【目次】

「ベース顔」が似合うショートヘアの条件


■前下がりにして耳当たりにボリュームを出した髪型

才田とおるさん
いつくし 代表
 
完成
完成

「やや前下がりのカットラインで切ると、後ろから前へ毛が流れるので、耳当たりにボリュームが出てきます。エラ上に縁取りが生まれるので、輪郭をカモフラージュしつつ、頭のかたちがコンパクトに見えるんです」(才田さん)

肌と髪のバランスでエラがカバーできる!横顔まで美しい知的ショート

■もみあげや前髪の長さを残した髪型

泰斗さん
Coccon銀座店 店長
 
完成
完成

「フェイスラインを目立たせないために、髪全体のボリュームゾーンを少し高めに設定し、もみあげや前髪の長さを残す。これだけでキュッと引き締まった小顔になれます」(泰斗さん)

マスクをつけても野暮ったくならない! スッキリ小顔に見える「大人のショートヘア」

■ふんわりとした丸みをつくった髪型

中島健之さん
kakimoto arms 新宿店
完成
完成

「やや低めに丸みを設定することで、卵型の輪郭に近づけます。頬横あたりに丸みが出ると、ハチの大きさとエラをカモフラージュでき、落ちた頬の輪郭もカバーできるんです」(中島さん)

ふんわりとした丸みで菱形フォルムに!ベース型を卵型にする「小顔ショート」

■透け感のある前髪をつくった髪型

大山幸也さん
MINX青山店
 
完成
完成

「トップにボリュームを出し、透け感のある前髪で肌が見える分量を増やすと、顔全体の重心が引き上がります。さらにサイドの髪を、やや後ろに向かって上がるようにカットするのもポイント。輪郭がリフトアップして見えますよ」(大山さん)

【小顔ヘア】四角いフェイスラインをキュッと上げる!透けバングの菱形ショート

「前髪あり」ベース顔が似合うショートヘア【11選】


【1】ダブルバングで雰囲気が変わる! ショートにもボブにも見える万能ヘア

\Coccon銀座店の泰斗さんがレクチャー!/

ベース顔のショートヘア代表:椿原順子さん(49歳/美容ライター・モデル)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

顔のかたちがベース型でも小顔に見えるショートヘアが知りたい!そんな声に答えてくれたのがCoccon銀座店 店長の泰斗さん。「フェイスラインを目立たせないために、髪全体のボリュームゾーンを少し高めに設定し、もみあげや前髪の長さを残す。これだけでキュッと引き締まった小顔になれます」(泰斗さん)。前髪は内側が短く、表面を長めにカットした「ダブルバング」。最近40代からリクエストが急増しているのだそう。「前髪は切りたい、でも長さを残しておきたい、という要望が多くなっています。そんな時におすすめしているのが『ダブルバング』。前髪の内側は短く、表面を長めに残しているので、前髪をつくることもできるし、サイドに流すこともできる。雰囲気を変えたい時にとてもすごく便利です」(泰斗さん)

小顔になれるだけでなく、前髪あり・なしのスタイルも楽しめる。至れり尽くせりのヘアスタイルがこちら!

「このスタイリングでは、短い前髪を見せつつ、表面の長い前髪をサイドに流しているので、左から見るとショートに、逆から見るとショートボブにと、どちらのスタイルも楽しむことができます」(泰斗さん)。マスクをつけている時は、もみあげを両耳にかけると◎。野暮ったくなりがちなマスクスタイルも華やかになります。

マスク着用時はもみあげを耳にかけて。
マスク着用時はもみあげを耳にかけて。

<スタイリング方法>根本をふんわりと立たせることが大切!

「ワックスは髪の内側、根本にしっかりと揉み込むと、全体のボリュームが増して、ふんわりとした印象に仕上がります。表面から撫で付けるのはNG!」(泰斗さん)。

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>根本を立たせるようにドライする
頭を下に向け、地肌をこするようにドライ。これで根本からふんわりと立ち上がる。
頭を下に向け、地肌をこするようにドライ。これで根本からふんわりと立ち上がる。
<STEP.2>ワックスを髪の内側に揉み込む
ワックスはパール3粒くらいを目安に。手のひらに伸ばしたら髪の内側へ。根本へしっかりと揉み込む。
ワックスはパール3粒くらいを目安に。手のひらに伸ばしたら髪の内側へ。根本へしっかりと揉み込む。
<STEP.3>指でつまんで束感を出す
指に残ったワックスで顔まわりの髪に束感を出す。
指に残ったワックスで顔まわりの髪に束感を出す。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. 分け目をつけないようにドライする
  2. ワックスは髪の内側に!外から撫で付けない
  3. つくり込みすぎない。大胆にワックスをなじませて

「全体のシルエットを作り込もうとすると、逆に失敗することも。タオルドライするみたいに、バサバサって感じでドライしつつ、ワックスも髪の内側から勢いよくガシガシつけちゃってください!」(泰斗さん)。

Coccon銀座店 店長・泰斗さん「6/24に銀座店がオープンし、店長になりました。銀座という立地に捉われず、お客様に気軽に来ていただける居心地の良いサロンです。ぜひ遊びにきてください」
Coccon銀座店 店長・泰斗さん「6/24に銀座店がオープンし、店長になりました。銀座という立地に捉われず、お客様に気軽に来ていただける居心地の良いサロンです。ぜひ遊びにきてください」。

マスクをつけても野暮ったくならない! スッキリ小顔に見える「大人のショートヘア」

【2】シンプルなのに小顔効果抜群! コロンと丸いショートボブ

\kakimoto arms 新宿店の中島健之さんがレクチャー!/

ベース顔のショートヘア代表:河合美弥さん(39歳/アパレル店員)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

kakimoto arms 新宿店のスタイリストチーフ・中島健之さんによると、日本人の骨格でもっとも注意すべきなのが「ハチ周りのボリューム」なのだとか。「日本人はもともと少しハチが張っているので、ここにさらにボリュームが出るようなヘアスタイルは、骨格の印象を強めてしまいます。また、襟足をタイトにしすぎるデザインは、ベース型さんにはNG。エラを強調してしまううえ、少し古い印象なので老けて見えてしまいます」(中島さん)。

そこでおすすめなのが、低めの位置に丸みを出したショートスタイル。「やや低めに丸みを設定することで、卵型の輪郭に近づけます。頬横あたりに丸みが出ると、ハチの大きさとエラをカモフラージュでき、落ちた頬の輪郭もカバーできるんです。頭の大きさが気になる人には、おすすめのショートスタイルです。さらにトップにはレイヤーを入れて、スタイリングでふわっと仕上げることで、髪のボリュームダウン対策にも」(中島さん)。そんな40代にうれしいショートスタイル、ぜひチャレンジしてみて!「基本はグラデーションベースのショートボブ。重い印象にならないように、トップにはレイヤーを入れて、ふんわりとさせています。内側の量感をしっかり取ることで、フォルムは重めでも軽やかな印象に」(中島さん)。

カラーは「ショートヘアなので、動きの出る髪表面にのみハイライトを入れて軽く見えるようにしています。襟足や耳上にはハイライトを入れないことで、より立体感が出るように。濃いめのファッションカラーを全体に重ねることで、髪に柔らかさが出るうえ、白髪を目立たなくする効果もあります」(カラーリスト 赤松さん)。

<スタイリング方法>根元をしっかり立ち上げて!ふんわり感が丸いフォルムのカギ

「カットでふんわり感を作っているので、スタイリングではトップと毛先に丸みを出すことを意識して。少しセット力のあるワックスを全体にもみこんで、ふんわり仕上げましょう」(中島さん)。

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>ハチ上は立ち上げ、ハチ下は押さえてブロー
8割程度ザッと乾かしたら、ハチ上は根元を立ち上げながらブロー。トップは分け目に逆らって風を当ててふんわりと。ハチ下は広がらないように押さえて乾かす。
8割程度ザッと乾かしたら、ハチ上は根元を立ち上げながらブロー。トップは分け目に逆らって風を当ててふんわりと。ハチ下は広がらないように押さえて乾かす。
<STEP.2>トップにマジックカーラーを巻く
前髪1段分は外し、トップに3本マジックカーラーを巻く。
前髪1段分は外し、トップに3本マジックカーラーを巻く。
<STEP.3>ワックスをもみ込む
ややセット力のあるソフトワックスを10円玉くらい手に取り、手のひらにのばす。全体にもみ込んで、ふんわりとさせる。
ややセット力のあるソフトワックスを10円玉くらい手に取り、手のひらにのばす。全体にもみ込んで、ふんわりとさせる。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. トップはしっかり立ち上げる
  2. ハチ下はふくらまないように押さえる
  3. 襟足はフィットするようにドライの際に押さえる

「タイトすぎる襟足はNGですが、フィット感は大切。全体が菱形フォルムになるように意識してスタイリングを」(中島さん)。

kakimoto arms 新宿店のスタイリストチーフ・中島健之さん。趣味はバス釣りという中島さん。「月に3回は千葉にバス釣りに行っています。魚が求めていることや気分を探って釣るというのが、美容師と共通する部分を感じるんです!」
kakimoto arms 新宿店のスタイリストチーフ・中島健之さん。趣味はバス釣りという中島さん。「月に3回は千葉にバス釣りに行っています。魚が求めていることや気分を探って釣るというのが、美容師と共通する部分を感じるんです!」。

ふんわりとした丸みで菱形フォルムに!ベース型を卵型にする「小顔ショート」

【3】リフトアップが叶う! 横顔美人になれるショートボブ

\MINX青山店の大山幸也さんがレクチャー!/

ベース顔のショートヘア代表:田畑ゆみさん(39歳/モデル)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「輪郭がベース型の場合、顔の重心が下がって見えるため、老けた印象になることもあります」と教えてくれたのは、MINX青山店 取締役・ディレクターの大山幸也さん。「エラが張っているとフェースラインが四角い印象になるため、顔の重心が低く見えます。そんなベース顔さんがショートヘアにするときは、サイドの髪に厚みがあって低い位置に重心がくるデザインはNG。フェースラインが目立ち、野暮ったい印象になります」(大山さん)大切なのは、顔全体の重心が上がるようなヘアデザインなのだとか。「トップにボリュームを出し、透け感のある前髪で肌が見える分量を増やすと、顔全体の重心が引き上がります。さらにサイドの髪を、やや後ろに向かって上がるようにカットするのもポイント。輪郭がリフトアップして見えますよ」(大山さん)。

透け感のある前髪は、顔色を明るく見せてあか抜けた印象にしてくれる効果も。美しいカットラインのショートボブは、スタイリングも簡単です!「ボブをベースに、グラデーションカットで立体感をプラス。軽く毛量を調整して、ふんわり仕上げました。前髪は厚くならないようにカットしています。髪色はハイライトを入れて柔らかいベージュブラウンを重ねると、顔色が明るく見えて白髪カバーの効果も絶大です」(大山さん)。

<スタイリング方法>しっかりブローをしてボリューム感を出す

「40代になると髪がぺたんとしがち。ブローで根元からしっかり髪を起こし、ふんわりとしたボリューム感を作りましょう」(大山さん)。

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>トップを起こすようにドライ
トップの髪を持ち上げ、根元にドライヤーの風を当てて乾かす。
トップの髪を持ち上げ、根元にドライヤーの風を当てて乾かす。
<STEP.2>毛先を内巻きにブロー
サイドは根元から内巻きにブラシを通し、毛先にドライヤーの風を当ててブロー。
サイドは根元から内巻きにブラシを通し、毛先にドライヤーの風を当ててブロー。
<STEP.3>オイルをつける
軽めのオイルを手のひらにのばし、毛先を中心に全体になじませる。最後に手のひらに残ったオイルで前髪をつまみ、束感を作って透け感を演出。
軽めのオイルを手のひらにのばし、毛先を中心に全体になじませる。最後に手のひらに残ったオイルで前髪をつまみ、束感を作って透け感を演出。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. 髪を乾かすときはトップをふんわりさせることを意識
  2. サイドはしっかりブローをしてボリュームを出す
  3. オイルは少なめにして、軽やかな印象に

「ベース顔をカバーしてくれるので、トップのふんわり感は必須! スタイリング剤はつけすぎないように注意して、軽めのオイルでツヤとまとまりをプラスする程度にしましょう」(大山さん)。

MINX青山店 取締役・ディレクター 大山幸也さん。今推している施術は、韓国風ヘアスタイルと白髪ぼかしカラーです。「若い子に人気の韓国風ヘアを、大人でも違和感なく取り入れる方法を提案しています。また白髪ぼかしカラーも40代からとても好評です。ぜひご相談ください!」
MINX青山店 取締役・ディレクター 大山幸也さん。今推している施術は、韓国風ヘアスタイルと白髪ぼかしカラーです。「若い子に人気の韓国風ヘアを、大人でも違和感なく取り入れる方法を提案しています。また白髪ぼかしカラーも40代からとても好評です。ぜひご相談ください!」。

【小顔ヘア】四角いフェイスラインをキュッと上げる!透けバングの菱形ショート

【4】四角い印象はシルエットで崩す! 襟足すっきりな美骨格ショート

\PEEK-A-BOO 銀座中央通り店の山本真資さんがレクチャー!/

ベース顔のショートヘア代表:矢部聡子さん(38歳/レセプション)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「毛量が多めなので2ブロックにして、襟足はすっきり、トップから後頭部はふんわりと。顔まわりがアシンメトリーになるように、前髪は片サイドを短くして流れるようにカットしました。白髪に悩まれているので、なじむように明るめのカラーに。ファッションカラーで白髪をカバーしたい方におすすめです」(山本さん)。

<スタイリング方法>襟足はタイトに、耳より上はふんわりと!

「乾かすだけでおさまるようにカットしているので、大切なのは乾かし方。色々な方向からドライヤーの風を当てると、ふんわり仕上がりやすいですよ」(山本さん)。

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>トップはふんわり、襟足はタイトに乾かす
いろんな方向から風が当たるように全体をドライ。襟足は首に沿わせるように手でなでつけながら、後ろから前へ乾かす。
色々な方向から風が当たるように全体をドライ。襟足は首に沿わせるように手でなでつけながら、後ろから前へ乾かす。
<STEP.2>前髪を仕上がりと逆側から乾かす
前髪の根元がペタンとしないように、仕上がりと逆側から風を当てて乾かす。
前髪の根元がペタンとしないように、仕上がりと逆側から風を当てて乾かす。
<STEP.3>スタイリング剤をなじませて整える
ミディアムワックスにオイルを1プッシュ加え、手のひらでのばす。スタイリング剤が髪の内側にしっかりつくように、下から手を入れて全体にまんべんなくなじませる。ふんわり整えて、前髪が短い方のサイドを耳にかけて完成。
ミディアムワックスにオイルを1プッシュ加え、手のひらでのばす。スタイリング剤が髪の内側にしっかりつくように、下から手を入れて全体にまんべんなくなじませる。ふんわり整えて、前髪が短い方のサイドを耳にかけて完成。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. 乾かすときは色々な方向から風を当てる
  2. 前髪は仕上がりと逆から乾かして根元を立ちあげる
  3. スタイリング剤は下から上につける

「スタイリング力のあるワックスに少しオイルを混ぜることで、髪に潤いとツヤを与えながらスタイリングできます。つけすぎると根元がベタッとするので、調整しながら整えて」(山本さん)。

PEEK-A-BOO 銀座中央通り店 トップスタイリストの山本真資さん。「お客様からすすめられて韓国ドラマを見るように。コロナ禍であまり外出できないこともあり、時間が空けば見ています。スケールが大きいので映画を見ている感覚でおもしろいです!」
PEEK-A-BOO 銀座中央通り店 トップスタイリストの山本真資さん。「お客様からすすめられて韓国ドラマを見るように。コロナ禍であまり外出できないこともあり、時間が空けば見ています。スケールが大きいので映画を見ている感覚でおもしろいです!」

大人ヘア|四角い印象はシルエットで崩す!骨格まで美しく見せるアシメショート

【5】「もみあげ」を残すことで四角い顔が菱形に! 技ありマッシュショート

\ROIの関田康司さんがレクチャー!/

ベース顔のショートヘア代表:伊與田愛子さん(40歳/主婦)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

「トップはハチ上の根元をスライドカットで短くカット。短い毛を作ることで長い毛が短い毛の上にかぶさり、根元からグッと立ち上がったような印象に。頭頂部にボリュームができて見た目もふわっと立体的になり、より菱形シルエットに近づきます」(関田さん)。

<スタイリング方法>耳上のもみあげは耳にかけて、それ以外を残すことでエラを目立たせない

耳上のもみあげは耳にかけて、それ以外を残すことでエラを目立たせない

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>耳上の毛は後ろに、耳前のもみあげには束感をプラス
耳上の毛を耳にかけたら、耳前の毛はつまんで束感を出す。
耳上の毛を耳にかけたら、耳前の毛はつまんで束感を出す。
<STEP.2>トップを握って毛先をつまむように束感をつくる
トップが潰れないように握りながら、毛先はつまんで束感を出す。
トップが潰れないように握りながら、毛先はつまんで束感を出す。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. シルエットが横に膨らまないよう、耳上の髪はしっかりと耳にかける
  2. トップはふわっと握ると綺麗なシルエットに
  3. 前髪には隙間をつくるとよりバランスが良くなる

「手のひらにパール一粒分のワックスを薄くなじませてからスタイリングするとキープ力が増します」(関田さん)。

ROIのデザイナー関田康司さん。刺繍が趣味だという関田さん。販売できるクオリティーだと評判なのだそう。「服や鞄、帽子にロゴを刺繍してオリジナルにしています」
ROI デザイナー・関田康司さん。刺繍が趣味だという関田さん。販売できるクオリティーだと評判なのだそう。「服や鞄、帽子にロゴを刺繍してオリジナルにしています」

「もみあげ」でエラ張りをカバー!四角い顔が菱形になる、技ありマッシュショート

【6】ベース型だと気づかせない! ウェットな束感で魅せる大人の絶品ショート

\Cocoon銀座店の泰斗さんがレクチャー!/

ベース顔のショートヘア代表:中西愛子さん(45歳/主婦)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

直毛で扱いにくいと言うモデルさんの髪質。直毛を少し曲げるくらいのさりげないパーマをかけて、柔らかい印象に仕上げているのだそう。「トップとアンダーにはレイヤーを入れつつ、ミドルは頭のカタチがきれいに見えるようグラデーションに。ノンブローでもシルエットが決まるよう、再現性にもこだわっています」(泰斗さん)。

<スタイリング方法>根元のボリュームがスタイルキープの要!

「スタイリング剤を表面に撫で付けるのはNG。毛先だけにつけるのもダメです! 手のひらになじませたら根元からしっかりとつけましょう。根元からつけるとボリュームが潰れにくく、スタイルを長時間キープすることができます」(泰斗さん)。

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>根元を擦りながらドライヤーを当てる
シャンプーをするように、地肌を擦りながら大胆に乾かして。
シャンプーをするように、地肌を擦りながら大胆に乾かして。
<STEP.2>全体にスタイリング剤をつける
根元から全体にしっかりとつけるのがコツ。
根元から全体にしっかりとつけるのがコツ。
<STEP.3>顔まわりに束感を出す
指先でつまむように。ランダムに束感を作ったら完成。
指先でつまむように。ランダムに束感を作ったら完成。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. ドライで根元をしっかりと立たせる
  2. スタイリング剤を撫で付けたり、毛先だけにつけるのは×
  3. 顔まわりの毛束をつまむように束感をつくる

「スタイリング剤はウェットな仕上がりになるものを使ってみてください。ジェルがおすすめですが、ワックスでも何でもOK。みずみずしいツヤ感が女性らしさと若々しさを引き出してくれます」(泰斗さん)。

Cocoon銀座店店長・泰斗さん。「Cocoonオリジナルのノンブローカットをぜひ体感しにきてください。ノンブロー・ノンスタイリングでOKなノンストレスなスタイルを提案させていただきます」
Cocoon銀座店店長・泰斗さん。「Cocoonオリジナルのノンブローカットをぜひ体感しにきてください。ノンブロー・ノンスタイリングでOKなノンストレスなスタイルを提案させていただきます」。

髪型で叶う|ベース型だと気づかせない!ウェットな束感で魅せる大人の絶品ショート

【7】コテで巻いても古臭く見えないショートヘア

\RamieGINZAの加藤貴大さんがレクチャー!/

ベース顔のショートヘア代表:西原英理子さん(39歳/会社員)の場合

〈基本スタイル〉
〈基本スタイル〉
〈アレンジ完成〉
〈アレンジ完成〉

「毛先や髪の内側にカールをつけることで『巻きました感』のない自然な仕上がりになります。ショートヘアはコテで巻くのが難しいと思っている方にこそチャレンジしていただきたいです」(RamieGINZA 代表・加藤貴大さん)。

<スタイリング方法>ニュアンスを与えるコテ使いで、ペタ髪に自然なボリューム感が!

<STEP.1>ハチ上をダッカールで止めて髪の内側の毛先をすべて外ハネにする
コテは26mmを使用。毛束をランダムにとってワンカールする。
コテは26mmを使用。毛束をランダムにとってワンカールする。
<STEP.2>つむじ前のトップの毛束をフロントに巻く
毛束をとって毛先から根元まで巻き込む。
毛束をとって毛先から根元まで巻き込む。
<STEP.3>つむじ後ろの毛束も巻く
つむじ後ろの毛束も毛先から根元までしっかりと巻き込む。フロントではなく、後頭部の方へ巻くのがポイント。
つむじ後ろの毛束も毛先から根元までしっかりと巻き込む。フロントではなく、後頭部の方へ巻くのがポイント。
<STEP.4>前髪を巻いて完成
前髪も毛先から根元まで巻き込み、ふわっとさせれば完成。
前髪も毛先から根元まで巻き込み、ふわっとさせれば完成。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

「巻いているとは思えない自然なカール感が魅力。仕上げにオイルをつけると、カールがよりなじんで落ち着きます。もしカールがきつくかかってしまったときはオイルを使ってみてください。ツヤ感、束感も出るのでおすすめです」(加藤さん)。

RamieGINZA代表・加藤貴大さん。筋トレが日課だという加藤さん。「趣味がゴルフなので、基礎体力をつけるために筋トレをしています。週2くらいのペースですが体力がつくまで続けたいですね」
RamieGINZA 代表・加藤貴大さん。筋トレが日課だという加藤さん。「趣味がゴルフなので、基礎体力をつけるために筋トレをしています。週2くらいのペースですが体力がつくまで続けたいですね」。

老け見えしない!コテで巻くショートヘアの正解アレンジ

【8】アイロンで毛先をハネさせて、キュッと引き締めたショートヘア

\suiの中村育美さんがレクチャー!/

ベース顔のショートヘア代表:岡村真季さん(41歳/会社員)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

40代ともなるとトップの髪がペタッとして、ハチのあたりが膨らみやすくなるもの。そんな髪悩みに応えてくれるのが、suiのヘアデザイナー、中村育美さん。「ハチのあたりが膨らむと、余計にトップがつぶれて見えるんです。ご自身でスタイリングするときは、ハチのあたりをつぶしながら、毛先に丸みをつけるのがポイントです」とか。毛先が乾燥しやすく、トップと生えぎわに白髪が多い田村さんの髪。「分け目を作らず、生えぎわを覆うこのスタイルなら、白髪が目立ちにくいメリットがあります」(中村さん)。トップにボリュームをつくるためには「トップにレイヤーを入れ、立ち上がりやすくしています。レイヤーを入れすぎると、まとまりにくくなるので加減が必要です」(中村さん)。

<スタイリング方法>襟足にくびれを作ってスタイルにメリハリをつける

スタイリング前
スタイリング前

ボリュームがほしい部分は根元を立ち上げるように、ボリュームを削りたい部分はつぶしながらスタイリングをするのがポイント。「特に襟足をキュッと引き締めたいので、襟足の髪は首のラインに沿わせながら、毛先だけ外はねにさせます。メリハリがつくので小顔効果もあるんですよ」(中村さん)。

<STEP.1>襟足の髪は首に沿うようになでつけ、毛先だけ外はねにする
ストレートアイロンで毛先だけ外はねさせる
ストレートアイロンで毛先だけ外はねさせる
<STEP.2>その他の髪は毛束の中間から毛先を内側に丸めるようにアイロンを当てる
ストレートアイロンを毛束が内向きになるようにあてる
ストレートアイロンを毛束が内向きになるようにあてる
<STEP.3>頭頂部の毛束は根元を立たせるようにブロー
ロールブラシで頭頂部の根元を立ち上げ、ドライヤーをあてる。
ロールブラシで頭頂部の根元を立ち上げ、ドライヤーをあてる。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. 襟足の髪は毛先だけ外はねにして、くびれを作る
  2. はち周りはアイロンで内巻きにしながら膨らみをつぶす
  3. 顔を髪で包むようなスタイルにして生え際の白髪をカバー

「はち周りや襟足の髪をつぶすスタイリングは、うねって広がりやすい髪質の方にも向いています。毛先に丸みをつけるだけで、遊びと軽さが出るので、レイヤーを控えめにカットしても、そんなに重たい印象にはなりません」(中村さん)。

sui ヘアデザイナー・中村育美さん。現在4歳の男の子と1歳の女の子の子育て中。「特に1歳の子に「イヤイヤ」が始まって、振り回されています」
sui ヘアデザイナー・中村育美さん。現在4歳の男の子と1歳の女の子の子育て中。「特に1歳の子に「イヤイヤ」が始まって、振り回されています」。

白髪カバーと小顔見せが同時に叶う!毛先を遊ばせた「くびれショートヘア」

【9】くせ毛で生かしてシワも隠せる!厚め前髪ショート

\KAYAK by HONEYの小室里奈さんがレクチャー!/

ベース顔のショートヘア代表:沖 祐理さん(40歳/主婦)のお悩みを解消するには…

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

前髪を厚くすると、シワが隠せてとっても便利。ただし、重すぎるとバランスの悪いスタイルになるので要注意。KAYAK by HONEYのデザイナー、小室里奈さんは「前髪をただ一直線に下ろすのではなく、分け目を作ってちょっとだけ肌を見せるのがポイント。ちょっとのすき間で軽やかさが生まれ、バランスのいいシルエットになります。トップにボリュームが生まれるので、あごのラインがシャープに見えて引き締まったフェイスラインを印象づけられますよ」とのこと。眉間とおでこのシワをカバーする前髪テクを教わります。クセが強く柔らかい髪質の沖さん。クセを押さえるにもすき過ぎたりレイヤーを入れたりせず、重さを残すのが重要とか。「頭頂部にボリュームを作っている分、サイドから襟足にかけてスッキリ見せる工夫が必要です。耳にかけてタイトにまとめるだけで、スタイルにメリハリが生まれます」(小室さん)。

<スタイリング方法>空気を入れこむように髪を下からかき上げるのがポイント

「髪をかき上げてふわっとさせるには、ほどよい硬さのワックスがいいですね。『ロレッタ ムルムルバター』(¥2,300/ビューティエクスペリエンス)は重すぎず、クリームのようにのびるのでちょうどいいですよ」(小室さん)。

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>ワックスをなじませた両手のひらでしたから髪をかき上げる
髪の根元から全体にワックスをなじませる。
髪の根元から全体にワックスをなじませる。
<STEP.2>頭頂部から手ぐしで前髪をとかしつける
前髪に厚みを持たせるように頭頂部から前方向に手ぐしで形を整える。
前髪に厚みを持たせるように頭頂部から前方向に手ぐしで形を整える。
<STEP.3>サイドの髪を耳にかけ膨らみを押さえる
頭頂部のボリュームを潰さないようにしながら、サイドの髪はタイトにまとめる。
頭頂部のボリュームを潰さないようにしながら、サイドの髪はタイトにまとめる。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. 前髪は頭頂部から厚めにつくりボリューム感をもたせる
  2. 前髪から肌の一部を見せて、軽やかさも出す
  3. スタイリング剤は下からかき上げるようになじませ根元からふんわりさせる

「沖さんには白髪がまったくありませんが、生えぎわが見えにくいこのスタイルは白髪をカバーしたい方にもおすすめです」(小室さん)。

KAYAK by HONEY デザイナー・小室里奈さん。美味しいと評判のパン店は必ずチェック。「バケットが好きなので、“美味しい”って聞くと食べたくなっちゃいます」
KAYAK by HONEY デザイナー・小室里奈さん。美味しいと評判のパン店は必ずチェック。「バケットが好きなので、“美味しい”って聞くと食べたくなっちゃいます」。

眉間のシワも隠せる「厚め前髪」で、フェイスラインすっきり!

【10】多毛で広がる髪が小顔に見える、究極のショートヘア

\MINX銀座二丁目店の木倉義宗さんがレクチャー!/

ベース顔のショートヘア代表:黒田三雅さん(41歳/自営業)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

硬くて太くて、さらにボリュームもある黒田さんの髪。「生えグセもあって、髪が横に流れやすい…という特徴もあります。トップにボリュームが出るようにして、襟足をキュッと絞るようなシルエットにするだけで、ご自身でもスタイリングがしやすくなります」(木倉さん)。

<スタイリング方法>トップはふんわり立たせ、襟足を抑えるのがポイント

「押さえつけるだけのスタイリングではなく、トップは立たせるようにしてメリハリを作ってください。ストレートアイロンをスッと通してツヤを出しつつ、毛先を少しだけ内巻きにすると、スタイルに表情が生まれます」(木倉さん)。

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>頭頂部の髪を根元から立たせるように毛先からカーラーで巻く
分け目をまたぐように毛束を取り、顔側にカーラーで巻く。
分け目をまたぐように毛束を取り、顔側にカーラーで巻く。
<STEP.2>毛束をストレートアイロンに通し、毛先だけ内巻きに
毛束の中間から毛先に向かってアイロンを通す。毛先だけ内巻きにすること。
毛束の中間から毛先に向かってアイロンを通す。毛先だけ内巻きにすること。
<STEP.3>最後にドライヤーを襟足部分にあて、タイトにまとめる
襟足の髪をなで付けながらドライヤーをあてる。
襟足の髪をなで付けながらドライヤーをあてる。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. 毛量が多くてもトップの髪は立たせる
  2. 襟足は抑えてメリハリをつくる
  3. 軽さを出すために髪色は明るい色に

「落ち着いた髪色にすると、髪が多い分、重たい印象に。ベージュにアッシュ系の色味を加えたカラーにすると軽やかな印象に仕上がります」(木倉さん)。

MINX銀座二丁目店 代表・木倉義宗さん。趣味はスニーカーの収集。「限定とか希少価値のあるものを見つけると買っちゃいます。30足以上はありますね」
MINX銀座二丁目店 代表・木倉義宗さん。趣味はスニーカーの収集。「限定とか希少価値のあるものを見つけると買っちゃいます。30足以上はありますね」

多毛で広がる髪が小顔に見える、究極のショートヘア

【11】前下がりラインが美しいコンパクトショート

ベース顔のショートヘア代表:西原英里子さん(39歳/会社員)のお悩みを解消するには…

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

トップにボリュームをつくるには、ただ根元を立たせればいい…というだけではないようです。ZACC vieの副店長、古田千明さんは「全体のシルエット菱形に近づけるとトップに自然なボリュームが生まれ、バランスがきれい。そのために、膨らみやすいハチの上あたりにレイヤーを入れると、ハチの下あたりがふっくらします」とアドバイス。髪が柔らかくボリュームも出にくい西原さんの髪は「髪の表面にレイヤーを入れておくと、ボリュームが出やすくなります。鉢のすぐ下あたりが膨らむように、ハチの上にレイヤーを入れているのが、このスタイルの特徴です。ハチあたりがふっくらしている分、襟足はきゅっと絞ってメリハリをつくっています。顔の下部分も引き締まって見える効果もあるんですよ」(古田さん)。

<スタイリング方法>頭頂部に5つのカーラーを巻いて動きを出す

「トップにカーラーを5つ巻き、仕上げに耳の後ろの毛束を外はねにすれば、ふんわりとしたトップが簡単に完成します」(古田さん)。

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>直径3~4㎝のカーラー5本で頭頂部の髪を巻く
頭頂部の真ん中とその手前のカーラーは根元から前に向かって内巻きに、真ん中より後ろのカーラーは後頭部に向かって内巻きに、左右もそれぞれ内巻きに巻く。
頭頂部の真ん中とその手前のカーラーは根元から前に向かって内巻きに、真ん中より後ろのカーラーは後頭部に向かって内巻きに、左右もそれぞれ内巻きに巻く。
<STEP.2>耳の後ろの毛束の先をストレートアイロンで外はねに
毛先だけを外はねさせること。
毛先だけを外はねさせること。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. 鉢の下あたりに膨らみのポイントを持ってくる
  2. 5つのカーラーで巻いてトップに動きを出す
  3. 耳の後ろの毛束を外はねにして、抜け感をつくる

「トップにボリュームをつくっているので、耳の後ろの毛束を外はねにして抜け感をつくります。ほんのちょっとのことですが、このひと束の動きで菱形が強調され、軽さを出すことができます」(古田さん)。

ZACC vie 副店長・古田千明さん。今、トライしたいスポーツがトランポリン。「下半身と体幹を鍛えたくて。美尻効果に期待しています」
ZACC vie 副店長・古田千明さん。今、トライしたいスポーツがトランポリン。「下半身と体幹を鍛えたくて。美尻効果に期待しています」。

ペタンコ髪とは決別! レイヤーでつくる、ふんわりショートヘア

「前髪なし」ベース顔が似合うショートヘア【4選】


【1】前下がりラインが美しいコンパクトショート

\いつくしの才田とおるさんがレクチャー!/

ベース顔のショートヘア代表:HINOさん(42歳/モデル)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

エラ張りが気になるベース型さんの場合、フェイスラインが出てしまうショートヘアに、苦手意識を持つ人も多いもの。そこで、ショートスタイルを得意とするヘアサロン いつくしの代表・才田とおるさんに、ベース型をカバーできるショートヘアを提案していただきました。「ショートヘアを作るときに大切なのが、髪と肌の面積のバランスです。エラを隠そうとすると髪の面積が増え、肌の分量が減ってしまうので、少し野暮ったい雰囲気になりがち。エラは気にせず、全体のバランスを重視して作ってあげたほうが、意外と顔型も目立たなくなるんですよ」(才田さん)。

髪と肌のバランスを考えて作られたシンプルなショートヘアには、もちろん輪郭カバーにつながるカットテクも。「やや前下がりのカットラインで切ると、後ろから前へ毛が流れるので、耳当たりにボリュームが出てきます。エラ上に縁取りが生まれるので、輪郭をカモフラージュしつつ、頭のかたちがコンパクトに見えるんです」(才田さん)。これには、横から見た時の印象をグッと高めてくれる効果も!スタイリングも簡単なのが嬉しいところ。シンプルで美しいショートスタイル、ぜひ挑戦してみてください。

「低い位置にグラデーションカットを施したショートボブがベース。白髪が少ない黒髪なので、肌が出る面積を考え、前髪は作らずセンターパートに。襟足は首が長く、キレイに見えるように、タイトに仕上げています。サイドの前下がりのカットラインで、横顔が美しく、頭も小さく見えるように」(才田さん)

<スタイリング方法>ブローするだけで簡単に決まる!

「ブローすれば収まるようにカットしているので、スタイリングはとても簡単。襟足は、できるだけタイトに仕上げると、メリハリが生まれて頭が小さく見えます。とくに耳の後ろ辺りを押さえるようにブローして」(才田さん)。

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>全体をハンドブロー
後ろから前に向かってドライヤーの風を当てながらハンドブロー。襟足はタイトに押さえて。
後ろから前に向かってドライヤーの風を当てながらハンドブロー。襟足はタイトに押さえて。
<STEP.2>表面のみブラシでブロー
内側からブラシを入れ、表面にドライヤーを当ててブローしてツヤを出す。
内側からブラシを入れ、表面にドライヤーを当ててブローしてツヤを出す。
<STEP.3>オイルワックスをなじませる
O-WAY シャビィマッドを使用。ワックスを手のひらにのばし、中間から毛先を中心になじませて整える。
O-WAY シャビィマッドを使用。ワックスを手のひらにのばし、中間から毛先を中心になじませて整える。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. 根元付近にはスタイリング剤がつかないようにする
  2. 襟足は押さえてブローし、コンパクトに仕上げる
  3. 前髪のパートはきっちり取らず、あいまいに

「スタイリング剤は保湿力&ツヤが出るオイル系がおすすめですが、重いタイプは時間が経つとベタっとしたり、酸化しやすくなるので、できるだけ軽めのものが◎。ふんわり感がキープできるように、スタイリング剤は根元につけず、前髪はきっちり分けないで」(才田さん)。

いつくし 代表・才田とおるさん。「店内では、ギャラリースペースを設け、定期的に作家さんの作品を展示しています。常設しているヘアアクセサリーの展示も、とても素敵なので、ぜひご覧ください!」
いつくし 代表・才田とおるさん。「店内では、ギャラリースペースを設け、定期的に作家さんの作品を展示しています。常設しているヘアアクセサリーの展示も、とても素敵なので、ぜひご覧ください!」。

肌と髪のバランスでエラがカバーできる!横顔まで美しい知的ショート

【2】輪郭だけでなく、頭のかたちまでキレイに見える! 菱形ショート

\BEAUTRIUM 青山の村上侑介さんがレクチャー!/

ベース顔のショートヘア代表:園部知美さん(48歳/主婦)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

BEAUTRIUM 青山のHair Stylist・村上侑介さんが提案する、ベース型さんに似合うショートボブスタイルのポイントは、ボリュームゾーンを目の高さに作ること!「ワンレングスのショートボブは、エラ近くにボリュームが出る台形型になります。このシルエットは、ベース型の輪郭を強調することに。エラを目立たせないためには、目のラインからボリュームが出るように、裾に向かって締まっていくシルエットにするのが効果的です。ボリュームの位置がエラより上にくることで、輪郭もリフトアップして見えます」(村上さん)。そのためには、トップとサイドにレイヤーカットを入れて、菱形シルエットを作るのだとか。「トップとサイドにレイヤーを入れることで、どの角度から見ても菱形シルエットに。頭のかたちまでキレイに見えますよ。レイヤーを入れると自然と毛先に動きが出るので、女性らしさも演出できます。クセを活かしてあげることもできるので、顔周りにクセが出てきたという40代の方にもおすすめです。「スライドカットで毛流れをキレイにすることで、顔周りのクセもいい感じに。もみあげを長めに残し、前髪は目尻下に向かって流れるようにカット。顔周りにも菱形を作ることで、輪郭カバー効果がアップします」(村上さん)

<スタイリング方法ふんわりさせつつ、襟足&ハチ周りはタイトに

「菱形シルエットにしたいので、全体にボリュームは出しますが、襟足とハチ周りは押さえて、メリハリを作りましょう。大切なのは、乾かし方です」(村上さん)。

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>根元を起こしてドライ
根元を起こしながら、全体を乾かす。
根元を起こしながら、全体を乾かす。
<STEP.2>襟足、ハチ周りは押さえてドライ
襟足とハチ周りは手で押さえながら、上からドライヤーの風を当ててタイトに乾かす。
襟足とハチ周りは手で押さえながら、上からドライヤーの風を当ててタイトに乾かす。
<STEP.3>アイロンで毛先に丸みをつける
ストレートアイロンを、髪全体に通して毛先に丸みをつける。トップは上に持ち上げながら滑らせて。
ストレートアイロンを、髪全体に通して毛先に丸みをつける。トップは上に持ち上げながら滑らせて。
<STEP.4>スタイリング剤をもみ込む
ファイバーワックスとヘアオイルを1:1で混ぜ、手のひらにのばして全体にもみ込み整える。
ファイバーワックスとヘアオイルを1:1で混ぜ、手のひらにのばして全体にもみ込み整える。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. 髪を乾かす時は根元からふんわりと立ち上げる
  2. トップは上に引っ張りながらドライ
  3. ストレートアイロンは髪が真っ直ぐになり過ぎないように

「ふんわり感と動きを作るため、スタイリング剤はしっかりスタイリング力のあるものを使って。ヘアオイルをプラスすることでツヤ感も出せます。前髪は斜めに流してスタイリングを」(村上さん)。

BEAUTRIUM 青山のHair Stylist・村上侑介さん。最近ハマっているのはゴルフなのだとか。「友達に誘われて始めました。休日は打ちっぱなしで練習、月1・2回はコースにも出ています。すごくリフレッシュできます!」
BEAUTRIUM 青山のHair Stylist・村上侑介さん。最近ハマっているのはゴルフなのだとか。「友達に誘われて始めました。休日は打ちっぱなしで練習、月1・2回はコースにも出ています。すごくリフレッシュできます!」

全方位菱形シルエットがカギ!ベース顔をリフトアップするショートボブ

【3】頬骨に沿うようにパーマをかけて動きを出したショートヘア

ベース顔のショートヘア代表:今井宏美さん(41歳/主婦)のお悩みを解消するには…

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

ボリュームをつくるためにカーラーで巻いたり、アイロンで髪の根元を立たせたり、毎朝のスタイリングで苦労をしていませんか? そんな手間を一気に解消できるスタイルを提案してくれるのが、apish omotesandoのディレクター、嶋根寛明さん。「髪が柔らかくて、細い髪質の方は、思い通りにスタイリングするのは難しいですよね。毛先を中心にパーマをかけておくと、スタイルに柔らかさも出るし、今シーズン流行の跳ね感も出せるのでおすすめです」(嶋根さん)。髪のコシがなく、すぐにペタッとしがちな今井さんの髪。「髪に厚みを出すためにレイヤーは入れていません。ただ、動きが出やすくなるようリップラインに合わせて長さを調整しました。華やかな雰囲気になるよう、毛先を中心にパーマをかけています。パーマをかけるだけで、ご自身でもアレンジしやすくなるはずです」(嶋根さん)。

<スタイリング方法>軽く濡らして、パーマを復活させるだけでOK!

朝のスタイリングは、髪を濡らしてパーマを復活させるだけで完了。「濡らすときは、霧吹きのようなスプレーで、表面を軽く湿らせるだけで十分です。あまり濡らしすぎると、かえって乾くまでに時間がかかってしまうので、朝の時間がもったいない!」(嶋根さん)。

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>スプレーで髪の表面を軽く濡らす
パーマがかかっている毛先を中心に塗らせばOK。
パーマがかかっている毛先を中心に塗らせばOK。
<STEP.2>ムースを手にのばし、毛先を揉み込むようになじませる
パーマを復活させるようにクシュクシュッと揉み込む。
パーマを復活させるようにクシュクシュッと揉み込む。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. パーマは毛先だけかけ、華やかさをプラス
  2. 毛先の動きを出すには、長さをリップラインでカット
  3. パーマを復活させるには髪を濡らしすぎないのがポイント

「パーマを復活させるには、手で毛先を握りながら揉み込むのがポイント。とかしつけたり、引っ張ってのばすようなテクニックは必要ありません。ほんの数分で思い通りのスタイルになるはずです」(嶋根さん)。

apish omotesando ディレクター・嶋根寛明さん。最近よくチェックするのがYouTube。「自分でも美容系の情報を発信できれば…と思っています」
apish omotesando ディレクター・嶋根寛明さん。最近よくチェックするのがYouTube。「自分でも美容系の情報を発信できれば…と思っています」。

ボリューム不足が気になるショートヘアは「毛先パーマ」が正解!

【4】グラデーションで後頭部を膨らませ、全体に丸みをつくったショートヘア

ベース顔のショートヘア代表:今野和美さん(40歳/主婦)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

40代の髪悩みに多い「何をやってもトップにボリュームが出ない!」問題。いつも、ついトップをふんわり立ち上がらせたくて、あれこれ手を加え過ぎていませんか?実はこれが【トップがぺたんこになる】原因かもしれないとのこと!ヘアサロン「natura」のクリエイティブディレクター・内藤新士さんは「髪は触れば触るほど、トップのボリューム感は失われていきます。トップを自然に立ち上がらせるには、根元を起こすようにドライヤーをあてて、根元を立ち上げるようにワックスをなじませれば完成です。少しずつではなく、大胆にスタイリングしてください」。

髪の太さも柔らかさも扱いやすい印象の、今野さんの髪。ただトップに生えグセがあって、根元がペタッと寝やすいのが難点なのだとか。「後頭部に丸みをつけて襟足をすっきり見せることで、トップに自然なボリューム感が生まれます」(内藤さん)。

<スタイリング方法>カーラーで巻いたら、あとは大胆にくずすのがポイント

カーラーで巻いた後は、細かなスタイリングテクニックは必要ないのだそう!

「根元を起こすようにドライヤーをあて、ワックスを根元部分に、立ち上げるようになじませれば完成です。少しずつではなく、大胆にスタイリングしてください」(内藤さん)。

スタイリング前
スタイリング前
<STEP.1>頭頂部の根元を起こすように4本のカーラーで巻く
後頭部は後ろ向きに、残りの3本は前向きに、髪の根元を立ち上がらせるように5〜10分ほど巻く。
後頭部は後ろ向きに、残りの3本は前向きに、髪の根元を立ち上がらせるように5〜10分ほど巻く。
<STEP.2>頭頂部の根元をつまむように、ドライヤーをあてる
カーラーを外したら、髪の根元部分にドライヤーの熱風をあてる。
カーラーを外したら、髪の根元部分にドライヤーの熱風をあてる。
<STEP.3>トップの毛束を持ち上げるようにワックスをなじませる
両手のひらにワックスを広げ、根元を中心になじませる。最後に整えれば完成。
両手のひらにワックスを広げ、根元を中心になじませる。最後に整えれば完成。

<ベース型×ショートヘア スタイリングのコツ>

  1. 後頭部も丸みのあるシルエットにすること
  2. スタイリングの最初にカーラーで根元からしっかり立ち上げること
  3. ワックスはなでつけず、立ち上げながらなじませること

「ワックスをなじませる時、なでつけるようにしてしまうと、せっかくのボリューム感が失われる原因に。毛束を持ち上げるようになじませると、根元からふんわり自然に立ち上がりますよ」(内藤さん)。

naturaのクリエイティブディレクター・内藤新士さん。プロ野球チーム、ヤクルトスワローズの大ファン。「サロンと球場が近いので、半休を取って観戦に行くことも。今年は調子がいいので応援にも熱が入ります」
naturaのクリエイティブディレクター・内藤新士さん。プロ野球チーム、ヤクルトスワローズの大ファン。「サロンと球場が近いので、半休を取って観戦に行くことも。今年は調子がいいので応援にも熱が入ります」。

40代に似合う【ふんわりショートヘア】トップをボリュームアップさせる【スタイリング術】を伝授

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。