女性の薄毛をカバーできる、おすすめのヘアスタイルを、ラグジュアリーの入り口メディア「Precious.jp」内の記事よりまとめました。

ぺちゃんとなりがちな髪に、ふんわりとボリュームを与える髪型と、そのセット方法を6パターン、ご紹介します。朝のスタイリングに、ぜひ参考にしてみてください。

気になる薄毛も目立たない!女性におすすめの髪型セット方法


■ふんわりボリュームミディアムヘア

■ふんわりボリュームミディアムヘア
完成
サイド
バック

スタイリング方法:トップはカーラーで、顔周りの毛先はカールアイロンで内巻きに

「分け目をまたぐように、頭頂部の髪をカーラーで巻いて、根元の立ち上がりをつくります。顔にかかる髪はカールアイロンで毛先を内巻きにして、菱形のシルエットをつくれば、ボリューム不足が気にならないスタイルになれます」(六本木美容室 白金店の副店長・田島沙智子さん)

スタイリング前

頭頂部の中央の髪を直径4~5㎝のカーラーで内巻きに。そのすぐ後ろの髪も同様に巻きます。

分け目をまたぐように毛束をとるのがポイント。

顔にかかる髪は、カールアイロンで中間あたりから毛先が内側に向くように形を整えます。

カールアイロンに巻き付けるのではなく、内向きにサッと通すイメージ。

薄毛と髪のうねりは「毛先を内向き」にすると目立たなくなる!

■前髪を厚めにして小顔に見せるショートヘア

■前髪厚めのエレガントヘア
完成
サイド
バック

スタイリング方法:つむじ周りの髪を前に持ってきて、潰れやすいフロントをバックアップ!

「ペタンと張りついたトップを高く見せるために、つむじ付近の髪をフロントに持ってきて、前髪に厚みを出します。フロントとは逆に、両サイドのボリュームを抑えめに。これによって“高く見せたいところをしっかりと際立たせる”効果があるんです。凹凸さを極端なくらい強調することが、このスタイリングの成功の鍵です」(MAGNOLiA Aoyama店・店長SHINさん)

スタイリング前

クシでつむじ付近の髪を前に持ってきます。

つむじより少し前にある毛束をクシで前に持ってくる。前髪を増やすようなイメージで。

フロントに持ってきた髪と前髪を、大中小のホットカーラーで巻きます。

つむじ付近の毛束は5㎝くらいの大きなカーラーで、中間は4㎝くらい、前髪は3㎝くらいの小さなカーラーですべて前向きに巻く。

両サイドの髪をドライヤーで後ろに流します。

手グシでサイドの髪を後頭部に流しながらドライヤーを当てる。逆サイドも同様に。

こめかみと耳上の髪を引っ張りながら、ドライヤーでクセ付けします。

仕上げに耳上、こめかみの髪を後ろに引っ張りながらドライヤーを当てる。逆サイドも同様に。

【丸顔×ペタ髪さん必見】丸い顔がシャープに、小顔になる!「前髪を厚め」にするだけ

■薄毛と白髪が目立たなくなる、ミディアムヘアのゆるふわハーフアップ

■ゆるふわハーフアップ
完成
サイド
バック

スタイリング方法:頭頂部から毛束をひとつまみずつ引き出してボリュームアップを

「髪を引き出すとボリュームアップが狙えるほか、白髪カバーもできます。引き出す場所によって、丸顔の方は中央、面長な方は左右を中心に引き出すと顔型の補正もできるんですよ。また、アレンジの前に、動きを出しやすくツヤも出るバームタイプのワックスを髪全体に。ドライワックスタイプのスプレーを根元中心に吹きつけておくと、仕上がりに差が出ます」(sui 店長・坂口勝俊さん)

アレンジ前

ヘアアイロンで毛先を外巻きにします。

髪全体の毛先を外巻きに1カールさせる。

バームタイプのワックスを髪全体になじませます。

ワックスを両手のひらに広げ髪を揉み込むようにしてなじませる。

根元にはドライワックスタイプのスプレーを吹きつけます。

スプレーはそれほどスタイリング力がなくてOK。頭頂部の根元を中心にスプレーして。

両耳の先端を結んだ高さに髪を束ねます。

耳より上の髪を束ねてハーフアップに。

結び目を抑えながら、髪をひとつまみずつ引き出します。

トップがつぶれやすい人は中央、面長な人はサイドと、ボリュームが欲しい部分を中心に毛束をひとつまみずつ引き出す。

髪を束ねているゴムに、毛束の先だけを通して団子をつくります。

団子の大きさを調整しながら、毛先をゴムに通して。
こちらが毛先がゴムに通った状態。

ゴムを抑えながら、団子にした毛束からひとつまみずつ髪を引き出します。

あまり引っ張りすぎると団子が崩れてしまうので、引っ張りすぎに注意して。

団子の毛先を毛束のゴムに巻き付け、ピンで留めます。

ゴムを隠すように毛先を巻き付け、ピンを髪で隠すように留めれば完成。

白髪と薄毛が目立たなくなる!「ゆるふわ」ハーフアップの作り方

■老け見えしないひとつ結びのミディアムヘア

■大人のひとつ結び
完成
サイド
バック

スタイリング方法:手グシで集めてざっくりと結び、耳元を「ゆるっと」引き出す

「耳を半分出すか出さないかで全体の印象が変わります。耳が出ていると古臭い印象に見えたり、気になるフェイスラインを目立たせる原因にも。逆に、引き出す量を間違えると疲れた雰囲気にも見えてしまうので、注意してください。毛束を引き出すときは、耳に少しかかるくらいのところまで、ゆるっと出すのが正解。この一手間で、大人の余裕、色気、上品さも表現することができますよ」(BEAUTRIUM Aoyama St. スタイリスト・山本修史さん)

アレンジ前

 ヘアオイルを髪全体になじませます。

オイルは500円玉大の量を手のひらになじませて、根元から毛先まで満遍なくつける。

ゴムでひとつ結びにします。

前髪以外の髪をひとつにまとめて、耳を半分隠すように結ぶ。耳の裏くらいの低い位置で結ぶのがコツ。

毛束を数回に分けて引き出します。

ゴムの左右と上の毛束をひとつまみして引き出すイメージ。後頭部はしっかりと引き出して、高さを出すのがポイント。高さを出すことで、薄毛やボリューム不足を解消!

耳にかかっている毛束をつまんで、ゆるめます。

毛束をひとつまみして、ゆるっとなるように引き出す。

「まとめて結ぶ」「ゆるっと引き出す」「ピンで留める」。たったこれだけで若返る!大人のひとつ結び

■前髪長めの老けて見えないミディアムヘア

■大人のミディアムヘア
完成
サイド
バック

スタイリング方法: ドライヤーとアイロンでエアリーな印象に仕上げて!

「前髪、トップの髪の毛がベタッとした印象にならないよう、ドライヤーの熱は前方から当ててください。分け目の髪がふわっと立ち上がり、時間が経っても崩れにくくなります」(Joemi by Un amiトップスタイリスト・赤井希望さん)

スタイリング前

前髪とトップの髪をかきあげて立たせます。

前髪とトップの髪の毛をかきあげたら、前方からドライヤーを当てる。根元を集中的に狙うと効果的。

顔周りの毛束を外巻きにします。

耳前の毛束を32mmのアイロンで外巻きに。華やかさが出るように毛束の中間を巻くのがコツ。

毛束の中間、毛先にワックスをもみ込みます。

柔らかいテクスチャーのものを手のひらになじませて、まんべんなくつけて。スタイリング剤は小指の爪くらいの量でOK。

若返りの秘訣は「長め前髪」。老け顔に見えない大人のミディアムヘア

■頭頂部を高く、後頭部を丸くして小顔に見せるショートヘア

■メリハリショートヘア
完成
サイド
バック

スタイリング方法:欲しいところにボリュームを出して、襟足はタイトに。これでメリハリシルエットが完成

「前髪とトップを立ち上げるときの分け目は、髪がよく立ち上がる方を選択して。いつもの分け目の反対から髪を持ってくるなど、毛流れに逆らうように分け目をつくると、比較的立ち上がります」(ROIデザイナー・小西浩純さん)

スタイリング前

トップをアイロンで巻いて立ち上げます。

アイロンは32mmを使用。前髪のすぐ後ろをざっくりと取って後頭部に向けてワンカール巻く。前髪が立ちにくい時は前髪も同様に。

髪全体にワックスをつけます。

パール粒ふたつ分くらいのワックスを手のひらと指の隙間に広げたら、地肌から持ち上げるように髪全体を持って、持ち上げながらなじませる。根元からしっかりとつけて。

襟足は首に沿わせるように。

指先に残ったワックスで、襟足をタイトに収める。場合によっては少しハネさせても◎。

キーワードは「メリハリ」!老けて見えない40代のショートヘア

連載・大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。