サロンのスタッフたちとバンドを組んでいます。曲はニール・ヤングのカバーが中心です」
Double副店長・西村光太郎さん。「ドラムが趣味で、サロンのスタッフたちとバンドを組んでいます。曲はニール・ヤングのカバーが中心です」

髪のボリュームが少ない人を救うハーフアップ・アレンジ術

【3】簡単にできる、大人のための「洗練ポニーテール」

頭頂部にボリュームを、毛先に動きを
頭頂部にボリュームを、毛先に動きを

トップにボリュームを出し、毛先に艶と動きを出すことで、シンプルなポニーテールが、知的で清潔感が漂うスタイルにバージョンアップされます。きちんと下準備したぶん、髪をまとめるときは手グシでザクッとまとめることが、ラフさやこなれ感を生み出す秘訣です。

<スタイリング方法>

■STEP1:前髪の後ろ~後頭部を3つにブロッキングし、逆毛を立てる

(手順は左から右へ)
(手順は左から右へ)

■まずは太めのヘアアイロンで、髪の中央から毛先にかけて、挟んでスッと引っ張るようにして毛先を軽くカールする。こうすることで、髪に艶が蘇ります。
■前髪の後ろから後頭部までを3ブロックに分ける。根元から10cmくらいまでハードスプレーをかけ、上下に何度かコームを動かし、逆毛を立てていきます。
■後ろから前のブロックへと順に逆毛を立てていき、いちばん後ろの3つめのブロックは逆毛を立てた状態です。こうすることでトップがふんわりとなります。
■小指を小刻みに左右に動かしながら、ジグザグの分け目をつくる。分け目をはっきりさせないことで、無造作でこなれた雰囲気が生まれます。

■STEP2:ボリュームを出した髪を、サイドからひとまとめに

(手順は左から右へ)
(手順は左から右へ)

■ふんわりとしたボリューム感を出すために、サイドや襟足の根元に、内側から全体にまぶすようにざっとハードスプレーをかけていきます。
■髪をまとめる前の下準備が完了した状態。このくらい、立ち上がりやふんわりしたボリューム感を出すことが大前提です。
■手指を大きく開き、手グシでサイドから後ろへザクッと髪をひとまとめにする。まとめる位置は、耳上の延長線上から指2本分上の位置がベストです。
■まとめた髪を片手で押さえながら、もう一方の手で、トップの毛束を上に引き上げボリュームを出す。形が決まったらゴムで結びましょう。

■STEP3:前髪はキープ、トップの毛束を上に引き上げる

(手順は左から右へ)
(手順は左から右へ)

■前髪を毛の流れを生かしながらサイドに流し、ハードスプレーでキープさせる。べったりとタイトにしないのが、 このスタイルのポイントです。
■もう一度、ゴムの結び目を押さえながらトップの毛束を少しつかんで上に引き上げる。高さが出ることで小顔効果も期待できます。
■結んだ毛の上部から、少し毛束を取って、ゴムを隠すように根本にくるりと巻き付けていきます。
■アメリカピンを、ポニーテールの根元にグッと差し込むようにして、巻いた毛先を留め、ハードスプレーで固定する。ゴムが隠れることで洗練度がアップします。「洗練ポニーテール」の完成。

簡単にできる「大人のポニーテール」のつくり方

【4】白髪を目立たせない、大人の「ポニーテール」

 
 

「生え際をカバーするように束ねた髪から後れ毛を引き出すと、結び目がゆるんでしまうことも。毛束を上下2つに分けてから1つに束ねておくと、結び目がゆるみにくくなります」(FIX-UP銀座店 ヘア&メイクアップアーティスト・高橋紀衣さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:耳の先端より下の毛束を1つに束ねる

耳を堺にして上下の毛束に分け、まず、耳より下の毛束を1つにまとめる
耳を堺にして上下の毛束に分け、まず、耳より下の毛束を1つにまとめる

■2:耳の先端より上の毛束と下の毛束を1つにまとめる

耳より上の毛束を束ねるとき、下の毛束と一緒にゴムでまとめる。
耳より上の毛束を束ねるとき、下の毛束と一緒にゴムでまとめる。

■3:結び目を抑えながら、ひとつまみずつ毛束を引き出す

後頭部から7~8か所を目安に、毛束をひとつまみずつ引き出す。
後頭部から7~8か所を目安に、毛束をひとつまみずつ引き出す。

■4:生え際が隠れるように耳より前の髪を引き出す

特に白髪が目立つこめかみ付近の髪を引き出すのを忘れずに。
特に白髪が目立つこめかみ付近の髪を引き出すのを忘れずに。

■5:耳より前の髪は中間から毛先にかけて内巻きに

毛束をひとつまみずつ、カールアイロンで内巻きにする。
毛束をひとつまみずつ、カールアイロンで内巻きにする。

■6:巻いた毛束にヘアオイルをなじませる

毛束の中間から毛先にかけてオイルをなじませる。
毛束の中間から毛先にかけてオイルをなじませる。

■7:ゴムを隠すように結び目にヘアアクセサリーを装着

お好みのヘアアクセサリーを結び目につけてゴムを隠す。
お好みのヘアアクセサリーを結び目につけてゴムを隠す。

「顔周りの生え際を隠すだけで、白髪はまったく気にならなくなります。こめかみあたりを隠しておくと、白髪カバーだけでなくフェイスラインをキュッと引き締める効果もあるので、ぜひお試しください!」(高橋さん)

FIX-UP銀座店 ヘア&メイクアップアーティスト・高橋紀衣さん。今、ハマっているのがピクルスづくり。「夏バテしたのがきっかけで始めました。今度はぬか漬けにチャレンジしたいですね」
FIX-UP銀座店 ヘア&メイクアップアーティスト・高橋紀衣さん。今、ハマっているのがピクルスづくり。「夏バテしたのがきっかけで始めました。今度はぬか漬けにチャレンジしたいですね」

白髪が目立たない「大人のポニーテール」のコツとは?

【5】ボリューム不足を解消する、大人の「ポニーテール」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「ひとつまみの毛束を引き出すだけではボリューム感が出にくいので、束ねる毛束の数を増やして、根元から毛量を底上げするといいでしょう」(air-GINZA店長・長門政和さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:耳から下、頭頂部の左右と3つにブロッキング

髪を3つにブロッキングして、頭頂部の髪をピンで留めておく。
髪を3つにブロッキングして、頭頂部の髪をピンで留めておく。

■2:耳から下の髪を1つに束ねる

耳の先端くらいの高さで1つに束ねる。
耳の先端くらいの高さで1つに束ねる。

■3:頭頂部の片側の毛束を1~2回ねじり、2の毛束と一緒に束ねる

最初の毛束の結び目をまたぐように留めると結び目がモコモコしない。
最初の毛束の結び目をまたぐように留めると結び目がモコモコしない。

■4:残った毛束も同様に1~2回ねじって束ねる

3の毛束をまたぐようにして、残りの毛束も同様に1つにまとめて束ねる。
3の毛束をまたぐようにして、残りの毛束も同様に1つにまとめて束ねる。

■5:束ねたゴムを抑えながら、毛束をひとつまみずつねじってボリュームを出す

毛束を引き出さず、指先でねじるだけでOK。ランダムにバランスよくつまむこと。
毛束を引き出さず、指先でねじるだけでOK。ランダムにバランスよくつまむこと。

■6:顔まわりの後れ毛はバームなどのスタイリング剤をなじませて束感を出す

指先にスタイリング剤をなじませてから、後れ毛をねじりながら束感を出して。
指先にスタイリング剤をなじませてから、後れ毛をねじりながら束感を出して。

「このアレンジは髪がうねって広がりやすい人にも向いています。毛先をカールアイロンなどで巻いておけば、華やかな雰囲気になるので、フォーマルなシーンにも活用できます」(長門さん)

air-GINZA店長・長門政和さん。最近はまっているのがジンギスカン。「北海道で食べたのと同じくらい絶品なのが新橋の『しろくま』。おすすめです」

トップの毛量を底上げできる、大人の「綺麗めポニーテール」

【6】巻かなくてもニュアンスは出せる!ツイストで作る「ポニーテール」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「毛束を中央で分けるとツイストした時に後頭部がくぼんでしまいますが、斜めに分けてツイストさせることで、後頭部の毛束が盛り上がり、自然と高さが生まれます。結ぶ位置は盆の窪のちょっと下を意識すると頭の型が綺麗に見えます」(ZACC vieスタイリスト・宮川勇人さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前

■1: 耳上の毛束を斜めに分ける

耳上の髪を二つに分ける。分ける際に分け目が斜めになるように分けるのがコツ。
耳上の髪を二つに分ける。分ける際に分け目が斜めになるように分けるのがコツ。

■2: 左右に分けた毛束をツイストさせる

2回くらいツイストさせればOK。
2回くらいツイストさせればOK。

■3: ツイストさせた毛束をひとつにまとめる

毛束をひとつにまとめてゴムで結ぶ。位置は盆の窪のちょっと下。
毛束をひとつにまとめてゴムで結ぶ。位置は盆の窪のちょっと下。

■4: 襟足の毛束をねじってゴム付近にピンで留める

襟足の毛束を左右に分けたら、右の毛束をねじる。ねじりながら持ち上げてゴム付近にピンで留める。
襟足の毛束を左右に分けたら、右の毛束をねじる。ねじりながら持ち上げてゴム付近にピンで留める。
逆サイドも同様に。
逆サイドも同様に。

「少し下めにまとめているので、髪の内側の白髪が目立ちにくく、40代以降の方にオススメです。後れ毛はあえて出さないのが大人のルール。自然と落ちる毛束だけで十分ニュアンスが出ます」(宮川さん)

ZACC vieスタイリスト・宮川勇人さん。最近、韓国ドラマをよくみているのだそう。「韓国ドラマが好きなお客様が多いので、影響を受けてみるようになりました。ヘアスタイルやアレンジの参考にすることもあります」
ZACC vieスタイリスト・宮川勇人さん。最近、韓国ドラマをよくみているのだそう。「韓国ドラマが好きなお客様が多いので、影響を受けてみるようになりました。ヘアスタイルやアレンジの参考にすることもあります」

ツイストしてピンで留めるだけ!老け見えしない「ポニーテール」の作り方

【7】老け見えしない、ねじりを加えた華やか「ひとつ結び」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

このアレンジのポイントは、潰れやすい頭頂部の髪だけをつまんで引き出しているところ。フロントの髪は引き出さないのが鉄則です。

「日本人の頭の型に多いのが〝ハチ張り絶壁〟。ハチが張っている部分の髪を引き出してしまうと頭デッカチに見えてしまうので、つむじ付近にある頭頂部の毛束だけを引き出して、高さと立体感を出してください。

ひとつ結びの高さは上すぎると若づくりに見えてしまうので、下の方で結びましょう。落ち着いた雰囲気に見せつつ、ねじりを入れて華やかに。40代でも挑戦しやすいアレンジです」(MAGNOLiAデザイナー・KAYOさん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:耳前とそれ以外の髪に分ける

耳上の髪と耳後ろの髪をざっくりと取る。
耳上の髪と耳後ろの髪をざっくりと取る。

■2:後ろの髪を束ねてゴムで結ぶ

結ぶ位置を高くすると若づくりに見えるので、高すぎない位置で結んで。
結ぶ位置を高くすると若づくりに見えるので、高すぎない位置で結んで。

■3:頭頂部の毛束を細かく引き出す

結んだ髪のゴムを持って、頭頂部を中心に毛束を細かく引き出していく。
結んだ髪のゴムを持って、頭頂部を中心に毛束を細かく引き出していく。

■4:耳上の髪をふたつに分けてねじる

根元から毛先までしっかりとねじる。
根元から毛先までしっかりとねじる。

■5:ねじった髪の毛束を引き出してゴムで結ぶ

ねじった髪の表面の髪をつまんで細かく引き出す。ゴムで結ぶ前に毛先から根元に向かって毛束を引き出すと引っ張りやすい。
ねじった髪の表面の髪をつまんで細かく引き出す。ゴムで結ぶ前に毛先から根元に向かって毛束を引き出すと引っ張りやすい。

■7:ねじった髪を後ろで結んだ髪のゴムに巻きつけて、ピンで止める

後ろで結んだ髪のゴムを隠すようにねじった髪を巻きつける。ピンで留めれば完成。
後ろで結んだ髪のゴムを隠すようにねじった髪を巻きつける。ピンで留めれば完成。

「つまんだ毛束の量が多いと頭が大きく見えることも。毛束を引き出すときは〝塩ひとつまみ〟くらいのイメージで、細かく引き出してみてください」(KAYOさん)

MAGNOLiAデザイナー・KAYOさん。「メイク道具を集めることが好きです。お客さんにも使っているアイテムを聞いて買いに行くこともあります!」
MAGNOLiAデザイナー・KAYOさん。「メイク道具を集めることが好きです。お客さんにも使っているアイテムを聞いて買いに行くこともあります!」

オバさんっぽいひとつ結びは卒業!上品で優雅な大人のまとめ髪、これが正解

【8】ボリューム不足解消!ハーフアップを仕込んだ、簡単「ひとつ結び」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

MATSUさんが提案してくれたのは、ハーフアップを仕込んで作るひとつ結び。

「2回に分けて結ぶことで、トップが自然とボリュームアップできます。スタイリング剤をオールバックになじませてから、ハチ上の髪をハーフアップにすると、ふんわり感が出せますよ」(代官山の美容室・PearLの代表 MATSUさん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:スタイリング剤を全体になじませる

グロスジェルタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、オールバックになるように手グシで根元からなじませる。
グロスジェルタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、オールバックになるように手グシで根元からなじませる。

■2:ハチ上の髪をハーフアップに

ハチ上の髪をゆるくまとめ、ハーフアップにする。
ハチ上の髪をゆるくまとめ、ハーフアップにする。

■3:ひとつにまとめて結ぶ

ハーフアップにした髪と、残りの髪をまとめてひとつに結ぶ。
ハーフアップにした髪と、残りの髪をまとめてひとつに結ぶ。

■4:結び目に毛束を巻きつけて留める

ひとつに結んだ髪から細く毛束を取り、ゴムの上に巻きつけてピンで留める。
ひとつに結んだ髪から細く毛束を取り、ゴムの上に巻きつけてピンで留める。

■5:トップを引き出して整える

トップの毛束を少しずつ引き出し、ふんわりボリュームを出して整える。
トップの毛束を少しずつ引き出し、ふんわりボリュームを出して整える。

「ジェルタイプのスタイリング剤をなじませておくことで、潤いとツヤが出るので40代の方にはオススメです。少しサイドに寄せて結ぶと、よりドレッシーな雰囲気に仕上がります」(MATSUさん)

代官山の美容室・PearLの代表 MATSUさん。サロン営業のあとは、スタッフとごはんを食べることが多いそう。「恵比寿の焼き鳥屋さんなら、全部行った自信があります!おすすめのお店をご紹介しますので、ぜひ聞いてください」
代官山の美容室・PearLの代表 MATSUさん。サロン営業のあとは、スタッフとごはんを食べることが多いそう。「恵比寿の焼き鳥屋さんなら、全部行った自信があります!おすすめのお店をご紹介しますので、ぜひ聞いてください」

ひと手間でボリュームアップ!丸い輪郭を強調しない、簡単「ひとつ結び」

【9】前髪アレンジがおしゃれな、こなれ「ひとつ結び」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「ベースは、ワンレングスのミディアムヘア。顔まわりにわざと短い毛束を仕込むことで、アレンジした時にさりげなく落ちる後れ毛を演出し、奥行きと立体感を演出しています。後れ毛がパサついたり広がっていると、疲れた印象になってしまうので、必ずスタイリング剤をなじませてまとめてください」(ROIのデザイナー関田康司さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1: 前髪を前に下ろして根元にドライヤーを当てる

分け目を作らないように地肌をこすりながらドライする。
分け目を作らないように地肌をこすりながらドライする。

■2: 髪全体を耳裏でまとめてひとつ結びにする

手グシでざっくり集めてのゴムで結ぶのがポイント。きっちり束ね過ぎないで。
手グシでざっくり集めてのゴムで結ぶのがポイント。きっちり束ね過ぎないで。

■3: ハチ上の毛束をつまんで引き出す

結び目を持ちながらハチ上の毛束をランダムに引き出す。爪で少量の髪をつまんで引き出すのがコツ。
結び目を持ちながらハチ上の毛束をランダムに引き出す。爪で少量の髪をつまんで引き出すのがコツ。

■4: 前髪を左右どちらかに流してピンで留める

流しやすい方に前髪を流して耳裏でピン留め。
流しやすい方に前髪を流して耳裏でピン留め。

「毛束を引き出す時はハチ上だけを意識して。頭頂部を引き出すと顔が縦長に見えてしまいます。ハチ上を引き出すと後頭部に丸みが生まれ、頭の型が綺麗に見える効果も。仕上げに、結んだ毛束にワックスを揉み込むとこなれ感がさらにアップするのでオススメです」(関田さん)

ROIのデザイナー関田康司さん。もともと本を読むことが好きな関田さん。「さまざまなジャンルの本を読んでいるので、本が好きな方はぜひ声をかけてください」
ROIのデザイナー関田康司さん。もともと本を読むことが好きな関田さん。「さまざまなジャンルの本を読んでいるので、本が好きな方はぜひ声をかけてください」

流して留める「前髪アレンジ」で、ひとつ結びがおしゃれに見える!

【10】「後れ毛」がポイント!艶っぽく見える、まとめ髪

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「後れ毛が一番のポイントですが、髪全体の髪をしっかりと引き出すことも重要です。きっちりとまとまった髪に後れ毛を出しても、魅力的にはなりません。髪全体の髪を引き出し、ラフに仕上げることで、より後れ毛の効果が発揮されます」("MINX銀座店スタイリスト・高橋里奈さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1: 逆毛を立てて根元から髪を立たせる

頭頂部の髪をざっくりと取って、コームで根元に逆毛を立てる。毛束の中間から根元に向けて数回コームを動かして。
頭頂部の髪をざっくりと取って、コームで根元に逆毛を立てる。毛束の中間から根元に向けて数回コームを動かして。

■2: 逆立てた髪の根元にスプレーをする

立たせた根元をハードスプレーで固める。これで頭頂部に高さが出る。
立たせた根元をハードスプレーで固める。これで頭頂部に高さが出る。

■3: 髪の毛を上下に分ける

耳上の高さを目安に髪を上下に分ける。
耳上の高さを目安に髪を上下に分ける。

■4:こめかみともみあげの後れ毛を引き出す

こめかみともみあげの後れ毛は、結ぶ前に引き出しておく。量は写真を参考に、ほんのひとつまみ分だけ!
こめかみともみあげの後れ毛は、結ぶ前に引き出しておく。量は写真を参考に、ほんのひとつまみ分だけ!

■5:上の髪の毛をゴムで結ぶ

ゴムでしっかりと結ぶ。
ゴムでしっかりと結ぶ。

■6:結んだ上の髪の毛と下の髪の毛をまとめて、ひとつ結びにする

上の髪と同じ位置で結ぶのが理想。この時に、うなじと耳後ろの後れ毛を引き出しておく。
上の髪と同じ位置で結ぶのが理想。この時に、うなじと耳後ろの後れ毛を引き出しておく。

■7:ゴム周りの毛束を引き出す

ゴム周りの髪を全方位へ引き出す。ゴムを中心に8箇所、上下左右均等に髪の毛を引き出すとバランスが取れる。
ゴム周りの髪を全方位へ引き出す。ゴムを中心に8箇所、上下左右均等に髪の毛を引き出すとバランスが取れる。

■8:さらに頭頂部とサイドの髪を引き出す

頭頂部とサイドの髪は、プロセス8で引き出した毛束の間の髪を4箇所引き出すのが理想。
頭頂部とサイドの髪は、プロセス8で引き出した毛束の間の髪を4箇所引き出すのが理想。

■9: ゴムに髪を巻きつけてピンで留める

結んだ髪から毛束を取り、ゴムを隠すように巻きつけてピンで留める。
結んだ髪から毛束を取り、ゴムを隠すように巻きつけてピンで留める。

「髪を引き出す時は2段階に分けて。まずはゴム周り、その後、頭頂部とサイドの毛束を引き出します。頭頂部とサイドを引き出す時は、ゴム周りで引き出した毛束と毛束の間の髪をつまんで、引き出すように意識してください。全体のバランスが取れて、おしゃれでこなれた印象になります」(高橋さん)

MINX銀座店スタイリスト・高橋里奈さん。お酒を飲むのが大好き。「一番好きなのはウォッカ!休日は毎日飲んでいます(笑)」
MINX銀座店スタイリスト・高橋里奈さん。お酒を飲むのが大好き。「一番好きなのはウォッカ!休日は毎日飲んでいます(笑)」

艶っぽく見える!40代の「後れ毛アレンジ」のやり方9ステップ

【11】後れ毛をプラスした、大人「ポニーテール」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

全体的にクセが強く、広がりやすい高橋さんの髪。「クセやうねりを伸ばすのではなく、そのまま生かしたアレンジにすると大人の可愛らしさもあるスタイルになります。そのためにもうねっている方向をカールアイロンで整える下準備が必要なんです」(apish AOYAMA副店長・黒山慶司さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:頭頂部の髪の根元を起こすように、カールアイロンで毛先から根元に向かって巻く

毛束を垂直に持ち上げて根元を立たせるように、後頭部方向に巻くのがポイント。
毛束を垂直に持ち上げて根元を立たせるように、後頭部方向に巻くのがポイント。

■2:こめかみ部分の毛束をカールアイロンでフォワード巻きに

根元から毛先に向かって縦巻きになるように巻く。
根元から毛先に向かって縦巻きになるように巻く。

■3:こめかみから前にある髪ともみあげを残して1つに束ねる

襟足より少し上の位置にゴムがくるように束ねること。
襟足より少し上の位置にゴムがくるように束ねること。

■4:ひとつまみの毛束を取り、ゴムの上から巻き付ける

ゴムが隠れたら、アメピンでしっかり固定する。
ゴムが隠れたら、アメピンでしっかり固定する。

■5:結び目を押さえながら、ひとつまみずつ髪を引き出す

左右対称になるよう、バランスよく毛束を引き出し、トップをふんわりさせる。
左右対称になるよう、バランスよく毛束を引き出し、トップをふんわりさせる。

「毛束の根元から髪をひとつまみずつ引き出すときは正面から鏡を見て、頭頂部をふんわりボリュームアップさせるようにしてください。後頭部に丸みも出せるので、全体的に柔らかな雰囲気のまとめ髪になるはずです」(黒山さん)

apish AOYAMA副店長・黒山慶司さん。自宅に帰るとウサギのラビ蔵が待っているとか。「ベタベタしない、ちょうどいい距離感がいいですね」
apish AOYAMA副店長・黒山慶司さん。自宅に帰るとウサギのラビ蔵が待っているとか。「ベタベタしない、ちょうどいい距離感がいいですね」

オバ見え引っ詰め髪から脱却!後れ毛プラスの大人ポニーテールの作り方

【12】 後れ毛が大人っぽい「ひとつ結び」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「後れ毛に動きが出るように、束ねる前にカールアイロンで巻いておくことがポイントです。仕上げに後れ毛に毛束感が出るようにバームをなじませるとこなれ感が演出できます」(kakimoto arms 自由が丘クレオ店 チーフスタイリスト・山本真実さん)

<スタイリング方法>

■1:カールアイロンで髪の中間から毛先にかけて巻いておく

カールアイロンで顔にかかる髪は外巻き、そのほか全体を内巻きに巻いておく。
カールアイロンで顔にかかる髪は外巻き、そのほか全体を内巻きに巻いておく。

■2:パール1粒大のバームを髪全体になじませる

使用量はパール1粒大。
使用量はパール1粒大。
両手のひらにバームを広げ、髪の表面と毛先を中心なじませる。
両手のひらにバームを広げ、髪の表面と毛先を中心なじませる。

■3:耳より前の髪と耳の後ろの髪を残して1つに束ねる

耳より後ろの髪は1~2つまみ分の毛束を残す。束ねるときは襟足よりやや上を目安に。
耳より後ろの髪は1~2つまみ分の毛束を残す。束ねるときは襟足よりやや上を目安に。

■4:ひとつまみずつ、放射状に毛束を引き出す

片手で結び目を抑えながら、ひとつまみずつ毛束を引き出す。
片手で結び目を抑えながら、ひとつまみずつ毛束を引き出す。

■5:後れ毛を束ねるようにバームをなじませる

手指に残っているバームで後れ毛をつまみ、束感をつくる。
手指に残っているバームで後れ毛をつまみ、束感をつくる。

アレンジ前と仕上げに使っているのは、『プロダクト』¥1,980(KOKOBUY)。「これはハンドクリームにもなる万能バームで、サロンのスタッフたちも愛用しています。アレンジ前になじませておくとパサつきが抑えられて、自然なツヤも出せます。ただ、つけすぎるとペタ~っとして重たい仕上がりになるので、後れ毛になじませるときは手に残った量で十分です」(山本さん)

kakimoto arms 自由が丘クレオ店 チーフスタイリスト・山本真実さん。料理に目覚め、今はマリネにハマっているとか。「タコと夏野菜と粒マスタードのマリネは自信作です」Instagramアカウント@kakimotoarms_official
kakimoto arms 自由が丘クレオ店 チーフスタイリスト・山本真実さん。料理に目覚め、今はマリネにハマっているとか。「タコと夏野菜と粒マスタードのマリネは自信作です」Instagramアカウント@kakimotoarms_official

うねった毛束がおしゃれニュアンスに! 後れ毛ありのままのまとめ髪の作り方

【13】残すべき「後れ毛」を見極めた、お疲れ見えしない「ひとつ結び」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「髪を束ねたら、結び目から毛束をひとつまみずつ引き出しておくと、頭頂部がふっくらしてボリュームアップできます」(MINX 銀座二丁目店 店長/トップデザイナー・徳永利彦さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:襟足のあたりで髪を束ね、耳の後ろからひとつまみの毛束を戻す

後れ毛になる毛束を、両サイドのもみあげと耳の後ろからひとつまみずつ残しておく。
後れ毛になる毛束を、両サイドのもみあげと耳の後ろからひとつまみずつ残しておく。

■2:襟足のやや上あたりで髪を束ねる

もみあげ、耳の後ろのひとつまみ分の毛束を残して髪を束ねる。
もみあげ、耳の後ろのひとつまみ分の毛束を残して髪を束ねる。

■3:束ねたゴムを抑えながら頭頂部からひとつまみずつ毛束を引き出す

頭頂部がふんわり丸くなるように、毛束をひとつまみずつ引き出す。
頭頂部がふんわり丸くなるように、毛束をひとつまみずつ引き出す。

■4:側面も毛束をひとつまみずつ引き出す

頭頂部とのバランスを見ながら毛束を引き出すこと。
頭頂部とのバランスを見ながら毛束を引き出すこと。

■5:後れ毛をカールアイロンでリバース巻きに

後れ毛の中央から毛先にかけて、顔まわりの後れ毛を巻く。
後れ毛の中央から毛先にかけて、顔まわりの後れ毛を巻く。

「後れ毛をカールアイロンで巻いておくと毛束感だけでなく、ツヤも出るので大人のまとめ髪の仕上げには欠かせません」(徳永さん)

MINX 銀座二丁目店 店長/トップデザイナー・徳永利彦さん。カフェ巡りが趣味。「昔ながらの喫茶店も好きですね。今は表参道のカフェを開拓中です」
MINX 銀座二丁目店 店長/トップデザイナー・徳永利彦さん。カフェ巡りが趣味。「昔ながらの喫茶店も好きですね。今は表参道のカフェを開拓中です」

残すべき「後れ毛」を見極めれば、ひとつ結びが老け見えしない!

【14】子どもっぽく見えない、大人の「三つ編み」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:両耳の上端で髪を上下に分けて、ピンで仮止めする

ピンで仮止めします。
ピンで仮止めします。
両耳の上端からUの字を描くように後ろ下がりに分け目を付け、上段の髪をピンで仮留めする。
両耳の上端からUの字を描くように後ろ下がりに分け目を付け、上段の髪をピンで仮留めする。

■2:下段の髪をきつめにゴムで束ねる

襟足ギリギリのところで髪を束ねること。
襟足ギリギリのところで髪を束ねること。

■3:上段のピンを外し、トップの髪を2つに分ける

直径5㎝を目安に頭頂部の狭い範囲の毛束とり、それぞれの手に毛束を持つ。
直径5㎝を目安に頭頂部の狭い範囲の毛束とり、それぞれの手に毛束を持つ。

■4:それぞれの毛束を時計方向にねじり、毛束の根元の髪をすくって持っている毛束に加える

毛束をねじる方向を一定に揃えないとアレンジ具が崩れるので要注意。
毛束をねじる方向を一定に揃えないとアレンジ具が崩れるので要注意。

■5:左右の毛束を交差させる

編み目が緩まないように、毛束を引っ張りながら交差させること。
編み目が緩まないように、毛束を引っ張りながら交差させること。

■6:下段の髪を束ねたあたりまで編み込み、ピンで仮止めする

ゴムのあたりまで編み込んだら毛束を1つにまとめ、ピンで仮止めする。
ゴムのあたりまで編み込んだら毛束を1つにまとめ、ピンで仮止めする。

■7:最初に編み込み始めた部分の両サイド2㎝ほど毛束を取り、時計回りにねじる

それぞれ片方ずつ襟足あたりまでねじったら、左右の毛束を1つに束ねて、ピンで仮止めする。
それぞれ片方ずつ襟足あたりまでねじったら、左右の毛束を1つに束ねて、ピンで仮止めする。

■8:残ったサイドの髪を、左右それぞれ時計回りにねじる

前髪以外のフェイスラインにかかる髪を、襟足あたりまでねじる。
前髪以外のフェイスラインにかかる髪を、襟足あたりまでねじる。

■9:「7」の毛束と「8」の毛束を1つのピンで仮止めする

下段の束ねた髪、真ん中で編み込んだ毛束、サイドのねじった毛束の3つの毛束にする。
下段の束ねた髪、真ん中で編み込んだ毛束、サイドのねじった毛束の3つの毛束にする。

■10:ゴムとピンを外し、三つ編みにする

ゴムとピンを外し、三つ編みにする。
ゴムとピンを外し、三つ編みにする。
毛先付近まで編んだらゴムまたはピンで留めれば、完成。
毛先付近まで編んだらゴムまたはピンで留めれば、完成。

「頭皮全体を引っ張るように、髪の根元から編んだり巻きこんだりしているので、緩んだフェイスラインがキリッと引き締まるフェイスリフト効果もあります。きちんと感をアピールしたい、フォーマルな席にもおすすめしたいアレンジです」(高橋さん)

FIX-UPメイクアップアーティスト・高橋紀衣さん。長かった髪をバッサリ!「20㎝ほど切って、ウルフ調にイメチェンしました」
FIX-UPメイクアップアーティスト・高橋紀衣さん。長かった髪をバッサリ!「20㎝ほど切って、ウルフ調にイメチェンしました」

三つ編みにするだけで目元も頬も引き締まる!?大人の「リフトアップまとめ髪」

【15】驚くほど簡単!「シニヨン・お団子」アレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

<スタイリング方法>

■1:スタイリング剤を髪全体になじませる

スタイリング剤はバームやクリームなど柔らかいテクスチャーでツヤの出るものを使用。全体のボリュームを抑えることでまとめやすくなる。
スタイリング剤はバームやクリームなど柔らかいテクスチャーでツヤの出るものを使用。全体のボリュームを抑えることでまとめやすくなる。

■2:お団子をつくる

髪をざっくりとまとめて襟足付近の下めの位置でお団子にする。
髪をざっくりとまとめて襟足付近の下めの位置でお団子にする。
毛先は抜けきらない状態で結んで。
毛先は抜けきらない状態で結んで。

■3:後頭部の毛束をランダムに引き出す

表面の髪ではなく、内側の髪をつまんでランダムにゆるめるのがポイント。後頭部に丸みをつくるイメージで引き出して。
表面の髪ではなく、内側の髪をつまんでランダムにゆるめるのがポイント。後頭部に丸みをつくるイメージで引き出して。

■4:残しておいた毛先をお団子に巻きつける

毛先をねじりなら、お団子に巻きつけるときれいに仕上がる。
毛先をねじりなら、お団子に巻きつけるときれいに仕上がる。

■5: 巻きつけた毛先をゴムの中に入れ込む

毛束を結んでいたゴムの中に、巻きつけた毛先を入れて固定する。毛先が広がる場合は、さらにピンで留めると◎。
毛束を結んでいたゴムの中に、巻きつけた毛先を入れて固定する。毛先が広がる場合は、さらにピンで留めると◎。

■6:耳元の毛束をゆるめる

お団子の根元を抑えながら、もう片方の手で耳元の毛束を引き出す。耳の半分が隠れるくらいゆるませて。
お団子の根元を抑えながら、もう片方の手で耳元の毛束を引き出す。耳の半分が隠れるくらいゆるませて。

■7:こめかみの後れ毛を引き出してスタイリング剤をなじませる

後れ毛がパサついていると疲れた印象に。ツヤとまとまりを与えるのが正解。
後れ毛がパサついていると疲れた印象に。ツヤとまとまりを与えるのが正解。

「後頭部の毛束をゆるめるとクセやうねり、髪表面のホワつきが目立ちにくくなるので、この時期はしっかりとゆるめましょう。ゴムはシリコンゴムではなく、太く大きいヘアゴムを使用すると仕上がりが安定します。お団子をつくるときに、毛先をあえて逃すとこなれ感がさらにアップ。無造作に仕上げることで、大人らしい涼しい印象になれます」(GARDEN Tokyoトップスタイリスト・本木亜美さん)

さらにヘアアクセサリーを加えるのもおすすめ!シンプルな「マジェステ」などをプラスすると、いつものアレンジがより華やかに。ぜひ試してみて!

マジェステは正面ではなく少しズラしてつけるとよりおしゃれに!
マジェステは正面ではなく少しズラしてつけるとよりおしゃれに!
本木亜美さん
GARDEN Tokyoトップスタイリスト
クセ毛を活かしたスタイルが得意。自宅でのケア方法やスタイリング方法もをしっかりレクチャーしてくれる頼れる存在。

【美容師直伝】驚くほど簡単にできる、梅雨時期に重宝する「シニヨン」

【16】カジュアルでラフな「シニヨン・お団子」アレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「シニヨンは、一度ヘアゴムで毛束を輪っか状にしてから、さらに上下に分けてピンで留めていくと作りやすいと思います。簡単にザクザクとした毛束感が生まれるので、カジュアルでラフな印象に仕上がりますよ」(MINX銀座五丁目店 副店長/トップデザイナー・河野沙耶佳さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:髪全体にバームをもみこむ

固めのバームを手のひらにのばし、全体にもみこむ。
固めのバームを手のひらにのばし、全体にもみこむ。

■2:耳の高さで結ぶ

耳の高さで髪をまとめてゴムで結ぶ。襟足はタイトになるように意識して。
耳の高さで髪をまとめてゴムで結ぶ。襟足はタイトになるように意識して。

■3:毛束を輪っか状に結び、上下に分ける

さらにもうひと結びする際、毛先を抜かず毛束を輪っか状にする。輪っかは上下に分けておく。
さらにもうひと結びする際、毛先を抜かず毛束を輪っか状にする。輪っかは上下に分けておく。

■4:ピンで留めてシニヨンをつくる

上下に分けた輪っかを、ゴムが隠れるようにピンで留めていく。少量の毛束を、ゴムの結びめの根元に押し込むようにピンを隠しながら留めて。
上下に分けた輪っかを、ゴムが隠れるようにピンで留めていく。少量の毛束を、ゴムの結びめの根元に押し込むようにピンを隠しながら留めて。

■5:後頭部の毛束を引き出す

シニヨンの根元を押さえながら、後頭部に高さが出るように毛束を引き出す。
シニヨンの根元を押さえながら、後頭部に高さが出るように毛束を引き出す。

「今のファッショントレンドはカジュアルなので、どんなスタイルにも抜け感が必須。そんなラフな雰囲気も、ざっくりとしたシニヨンならつくりやすいはず。流行の首元がつまった服にもぴったりです」(河野さん)

MINX銀座五丁目店 副店長/トップデザイナー・河野沙耶佳さん。ボクササイズやウェイクボードなど、体を動かすことが好きな河野さん。「今年の夏はウェイクボードに行ったので、日焼けで肌がボロボロに。秋冬は乾燥対策を強化しています!」
MINX銀座五丁目店 副店長/トップデザイナー・河野沙耶佳さん。ボクササイズやウェイクボードなど、体を動かすことが好きな河野さん。「今年の夏はウェイクボードに行ったので、日焼けで肌がボロボロに。秋冬は乾燥対策を強化しています!」

面長を柔らかい印象に!老け見えしない「シニヨン」アレンジ

【17】上品でエレガントな「ギブソンタック」

完成
完成
フロント
フロント
サイド
サイド
バック
バック
アレンジ前
アレンジ前

<アレンジ方法>

■1: 髪全体を低い位置でひとつ結びにする

髪の毛は手ぐしでざっくりと集めて。まとめたらゴムで結びます。
髪の毛は手ぐしでざっくりと集めて。まとめたらゴムで結びます。

■2: ひとつ結びをくるりんぱする

ひとつ結びの中央に穴を作り、結んだ毛先を穴に通してくるりんぱする。
ひとつ結びの中央に穴を作り、結んだ毛先を穴に通してくるりんぱする。

■3:くるりんぱした毛先を、2と同じ穴にもう一度通してピンで留める

くるりんぱした毛先を2と同じ穴にもう一度通して、ゴムの付近にピンで留める。
くるりんぱした毛先を2と同じ穴にもう一度通して、ゴムの付近にピンで留める。

■4: まとめた髪から毛束を引き出す

お団子にした毛束から細かく毛束を引き出す。引き出しすぎると崩れるので、少しゆるっとさせる程度に出すのがポイント。
お団子にした毛束から細かく毛束を引き出す。引き出しすぎると崩れるので、少しゆるっとさせる程度に出すのがポイント。

■5:こめかみに後れ毛を作る

こめかみの髪をひとつまみして引き出せば完成。
こめかみの髪をひとつまみして引き出せば完成。

「後れ毛はこめかみ部分にだけ作るのがオススメ。さりげなく上品で、色っぽい印象にも繋がります。後れ毛がパサついたり広がっていると、疲れた印象に直結してしまうので、オイルやシアバターをなじませて、みずみずしく仕上げてください」(Cocoonスタイリストの泰斗さん)

Cocoonスタイリストの泰斗さん。「趣味やハマっていることとは少し違うのですが、子育てを頑張ってます(笑)」
Cocoonスタイリストの泰斗さん。「趣味やハマっていることとは少し違うのですが、子育てを頑張ってます(笑)」

上品ヘアの定番!若作りに見えない「ギブソンタック」の簡単やり方5ステップ

【18】くるりんぱ2回で完成!後れ毛が色っぽい「アップスタイル」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「顔まわりと前髪の毛束はコテで軽く巻いてあげると華やかな印象に仕上がります。髪の毛が短くて落ちてしまった後れ毛にはバームを。パサついていると疲れた印象に見えてしまうので、まとまりとツヤの出るものをなじませて。たくさんつけるとベタベタしてしまうので、米粒程度をなじませるのがポイントです」(ROIデザイナーの亀井明日香さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1: 耳上の毛束をゴムで結ぶ

ざっくりと集めて根本から離した位置で結ぶ。
ざっくりと集めて根本から離した位置で結ぶ。

■2: くるりんぱする

結んだ毛束の中央を割いて毛先を上から通す。
結んだ毛束の中央を割いて毛先を上から通す。

■3: 耳横の毛束をまとめて結ぶ

2でくるりんぱした毛束の上から結ぶ。結び目は少し右に寄せるのがポイント。
2でくるりんぱした毛束の上から結ぶ。結び目は少し右に寄せるのがポイント。

■4: 結んだ毛束をくるりんぱする

毛束の中央に毛先を通してくるりんぱ。
毛束の中央に毛先を通してくるりんぱ。
結び目をズラすことで、結び目が重ならずスッキリとした印象に仕上がる。
結び目をズラすことで、結び目が重ならずスッキリとした印象に仕上がる。

■5: 襟足とくるりんぱした毛先をまとめてねじる

襟足とくるりんぱの毛先をひとつにまとめたら、毛束をふたつに分けて編む。
襟足とくるりんぱの毛先をひとつにまとめたら、毛束をふたつに分けて編む。
まとめたらゴムで毛先を結ぶ。
まとめたらゴムで毛先を結ぶ。

■6: ねじった毛束をピンで止める

毛束は左にまとめてピンで固定する。ピンは上から毛束を救うように止めるのがコツ。
毛束は左にまとめてピンで固定する。ピンは上から毛束を救うように止めるのがコツ。

■7: こめかみの後毛を出す

爪の先でこめかみの毛束を少しだけつまみ、引き出す。
爪の先でこめかみの毛束を少しだけつまみ、引き出す。

「分け目ができていると頭頂部が寂しい印象になってしまうので、アレンジの前に、ドライヤーで左右両方から風を当てて根本を起こし、分け目のない状態に戻してあげると見栄えが良くなります」(亀井さん)

ROIデザイナーの亀井明日香さん。「クセ毛の扱いに困っている、まとまらないなど、髪質に悩みを抱えているという方はぜひご相談ください」Instagramアカウント@roi_salon_kamei

ROIデザイナーの亀井明日香さん。「クセ毛の扱いに困っている、まとまらないなど、髪質に悩みを抱えているという方はぜひご相談ください」Instagramアカウント@roi_salon_kamei

くるりんぱ2回で完成!後れ毛が色っぽい上品アップスタイル

【19】きっちりまとめても老け見えしない「アップスタイル」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

<スタイリング方法>

Before
Before

■1:まず髪全体にヘアクリームをなじませる

アレンジの前に髪のボワつきを抑えるため、全体的にヘアクリームをつけていく。髪の内側を中心にしっかりとなじませて。
アレンジの前に髪のボワつきを抑えるため、全体的にヘアクリームをつけていく。髪の内側を中心にしっかりとなじませて。

■2:後頭部の毛束を左右2つに分け取る

斜めに分けるのがコツ。分け目をギザギザにすることで、白髪が目立たない効果も。
斜めに分けるのがコツ。分け目をギザギザにすることで、白髪が目立たない効果も。

■3:左右2つに分けた毛束をそれぞれねじってゴムでまとめる

二つ結びの状態に。その際に耳が半分隠れるように結ぶのがポイント
二つ結びの状態に。その際に耳が半分隠れるように結ぶのがポイント

■4:片方ずつ耳の後ろでねじってまとめ、ピンで留める

毛先をくるっと丸めるようにねじりながらまとめる。毛先のゴムが隠れるようにピンで留めて。もう片方も同様に。
毛先をくるっと丸めるようにねじりながらまとめる。毛先のゴムが隠れるようにピンで留めて。もう片方も同様に。

■5:最後に後頭部の髪をつまんで引き出し、バランスを整えたら完成

ピンで留めた部分を片手で押さえながら引き出すとバランスが取りやすい。
ピンで留めた部分を片手で押さえながら引き出すとバランスが取りやすい。

「アレンジの前に、トップの分け目をつけないようにドライヤーで根本を立ち上げましょう。この一手間が若々しい印象をつくります。クセがなく、ペタンとした髪質の方は、コテで軽く巻いておくと一気にこなれた印象へ。ぜひ試してみてください」(MAGNOLiA Omotesandoデザイナー・KAYOさん)

KAYOさん
MAGNOLiA Omotesandoデザイナー
個人の悩みに合うスタイル提案とカウンセリングに定評あり。自分に似合う髪型がわからない時に駆け込んで。

きっちりまとめても老け見えしない!うねりやくせ毛も解消できる、梅雨対策アップスタイル

髪の長さを生かした艶っぽスタイル!「ロング」のヘアアレンジ【3選】


【1】くるりんぱでできる、後れ毛が色っぽい「ポニーテール」

 
完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1: 耳上の毛束を後ろで結ぶ

結ぶ位置は耳裏くらい。きっちりとまとめないのがポイント。
結ぶ位置は耳裏くらい。きっちりとまとめないのがポイント。

■2:結んでいない襟足の毛束を1の上からひとつ結びにする

襟足の髪を左右に分ける。
襟足の髪を左右に分ける。
1で結んだ毛束の上でひとつにまとめてゴムで結ぶ。
1で結んだ毛束の上でひとつにまとめてゴムで結ぶ。

■3:2で結んだ毛束をくるりんぱする

結んだゴムの上の穴に毛先を通す。通したら、毛先を持ってキュッと絞り安定させる。
結んだゴムの上の穴に毛先を通す。通したら、毛先を持ってキュッと絞り安定させる。

■4:ねじりができた部分の表面をつまんで引き出す

くるりんぱでねじりができた部分を指でつまんで細かく引き出す。引き出しすぎないよう、ゴムを片手で抑えながら引き出して。
くるりんぱでねじりができた部分を指でつまんで細かく引き出す。引き出しすぎないよう、ゴムを片手で抑えながら引き出して。

■5:後頭部の毛束を指で引き出す

結び目を片手で抑えながら後頭部の髪の表面を細かく引き出す。
結び目を片手で抑えながら後頭部の髪の表面を細かく引き出す。

「毛先をひっぱりすぎると髪がつぶれてしまうので要注意。後頭部の髪を引き出すときは、頭の型が丸くなるように意識しましょう。後頭部が凹んでいるとバランスが悪いので、絶壁の場合は後頭部に丸みをプラスするような気持ちで引き出してみてください」(U-REALMのスタイリスト・瓜生智咲さん)

U-REALMのスタイリスト・瓜生智咲さん。「海の綺麗な国に行きたいです。日本はずっと寒かったので行くなら暖かい国がいいですね」
U-REALMのスタイリスト・瓜生智咲さん。「海の綺麗な国に行きたいです。日本はずっと寒かったので行くなら暖かい国がいいですね」

脱地味!脱若作り!40代ポニーテールは「くるりんぱ」と「後れ毛」が成功ポイント

【2】ゆるっと感が色っぽい「ハーフアップ風シニヨン」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1: 襟足で髪をひとつ結びに

結ぶ位置は襟足くらいの低い位置がベスト。高すぎると若作りに見えるので注意。
結ぶ位置は襟足くらいの低い位置がベスト。高すぎると若作りに見えるので注意。

■2: 後頭部の毛束をゆるめる

握るように崩し、毛束をゆるめて後頭部に丸みを出す。
握るように崩し、毛束をゆるめて後頭部に丸みを出す。

■3: 結んだ毛束の一部をねじる

毛束の一部をつまみ、ねじっておく。
毛束の一部をつまみ、ねじっておく。

■4: ねじった毛束をゴムに通す

まとめた毛束のゴムにねじった毛束を通して団子にする。
まとめた毛束のゴムにねじった毛束を通して団子にする。

■5:団子を指で崩す

団子の毛束を指でつまみ、適度にゆるませてほぐす。
団子の毛束を指でつまみ、適度にゆるませてほぐす。

「下準備として、髪を巻いておくとよりニュアンスのある雰囲気に仕上がります。巻かなくても、アレンジ前にシュシュなどでお団子を作り、髪に動きをつける方法も手間がかからないのでおすすめです」(ZACC raffine スタイリスト・賀山博之さん)

ZACC raffine スタイリスト・賀山博之さん。「飼っている猫に癒される毎日。家に帰るのが楽しみです」。Instagramアカウント@zacc.kayama
ZACC raffine スタイリスト・賀山博之さん。「飼っている猫に癒される毎日。家に帰るのが楽しみです」。Instagramアカウント@zacc.kayama

顔まわりと襟足の後れ毛を出すだけ!ロングヘアの簡単アレンジ

【3】くるりんぱを応用した、エレガントな「ギブソンタック」

 
 
完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1: 耳裏からフロント部分の毛束をとってハーフアップに

耳裏の位置からフロント部分の毛束を両サイドとる。頭頂部から後頭部の髪は残しておくのがポイント。
耳裏の位置からフロント部分の毛束を両サイドとる。頭頂部から後頭部の髪は残しておくのがポイント。
毛束を後ろでひとつ結びにする。襟足の少し上くらいがベスト。
毛束を後ろでひとつ結びにする。襟足の少し上くらいがベスト。

■2: 結んだ毛束をくるりんぱする

1で結んだ毛束の中央を割って、毛先を上からくぐらせる。
1で結んだ毛束の中央を割って、毛先を上からくぐらせる。

■3:残した後頭部と襟足の髪をふたつに分ける

結んでいない髪の毛を左右に分けて。
結んでいない髪の毛を左右に分けて。

■4:左右に分けた毛束をくるりんぱの穴に上から通す

左右に分けた髪の毛を、それぞれ2のくるりんぱの穴に通す。穴の下から指を入れて、毛束を通すとやりやすい。
左右に分けた髪の毛を、それぞれ2のくるりんぱの穴に通す。穴の下から指を入れて、毛束を通すとやりやすい。

GIFアニメーションでチェック!

くるりんぱの穴をつくって毛束を通す。
くるりんぱの穴をつくって毛束を通す。

■5:毛先をゴムでひとつ結びにする

すべての毛先をまとめる。
すべての毛先をまとめる。

■6:毛先をもう一度くるりんぱする

2のくるりんぱの穴に毛先を上から通す。
2のくるりんぱの穴に毛先を上から通す。

■7:毛先をピンで固定する

くるりんぱした毛先をピンで固定し、お団子をつくる。
くるりんぱした毛先をピンで固定し、お団子をつくる。

■8:耳上の毛束をゆるっと引き出す

お団子を持ちながら耳にかかっている毛束をゆるく引き出す。たるませるようあイメージで。
お団子を持ちながら耳にかかっている毛束をゆるく引き出す。たるませるようあイメージで。

■9:頭頂部と後頭部の毛束をつまんで引き出す

お団子を持って、頭頂部と後頭部の毛束を引き出す。ツメでひとつまみし、細かく引き出すのがコツ。絶壁は後頭部が丸く見えるようにしっかりと引き出して。
お団子を持って、頭頂部と後頭部の毛束を引き出す。ツメでひとつまみし、細かく引き出すのがコツ。絶壁は後頭部が丸く見えるようにしっかりと引き出して。

「アレンジの前に、ドライヤーで根元をこするように乾かし、モヒカンラインを立ち上げておくとシルエットに丸みと女性らしさが出ます。あとは全体をランダムにコテで巻き、クリームワックスをなじませておいてください。髪がパサついてまとまっていないと『やつれ感』『疲れた印象』になりかねません。とくにもみあげ、顔まわりの毛束には入念になじませるといいですよ」(MAGNOLiA omotesandoのデザイナー・KAYOさん)

MAGNOLiA omotesandoのデザイナー・KAYOさん。「スキンケアやメイク用品をリサーチして買うことが好きです。お客様にも正しい知識をお伝えできるように化粧品検定1級を取得するのに勉強中です!」
MAGNOLiA omotesandoのデザイナー・KAYOさん。「スキンケアやメイク用品をリサーチして買うことが好きです。お客様にも正しい知識をお伝えできるように化粧品検定1級を取得するのに勉強中です!」

古臭いオバさんとは言わせない!今っぽい「ギブソンタック」をつくる9ステップ

短めの髪も華やかに!「ボブ」のヘアアレンジ【7選】


【1】使うのはゴムだけ!くるりんぱで作る「ハーフアップ」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「頭頂部の毛束をバランスよく引き出すことで、頭の形がより綺麗なシルエットに。束感やニュアンスを出すことで、ただ結ぶだけよりも、こなれた印象になります。さりげなくインナーカラーを仕込むと、メリハリ、立体感も生まれ、より今っぽくなりますよ」(LANVERY代表の菅野太一朗さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1: ハチ上の毛束をとってゴムで結ぶ

ゴムで結ぶときは根本から離した位置で結ぶ。
ゴムで結ぶときは根本から離した位置で結ぶ。

■2: 結んだ毛束でくるりんぱ

結んだ毛束の中心を裂いて、その穴に毛先を上から通す。
結んだ毛束の中心を裂いて、その穴に毛先を上から通す。

■3: ハチ下とこめかみの毛束をとってゴムで結ぶ

2でくるりんぱした毛束の上に結んでOK。
2でくるりんぱした毛束の上に結んでOK。

■4: 結んだ毛束を2と同じようにくるりんぱ

くるりんぱが上下に重なるようなイメージで。
くるりんぱが上下に重なるようなイメージで。

■5:頭頂部の毛束をつまんで引き出す

結び目を片手で抑えながら、頭頂部の毛束をつまんで引き出す。ランダムに引き出すのがポイント。
結び目を片手で抑えながら、頭頂部の毛束をつまんで引き出す。ランダムに引き出すのがポイント。

「くるりんぱの結び目は、ふたつとも同じ高さにするのがポイント。きっちりと結び過ぎてしまうと古臭い印象になってしまうので、程よくゆるく、ざっくりとまとめてください。下準備として、アレンジ前にヘアクリームをなじませるのもオススメ。髪の内側、根本にもなじませれば、ツヤとまとまりのある印象に仕上がります」(菅野さん)

LANVERY代表の菅野太一朗さん。「最上階で窓が多く、開放感のある空間でゆっくりとくつろいでいただけます。ぜひ遊びにいらしてください」Instagramアカウント@taiichirosugeno
LANVERY代表の菅野太一朗さん。「最上階で窓が多く、開放感のある空間でゆっくりとくつろいでいただけます。ぜひ遊びにいらしてください」Instagramアカウント@taiichirosugeno

使うのはゴムだけ!「くるりんぱ」で作る、ボブスタイルのハーフアップ

【2】トップにボリュームも足せる、大人の「ハーフアップ」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「雨の日など湿度の高い日は、髪をコンパクトにまとめられるハーフアップがおすすめです。トップにボリュームが欲しいので、アレンジの仕上げに、結び目からひとつまみずつ毛束を引き出すと、自然な丸みのあるシルエットになります」(FIX-UP銀座店 店長・西村直人さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:耳より上の髪をひとまとめにして、ゴムで束ねる

耳より前にある顔にかかる髪は「後れ毛」として残すので、束ねないこと。
耳より前にある顔にかかる髪は「後れ毛」として残すので、束ねないこと。

■2:束ねたゴムを挟んだ左右から各1束ずつ毛束をとる

束ねていない下半分の髪から、ひとつまみずつの毛束を取る。
束ねていない下半分の髪から、ひとつまみずつの毛束を取る。

■3:ゴムを隠すように2本の毛束を交差させる

大きな毛束を包むように2本の毛束を交差させる。

■4:2本の毛束の先端をアメピンで留める

2本の毛束を大きな毛束の下で1つにまとめ、ピンが見えないように留める。
2本の毛束を大きな毛束の下で1つにまとめ、ピンが見えないように留める。

■5:結び目を抑えながらひとつまみずつ毛束を引き出す

結び目を中心に放射状を描くように5~6か所を目安に毛束を引き出す
結び目を中心に放射状を描くように5~6か所を目安に毛束を引き出す

「耳より前にある髪は後れ毛として残しておくと、顔まわりが華やかに見えます。全部束ねてしまうとスッキリしすぎて、寂しい印象になるので耳にかけず、ふわっと垂らしておくといいですよ」(西村さん)

FIX-UP銀座店 店長・西村直人さん。時間ができたら旅行をしたいとか。「お客さまからいろいろ話を聞いているので、行き先は韓国。美味しいものを食べ歩きたいですね」
FIX-UP銀座店 店長・西村直人さん。時間ができたら旅行をしたいとか。「お客さまからいろいろ話を聞いているので、行き先は韓国。美味しいものを食べ歩きたいですね」

広がる髪がおしゃれにまとまる「ハーフアップ」の作り方とは?

【3】短めボブでもできる!ねじって作る、上品「ハーフアップ」

完成
完成
完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:頭頂部の髪をストレートアイロンで波巻きにする

毛束をざっくりと取って、根元から内カールと外カールを交互につくってウエーブ状に。波打つようなウェーブをつくるイメージで。
毛束をざっくりと取って、根元から内カールと外カールを交互につくってウエーブ状に。波打つようなウェーブをつくるイメージで。

■2: 頭頂部の髪をギザギザに取る

まっすぐ取るときちんと感が出過ぎてしまうので注意。ギザギザに取ることで、仕上がりにニュアンスが生まれる。
まっすぐ取るときちんと感が出過ぎてしまうので注意。ギザギザに取ることで、仕上がりにニュアンスが生まれる。

■3: まとめた髪をねじる

2でまとめた毛束を後頭部でねじる。
2でまとめた毛束を後頭部でねじる。

■4: ねじった毛束をピンで留める

ねじった毛束の下からピンを射し込むとしっかり固定できる。
ねじった毛束の下からピンを射し込むとしっかり固定できる。

■5:頭頂部の毛束を引き出す

毛束をひとつまみして少しずつ引き出す。表面ではなく内側の毛束を引き出すとシルエットが綺麗に。
毛束をひとつまみして少しずつ引き出す。表面ではなく内側の毛束を引き出すとシルエットが綺麗に。

■6:ハチ部分の毛束をねじりながら後頭部へ

5でまとめた髪のすぐ下にあるハチ部分の毛束を、両サイドねじりながら後頭部へ持ってくる。
5でまとめた髪のすぐ下にあるハチ部分の毛束を、両サイドねじりながら後頭部へ持ってくる。

■7: ねじった毛束をゴムで結ぶ

4で留めたピンの上で結ぶ。
4で留めたピンの上で結ぶ。
 

■8: Uピンを使ってゴムを隠す

ゴムの上からUピンを挿し、ゴムを持ち上げるように下から挿し込む。
ゴムの上からUピンを挿し、ゴムを持ち上げるように下から挿し込む。

Uピンの留め方はGIFアニメーションでチェック!

Uピンは下から挿し込む。
Uピンは下から挿し込む。

■9: 頭頂部とハチ以外の毛束を波巻きにする

ストレートアイロンで残った毛束を細かく波巻きに。
ストレートアイロンで残った毛束を細かく波巻きに。

「頭頂部を波巻きにしておくことでニュアンスが出て、ねじって留めたときに高さもできます。頭頂部を引き出すときは『程よく』。引き出しすぎると頭が膨張して見えるので、正面から見たときに綺麗な扇型になるように意識してみてください」(PEEK-A-BOO AVEDAアトレ恵比寿・店長兼ディレクターの神保樹敏さん)

PEEK-A-BOO AVEDAアトレ恵比寿・店長兼ディレクターの神保樹敏さん。多趣味な神保さん。最近ハマっているのは「ゴルフとサーフィン」なのだそう。
PEEK-A-BOO AVEDAアトレ恵比寿・店長兼ディレクターの神保樹敏さん。多趣味な神保さん。最近ハマっているのは「ゴルフとサーフィン」なのだそう。

ねじってピン留め!短めボブの上品ハーフアップ【プロセスアニメ付き】

【4】短めの後れ毛を活かした、ボブならではの「ひとつ結び」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「せっかく後れ毛を引き出しても、毛先がパサパサしていたり広がっていると台無し。疲れた印象に見えてしまうので、毛先や後れ毛にはしっかりとワックスを揉み込んで。たっぷりつけると、みずみずしさやツヤがプラスされ、老け見え防止になります」(ROIのデザイナー小西浩純さん)

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1: 手ぐしでゆるっとまとめてひとつ結びにする

手ぐしでざっくりと集めた髪をひとつ結びにする。
手ぐしでざっくりと集めた髪をひとつ結びにする。

■2: 頭頂部の毛束をつまんで引き出す

トップに高さを出すイメージで引き出す。毛束は全方位へ細かくつまむイメージで。
トップに高さを出すイメージで引き出す。毛束は全方位へ細かくつまむイメージで。

■3: 生え際に沿って後れ毛を細かく出す

結んだ毛束を抑えながら、耳裏、襟足を少しずつつまんで引き出す。生え際に沿って引き出していくと綺麗にまとまる。
結んだ毛束を抑えながら、耳裏、襟足を少しずつつまんで引き出す。生え際に沿って引き出していくと綺麗にまとまる。

■4: コテで後れ毛にニュアンスをつける

コテは19mmを使用。25mm以下のできるだけ細いものを使って。後れ毛の中間から毛先にかけて外巻き、内巻きとMIXに。
コテは19mmを使用。25mm以下のできるだけ細いものを使って。後れ毛の中間から毛先にかけて外巻き、内巻きとMIXに。

■5:毛先をワックスで散らす

ワックスは硬めのキープ力のあるものを使用。量は少し多めに、親指の爪くらいの大きさがベスト。まとめた毛先をつまみながらワックスをつけて動きを出す。仕上げに、後れ毛にもワックスをつけて。
ワックスは硬めのキープ力のあるものを使用。量は少し多めに、親指の爪くらいの大きさがベスト。まとめた毛先をつまみながらワックスをつけて動きを出す。仕上げに、後れ毛にもワックスをつけて。

「狙ったところにニュアンスをつけるなら、後れ毛をしっかりと巻くのが正解。できるだけ細めのコテで、毛先を外ハネ、内巻きワンカールと交互に巻きましょう。毛先に動きが加わって絶妙な毛流れになります」(小西さん)

ROIのデザイナー小西浩純さん。2歳の女の子のお父さん。最近は娘さんの髪のアレンジにハマっているのだとか。「2歳にしては髪が長いんですよ。胸下くらいまであるのでよくアレンジしています。『可愛いゴムを使って』という娘のリクエストにも答えながら、毎日工夫しています」
ROIのデザイナー小西浩純さん。2歳の女の子のお父さん。最近は娘さんの髪のアレンジにハマっているのだとか。「2歳にしては髪が長いんですよ。胸下くらいまであるのでよくアレンジしています。『可愛いゴムを使って』という娘のリクエストにも答えながら、毎日工夫しています」

老け見え防止!疲れたおばさんに見えない「簡単ひとつ結び」

【5】短くても映える!うねりを効かせた、大人の「ひとつ結び」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

1本1本がしっかりしているため、うねりが加わると広がりやすい町山さんの髪。「カールアイロンで毛先と顔にかかる髪を巻いておくと、元々のうねりが目立たなくなり、まとまりやすくなります」(kakimoto arms 新宿店 スタイリスト・野村友理香さん)

<スタイリング方法>

スタイリング前
スタイリング前

■1:毛先は平巻きで1カール外巻きに

カールアイロンで毛先だけ1カール外巻きに。
カールアイロンで毛先だけ1カール外巻きに。

■2:もみあげより前にある髪は縦方向にリバース巻き

毛束の中間あたりから、毛先に向かってリバース巻きに。
毛束の中間あたりから、毛先に向かってリバース巻きに。

■3:髪を後ろにまとめたら、束ねる前にもみ上げ部分の髪を引き出しておく

ゴムで結ぶ前に、耳より前に生えている髪を引き出しておくこと。
ゴムで結ぶ前に、耳より前に生えている髪を引き出しておくこと。

■4:襟足ぎりぎりのところで毛束を1つに束ねる

もみあげを引き出したら、髪をひとまとめにして、なるべく低い位置でゴムで結ぶ。
もみあげを引き出したら、髪をひとまとめにして、なるべく低い位置でゴムで結ぶ。

■5:束ねた中からひとつまみ分の毛束でゴムを隠すように巻き付ける

ゴムを隠すように毛束を巻き付けたらアメピンで固定。
ゴムを隠すように毛束を巻き付けたらアメピンで固定。

■6:片手でゴムを押さえ、もう片方の手で後頭部の髪を握り少しだけ引き出す

後頭部の丸みをつくるように、髪を引き出す。
後頭部の丸みをつくるように、髪を引き出す。

「束ねた部分とふんわりさせた部分とでシルエットにメリハリをつけると小顔に見えるんですよ。ぜひ、お試しください」(野村さん)

kakimoto arms 新宿店 スタイリスト・野村友理香さん。週に一度、皮膚科で点滴するのが習慣に。「美白ケアをしたくて白玉点滴を受けてます」
kakimoto arms 新宿店 スタイリスト・野村友理香さん。週に一度、皮膚科で点滴するのが習慣に。「美白ケアをしたくて白玉点滴を受けてます」

短くても映える!うねりを効かせた「大人ひとつ結び」

【6】ボリューム不足の髪も華やか!「ハーフアップ+ひとつ結び」

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

<スタイリング方法>

アレンジ前
アレンジ前

■1:耳の先端より上の髪を束ねてゴムを結ぶ

頭頂部の髪を、両耳の先端の延長線上でゴムで束ねる。
頭頂部の髪を、両耳の先端の延長線上でゴムで束ねる。

■2:結び目の上に穴をつくる

くるりんぱをするための穴を結び目の上につくる。
くるりんぱをするための穴を結び目の上につくる。

■3:穴に毛束を通して、くるりんぱをする

 
穴に毛束を通したら、毛束を左右に引っ張って結び目を引き締める。
穴に毛束を通したら、毛束を左右に引っ張って結び目を引き締める。

■4:襟足の髪と一緒に束ねる

ハーフアップにした結び目のやや下あたりを束ねること。
ハーフアップにした結び目のやや下あたりを束ねること。

■5:ひとつ結びにした結び目にマジェスタを付ける

毛束の髪をすくいながら棒を通すと、マジェスタが安定して崩れにくくなる。
毛束の髪をすくいながら棒を通すと、マジェスタが安定して崩れにくくなる。

「クセやうねりがなく、真っ直ぐな毛質の方は、アレンジをする前にカールアイロンなので毛先を巻いておくとふんわりとしたニュアンスがつくれます」(ACQUA aoyama 小室里奈さん)

ACQUA aoyama 小室里奈さん。最近ハマっているのが動画の制作。「長い髪をばっさりカットする様子などを撮影して、30~20秒に編集しています。もちろんBGM付きですよ」
ACQUA aoyama 小室里奈さん。最近ハマっているのが動画の制作。「長い髪をばっさりカットする様子などを撮影して、30~20秒に編集しています。もちろんBGM付きですよ」

「ハーフアップ+ひとつ結び」ならボリューム不足の髪も華やかに決まる!

【7】巻き髪をすっきりエレガントにまとめる「アップスタイル」

ヘアアレンジ後+サングラス。ワンピース¥43,000(アルアバイル)、サングラス¥46,000(バレンシアガ アイウェア<バレンシアガ>)、バングル各¥123,000(ウノアエレ ジャパン<ウノアエレ>)、イヤリング/スタイリスト私物 
シックでエレガントな印象
大人の女性のまとめ髪。

<スタイリング方法>

■1:髪をひとつに束ねる

手ぐしでまとめる
手ぐしでまとめる

巻き髪を手ぐしで後ろにまとめる。きっちり束ねるというよりは、ざっくりとまとめます。

■2:毛束を親指に巻きつけるように、ひねってまとめる

毛先まで巻き込み、まとめる
毛先まで巻き込み、まとめる

毛束を持っている手の親指に巻きつけるようにねじり、毛先まで巻き込みます。毛先がしっかりと隠れるまでねじると、綺麗にまとまります。

■3:ねじりきったらピンで固定

頭頂部などをピンで固定
頭頂部などをピンで固定

ねじってまとめた髪が崩れないように、数か所ピンで固定します。巻き込んだ毛先が外に出ないよう、ピンでしっかりと留めて。

■4:髪の表面を握るようにしてほぐす

両手で左右からほぐす
両手で左右からほぐす

トップからサイドにかけて、髪の表面だけを軽く握りながらほぐします。ほぐすことでルーズさが加わり、大人のこなれた雰囲気に。

このアレンジは、髪をしっかり巻き込んだままにしておくとお堅い印象になってしまうので、最後に手で握って程よくほぐすことが大切です。髪全体をほぐせば、抜け感のある軽やかなヘアスタイルに。ボリューム不足でペタッとなりがちな40代の髪に、ボリュームを与える効果もあります。

【40代の髪型ミディアムヘア編】サングラスが似合うエレガンスなまとめヘア

「スカーフ」を使った応用ヘアアレンジ


【1】気になるあほ毛をカバーする、「スカーフ」を使ったお洒落アレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

<スタイリング方法>

スカーフを巻くアレンジで注意したいのがサイズ。「頭頂部で交差させて二重に巻くので、ある程度の大きさが必要です。正方形であれば90㎝四方は欲しいですね」(山本さん)

■1:カールアイロンで髪の中間から毛先を内巻きにしておく

最初にカールアイロンで髪全体を内巻きにしておく。
最初にカールアイロンで髪全体を内巻きにしておく。

■2:耳より前の髪と耳の後ろの髪を残して1つに束ねる

後れ毛として耳より前の髪と耳の後ろの髪を1~2つまみ分だけ残しておく。
後れ毛として耳より前の髪と耳の後ろの髪を1~2つまみ分だけ残しておく。

■3:結び目からひとつまみずつ毛束を引き出す

後頭部を膨らませるように、放射状にひとつまみずつ毛束を引き出す。
後頭部を膨らませるように、放射状にひとつまみずつ毛束を引き出す。

■4:束ねたゴムを隠すように、髪をゴムに巻き付ける

巻き付けた毛束の先を毛束の後ろでアメピンで留める。
巻き付けた毛束の先を毛束の後ろでアメピンで留める。

■5:細長く折りたたんだスカーフを毛束の下に通す

正方形のスカーフを対角線上に折り、細長い帯状にすること。
正方形のスカーフを対角線上に折り、細長い帯状にすること。

■6:両端を頭頂部あたりで交差させる

頭頂部よりもやや前寄りで生え際が隠れないくらいの位置で交差させること。
頭頂部よりもやや前寄りで生え際が隠れないくらいの位置で交差させること。

■7:交差した根元部分でスカーフをねじる

ねじった部分がボコッと出っ張るようにするのがポイント。
ねじった部分がボコッと出っ張るようにするのがポイント。

■8:スカーフの端を毛束の下で結ぶ

しっかり結んだら、結び目が見えないようにスカーフの内側に隠す。
しっかり結んだら、結び目が見えないようにスカーフの内側に隠す。

「スカーフを耳の上に被さるようにかけるとサイドが出っ張るので、全体のシルエットが菱形になります。特に面長な方は横をちょっとだけ膨らませると、顔の長さが気にならなくなります」(kakimoto arms 自由が丘クレオ店 チーフスタイリスト・山本真実さん)

kakimoto arms 自由が丘クレオ店 チーフスタイリスト・山本真実さん。料理に目覚め、今はマリネにハマっているとか。「タコと夏野菜と粒マスタードのマリネは自信作です」Instagramアカウント@kakimotoarms_official
kakimoto arms 自由が丘クレオ店 チーフスタイリスト・山本真実さん。料理に目覚め、今はマリネにハマっているとか。「タコと夏野菜と粒マスタードのマリネは自信作です」Instagramアカウント@kakimotoarms_official

気になる「あほ毛」をお洒落にカバー! スカーフを使ったヘアアレンジ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。