40代~50代女性におすすめの簡単まとめ髪を6スタイルご紹介します。ボブスタイルからミディアムスタイルの方まで、上品なスタイルが簡単に完成! 毎朝のヘアスタイルにお悩みの方は、ぜひ試してみてください。

【目次】

仕事シーンにぴったりな簡単まとめ髪【ミディアム】


きちんと感も出せる!髪の束感を生かしたアレンジヘア

■きちんと感も出せる!髪の束感を生かしたアレンジヘア
完成
サイド
バック

ポイント:くるりんぱを使ったハーフアップで華やか&ボリュームアップ

■1:ミルクタイプのスタイリング剤を、髪の毛全体になじませる

髪の根元から毛先にかけて、まんべんなくなじませる。

■2:顔周りの髪を残し、耳から上の髪を束ねてゴムで結ぶ

両耳の先端を結んだ位置に結び目がくるように束ねる。

■3:結び目をもちながら毛束を引き出す

ひとつまみの毛束を結び目の中央、右、左と放射線状にバランスよく引き出す。

■4:ハーフアップに結んだゴムの上に、穴をつくる

毛束が左右均等に分かれるように穴をつくること。

■5:4の穴に毛束を通す

穴の上から毛束を通せば「クルリンパ」は完成。

■6:毛束を左右に引っ張り結び目を引き締める

ゴムの結び目が崩れないように根元あたりを引っ張ること。

■7:結び目をもちながら、毛束を引き出す

3で引き出した場所以外で、全体のバランスを見ながら、ひとつまみずつ毛束を引き出す。

■8:髪の中間~毛先にかけて外巻きに1カール

カールアイロンで外巻きにする。

乾燥シーズンでもエアリーにまとまる!華やかハーフアップ

上品で優雅、女性らしさも高めてくれる、大人のためのアップスタイル

■上品で優雅、女性らしさも高めてくれる、大人のためのアップスタイル
完成
サイド
バック

ポイント:サイドにねじりを加えたローポニーでこなれ感をプラス

■1: 耳前と耳後ろで髪を分ける

逆サイドも同様に分ける。

■2: 耳後ろの髪をひとつ結びにする

位置は耳半分の上部分くらいがベスト。後れ毛は作らず、すべて結んで。

■3: 耳前の髪をねじりながら後ろへ持っていき、毛先をゴムに巻きつける

ねじりがゆるいとボワっとした印象になるので、しっかりとねじって。

■4: 巻きつけたらピンで留める

ピンはゴムの根元に固定するイメージで。逆サイドも同様に。

■5: 後頭部の毛束を引き出す

ゴム付近を持ちながら後頭部の髪を引き出す。高さを出したいので、しっかりと引き出してOK。ボリューム感が足りないときは、引き出した両隣の毛束も同様に引き出して。

■6: ねじった毛束もゆるっと引き出す

耳にゆるっとかかるくらいを目安にねじった毛束からも、髪を引き出して。出しすぎると疲れて見えるので、耳が透けて見えるくらいを意識すると◎。

■7: 前髪を外巻きにする

前髪を外巻きにすることで華やかさが加わる。

【40代×ポニーテール】若づくりに見えない!こなれ感のあるポニーテールのやり方7ステップ

さり気ないのに存在感がある。上品、清楚なお団子ヘア

■さり気ないのに存在感がある。上品、清楚なお団子ヘア
完成
サイド
バック

ポイント:ルーズにまとめたシニヨンで大人の優雅さを演出

■1:頭頂部の髪をアイロンで巻く

アイロンは32mmを使用。トップの髪をざっくりと取って根元をランダムに巻く。

■2:髪を後ろにまとめて後れ毛を出す

髪をまとめる時は手グシでザックリと。耳は半分だけ隠すのがポイント! 後れ毛はもみあげの少し上を、ひとつまみだけ引き出して。

■3:ゴムでひとつ結びにする

きっちりまとめすぎないように注意!

■4:ゴムを持って左右前後の毛束を引き出す

全方位少しずつ引き出して。

■5: 後頭部の髪を引き出して高さを出す

ゴムを持つと引き出しやすい。高さを出すことで頭の型がよく見える効果も。

■6: 結んだ毛束の毛先をピンで数回に分けて固定する

お団子になるよう、数回に分けて毛束をゴム付近にピン留めする。

「若作りなお団子ヘア」に見えない!大人のシニヨンの作り方6ステップ

上品で柔らかい大人のポニーテール

■上品で柔らかい大人のポニーテール
完成
サイド
バック

ポイント:トップふんわりかつねじりを効かせたひとつ結びで上品華やかに

■1:頭頂部の根元にドライヤーを当てて髪を立たせる

頭頂部に熱を当てることで根元が立つ。

■2:顔周りの髪を外巻きにする

アイロンは32mmを使用。根元から毛先へアイロンを滑らせるように巻く。

■3:手ぐしで集めた髪をねじり、ピンで留める

ねじる位置は下目がベスト。両耳の後ろくらいの位置を意識して。少し大きめのピンを使用すると留めやすい。

■4:指で毛束を引き出す

毛束を引き出すときはねじった髪の中心、左右、その間の5か所から引き出す。

「ねじりを効かせるだけ」でたちまち上品で柔らかい印象になれる、大人のポニーテール

50代大人の女性にもおすすめの簡単まとめ髪【ボブ】


外出先でも手軽にアレンジできる大人のハーフアップ

■外出先でも手軽にアレンジできる大人のハーフアップ
完成
サイド
バック

ポイント:トップに高さを出したハーフアップで抜け感を出す

■1:額から後頭部に向かって親指をジグザグに動かしながら、頭頂部の毛をまとめる

こめかみのやや上あたりからスタート。ジグザグに動かして分け目を一直線にしない。

■2:頭頂部の髪をまとめたら、毛束の根元を一ねじり

束ねた髪がバラバラにならないようにねじっておく。

■3:ねじった部分を持ち上げながら、トップに高さをつくる

鏡を見ながらトップの髪をどれだけ立たせるのか、バランスを見ながら調整を。

■4:根元を抑えながら束ねた髪を引き出す

トップに動きを出すようにバランスよく、5か所くらいを目安に毛束を引き出す。

■5:ねじった部分を固定するようにアメピンで固定

ねじった毛束と引き出した毛束をアメピン2本でしっかり固定する。

■6:スタイリング剤をなじませながら、毛先を外ハネに

ミルクタイプのスタイリング剤を手のひらになじませ、手ぐしでとかすようにして毛先が外ハネになるように整える。

ボリュームが多くて硬い髪の人、必見!ハーフアップで抜け感のあるスタイルに

色っぽくてかわいい大人の「Wくるりんぱアレンジ」

■色っぽくてかわいい大人の「Wくるりんぱアレンジ」
完成
サイド
バック

ポイント:後れ毛をつくることでラフな仕上がりに

■1:髪全体をアイロンで細かく巻く

アイロンは細めの26㎜を使用。根元に近い中間部分から毛先までしっかりと巻く。内巻き、外巻きとランダムに巻くと◎。

■2:ハチまわりの髪をゴムで結ぶ

高さを出したいハチまわりだけを結ぶのがポイント。このときに前髪のすぐ横の長い後れ毛を少し残した状態で結ぶ。

■3:結んだ髪をくるりんぱする

結んだ髪の上を割いて上から通す。その後、頭頂部の髪をつまんで高さを出す。

■4: 襟足の髪とくるりんぱの毛先まとめてゴムで結ぶ

このときに、うなじの後れ毛は結ばずに残して結ぶ。指でひとつまみほどの毛束を残して。

■5:結んだ髪もくるりんぱする

二つ目のくるりんぱも、結び目の上を割って上から毛束を通す。

■6:後れ毛をアイロンで外巻きにする

両サイドの後れ毛をアイロンで外巻きにする。ワンカールくらいでOK。これでフェイスラインが寂しくなくなる。

キュッとまとめながら、後れ毛でゆるっとラフに!大人の絶妙くるりんぱ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。