ラグジュアリーな天然素材の代表格として、 古代より珍重されてきたシルク。 その上品な光沢や、人間の肌との相性のよさといった 魅力の数々は、近年改めて見直されつつある。

シルクの基礎知識

絹織りの様子 写真:後藤善臣/アフロ
絹織りの様子 写真:後藤善臣/アフロ

Q1どんな素材?

A.蚕蛾の幼虫である蚕の繭からとった天然繊維。その糸は「フィブロイン」と、その周りを取り囲む「セリシン」という、ふたつのタンパク質成分からつくられている。その特徴は類い稀な光沢感と、軽さ、なめらかな肌触り。古代から世界中で親しまれ、その地域ならではの生地へと生まれ変わった。

Q2その歴史は?

A.絹糸は紀元前3000〜6000年頃の中国で生まれたという。早くからヨーロッパや西域諸国の上流階級を虜にしたが、その製法は門外不出とされた。すべて中国からの輸入に頼るほかなかったため、その交易路はのちにシルクロードと呼ばれることになる。そんなシルクの製法がヨーロッパに伝わったのは、6世紀頃。イタリア各地やリヨンを中心に生産がはじまり、その土地ならではの魅力的な絹織物が生まれていった。日本における養蚕は弥生時代頃からはじまり、明治時代に著しく発展。わが国の近代化を支える一大貿易産業となった。20世紀以降は化学繊維に取って代わられ、その生産量は減少している。

Q3どこでつくられるの?

A.現在は中国、インド、ブラジルの上位3か国で全世界の9割ほどの絹糸を生産している状況。しかしタイやウズベキスタン、日本でも養蚕は続けられており、その土地の特性を生かした高級品として流通している。リヨンを中心としたヨーロッパでは、現在ほぼ養蚕業は途絶えているが、織物やプリントといった技術は伝承されている。

Q4どうやって糸になるの?

A.桑の葉を食べ成長した蚕は、糸を吐き繭をつくる。これを収穫後お湯で煮た後、やわらかくなった糸を巻き取ったものが「生糸」になる。さらに生糸を覆っている「セリシン」というタンパク質を除去する「精練」という作業を経て、極細で光沢感を備えた「絹糸」は完成するのだ。

Q5その魅力は?

A.繊維の断面が三角形になっているため、光をプリズムのように反射して生まれる光沢感。鮮やかな色に染まること。繊維がとても細かいため、肌触りがよいこと。人間の肌の成分に近いタンパク質でできているため、肌に優しいこと。特殊な繊維構造のため、通気性と吸湿性がよいこと。熱伝導率が低いため、夏は涼しく、冬は暖かいこと。静電気を帯電しないこと……。このように列挙すると、シルクという繊維の素晴しさは一目瞭然。ラグジュアリーな洋服のみならず、アンダーウエアや寝具などにも向いている。

Q6デメリットは?

A.とにかく覚えておきたいのは、摩擦に弱いことだ。摩擦を受けることでささくれたシルク繊維は光を乱反射してしまい、白っぽく退色して見えてしまう。この白化現象は湿気が加わるとさらに進行する。ほかには水ジミが残りやすいこと、直射日光で黄変しやすいこと、タンパク質でできているため虫に食われやすいことが挙げられる。湿った状態での摩擦が起こりやすい、ジャケットやシャツの脇部分には注意されたし。

Q7ケアの方法は?

A.基本的にはドライクリーニングを。洗濯する場合は中性洗剤を使い、なるべく摩擦が置きないようにぬるま湯で手洗いすること。干すときは直射日光にさらさず陰干しで。アイロンをかけるときは当て布を使い、中温で行うこと。日常の保管は湿気の少ない場所で、防虫剤などを使うように。こう書き連ねると面倒くさそうだが、シルクは汗のにおいがつきにくい繊維なので、シミができない限りマメに洗濯やクリーニングをしなくてもよい。

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
TAGS: