EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)の歴史

創業者:エミリオ・プッチ
創業地:フィレンツェ(イタリア)
創業年:1947年。エミリオが手がけたスキーウエアが、雑誌『ハーパース・バザー』誌のエディター、ダイアナ・ヴリーランドの目にとまり、ブランドをスタート。フィレンツェの貴族出身で、「プリントの王子」と称されたエミリオ・プッチの手がけた柄の美しさは圧倒的です。エミリオは「楽園」と呼ばれたカプリ島を愛し、その地で心を奪われた鮮やかな自然の色から、独自のカラーを次々と生み出しました。また’50年代にカプリ島にブティックをオープンさせ、華やかなジャージー素材のトップスやカラフルなカプリパンツなど美しいリゾートウエアを提案。マリリン・モンローやジャクリーン・ケネディ・オナシスら、おしゃれ通のセレブリティたちを魅了しました。プッチの麗しい柄と色彩は、ブランド誕生から今までずっと、オリジナリティあふれる稀有な存在。進化を続けながら、世界中の女性たちをときめかせています。左写真はフィレンツェ本店。©︎Emillio Pucci
現在のデザイナー:マッシモ・ジョルジェッティ(〜2018年SS)

EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)の問い合わせ先