前髪をアップにしたアップバングヘアと、前髪を上げたヘアアレンジ方法まとめ。前髪を上げる基本のやり方とともに、髪の長さ別に、大人のための前髪を上げたおしゃれヘアスタイルと、アメピンやゴムでできる前髪をスッキリ出した、まとめ髪アレンジ方法もまとめました。

【目次】

「基本」前髪アップのやり方【5選】


【1】スタイリング剤で前髪を上げる

基本スタイル
基本スタイル
アレンジ完成
アレンジ完成
完成
完成
サイド
サイド
サイド
サイド
バック
バック

STEP1: ワックスを根元から全体に揉み込む

全体の根元にワックスを揉み込む。
全体の根元にワックスを揉み込む。
ワックスは小豆3個分くらいの大きさが目安。オススメは自社開発の「ジェミールフラン アクアピュレ」。自然なウェット感で濡れた束感を表現したいときにぴったり。
ワックスは小豆3個分くらいの大きさが目安。オススメは自社開発の「ジェミールフラン アクアピュレ」。自然なウェット感で濡れた束感を表現したいときにぴったり。

STEP2: 前髪をかき上げる

手のひらに残ったワックスで前髪をかき上げる。
手のひらに残ったワックスで前髪をかき上げる。

STEP3: バランスを見て整える

全体のバランスを見ながら、毛束をつまむように整えて。
全体のバランスを見ながら、毛束をつまむように整えて。

別人級に変身できる!ショートヘアでも簡単な前髪アレンジ

【2】カーラーとスタイリング剤で前髪を上げる

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

STEP1:頭頂部を2つのカーラーで根元を立ち上げるように毛先から巻く

生え際の毛束を巻いたら、その後ろも同様に根元を立ち上げながら巻く。
生え際の毛束を巻いたら、その後ろも同様に根元を立ち上げながら巻く。

STEP2:生え際の根元をコームで立ち上げスプレーを噴霧

根元から1~2㎝ほどコームで持ち上げた部分を狙ってスプレーを。
根元から1~2㎝ほどコームで持ち上げた部分を狙ってスプレーを。

STEP3:分け目の立ち上がっている部分を狙ってスプレー

スプレーするエリアを広げず、分け目を集中的に狙うこと。
スプレーするエリアを広げず、分け目を集中的に狙うこと。

ペタッとしやすい生え際や分け目の立ち上がりをキープする、3つのコツとは?

【3】ドライヤーとコテで前髪を上げる

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

STEP1:毛先をすべて内巻きにする

アイロンは26mmを使用。毛先をすべてワンカール内巻きにする。トップと表面を留めておくと巻きやすい。
アイロンは26mmを使用。毛先をすべてワンカール内巻きにする。トップと表面を留めておくと巻きやすい。

STEP2:トップ、前髪、表面の毛束を巻く

前髪、トップ、表面は毛束の中間だけワンカール。毛束は細めにランダムに取って。
前髪、トップ、表面は毛束の中間だけワンカール。毛束は細めにランダムに取って。

STEP3:分け目と逆方向から乾かす

分け目と逆方向から乾かすことで、トップがふんわりと立ち上がる。熱風は根元に当てるのが正解。
分け目と逆方向から乾かすことで、トップがふんわりと立ち上がる。熱風は根元に当てるのが正解。

ボリューミーな毛先で「古臭い」から「色っぽい」に激変!今すぐ真似したいエレガントボブ

【4】ゴムで前髪を上げる

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

STEP1:毛先を揉み込むようにドライヤーをあてる

髪の中間から毛先にかけてクシュクシュと握りながらドライヤーをあてる。
髪の中間から毛先にかけてクシュクシュと握りながらドライヤーをあてる。

STEP2:ドライヤーを当てた部分にツヤを出すスタイリング剤をなじませる

ウェット感やツヤ感がでるようなミルクやオイルを、髪の中間から毛先になじませる。
ウェット感やツヤ感がでるようなミルクやオイルを、髪の中間から毛先になじませる。

STEP3:耳の先端より上にある髪を手ぐしでまとめて束ねる

 
ブラシやコームを使わず、手ぐしでざっくりとまとめるのがポイント。
ブラシやコームを使わず、手ぐしでざっくりとまとめるのがポイント。

STEP4:結び目の上に、くるりんぱ用の穴を開けて毛束を通す

結び目の上に開けた穴から毛束を通す。
結び目の上に開けた穴から毛束を通す。

STEP5:くるりんぱが終わったら、必ず毛束を左右に引っ張る

毛束を左右に引っ張って、緩んだ結び目を引き締めることを忘れずに!
毛束を左右に引っ張って、緩んだ結び目を引き締めることを忘れずに!

STEP6:結び目を抑えながら、数カ所から2~3㎜の毛束を引き出す

くるりんぱをした部分から、ひとつまみの毛束を左右3~4箇所ずつ引き出す。
くるりんぱをした部分から、ひとつまみの毛束を左右3~4箇所ずつ引き出す。

STEP7:結び目の上、頭頂部からも2~3㎜の毛束を引き出す

ハーフアップにした結び目を抑えながら、結び目の上からひとつまみの毛束をバランスを見ながらまんべんなく引き出す。
ハーフアップにした結び目を抑えながら、結び目の上からひとつまみの毛束をバランスを見ながらまんべんなく引き出す。

髪が硬くて多い剛毛でもキレイに決まる、大人の「くるりんぱ」はこれ!

【5】ピンで前髪を上げる

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

STEP1:額から後頭部に向かって親指をジグザグに動かしながら、頭頂部の毛をまとめる

こめかみのやや上あたりからスタート。ジグザグに動かして分け目を一直線にしない。
こめかみのやや上あたりからスタート。ジグザグに動かして分け目を一直線にしない。

STEP2:頭頂部の髪をまとめたら、毛束の根元を一ねじり

束ねた髪がバラバラにならないようにねじっておく。
束ねた髪がバラバラにならないようにねじっておく。

STEP3:ねじった部分を持ち上げながら、トップに高さをつくる

鏡を見ながらトップの髪をどれだけ立たせるのか、バランスを見ながら調整を。
鏡を見ながらトップの髪をどれだけ立たせるのか、バランスを見ながら調整を。

STEP4:根元を抑えながら束ねた髪を引き出す

トップに動きを出すようにバランスよく、5か所くらいを目安に毛束を引き出す。
トップに動きを出すようにバランスよく、5か所くらいを目安に毛束を引き出す。

STEP5:ねじった部分を固定するようにアメピンで固定

ねじった毛束と引き出した毛束をアメピン2本でしっかり固定する。
ねじった毛束と引き出した毛束をアメピン2本でしっかり固定する。

STEP6:スタイリング剤をなじませながら、毛先を外ハネに

ミルクタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、手ぐしでとかすようにして毛先が外ハネになるように整える。
ミルクタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、手ぐしでとかすようにして毛先が外ハネになるように整える。

ボリュームが多くて硬い髪の人、必見!ハーフアップで抜け感のあるスタイルに

ショート~ボブ【5選】


【1】ボリュームアップ!ふんわりかき上げアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

朝のスタイリングでは、根元を立たせるように乾かすのがポイント。「どなたにも生えグセがあるので、まず毛穴の方向をニュートラルに戻すように、地肌を擦りながらドライヤーで乾かしてください。これを最初にやっておけば、立ち上がりは簡単につくれます」(山口さん)

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1:指の腹で地肌を擦るようにドライヤーで乾かす

指の腹で色々な方向に地肌を擦って乾かすのがポイント。
指の腹で色々な方向に地肌を擦って乾かすのがポイント。

STEP2:手ぐしで髪を下からかき上げて根元を立たせる

髪の内側から手を入れ、上にとかし上げるように手を動かす。
髪の内側から手を入れ、上にとかし上げるように手を動かす。

STEP3:サイドの髪は耳にかけてコンパクトにまとめる

片側の髪だけ耳にかけ、タイトに仕上げる。
片側の髪だけ耳にかけ、タイトに仕上げる。

〈まとめ!アレンジのポイント〉

  1. トップを根元から立ち上げて老け見え印象を避ける
  2. トップにパーマをかけてはち周りのボリュームを抑える
  3. 襟足を引き締めてスタイルにメリハリをつくる

「トップにボリュームがほしい、という方は分け目をセンターにしないで、左右どちらかに寄った方がいい。片側が盛り上がるので、その分ボリューム感が出せます。パーマをかけたくない方も、スタイリングするときは、ハチ周りをつぶすように気をつけるだけで、トップにボリュームが出たように見えますよ」(山口さん)

たった5分!簡単にボリュームアップできる「時短ショートボブ」

【2】シルエットが華やかな立体感出したアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「前髪とトップを立ち上げるときの分け目は、髪がよく立ち上がる方を選択して。いつもの分け目の反対から髪を持ってくるなど、毛流れに逆らうように分け目をつくると、比較的立ち上がります」(小西さん)

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1:トップをアイロンで巻いて立ち上げる

アイロンは32mmを使用。前髪のすぐ後ろをざっくりと取って後頭部に向けてワンカール巻く。前髪が立ちにくい時は前髪も同様に。
アイロンは32mmを使用。前髪のすぐ後ろをざっくりと取って後頭部に向けてワンカール巻く。前髪が立ちにくい時は前髪も同様に。

STEP2:髪全体にワックスをつける

パール粒ふたつ分くらいのワックスを手のひらと指の隙間に広げたら、地肌から持ち上げるように髪全体を持って、持ち上げながらなじませる。根元からしっかりとつけて。
パール粒ふたつ分くらいのワックスを手のひらと指の隙間に広げたら、地肌から持ち上げるように髪全体を持って、持ち上げながらなじませる。根元からしっかりとつけて。

STEP3: 襟足は首に沿わせる

指先に残ったワックスで、襟足をタイトに収める。場合によっては少しハネさせても◎。
指先に残ったワックスで、襟足をタイトに収める。場合によっては少しハネさせても◎。

〈まとめ!アレンジのポイント〉

  1. アイロンの温度はいつもより低めにして巻きすぎを防止!
  2. ワックスを上から下につけるとボリュームがなくなるのでNG
  3. 襟足が浮くとメリハリスタイルが台無しに!しっかり抑えて

「トップをアイロンで巻く時は、前髪の後ろの髪の毛だけを巻いて。広範囲の髪の毛を巻いてしまうと、本来ボリュームが欲しい部分の他に、ハチが四角張って見えることにも。頭が大きく見えてしまうので注意して」(小西さん)

キーワードは「メリハリ」!老けて見えない40代のショートヘア

【3】マニッシュなオールバックアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

クセとうねりがあり、1本1本が太くて毛量が多い渡辺さんの髪。「毛量は内側で調整して、表面にツヤを出しやすくしています。うねりやクセはアイロンなどで伸ばすのではなく、あえて生かすようにスタイリングすると動きが出せます」(山岸さん)

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1:前髪は斜めにリバース巻きにする

カーラーで分け目をまたぐように斜めに巻く。
カーラーで分け目をまたぐように斜めに巻く。

STEP2:頭頂部から後頭部、両サイドを根元を立ち上げるようにカーラーで巻く

頭頂部から後頭部のカーラーは真っ直ぐ、サイドはやや斜めになるようにリバース巻きにする
頭頂部から後頭部のカーラーは真っ直ぐ、サイドはやや斜めになるようにリバース巻きにする

STEP3:髪をかき上げるようにスタイリング剤をなじませる

手ぐしでとかしつけるように、セット力のあるスタイリング剤をなじませる
手ぐしでとかしつけるように、セット力のあるスタイリング剤をなじませる

STEP4:サイドの髪をなでつけるようにとかす

サイドの髪を耳にかけながらタイトにまとめる
サイドの髪を耳にかけながらタイトにまとめる

〈まとめ!アレンジのポイント〉

髪をなでつけるスタイリング剤は『トリエジューシージュレ 7』80g ¥1,600(ルベル)が山岸さんのおすすめ。「ワックスとポマードの中間のような仕上がりになります。いちばんハードな10ではなく、7のジュレなら毛束が固まりすぎないので使いやすいですよ」(山岸さん)

着物にも似合う!トップのふんわり感をつぶさない、大人世代のオールバック

【4】大人の魅力が溢れるカジュアルなかき上げアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「ウェットな質感をつくっているジェル状のワックスは、指先につけて髪になじませると根元がベタベタになってしまうので、手のひらだけになじませてからつけるのがコツ。前髪をかき上げた時に根元に付きすぎず、髪全体に均一につけることができます」(高橋さん)

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1: ストレートアイロンで毛先を外ハネにする

サイドの毛束をランダムにとって外ハネに。ランダムに取ることで、シルエットに抜け感が生まれる。
サイドの毛束をランダムにとって外ハネに。ランダムに取ることで、シルエットに抜け感が生まれる。

STEP2:前髪をブローするようにストレートアイロンを滑らせる

毛束の中間から毛先にかけて滑らせるようにアイロンをかけるのがコツ。
毛束の中間から毛先にかけて滑らせるようにアイロンをかけるのがコツ。

STEP3: 前髪をかき上げるようにジェルをつける

パールひと粒大のジェルを手のひらになじませたら、前髪をかき上げるようにつける。ジェルは指先につけないのがポイント。
パールひと粒大のジェルを手のひらになじませたら、前髪をかき上げるようにつける。ジェルは指先につけないのがポイント。

〈まとめ!アレンジのポイント〉

「コテではなくストレートアイロンを使うと、直毛は自然な丸みをつくることができるし、くせ毛の人は矯正できるなど、どんな髪質でも理想の毛流れをつくることができます。カールが付きすぎたり、変な方向にハネることもないのでご自宅でのスタイリングも簡単ですよ」(高橋さん)

ウェットな質感で魅力が増す、ショートヘアの「前髪」アレンジ

【5】ラフな印象を与える大胆なかき上げアレンジ

完成
完成
完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「サイドパートの前髪を作るときは、思いきりが肝心。分け目にボリュームが出ますし、全体のバランスも作りやすくなります」(相沢さん)

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1:ヘアアイロンで全体に動きをつける

28mmのヘアアイロンを使用。毛先が出る内側の髪は、外ハネにワンカールさせる。
28mmのヘアアイロンを使用。毛先が出る内側の髪は、外ハネにワンカールさせる。
表面の髪はやや縦に巻いて内巻き&外巻きをランダムに作る。
表面の髪はやや縦に巻いて内巻き&外巻きをランダムに作る。

STEP2:前髪をサイドパートにする

ふだんの分け目と逆側の8:2の位置から、サイドパートになるように前髪を思い切って持ってくる。
ふだんの分け目と逆側の8:2の位置から、サイドパートになるように前髪を思い切って持ってくる。

STEP3:ワックスをもみ込む

外ハネになるように毛先を持ち上げながら、バームタイプのワックスをもみ込んでラフな動きを出す。
外ハネになるように毛先を持ち上げながら、バームタイプのワックスをもみ込んでラフな動きを出す。

〈まとめ!アレンジのポイント〉

「外ハネのフォルムは、旬のデザイン。取り入れるだけで、おしゃれに仕上がります。毛先に動きをつけておけば、片側を耳にかけるだけで、クールな雰囲気になれますよ」(相沢さん)

分け目を大胆チェンジ! コンサバショートボブを外ハネでクールに

ミディアム~ロング【5選】


【1】明るい印象を与える外ハネ前髪アレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

スタイリングの最初にブラッシングをして、髪の根元を起こすのがポイント。「オールバックにするように、髪全体を後ろにとかしつけます。これだけで髪の根元が起きるのでスタイリングしやすくなります。スタイリングも長持ちしますよ」(杵淵さん)

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1:髪全体を後ろにとかす

すべての髪を後ろにとかしつける。
すべての髪を後ろにとかしつける。

STEP2:顔まわりの髪の根元にドライヤーをあて、根元を立ち上げる

髪の根元に空気を含ませるようにドライヤーをあてる。
髪の根元に空気を含ませるようにドライヤーをあてる。

STEP3:カールアイロンで毛先を1カール外はねにする

毛先だけ1カール外はねにする。
毛先だけ1カール外はねにする。

〈まとめ!アレンジのポイント〉

  1. スタイリング前のブラッシングで根元を起こす
  2. 顔まわりの髪は根元を立たせてふんわり感をつくる
  3. 毛先の外はねでシルエットのくびれを強調する

「髪の表面や毛先だけスタイリングをしても、長持ちしません。ブラッシングやドライヤーで髪の根元を起こして空気を含ませるようにしておくと、ふんわりとしたシルエットがキープできます」(杵淵さん)

旬の「外ハネ」ヘアは、ハリがなくペタッとする髪を救う!

【2】輪郭を綺麗に見せるリバース巻き前髪アレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「顔まわりをリバース巻きするときは、かき上げた前髪の毛先と顔まわりの髪の毛を一緒に巻いてください。前髪の毛先をかませることでサイドとなじみ、自然な毛流れになります」(関田さん)

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1: 前髪をかきあげながらドライヤーを当てる

根元に熱を当てるとうまく立ち上がる。
根元に熱を当てるとうまく立ち上がる。

STEP2: 前髪と顔まわりの毛束の中間をリバース巻きに

コテは32mmを使用。前髪と顔まわりの毛束をとってコテでリバース巻きにする。前髪の毛先も一緒に巻くのがポイント。
コテは32mmを使用。前髪と顔まわりの毛束をとってコテでリバース巻きにする。前髪の毛先も一緒に巻くのがポイント。

STEP3: ワックスを髪全体の根元につける

パール1粒大くらいのワックスを手のひらになじませて、髪の内側から大胆に揉み込んで。
パール1粒大くらいのワックスを手のひらになじませて、髪の内側から大胆に揉み込んで。

〈まとめ!アレンジのポイント〉

  1. 前髪をかき上げる時は根元にドライヤーを当てる
  2. リバース巻きする時は前髪の毛先もかませる!
  3. ワックスは根元に揉み込む

「ワックスをつける時は前髪からつけないこと。やりがちですが、かき上げた前髪にワックスがつきすぎると時間とともに潰れてしまいます。ワックスは神の内側、襟足、耳の上の根元に重点的につけて。少し硬めでキープ力のあるものを使用すると根元からふわっとした印象に仕上がります」(関田さん)

前髪で輪郭を隠すのは逆効果!?エラ張りカバーの神業ミディアムヘア

【3】小顔に見せる菱形フォルムの流し前髪アレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「顔周りにレイヤーが入っているので、軽く巻くだけで華やかな動きが出ます。頬より上は外巻き、下は内巻きにして菱形フォルムを作りましょう」(野村さん)

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1:根元を起こしてブロー

髪の根元を立ち上げるように手ぐしを通しながら、根元からドライヤーの風を当ててブローする。
髪の根元を立ち上げるように手ぐしを通しながら、根元からドライヤーの風を当ててブローする。

STEP2:ハチ下を内巻きにする

32mmのヘアアイロンで、ハチ下の髪を毛先から1回転内巻きに。
32mmのヘアアイロンで、ハチ下の髪を毛先から1回転内巻きに。

STEP3:顔周りとトップを外巻きにする

同じヘアアイロンで、顔周りとハチ上の毛束を毛先から1回転半外巻きに。
同じヘアアイロンで、顔周りとハチ上の毛束を毛先から1回転半外巻きに。

STEP4:ワックスをもみこむ

軽めのヘアワックスを手のひらにのばし、毛先にもみこんでツヤと束感を出す。
軽めのヘアワックスを手のひらにのばし、毛先にもみこんでツヤと束感を出す。

〈まとめ!アレンジのポイント〉

  1. 根元をしっかり起こしてブローする
  2. 全体を内巻きにせず、顔周りに外巻きをプラス
  3. 毛先をしっかり巻きすぎず、きちんとほぐす

「全体を内巻きにすると古くさく野暮ったいイメージになってしまいます。外巻きと内巻きを組み合わせることで、顔型をキレイに見せる効果が。外巻きは華やかな印象を与えてくれます」(野村さん)

菱形効果で面長を卵型に!エレガントな重めレイヤーミディアム

【4】エレガントなふんわりかき上げアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「コテで巻く時は毛先を逃して。毛先までしっかりと巻き込んでしまうと古臭い、一昔前の巻き髪スタイルになってしまいます。癖かな?と思うくらい緩やかに巻くことで今ぽい仕上がりになります」(野口さん)

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1: 前髪をマジックカーラーで巻く

大きめのカーラーを使用。毛先から根元までしっかりと巻き込む。このままドライヤーで熱を当てて1〜2分間放置して。
大きめのカーラーを使用。毛先から根元までしっかりと巻き込む。このままドライヤーで熱を当てて1〜2分間放置して。

STEP2: 毛束の中間をコテで巻く

コテは32mmを使用。毛先は巻き込まないのがポイント。全方位ランダムにMIX巻きに。
コテは32mmを使用。毛先は巻き込まないのがポイント。全方位ランダムにMIX巻きに。

STEP3: 毛先にワックスをなじませる

パールひと粒大のワックスを手のひらになじませて毛先に揉み込む。下から上に向かって握るようにつけて。
パールひと粒大のワックスを手のひらになじませて毛先に揉み込む。下から上に向かって握るようにつけて。

〈まとめ!アレンジのポイント〉

  1. 前髪は根元が立ち上がるようにしっかりと巻く
  2. コテで巻く時は毛束の中間だけ!
  3. ワックスは毛束を握るように揉み込む

「なじませるワックスはファイバー系の柔らかいテクスチャーが理想です。巻きが取れやすい方は巻き髪ローションをなじませてから巻いて。ダメージが気になる方はオイルがオススメ。コテは160度くらいで巻くと髪が傷みません」(野口さん)

前髪を立ち上げるだけで劇的に若返る!長め前髪のロングヘア

【5】優雅になびくウェーブ前髪アレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「前髪とトップは根元からカーラーでしっかり巻いて。根元が立ち上がることで、毛束に太いまとまりをつくることができます」(CHINATSUさん)

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1:カーラーで後頭部と前髪を巻く

太めのカーラーを使用。前髪と頭頂部を根元からしっかりと巻いたらドライヤーで熱風を10秒当てる。その後、20秒ほど自然放置すればキープ力アップ。
太めのカーラーを使用。前髪と頭頂部を根元からしっかりと巻いたらドライヤーで熱風を10秒当てる。その後、20秒ほど自然放置すればキープ力アップ。

STEP2: 耳前ハチ上の毛束を巻く

頭皮に対して斜め上に引っ張りながら根元まで巻きつける。両サイド巻いたら■1同様に熱風を当てて、自然放置。
頭皮に対して斜め上に引っ張りながら根元まで巻きつける。両サイド巻いたら■1同様に熱風を当てて、自然放置。
カーラーを巻いた状態
カーラーを巻いた状態

STEP3: 中間から毛先に水分を含ませてパーマを出す

スプレーなどで水分を与えながら少しずつパーマを戻す。髪が湿るくらいを意識して。
スプレーなどで水分を与えながら少しずつパーマを戻す。髪が湿るくらいを意識して。

STEP4:クリームワックスを毛先に揉み込む

手のひらにクリームワックスをなじませたら、持ち上げるように揉み込んで。
手のひらにクリームワックスをなじませたら、持ち上げるように揉み込んで。

〈まとめ!アレンジのポイント〉

  1. カーラーで巻いたら熱風でキープ力を高める
  2. 水分を与えたらドライしない!毛先がパサつく原因に
  3. クリームワックスは保湿力のあるものを選んでツヤ感を出す

「年齢とともに髪の水分量が少なくなるため、毛束の中間から毛先はパサつきがちです。仕上げのワックスはクリーム系で保湿力の高いものを選ぶと、毛先がツヤやかにまとまり、年齢を感じさせない若々しい仕上がりになります」(CHINATSUさん)

頬骨やエラ張りが目立たなくなる!神業ロングヘアとは?

まとめ髪【6選】


【1】ボリュームアップして見せるひとつ結び

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

「2回に分けて結ぶことで、トップが自然とボリュームアップできます。スタイリング剤をオールバックになじませてから、ハチ上の髪をハーフアップにすると、ふんわり感が出せますよ」(MATSUさん)

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1:スタイリング剤を全体になじませる

グロスジェルタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、オールバックになるように手グシで根元からなじませる。
グロスジェルタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、オールバックになるように手グシで根元からなじませる。

STEP2:ハチ上の髪をハーフアップに

ハチ上の髪をゆるくまとめ、ハーフアップにする。
ハチ上の髪をゆるくまとめ、ハーフアップにする。

STEP3:ひとつにまとめて結ぶ

ハーフアップにした髪と、残りの髪をまとめてひとつに結ぶ。
ハーフアップにした髪と、残りの髪をまとめてひとつに結ぶ。

STEP4:結び目に毛束を巻きつけて留める

ひとつに結んだ髪から細く毛束を取り、ゴムの上に巻きつけてピンで留める。
ひとつに結んだ髪から細く毛束を取り、ゴムの上に巻きつけてピンで留める。

STEP5:トップを引き出して整える

トップの毛束を少しずつ引き出し、ふんわりボリュームを出して整える。
トップの毛束を少しずつ引き出し、ふんわりボリュームを出して整える。

〈まとめ!アレンジのポイント〉

「ジェルタイプのスタイリング剤をなじませておくことで、潤いとツヤが出るので40代の方にはオススメです。少しサイドに寄せて結ぶと、よりドレッシーな雰囲気に仕上がります」(MATSUさん)

ひと手間でボリュームアップ!丸い輪郭を強調しない、簡単「ひとつ結び」

【2】凛とした華やかさを放つツイストポニーテール

完成
完成

■:アレンジ方法

両サイドの髪を3つに分けて、ねじって合わせていくだけ。髪のブロッキングをきちんとすれば、テクニックなしで失敗なく、アクセントのあるまとめ髪が完成します。毛束をとって結び目に巻き付け、ゴムを隠すことで、より洗練された仕上がりに。

STEP1:髪を前後に分け、3つのパートにブロッキング

手順は左から右へ
手順は左から右へ
  1. 左右の耳のラインから後ろの毛を後ろでひとつにゴムで結ぶ。
  2. 中央の写真は横から見たところ。
  3. 左のブロックの髪を、こめかみ上の分け目から前髪に向かって3パートに分けます。後ろの毛束からくるくると外向きにきつめにねじっていき、後ろにまとめた髪の結び目上の位置でダッカールピンで押さえましょう。

STEP2:毛束をひとつずつくるくるとねじり、後ろの髪とまとめる

手順は左から右へ
手順は左から右へ
  1. 真ん中のパートの毛束をSTEP1と同じようにねじり、押さえておきます。
  2. 顔周りのパートの毛束も同じようにねじります。
  3. ねじった3本の毛束を押さえていたダッカールピンを外し、真ん中の毛束と合わせてゴムで結びます。

STEP3:左右を同じようにねじってまとめ、仕上げに毛束をゴムに巻きつける

手順は左から右へ
手順は左から右へ
  1. 右側ブロックの髪も左側ブロックと同様に3パートに分け、それぞれねじって押さえておきます。
  2. 左側ブロックと同じく、右側ブロックも真ん中の毛束と合わせ、ゴムでひとつに結びます。
  3. 後ろにまとめた髪から毛束を少しとり、ゴムを隠すようにくるくると巻き付け、毛先をピンで留めたら完成です!

3ステップでできるツイストアレンジ

【3】可憐でフェミニンなフレンチシニヨン

完成
完成

■:アレンジ方法

ふんわりとフェミニンなシルエットの秘密は、髪を上下に分けること。上下それぞれをまとめることで、全体をキュッとひっつめた感じがなくなり、ラフな雰囲気のシニヨンに仕上がります。一見難しそうですが、ピンでうまく押さえていけば、こなれた感じにまとめることができますよ。

STEP1:アイロンで毛先にニュアンスを出し、髪を上下に分けブロッキング

手順は左から右へ
手順は左から右へ
  1. まとめた毛先にニュアンスを出すため、アイロンをかけてカールをつけます。
  2. あごと耳上を結んだ延長線上で、髪を上下に分けてブロッキング。
  3. 下の部分の髪をひとつにまとめ、時計回りに毛先までねじり上げていきます。

STEP2:ピンをうまく利用して、上下左右の髪を固定&ねじる

手順は左から右へ
手順は左から右へ
  1. シニヨンを固定するように、周りからピンを差す。ここではアメリカピンを3本使用します。
  2. ブロッキングしていたトップの髪を下ろし、左右を交差させながら矢印の方向にねじり、上部をピンで留めます。
  3. トップの髪の左右を交差させてピンで留めた状態は、右端の画像のようなイメージです。

STEP3:ねじった毛先を束に入れ、残りはラフに留めて仕上げる

手順は左から右へ
手順は左から右へ
  1. トップの髪をピンで合わせた位置から、ねじりながら写真のように上に持ち上げます。
  2. 中央は、右手をくるっと反転させ円を描いた状能(その後毛先をねじった束の中に入れ込む)。
  3. ねじって円を描いた部分をピンで留めて固定し、残った毛先をシニヨンに絡めながらラフに留めたら完成です!

ヘアピン1つ、たった3ステップでできる簡単フレンチシニヨン

【4】ラフさがおしゃれなお団子シニヨン

完成
完成

■:アレンジ方法

  1. 髪全体を後ろで低い位置にまとめる。
  2. 集めた髪をクルクルとひねりながら、根元に巻き付けてお団子を作る。
  3. 巻き付けた毛先を根元に当て、ゴムで結ぶ。
  4. 結んだ後は、後頭部、両サイドの髪を少量ずつ引き出し、立体感とニュアンスをプラス。

ゴム1つでできる、簡単「シニヨン」の作り方を動画でチェック

美容室に行けなくてもOK! ゴム1つでできる「簡単シニヨン」の作り方

【5】大人エレガントなくるりんぱハーフアップ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

パサつきやすく、すぐにペタッとなってしまう井上さんの髪。「うねりやすい、クセが強いという方は、髪質をそのまま生かすことができるので、特にこのスタイルはおすすめです」(江良さん)

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1:両耳の先端を結んだあたりから髪をまとめ、ゴムで留める

 
髪をまとめたら、もみあげの上あたりの低い位置でゴムで束ねる。
髪をまとめたら、もみあげの上あたりの低い位置でゴムで束ねる。

STEP2:ゴムの結び目の上で、毛束を2つに分けて輪っかをつくる

「くるりんぱ」をするために、結び目の根元に輪っかをつくる。
「くるりんぱ」をするために、結び目の根元に輪っかをつくる。

STEP3:輪っかに毛束を通す

毛束の毛先から輪っかに通す。
毛束の毛先から輪っかに通す。

STEP4:緩んだ結び目を締めるように毛束を左右に引っ張る

毛束の根元近くを持って、左右に引っ張ること。
毛束の根元近くを持って、左右に引っ張ること。

STEP5:結び目を抑えながら、頭頂部の髪を少しつまんで引き出す

中央だけでなく、右、左と鏡を見ながらまんべんなく引き出す。
中央だけでなく、右、左と鏡を見ながらまんべんなく引き出す。

STEP6:ワックスを両手のひらになじませ、毛先を握ってカールをつける

ミルクタイプのワックスをなじませた手で、毛先をくしゅくしゅと握りながらクセをつける。
ミルクタイプのワックスをなじませた手で、毛先をくしゅくしゅと握りながらクセをつける。

〈まとめ!アレンジのポイント〉

「井上さんの髪はうねりやすくクセがあるので、束ねるプロセスから入りましたが、直毛で硬い髪質の方は、カールアイロンで髪の中間から毛先にかけて巻いておくと、アレンジしやすいですよ」(江良さん)

うねりもパサつきも解消!高級感ある「ハーフアップ」のつくりかた

【6】すっきりまとまるこなれ感のあるアップヘア

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

■:アレンジ方法

ヘアアレンジ前
ヘアアレンジ前

STEP1:髪をひとつに束ねる

巻き髪を手ぐしで後ろにまとめる。きっちり束ねるというよりは、ざっくりとまとめます。
巻き髪を手ぐしで後ろにまとめる。きっちり束ねるというよりは、ざっくりとまとめます。

STEP2:毛束を親指に巻きつけるように、ひねってまとめる

毛束を持っている手の親指に巻きつけるようにねじり、毛先まで巻き込みます。毛先がしっかりと隠れるまでねじると、綺麗にまとまります。
毛束を持っている手の親指に巻きつけるようにねじり、毛先まで巻き込みます。毛先がしっかりと隠れるまでねじると、綺麗にまとまります。

STEP3:ねじりきったらピンで固定

ねじってまとめた髪が崩れないように、数か所ピンで固定します。巻き込んだ毛先が外に出ないよう、ピンでしっかりと留めて。
ねじってまとめた髪が崩れないように、数か所ピンで固定します。巻き込んだ毛先が外に出ないよう、ピンでしっかりと留めて。

STEP4:髪の表面を握るようにしてほぐす

トップからサイドにかけて、髪の表面だけを軽く握りながらほぐします。ほぐすことでルーズさが加わり、大人のこなれた雰囲気に。
トップからサイドにかけて、髪の表面だけを軽く握りながらほぐします。ほぐすことでルーズさが加わり、大人のこなれた雰囲気に。

〈まとめ!アレンジのポイント〉

髪をしっかり巻き込んだままにしておくとお堅い印象になってしまうので、最後に手で握って程よくほぐすことが大切です。髪全体をほぐせば、抜け感のある軽やかなヘアスタイルに。ボリューム不足でペタッとなりがちな40代の髪に、ボリュームを与える効果もあります。

【40代の髪型ミディアムヘア編】サングラスが似合うエレガンスなまとめヘア

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。