2018年、東京で一番の話題になりそうなのが、日比谷界隈のリニューアル。なかでもビックプロジェクトとして注目されているのが、「2つ目の東京ミッドタウン」のオープンです。

その「東京ミッドタウン日比谷」は、地上35F・地下4F、延べ床面積約189,000平方メートルの、商業施設とオフィスで構成される大規模複合施設です。2018年3月29日(木)に予定されている開業の前に、施設の一部がメディアに公開されました。

鹿鳴館からインスピレーションを得た「ダンシングタワー」

東京ミッドタウン日比谷の外観は、元祖の「東京ミッドタウン六本木」(2007年3月30日開業)同様にシックな色調ですが、やわらかなカーブが随所に使われているのが大きな特徴です。これは、かつて明治時代に日比谷にあり、外国からの使節を迎えた社交場「鹿鳴館」からインスピレーションを受け、舞踏会でカップルがダンスをするイメージを表現。

外装はそのまま”踊る塔”、「ダンシングタワー」がコンセプトのデザインとなり、角度によっては、高層階部分が踊るカップルのごとく、ふたつに分かれているようにも見えます。低層部分は、かつてこの地にあった「三信ビルディング」の石張りの壁面をエッセンスを取り入れ、優美さを表現。

これらの相乗効果で、高層ビルながら威圧感のない、やわらかなファサードが創り上げられました。

玄関口に広がるスペースは「日比谷ステップ広場」という名称に

晴海通り側から入った玄関口に広がる「日比谷ステップ広場」は、直径約30mの円形劇場とステップ状の階段がある、この界隈の商業施設にはない”地上の憩いの場”が出現。オープン後はこの広場を利用し、さまざまなイベントの実施も予定されています。階段に座ってイベントを見下ろす…といった使い方も考慮されているそう。

正面エントランス入ってすぐは、1Fから3Fまで大きな吹き抜けになった「アトリウム」

ノスタルジックなコンセプトデザインも注目のレストラン「Buvette(ブヴェット)」が初上陸

「東京ミッドタウン日比谷」に出店する60店舗のうち、日本初出店となるショップは5店舗。なかでもPrecious.jp読者におすすめしたい場所は、「日比谷ステップ広場」に面したレストラン「Buvette(ブヴェット)」です。

本レストランの始まりは、2011年に女性オーナーシェフのジョディ・ウィリアムズがニューヨークのウエストヴィレッジに開いた、朝から深夜まで使える”街の小さな食堂”。格式ばらない日常使いの「ガストロテック」(ブヴェットの世界観を表す造語で、朝から晩まで一日を通して食べたり飲んだりできる喜び、場所/環境を表すもの)と名付け、2013年にはパリにも出店しています。

アンティークを配したノスタルジー感のある演出や、ヨーロッパ風の古き良き時代のカフェなど、店舗のコンセプトデザインは、ニューヨークやパリの店舗と同様のものになるそうです。

正面入り口すぐ右側の緑のラインがポイント
料理はフランスの伝統的な料理を小さく凝縮するスタイル

レクサスの試乗、ラグジュアリーコスメ…よりプレミアムな新しい体験を提供

「東京ミッドタウン日比谷」の顔となる1Fのコンセプトは、プレミアムライフスタイルゾーン。

Buvetteと逆の正面左側に位置するのが、「LEXUS MEETS...」。トヨタの高級車レクサスのあるライフスタイルを提案するブランド体験型施設で、中央には大きなカフェや、レクサスをイメージするファッションアイテムなどのブティックコーナーも。銀座・日比谷界隈では珍しい、実際の車の試乗も可能で、東京ミッドタウン日比谷の地下から、日本の一等地のドライブクルージング体験が提供されるそうです。

「LEXUS MEETS...」の店舗模型。奥の2台の展示車模型と比較するとよくわかる、この広さ!

そのお隣に構えるのは、「イセタン ミラー メイク&コスメティクス」の最大級規模の店舗。イセタン ミラー初出店となるドゥ・ラ・メール、トム フォード ビューティなどのラグジュアリーコスメのほか、各ブランドでの取り扱いアイテム数も充実。

さらに、短時間でヘアセットが受けられるヘアサロン「MAKE OVER BAR」を展開。ここは、ニューヨークで人気のヘアセットやブローを専門とした“ブローバー”スタイル。ドレスアップスタイルはもちろん、デート前により艶髪にするなど、ニューヨーク帰りのスタッフが、素敵な予定の前にラグジュアリーなヘアスタイルをセッティングしてくれます

MAKE OVER BARでは、髪質に合わせたアイテムですぐに艶感をアップ!

落ち着きのあるクラシックなデザイン、駅直結のフードアーケード

地下鉄千代田線、日比谷線から直結し、雨の日でもアクセスが便利な地下1Fは、フードアーケードに。手土産としておなじみの博多の老舗和菓子店「鈴懸」や、できたてのカスタードアップルパイを販売する「RINGO」、三軒茶屋のベーカリー「ブーランジェリー ボヌール」などの店舗のほか、日々の生活に寄り添う「トモズ」「カルディコーヒーファーム」「スターバックスコーヒー」「セブン-イレブン」も集結しています。

注目は、8つの業態が集まった都心型のフードホール「HIBIYA FOOD HALL」。かつて日比谷界隈で働いていた者としては、ランチタイムとディナータイムの間に食事をしたいときに選択肢が少ないのが悩みでした。ひとりでもさくっと食べられるスタイルが登場するのは、近隣で働く人にとっても朗報ですね。

地下の通路スペースもゆったりと作られています

日比谷は日本を代表する商業地の銀座、ビジネス拠点の大手町・丸の内、官庁街の霞が関などをつなぐ要となる街。今春の「東京ミッドタウン日比谷」のオープンで街がどう変わっていくのか、楽しみですね。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子
EDIT :
安念美和子