連載・コラム
2020.3.31
ミスター猛獣使い『スクラムハーフ』とは「想定外」の恋…
日本のラグビー界では、背が低い人でも活躍できるポジションとされるのが、スクラムハーフ。デカいフォワードが組むスクラムにボー…
2020.3.9
番号8はチームのスーパーマン!超人的身体能力も筋肉弁…
スクラムを組む時に最後列に位置するポジション。破壊的な突破力でガンガン攻めていくプレーを得意とし、ディフェンスではカバーに…
2020.3.5
廣瀬俊朗がはじめて訪れたガーナで、子どもたちとの感動…
「愛だナ。ガーナ」はロッテのチョコレートのキャッチコピーだ。しかし、飛行機を乗り継いで、ようやくガーナ共和国に辿り着いて感…
2020.2.14
試合もロマンスも、狙った獲物は逃さない!必殺仕事人が…
スクラムの両端に位置して、相手にボールが出れば、戦闘機よろしく真っ先にバックスめがけて飛び出していく。そして味方のボールな…
2020.1.29
廣瀬俊朗は、2020シーズンのジャパンラグビートップリー…
日本ラグビーの最高峰リーグであるジャパンラグビートップリーグ。ワールドカップで世界を感動させた面々が、自分の所属チームに戻…
2020.1.3
アツくて寂しがりやの大男『Mr.制空権「ロック」』
とにかくデカい。世界レベルの選手になると、同じ人類か?という疑問さえ沸いてくる。しかし、その見かけとは裏腹に、心は優しいの…
2019.12.28
Sキャラにいじられつつも、“弱いオレ”を出させてあげ…
スクラムの最前線。両隣のプロップに挟まれ、スクラムハーフが投入したボールを足でかく役。かく=フックからフッカーという名がつ…
2019.12.27
廣瀬俊朗の“2019年のマイ・ベスト8”を大公開!!
ラグビーワールドカップが日本だけでなく、世界中に興奮と感動をふりまいた2019年。日本のラグビーの歴史の中ではじめてのベス…
2019.12.6
強さと優しさを兼ね備える!Mr.安定感『プロップ』背番…
ラグビーには大きくわけて2種類の人種がいることを前回書きました。今回からはさらに深掘りしていきます。背番号順にいきましょう…
2019.12.5
【廣瀬俊朗コラム】いよいよ日本ラグビーの盛り上がりシ…
ワールドカップロスなんて言葉も少しずつ影を潜めてきた感じもある。しかし。日本のラグビー界はここからが本番!年末の高校全国大…
2019.11.22
ラグビー部とつきあうならどっち?フォワード?バックス…
ラグビーはいろいろな体型の人が混ざり合ってひとつのチームを構成するスポーツ。でも大きく分けるとフォワードとバックスにわける…
2019.11.18
パートナーのダメなところも前向きに解釈できるのがモテ…
ラグビーワールドカップでも感じましたが、15人の選手が試合前の国歌斉唱で並んだとき、他のスポーツとちょっと違うな、と気がつ…
2019.11.8
おめでとう!南アフリカ。3度目の世界の頂点に!
9月20日から44日間にわたって繰り広げられたラグビーワールドカップ日本大会。大会前の予想をはるかに上回る盛り上がりを見せ…
2019.10.24
命を賭けられるラグビー選手にオンナは魅了されるのです…
この秋はワールドカップに日本中が沸いた。今までラグビーを観たこともなかったという人が、熱い声援を送り、涙を流したり。「なん…
2019.10.19
今からでも遅くない!「一夜漬けラグビー講座」ジャージ…
ラグビーワールドカップで盛り上がっている日本。今大会ではじめてラグビーを知った人、そうでない人も、日本代表選手の活躍に興奮…
2019.10.19
「ワールドカップ」いよいよラグビー日本代表が準々決勝…
10月13日に日本ラグビー界の、いや世界のラグビー史を塗り替えた日本代表チーム。それはただの8強入りではない。アジアの代表…
2019.10.16
日本ラグビー界がはじめての舞台へ。世界の8強進出!あ…
2019年10月13日。この日は日本のラグビー界に、いや世界のラグビーの歴史に永く語り継がれることになるだろう。日本代表が…
2019.10.11
ワールドカップ日本大会「ジャパンが8強進出」で、200…
2019年のスポーツ界の最大の話題は、ラグビーワールドカップといっても良いだろう。開幕戦のロシアを倒し、世界を驚かせた一戦…
2019.10.11
オンナが惚れる、ラグビー経験者のこんな所!
この記事のタイトルは「ラグビー選手」ではなくて、あえて「ラグビー部」としています。それは専門的、プロ的にラグビーをしている…
2019.10.10
「ラグビー」と「AKB」の意外な関係性
ラグビーは筋骨隆々の男たちだけのスポーツなんだろうか?子どもたちにだってきっと面白いスポーツであるはず。紳士のスポーツとい…