20世紀最大のファッションアイコンであるフレッド・アステア。そのダンスシーンを見るにつけ、不思議に思えることがある。ここまで激しく動き回っているのに、スーツがほとんど乱れないのはなぜだろう? その理由について、彼の装いをたびたび描き、自身も大のアステアファンであるというイラストレーター・綿谷 寛さんに伺ってみた。

フレッド・アステアはどうして優雅なのか?

フレッド・アステア Photo by Aflo

「彼は『アンダーソン&シェパード』でスーツを仕立てていたことで有名ですが、その際かなり特別な注文を行っていたようです。まず、アームホールがかなり細く、鎌高なこと。これによって腕を高く上げても身頃が引きつれにくく、そでがずり上がらないのです。また、そで口も相当細く絞り込んでいるように見えます。ダブルカフスのシャツは着られないでしょうね。それから後ろのベンツも浅めですが、これはすそがハネることを防ぐためでしょう。そして、パンツにも秘密が。映画『絹の靴下』を見ると、すそが靴に着くか着かないかの絶妙な丈に設定してあることがわかります。これはアステア・レングスとも呼ばれ、踊ると靴下が覗いて実に印象的なのです。A&Sの仕立ては旧来の英国テーラーに比べてやわらかく、独特のくつろぎ感がありますが、なかでも彼のスーツは究極に動きやすいスポーツウエアとして仕立てられていたということですね」

神は細部に宿るといわれるが、ダンスの神の秘密もディテールへのこだわりにあった、というわけだ。

フレッド・アステア
Fred Astaire
1899年生まれ。ダンサーとしてデビューし、ブロードウェイで活躍したのち映画にも進出。’30年代~’50年代にかけて、ミュージカル映画における看板役者として活躍。マイケル・ジャクソンなど後世の大スターにも影響を与えた。
<出典>
MEN'S Precious秋号「紳士の装い大全集2019」
メンズプレシャス秋号の表紙
【内容紹介】話題沸騰!「日常を豊かにするアート」を追って富山県へ/不変のパリに再会の投げキッスを!/ジャンニ・アニエッリのスタイルには男の装いに必要なすべてがある/曇りなき清潔感を身にまとう
2019年10月4日発売 ¥1,230(税込)
この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク
TAGS: