創業者:イヴ・サンローラン
創業地:フランス/パリ
創業年:1961年。オートクチュールメゾンとしてスタートして以降、時代に先駆けてプレタポルテラインを展開するなど、ファッション界にさまざまな新風を巻き起こしてきた、フランスを代表するラグジュアリーブランド。

リヴ・ゴーシュ期のサンローラン本店 ©AFLO

「モードの帝王」の名にふさわしい、革新的なスタイルを数多く提案

■創業当時のエピソード

若き日のイヴ・サンローラン©AFLO

1961 年、イヴ・サンローランが、公私ともにパートナーであったピエール・ベルジェとともにオートクチュールメゾンを設立。1966 年には、プレタポルテ(高級既製服)ライン、「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」をスタートさせました。ブルジョワたちが多く集うセーヌ川の右岸ではなく、ユースカルチャーの生まれる場所であったリヴ・ゴーシュ(フランス語で「左岸」の意)にブティックを出店したことからこの名がついたプレタポルテラインは、ストリートの若者たちにも開かれたブランドであったことがわかります。

2012年には、プレタポルテラインのブランド名をブランド設立時のフォントに変更し、原点回帰の意味を込めて「サンローラン」へ改名。レディース、メンズのプレタポルテ、ハンドバッグ、シューズを始めファッション全般のアイテムをさらに充実させ、国内では26店舗、世界中では約250店舗の直営店を展開しています。(2017年8月時点)

■ブランドの転機

モンドリアン・ルック ©Shutterstoc/AFLO

男性の正装であるタキシードを女性的にアレンジした「スモーキング」、画家ピエト・モンドリアンの絵画からインスパイアされた「モンドリアン・ルック」など、モード史の歴史に残るスタイルを数多く発表。パリがドイツ軍に占拠されていた戦時下のスタイルをイメージさせ、人々の当時の記憶を呼び醒まし物議を醸した「スキャンダラス・コレクション」は、一大センセーションを巻き起こしました。

さまざまなスタイルのファッションを世に送り出し、2002年に引退するまで第一線に立ち続けたイヴ・サンローランを、人々は「モードの帝王」と称賛したのです。

■ブランドのアイコン・定番アイテム

スモーキングジャケット
サック・ド・ジュール・スープル
モノグラム・サンローラン ケイト

■ブランドを愛用するセレブリティーとエピソード

カトリーヌ・ドヌーヴ

イヴ・サンローランが亡くなる直前まで交流があり、ブランドの一大顧客としても知られるフランスの大女優、カトリーヌ・ドヌーヴをはじめ、彼のミューズとして知られるルル・ド・ラ・ファレーズ、ベティ・カトルーなど、ユニークな女性達が彼にインスピレーションを与え続けました。

現在でも、ケイト・モスやアンジェリーナ・ジョリー、シャーロット・ゲンズブールといった世界的セレブリティが、ブランドの顧客に名を連ねています。

■ブランドの現クリエイティブ・ディレクター

アンソニー・ヴァカレロ ©Inez and Vinoodh

2016年には、新クリエイティブ・ディレクターにアンソニー・ヴァカレロが就任。

ベルギー出身のアンソニー・ヴァカレロは、美術とデザインにおけるベルギー屈指の教育機関、ブリュッセル国立ラ・カンブル視覚芸術高等専門学校を卒業後、フェンディやヴェルサス ヴェルサーチで経験を積み、才能あふれる新進デザイナーとして注目されてきました。

2017年春夏コレクションより

デビューコレクションとなった2017年春夏コレクションでは、サンローランの新たなブランドイメージを構築しつつも、メゾンの伝統を重んじ現代的に再解釈した新作を発表。精緻なテーラリング技術などをはじめとする、彼の高い美の基準が、ファッション界をリードし続けてきたメゾンの名声をさらに高めていくことでしょう。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
難波寛彦