「Precious.jp」の記事の中から、40代・50代のおでこが広い女性に似合う髪型を探しているあなたにおすすめのヘアスタイルをピックアップしました。広いおでこをいかした、素敵な髪型が見つかるはずです。

【目次】

前髪をあげて思い切っておでこを見せる髪型


■かき上げた前髪がエレガントなミディアムヘア

完成
サイド
バック

顔まわりにだけレイヤーを入れて、巻いたときに動きが出やすいようにしています。毛先がスカスカしていると艶やまとまりが出にくいので、カットベースは重めに設定。大人の女性は、毛先の毛量をある程度残した方がエレガントな印象に仕上がります。

【スタイリング方法】

顔まわりをリバース巻きするときは、かき上げた前髪の毛先と顔まわりの髪の毛を一緒に巻いてください。前髪の毛先をかませることでサイドとなじみ、自然な毛流れになります。

スタイリング前
1: 前髪をかきあげながらドライヤーを当てる
根元に熱を当てるとうまく立ち上がる。
2: 前髪と顔まわりの毛束の中間をリバース巻きに
コテは32mmを使用。前髪と顔まわりの毛束をとってコテでリバース巻きにする。前髪の毛先も一緒に巻くのがポイント。
3: ワックスを髪全体の根元につける
パール1粒大くらいのワックスを手のひらになじませて、髪の内側から大胆に揉み込んで。

ワックスをつける時は前髪からつけないこと。やりがちですが、かき上げた前髪にワックスがつきすぎると時間とともに潰れてしまいます。ワックスは神の内側、襟足、耳の上の根元に重点的につけて。少し硬めでキープ力のあるものを使用すると根元からふわっとした印象に仕上がります。

前髪で輪郭を隠すのは逆効果!?エラ張りカバーの神業ミディアムヘア

■ハーフアップ+ひとつ結びのアレンジ

完成
サイド
バック

くるりんぱをして結び目に表情を作ったり、トップの髪を引き出してボリューム感をつくると、印象が華やかになります。

アレンジ前

【アレンジ方法】

1:耳の先端より上の髪を束ねてゴムを結ぶ
頭頂部の髪を、両耳の先端の延長線上でゴムで束ねる。
2:結び目の上に穴をつくる
くるりんぱをするための穴を結び目の上につくる。
3:穴に毛束を通して、くるりんぱをする
 
穴に毛束を通したら、毛束を左右に引っ張って結び目を引き締める。
4:襟足の髪と一緒に束ねる
ハーフアップにした結び目のやや下あたりを束ねること。
5:ひとつ結びにした結び目にマジェスタを付ける
毛束の髪をすくいながら棒を通すと、マジェスタが安定して崩れにくくなる。

クセやうねりがなく、真っ直ぐな毛質の方は、アレンジをする前にカールアイロンなので毛先を巻いておくとふんわりとしたニュアンスがつくれます。

「ハーフアップ+ひとつ結び」ならボリューム不足の髪も華やかに決まる!

■優美なカールが華やかなゆるやかウェーブロングヘア

完成
サイド
バック

【スタイリング方法】

スタイリング前
1:フロント部分の表面をブローする
フロント部分の髪の表面に熱を当てると、キューティクルが整い、見た目がツヤやかになる。毛束の中間に熱を当てるイメージで。
2:耳前の毛束をリバース巻きにする
コテは36mmを使用。耳前の毛束をまとめて中間だけを巻く。逆サイドも同様に。
3: 毛先に保湿剤をなじませる
仕上げに、クリームなどの保湿剤を毛先につける。

40代は年齢とともに髪の水分量が減り、まとまりにくくなっているので『表面のツヤだし』『毛先の保湿』は重要です。この一手間で、みずみずしさ、コシ、ツヤ、まとまりのあるダメージレスな印象に仕上がります。毛束の中間を縦巻きにすると今っぽい仕上がりにするのが目標です。

顔まわりを巻くときのポイントは『毛束を太くとる』『縦に巻く』、この2つです。ブローで髪表面にツヤを出すと、ダメージを感じさせないみずみずしい印象になります。

面長な顔が小顔に見える髪型が判明!正解は「緩やかなウェーブのロングヘア」でした

■女性らしい巻き髪ミディアム

完成
サイド
バック

毛量が多く、髪の1本1本がしっかりしているため広がりやすい佐藤さんの髪。「生え方にもクセがあって、ボリュームが出やすい髪質です。ボリュームを下につくって丸みのあるシルエットにすると、ご本人のクセもボリューム感も生かせます」(natura Aolaniの副店長・鈴木みちるさん)

うねって広がる髪はツヤが出にくく、パサついて見えがち。髪に中間から毛先にかけてカールアイロンをサッと通すだけでツヤが出せます。

スタイリング前

【スタイリング方法】

1:ブラシではち部分を抑え、その上からドライヤーをあてる
目尻の延長線上がはち。ここをブラシで抑え、その上からドライヤーをあてる。
2:前髪以外は、髪の中間部からカールアイロンを通し、毛先だけ内巻きに1カール
サイドからバックまで同様に、中間部からアイロンを通して1カールさせる。
3:顔にかかる前髪部分だけ毛先を外巻きに1カール
前髪部分だけ、毛束の中間からカールアイロンを通してから毛先を外巻きにする。

頭頂部にボリュームが欲しいときは、いつもよりやや外側に分け目をつくると、自然な立ち上がりがつくれます。プラス、はち部分を抑えておくと顔が小さく見えるので、挑戦してみてください。

髪の広がりを抑えるカールアイロンの使い方とは?ツヤも出て女性らしい巻き髪スタイルに!

■優雅な前髪アップのアレンジ

このような+サングラスをしたまとめ髪に。
サイド
バック

【アレンジ方法】

1:手ぐしで髪を後ろに束ねる
コームやブラシを使わず、手ぐしでざっくりと髪を後ろにまとめる。手ぐしでまとめることで、今っぽい抜け感をつくることができます。
2:ゴムで結ぶ
耳の高さで髪を束ね、ゴムでしっかりと結ぶ。結ぶ位置は、低すぎると老けて見え、高すぎると若づくりに見えるので、耳の高さを守って。
3:毛束を結び目に巻き付ける
束ねた根元に、ひとつまみの毛束を巻き付けます。ゴムを隠すようにピンで留めます。
4:トップの毛をランダムに引き出す
結び目をしっかりと抑え、つむじ周りから後頭部にかけての毛をランダムに引き出します。このひと手間で、今っぽい印象に。
5:毛束の毛先をほぐす
毛先を指でつまみ、根元に向かって裂くようにほぐします。細かくほぐすことで毛束にボリュームが出て、若々しさを演出できます。

サングラスが似合うエレガンスなまとめヘア

前髪をおろしておでこの印象を薄める髪型


■前髪ありのふんわりヘア

■前髪ありのふんわりヘア
完成
サイド
バック

【アレンジ方法】

1:「地肌を擦る」ように前髪の根元を乾かす
髪ではなく根元を乾かす。
2:熱風を当てながら、髪の中間あたりから人差し指に2~3回巻き付けるようにねじる
手を自然な手ぐしとしてくるくる巻く。

【薄毛&髪が広がる女性必見】薄毛に見せないコツは、前髪の乾かし方にあった!

■アシンメトリーな丸みのあるシルエットのショート

完成
サイド
バック

シルエットにメリハリをつくると、ボリュームが欲しい頭頂部に視線が集まりにくくなり、目立たなくなります。そこで後頭部にグラデーションを入れて襟足部分を引き締め、丸みのある形にしました。左サイドは長めに残してアシンメトリーに仕上げていますが、やり過ぎは禁物。ここまで長さを変えたくない…という方は、片方だけ髪を耳にかけるだけでも、イメージはガラッと変わります。

【スタイリング方法】

スタイリング前
1:頭頂部の中央にカーラー2本を縦に並べて巻き、その後ろに横向きカーラーを巻く
毛束を分け目の方向に引っ張りながら、毛先からカーラーを内巻きに巻く。後頭部のカーラーも同様に毛束を持ち上げながら毛先から後頭部の方向に巻く。
2:ドライヤーの熱を髪の根元にあてる
分け目の根元からふんわり立つように、根元を中心にドライヤーをあてる。
3:指で分け目のあたりをつまみ上げ、パウダーワックスをスプレー
指で髪の根元を握りながらスプレーし、分け目の立ち上がりをキープ。

スタイルにタイトな部分と膨らませる部分のメリハリをつくり、後頭部に丸みをつくったら襟足部分は引き締めるのがポイントです。

ボリューム不足を救う、アシンメトリーなおしゃれショートボブ

おでこが広くて面長タイプに似合う髪型


■甘すぎないふんわりウェーブロングヘア

スタイリング前

【スタイリング方法】

1:髪を上下にブロッキング
髪を上下に分け。両サイドに張り出している頭の鉢部分を基点に髪を上下に分け、ダッカールなどで留めます。
2:下のブロックの毛先を内巻き&外巻きと交互に巻く
下の髪内巻き
外巻きに。毛先10㎝くらいの毛束をはさみ、内巻きに。次の毛束は外巻きと交互に巻いていきます。
3:ダッカールを外し、上のブロックの髪も同様に巻く
上のブロックも交互に巻いていきます。クリップに毛先を挟んだままアイロンの持ち手を滑らせるように抜き取るのがポイント。
4:毛束を指で裂くようにばらす
まとまった髪をばらしていく。
5:毛先から中間に向かってワックスを揉み込む
ワックスを揉み込む。
完成です!
横から見た図
後ろから見た図

根元まで巻いたアレンジに比べ、半分の時間で完成するエアリーな春スタイル。甘過ぎない雰囲気で、知的なフォーマルなスタイルにもぴったりです。ボリューム不足や薄毛が気になる方も、このアレンジなら気になりません。ただし、巻き過ぎると〝ひと昔前〟の雰囲気になってしまうので、気をつけましょう!

ふんわりウェーブだけど甘くない! 知的でクールな仕事ヘア

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。