【目次】

【前髪を上げる】3選


【1】前髪をかき上げる

■スタイリング: かき上げ前髪とリバース巻きで菱形フレームを意識!
 

■スタイリング: かき上げ前髪とリバース巻きで菱形フレームを意識!

「顔まわりをリバース巻きするときは、かき上げた前髪の毛先と顔まわりの髪の毛を一緒に巻いてください。前髪の毛先をかませることでサイドとなじみ、自然な毛流れになります」(関田さん)

STEP1: 前髪をかきあげながらドライヤーを当てる
スタイリング前

STEP1: 前髪をかきあげながらドライヤーを当てる

STEP2:前髪と顔まわりの毛束の中間をリバース巻きに
根元に熱を当てるとうまく立ち上がる。

STEP2:前髪と顔まわりの毛束の中間をリバース巻きに

STEP3: ワックスを髪全体の根元につける
コテは32mmを使用。前髪と顔まわりの毛束をとってコテでリバース巻きにする。前髪の毛先も一緒に巻くのがポイント。

STEP3: ワックスを髪全体の根元につける

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
パール1粒大くらいのワックスを手のひらになじませて、髪の内側から大胆に揉み込んで。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 前髪をかき上げる時は根元にドライヤーを当てる
  2. リバース巻きする時は前髪の毛先もかませる!
  3. ワックスは根元に揉み込む

「ワックスをつける時は前髪からつけないこと。やりがちですが、かき上げた前髪にワックスがつきすぎると時間とともに潰れてしまいます。ワックスは神の内側、襟足、耳の上の根元に重点的につけて。少し硬めでキープ力のあるものを使用すると根元からふわっとした印象に仕上がります」(関田さん)

前髪で輪郭を隠すのは逆効果!?エラ張りカバーの神業ミディアムヘア

【2】顔まわりを巻く

■スタイリング:毛束の中間を縦巻きにすると今っぽい仕上がりに
 

■スタイリング:毛束の中間を縦巻きにすると今っぽい仕上がりに

「顔まわりを巻くときのポイントは『毛束を太くとる』『縦に巻く』、この2つです。ブローで髪表面にツヤを出すと、ダメージを感じさせないみずみずしい印象になるのでその方法もレクチャーします」(CHINATSUさん)

STEP1:フロント部分の表面をブローする
スタイリング前

STEP1:フロント部分の表面をブローする

STEP2:耳前の毛束をリバース巻きにする
フロント部分の髪の表面に熱を当てると、キューティクルが整い、見た目がツヤやかになる。毛束の中間に熱を当てるイメージで。

STEP2:耳前の毛束をリバース巻きにする

STEP3:毛先に保湿剤をなじませる
コテは36mmを使用。耳前の毛束をまとめて中間だけを巻く。逆サイドも同様に。

STEP3:毛先に保湿剤をなじませる

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
仕上げに、クリームなどの保湿剤を毛先につける。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. フロントの髪表面にツヤを与える
  2. 顔まわりの毛束は中間だけリバースに!
  3. 保湿剤でまとまりとツヤをプラス

「年齢とともに髪の水分量が減り、まとまりにくくなっているので『表面のツヤだし』『毛先の保湿』は重要。この一手間で、みずみずしさ、コシ、ツヤ、まとまりのあるダメージレスな印象に仕上がりますよ」(CHINATSUさん)

面長な顔が小顔に見える髪型が判明!正解は「緩やかなウェーブのロングヘア」でした

【3】前髪をまとめてアップにする

STEP1:手ぐしで髪を後ろに束ねる
 

STEP1:手ぐしで髪を後ろに束ねる

STEP2:ゴムで結ぶ
手ぐしで髪をまとめる。

STEP2:ゴムで結ぶ

STEP3:毛束を結び目に巻き付ける
耳の高さで髪を束ね、ゴムでしっかりと結ぶ。結ぶ位置は、低すぎると老けて見え、高すぎると若づくりに見えるので、耳の高さを守って。

STEP3:毛束を結び目に巻き付ける

STEP4:トップの毛をランダムに引き出す
束ねた根元に、ひとつまみの毛束を巻き付けます。ゴムを隠すようにピンで留めます。

STEP4:トップの毛をランダムに引き出す

STEP5:毛束の毛先をほぐす
結び目をしっかりと抑え、つむじ周りから後頭部にかけての毛をランダムに引き出します。このひと手間で、今っぽい印象に。

STEP5:毛束の毛先をほぐす

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
毛先を指でつまみ、根元に向かって裂くようにほぐします。細かくほぐすことで毛束にボリュームが出て、若々しさを演出できます。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

まとめ髪はキリッと辛口になりがちですが、束ねた後に髪を引き出すと、程よいラフ感が。〝髪が細ってボリューム感がでない〟という悩みも、このスタイルなら一気に解決します。仕事終わりだけでなく、休日やバカンスにも活用できる万能アレンジです。サングラスをかけるさまざまなシーンで、楽しんでみてください。

サングラスが似合うエレガンスなまとめヘア

【前髪をおろす】3選


【1】前髪をふんわりさせる

■スタイリング:毛先を指でねじるだけで、うねりがカールに変身!
 

■スタイリング:毛先を指でねじるだけで、うねりがカールに変身!

一定の方向ではなく、あちこちの方向にカールしていると髪が広がって見えるもの。「髪がやわらかく、クセのある髪質だからこそできるスタイルがあります。それは指でクルクルねじる巻き髪。指で巻くと毛束感も出るので、髪の横への広がりも抑えられます」(二階堂さん)

STEP1:「地肌を擦る」ように前髪の根元を乾かす
スタイリング前

STEP1:「地肌を擦る」ように前髪の根元を乾かす

STEP2:ドライヤーを当てながら、髪の中間あたりから人差し指に2~3回巻き付けるようにねじる
髪ではなく根元を乾かす

STEP2:ドライヤーを当てながら、髪の中間あたりから人差し指に2~3回巻き付けるようにねじる

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
手を自然な手ぐしとしてくるくる巻く。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 分け目をはっきり付けない
  2. 顔周りのカットは軽めに、重たくしない
  3. バックはレイヤーを入れず、髪の重さで広がりを抑える

「頭頂部から前髪は地肌を擦るようにして髪を乾かしてください。そうすると前髪がパックリ割れにくくなるので、薄毛な印象に見られなくなります。白髪の多い人にもオススメのドライヤー技です」(二階堂さん)

【薄毛&髪が広がる女性必見】薄毛に見せないコツは、前髪の乾かし方にあった!

【2】前髪をアシンメトリーにする

■スタイリング:トップをカーラーで巻きワックスで立ち上がりをつくる
 

■スタイリング:トップをカーラーで巻きワックスで立ち上がりをつくる

「このスタイルにはマットな質感のスタイリング剤が似合います。資生堂の『ステージワークス パウダーシェイク』(¥1,500)は、すぐにペタッとなりやすい髪質の方にぴったりです」(柿澤さん)

STEP1:頭頂部の中央にカーラー2本を縦に並べて巻き、その後ろに横向きカーラーを巻く
スタイリング前

STEP1:頭頂部の中央にカーラー2本を縦に並べて巻き、その後ろに横向きカーラーを巻く

STEP2:ドライヤーの熱を髪の根元にあてる
毛束を分け目の方向に引っ張りながら、毛先からカーラーを内巻きに巻く。後頭部のカーラーも同様に毛束を持ち上げながら毛先から後頭部の方向に巻く。

STEP2:ドライヤーの熱を髪の根元にあてる

STEP3:指で分け目のあたりをつまみ上げ、パウダーワックスをスプレー
分け目の根元からふんわり立つように、根元を中心にドライヤーをあてる。

STEP3:指で分け目のあたりをつまみ上げ、パウダーワックスをスプレー

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
指で髪の根元を擦りながらスプレーし、分け目の立ち上がりをキープ。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. スタイルにタイトな部分と膨らませる部分のメリハリをつくる
  2. 後頭部に丸みをつくったら襟足部分は引き締める
  3. ハイライトを入れたカラーリングで白髪を目立たせない

「水谷さんの髪は白髪染めをしていません。マットブラウンのベースにブルー系のハイライトを入れています。ハイライト効果を上手く使うと、白髪を生かした髪色が楽しめます」(柿澤さん)

ボリューム不足を救う、アシンメトリーなおしゃれショートボブ

【3】前髪を厚めにする

■スタイリング:毛束を“握る”、“つまむ”で、もともとのクセを利用!
 

■スタイリング:毛束を“握る”、“つまむ”で、もともとのクセを利用!

「ボリュームが欲しいトップは、分け目と逆方向にブローするだけでふんわり感が出せます。ボリュームを出したらボリュームダウンする部分をつくって、メリハリ感を出すことを忘れないでください」(幡矢さん)

STEP1:分け目とは逆方向に手ぐしでとかしながら熱風をあてる
スタイリング前

STEP1:分け目とは逆方向に手ぐしでとかしながら熱風をあてる

STEP2:えり足部分の膨らみを抑えながら熱風をあてる
熱風は髪の根元にあたるようにすること。

STEP2:えり足部分の膨らみを抑えながら熱風をあてる

STEP3:手のひらにワックスを広げ、髪をクシュっと握りながら自然なカール感を出す
後頭部の丸みが際立つようにえり足部分だけ抑える。

STEP3:手のひらにワックスを広げ、髪をクシュっと握りながら自然なカール感を出す

STEP4:前髪の毛先を握って毛束感をつくる
頭の鉢よりやや下を狙って毛束を握ること。

STEP4:前髪の毛先を握って毛束感をつくる

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
手に残ったワックスを利用して前髪の毛束感をつくる。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 前髪をつくるなら、厚めのフルバングを
  2. トップにボリュームを出したら、えり足を抑えてメリハリをつくる
  3. 前髪に毛束感をつくって軽さを出す

「このスタイルはトップにボリュームが欲しい方だけでなく、髪の生えぎわや根元が目立ちにくいので、白髪の量が多い方にも向いています。ご自身のクセを生かしたスタイリングができるので、毎朝のお手入れも簡単ですよ」(幡矢さん)

眉間のシワ隠し&小顔効果抜群!40代ショートの攻略法は「厚め前髪」にあり

【丸顔さん向け】ヘアアレンジ 6選


【1】軽やかに動く厚め前髪ショート

/mwimgs/3/c/-/img_3c9bcb1acb4c8e3ce03c034015946593102559.jpg
 

■スタイリング: 頭頂部の髪をフロントに持ってきて、前髪をかさ増し!

「スタイリングで大切なのは、分け目をつくらないことです。カーラーで頭頂部の髪を根元から立たせてください。どうしても割れ目がついてしまう場合は、一度濡らして根元からドライヤーで分け目をつけないように乾かして」(山本さん)

STEP1:つむじと前髪の間の毛束をカーラーで巻く
スタイリング前

STEP1:つむじと前髪の間の毛束をカーラーで巻く

STEP2:サイドの髪をブラシアイロンで外側にブラッシング
カーラーは太いものを使用。頭頂部の髪を前後に分けて、前の毛束は内側に、後ろの毛束は外側にカーラーで巻く。根元からふわっと立たせるようなイメージで。

STEP2:サイドの髪をブラシアイロンで外側にブラッシング

STEP3:頭頂部の髪をブラシアイロンで「前髪の方」に巻く
サイドの髪をブラシアイロンで根元から外巻きにするように、ブラッシング。ブラシアイロンがない場合はクシとドライヤーで代用してもOK。

STEP3:頭頂部の髪をブラシアイロンで「前髪の方」に巻く

STEP4:ワックスを髪全体にもみ込む
プロセス1で立ち上げた前方の髪をブラシアイロンでくるっと巻く。ふわっと巻くことで前髪にボリュームが出る。

STEP4:ワックスを髪全体にもみ込む

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
パールひと粒大のハードワックスを手のひらに薄く伸ばし、髪全体にしっかりともみ込む。表面ではなく、髪を握るように内側からもみ込むのがポイント。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. カーラーで頭頂部の髪を前に!分け目をつくらない
  2. サイドの髪は外巻きにしてラフさ、軽さを強調
  3. ワックスをもみ込むときは、根元を潰さないように内側からもみ込む

「ブラシアイロンを使用すると、髪の表面にツヤが出るのでオススメです。直毛の方はボリュームが出にくいので、くせ毛っぽく見えるパーマを頭頂部にかけるといいですよ」(山本さん)

丸顔の悩み「おでこが目立つ」「分け目が寂しい」は、前髪を厚めに作って解消!

【2】シャープ見えを意識した斜めラインショート

/mwimgs/9/2/-/img_9252b72fc5b303530685f90c1a10217b83432.jpg
 

■スタイリング:ツヤ感を出して若々しく!タイトなシルエットを意識して

「巻いたりふんわりさせると、サイドが広がりすぎて丸みが強調されるうえ、ちょっとオバサンぽく見えてしまうので、タイトな仕上がりをイメージして。片側を耳にかけるのもおすすめです。髪で面を作って、ツヤ感を出しましょう」(藤本さん)

STEP1:いつもの分け目と逆から乾かす
スタイリング前

STEP1:いつもの分け目と逆から乾かす

STEP2:スタイリング剤を毛先中心につける
いつもの分け目と逆側から風を当て、しっかりトップを乾かしてボリュームを出す。

STEP2:スタイリング剤を毛先中心につける

STEP3:トップ、前髪も毛先だけにつけて整える
バームタイプのスタイリング剤を使用。根元につかないように、サイド、襟足の順に毛先になじませる。

STEP3:トップ、前髪も毛先だけにつけて整える

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
手に残ったスタイリング剤を、トップの毛先のみにつける。前髪も、軽く触る程度にスタイリング剤をなじませて整える。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 前髪はすぐに乾かしてふんわりと
  2. サイドを膨らませすぎない
  3. トップはふんわりと

「バームタイプのスタイリング剤は、髪がおさまりやすくツヤ感も出ます。毛先に少しつけてウェット感を出すと今っぽい仕上がりに。髪にツヤが出ると若々しく見えるので、面を作って仕上げるのがおすすめです」(藤本さん)

丸顔をシャープにする決めては「斜め前髪」。リフトアップも叶うシンプルショート

【3】首長効果も叶う前下がりショートボブ

/mwimgs/e/9/-/img_e9bd084f0d3d29ff91dbb2d6c71e9ac388084.jpg
 

■スタイリング:根元に空気を入れるように、ふんわり仕上げるのがカギ

「髪を乾かすときは、根元に空気を入れるようなイメージで。ワックスをつけるときも、空気を膨らませるようにもみこみましょう」(相沢さん)

STEP1:根元に空気を入れるように乾かす
スタイリング前

STEP1:根元に空気を入れるように乾かす

STEP2:トップにカーラーを巻く
下から風を当て、髪の根元に空気を入れながら全体を乾かす。

STEP2:トップにカーラーを巻く

STEP3:ワックスをもみ込む
前髪からトップの髪を3か所、毛先から根元まで後ろに向かってカーラーで巻く。

STEP3:ワックスをもみ込む


〈まとめ!スタイリングのコツ〉
バームタイプのワックスを手にのばし、髪の内側に空気を入れながら全体に揉み込む。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. トップの分け目をふんわりさせる
  2. 毛先に柔らかさや動きを少しだけつける
  3. ハチ周りのボリュームは押さえる

「トップのボリュームダウンを解消するには、スタイリングが不可欠。毛先に柔らかな動きをつけると、輪郭は補整しつつ目線を散らす効果もありますし、華やかに見えます」(相沢さん)

首長効果&骨格補整が叶う、エレガントな前下がりショートボブ

【4】動く毛先で輪郭をカバー!柔ふわセミロング

/mwimgs/a/6/-/img_a65c97fc9657663ef23c58586734d156105955.jpg
 

■スタイリング:柔らかな質感を作りつつ、毛先にはまとまりを

「分け目はぼかしてドライすることで、トップのふんわり感が生まれます。横にボリュームが出すぎないように、ヘアアイロンは毛先ワンカールにとどめて。巻きすぎは古い印象にもつながります」(MATSUさん)

STEP1:前髪をカーラーで巻く
スタイリング前

STEP1:前髪をカーラーで巻く

STEP2:ヘアアイロンで毛先にワンカールをつける
大きめの網カーラーを、前髪の毛先から根本まで巻き込む。1分弱、温風を当てる。

STEP2:ヘアアイロンで毛先にワンカールをつける

STEP3:スタイリング剤を髪全体になじませる
太めのヘアアイロンを使い、髪全体の毛先を内巻きにワンカールさせる。

STEP3:スタイリング剤を髪全体になじませる

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
グロスジェルを手のひらになじませ、手グシを通すように髪全体になでつける。整えて完成。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 前髪は柔らかな質感を作る
  2. ヘアアイロンは巻きすぎに注意
  3. スタイリング剤は手でしっかりなじませて

「網カーラーを使うことで、熱を直接くわえるアイロンとは違う、柔らかな質感に仕上がります。パサパサに見えないように、スタイリング剤はしっかりなじませましょう」(MATSUさん)

動く毛先で輪郭カバー!丸顔を卵型に見せる「柔ふわセミロング」

【5】毛束の動きに視線を集中!内巻きロング

/mwimgs/5/5/-/img_55de2cb20eb5630fb665191a8cb928cb166343.jpg
 

■スタイリング: 毛先と表面を巻くだけの簡単2ステップ

「毛先をすべてワンカールしておくのがポイント。毛先はカールが落ちにくく、一日中スタイル動きのあるスタイルを楽しむことができます」(小口さん)

STEP1: 毛先をすべて内側にワンカールする
スタイリング前

STEP1: 毛先をすべて内側にワンカールする

STEP2: 表面の毛束をランダムに巻く
コテは32mmを使用。毛束をざっくりと取って全方位内巻きに。ワンカール程度でOK。

STEP2: 表面の毛束をランダムに巻く

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
表面の毛束を爪でつまんで引き出し、コテで中間を巻く。ランダムに毛束を取って巻くと自然な仕上がりになる。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 毛先を巻く時は太めのコテで巻く
  2. 太めのコテで巻くと毛束にツヤが出る
  3. スタイリング剤をつけるとよりツヤやかに!

「仕上げにオイルなどのスタイリング剤をつけるとみずみずしい毛束感に仕上がります。髪につける時は根元につけないこと。ボリュームが潰れてしまうので、毛先を中心になじませてください」(小口さん)

「縦巻き」をやめるだけで若返る!老け見えしないロングヘアの巻き方2ステップ

【6】流し前髪とリバース巻きの小顔見えロング

/mwimgs/b/f/-/img_bfea06704e06d807d64df896d829227b157676.jpg
 

■スタイリング:熱を与えて髪にハリコシを出すと立体感のある仕上がりになる!

「髪の内側にボリュームがないと、全体がペタッとした印象になり、菱形シルエットになりません。内側を巻くときは、毛束を多く取って縦にしっかりと巻くこと。熱を与えてハリを出すと、全体がふわっと立体感のある印象に仕上がります」(菅野さん)

STEP1: サイドの内側を縦巻きにする
スタイリング前

STEP1: サイドの内側を縦巻きにする

STEP2: ハチ上の髪を縦巻きにして華やかに
コテは36mmを使用。毛束を多めにとって中間をしっかりと巻く。ハチ上を留めておくとやりやすい。逆サイドも同様に巻いて。

STEP2: ハチ上の髪を縦巻きにして華やかに

STEP3: 襟足をリバース巻きに
ハチ上は毛束の中間だけをリバース。根元と毛先は逃すように巻いて。逆サイドも忘れずに巻く。

STEP3: 襟足をリバース巻きに

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
襟足の毛束を前に持ってきて中間を巻く。逆の襟足も同様もリバースすれば完成。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 髪の内側は根元からしっかりと熱を当てる
  2. 顔のフレームが菱形になるように巻く
  3. 巻くときは縦巻きに!寝かせると古臭い巻き方になるので注意

「コテで巻くときはすべて毛束の中間から縦巻きにする。コテを寝かせると、一昔前の古臭い巻き方になってしまうので気をつけて。パサつきや広がりが気になるときは、仕上げにオイルや保湿剤をつけてみてください。少量を手のひらに伸ばし、髪の内側や毛先になじませて」(菅野さん)

丸顔が小顔になる最強のロングヘアの秘密は「流し前髪」と「顔周りのリバース巻き」にあり!

【面長さん向け】ヘアアレンジ 7選


【1】ふんわり美人見えするレイヤーショート

/mwimgs/9/4/-/img_94524ce75882ebad307f29317fef96c7153060.jpg
 

■スタイリング:トップにボリュームを出し、襟足はタイトにして美フォルムに

「ショートは作り込み過ぎると、古く見えてしまうので、とにかくナチュラルに。トップにボリュームが出るように乾かして、毛流れに合わせて整えるだけでOKです」(花渕さん)

STEP1:全体を根元から前方向にドライ
スタイリング前

STEP1:全体を根元から前方向にドライ

STEP2:前髪にマジックカーラーを巻いてふんわりと
自然と後ろに流れるように仕上げるため、まずは根元を前向きに乾かしてクセを軽減。

STEP2:前髪にマジックカーラーを巻いてふんわりと

STEP3:カールドライヤーで全体にツヤを出す
隙間を作った部分を中心に、マジックカーラーで毛先から根元まで巻き込む。

STEP3:カールドライヤーで全体にツヤを出す

STEP4:オイルスタイリング剤を毛先中心になじませる
カールドライヤーで髪全体を後ろに流すように梳かす。襟足は収まるようにタイトに。

STEP4:オイルスタイリング剤を毛先中心になじませる

STEP5:ヘアスプレーをふきかける
オイルタイプのスタイリング剤を手のひらと指の間にのばし、毛先中心に手ぐしを通してなじませる。

STEP5:ヘアスプレーをふきかける

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
ナチュラルハードタイプのヘアスプレーを、髪に手ぐしを通しながらスプレー。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 前髪がふんわり流れるようにカーラーを巻く
  2. カールドライヤーは巻くのではなく、梳かす
  3. トップはボリュームを出し、襟足はタイトに仕上げる

「コーム付きのカールドライヤーは、熱を当てながら梳かすことで、毛流れを作りながら髪にツヤを出す効果も」(花渕さん)

面長さんがふんわり美人見えする「レイヤーショート」

【2】ランダムな動きを付けたメリハリショート

/mwimgs/9/7/-/img_9777114aecc936be8d21d184e9f18c87127126.jpg
 

■スタイリング: 使うのはドライヤーとブラシだけ!簡単3ステップ

「毛束がしっかりと動くように、髪の毛を根元から立たせることが大切。ドライヤーを当てる時は、指のはらで頭皮をしっかりとこすりながらドライヤーを当ててください」(栗原さん)

STEP1: 根元を指のひらでこすりながらドライヤーを当てる
スタイリング前

STEP1: 根元を指のひらでこすりながらドライヤーを当てる

STEP2: つむじ周りをブローする
根元から髪の毛を起こす効果が。

STEP2: つむじ周りをブローする

STEP3: 襟足を抑えてメリハリをつける
ブラシでつむじ周りの髪をざっくりと取って根元に熱風を当てる。

STEP3: 襟足を抑えてメリハリをつける

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
最後にドライヤーの熱を当てながら襟足を抑えて完成。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 髪全体の根元をしっかりと起こす
  2. トップ、つむじ周りはボリュームを出す
  3. 襟足はタイトに収めるとシルエットにメリハリができる

「束感が足りない時はワックスを全体に揉み込んで。キープ力のある固めのワックス(親指の爪くらい大きさ)を手のひらになじませてから髪全体にしっかりと揉み込みましょう。襟足が浮きやすい方もワックスで押さえてみて」(栗原さん)

見た目年齢マイナス10歳!若見え「小顔ショート」の作りかた

【3】横幅を意識した前下がりのグラデーションボブ

/mwimgs/0/9/-/img_094cc799a5ce95fbf8c2cff281d6cded92230.jpg
 

■スタイリング:ボリュームの出し方、前髪の流し方に注意!

「ペタッとするのはNGですが、面長さんの場合はトップにボリュームが出すぎてもダメ。ハチ周りはタイトに、ボリュームは横に広げることを意識しましょう。前髪は、額を隠しすぎず、出し過ぎず、肌がちらっと見えるくらいが、抜け感が出て顔型もカバーできます」(石原さん)

STEP1:ヘアアイロンで毛先を巻く
スタイリング前

STEP1:ヘアアイロンで毛先を巻く

STEP2:ヘアアイロンでトップを立ち上げる
太めのヘアアイロンで、毛先にワンカールをつける。

STEP2:ヘアアイロンでトップを立ち上げる

STEP3:ワックスで整える
トップの髪の根元を起こすように、太めのヘアアイロンを当てて、ボリュームを出す。

STEP3:ワックスで整える


〈まとめ!スタイリングのコツ〉
クリームワックスを手のひらにのばし、表面になじませる。少し束感を出しながら、前髪をななめに流し、サイドは耳にかけてボリュームをコントロール。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 毛先はふんわり巻いて、サイドに広げる
  2. トップがペタッとしない位置で分ける
  3. 前髪は厚くなりすぎないように流す

「毛先をワンカール巻いておくと、耳にかけるだけでボリュームが出て、フォルムの調整がしやすいです。キープ力が欲しい人は、最後に軽めのキープスプレーを」(石原さん)

面長に似合うボブは、輪郭カバーの菱形シルエットが正解!

【4】髪質まで柔らかく見せるレイヤーボブ

/mwimgs/0/b/-/img_0bc67568125ed233bc174e7023bd8b65172389.jpg
 

■スタイリング:毛先のハネが出るようにドライし過ぎないのがポイント

「しっかりレイヤーを入れているので、基本的にはムースを揉み込むだけでOK。毛先と前髪に動きが出るようにスタイリングします」(江良さん)

STEP1:根元を起こしながら前髪とトップをドライ
スタイリング前

STEP1:根元を起こしながら前髪とトップをドライ

STEP2:毛先にムースを揉み込む
根元を擦るようにして起こしながら乾かしていく。

STEP2:毛先にムースを揉み込む

STEP3:毛先と前髪にワックスをなじませて動きを出す
トリートメントムースを、ハチ下の髪の毛先中心に揉み込んでパーマを戻す。

STEP3:毛先と前髪にワックスをなじませて動きを出す

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
動きを出したい毛先と前髪に、ソフトワックスをなじませて動きを出しながら整える。あとは自然乾燥でOK。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 自然な動きが出るように乾かしすぎない
  2. ムースは毛先中心につけて、根元がペタンとしないようにする
  3. ムース、ワックスは揉み込むようにつけて動きを調整

「ほとんど自然乾燥なので、スタイリングに時間がかからないのもいいところ。前髪があるので、片サイドを耳にかけてもカバー効果は問題なし」(江良さん)

面長を小顔に見せる、前髪ありの「軽やかボブ」

【5】短め前髪で華やかなワンレングススタイル

/mwimgs/5/a/-/img_5a87223e16dbf9498a9b75d3b635a727125154.jpg
 

■スタイリング:ハチ上と下で巻き方を変えて、無造作に仕上げるのがコツ!

「どうしても根元が立ち上がらないときは、市販のボリュームアップミストを使うのも手。濡れた髪にミストを吹きかけてからドライヤーで乾かすと、ボリューム感が自然と出て、毎日のスタイリングが楽になります」(関田さん)

STEP1:毛先をすべて外巻きにする
スタイリング前

STEP1:毛先をすべて外巻きにする

STEP2: ハチ上の髪を後頭部の方向に巻く
アイロンは32mmを使用。15cm幅くらいの毛束をざっくりととって、毛先だけワンカール。ハチ上の髪をダッカールなどで留めるとやりやすい。

STEP2: ハチ上の髪を後頭部の方向に巻く

STEP3: 頭頂部を持ち上げながらワックスをつける
ハチ上の髪をガバッととったら、毛束の中間から毛先を後頭部の方向に巻く。アイロンを上に引き上げながら抜くと、自然なカールになります。

STEP3: 頭頂部を持ち上げながらワックスをつける

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
まず、トップが潰れないように頭頂部の髪を根元から持ち上げます。手のひらになじませたワックス(パール粒ひとつ分)を、毛束の中間から毛先にかけてつけ、束感を出します。これを全方位に繰り返します。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. アイロンは上に引き上げるように抜くと自然なカールに
  2. ハチ上と下で巻き方を変えると毛束に動きが出る
  3. ワックスをつけるときは、頭頂部の髪を持ち上げながらつける

「ワックスをつけるときは、根元を持ち上げながらつけてください。根元からワックスをなでるようにつけてしまうと、頭頂部が潰れて貧相な印象に。前髪もベタッと貼りつき清潔感がなくなってしまうので、注意しましょう」(関田さん)

40代は前髪を作った方が若く見える!短め前髪のお手本ヘアはコレ!

【6】額を軽やかに隠す外ハネミディアムヘア

/mwimgs/a/7/-/img_a78e2ef3a878ece10dee2b76adf2b640148261.jpg
 

■スタイリング: 顔まわりと毛先を巻くだけ!簡単3ステップ

「毛先はすべて巻くのではなく、ランダムに巻くのがポイント。自然にハネている毛先とコテで巻いた毛先が混ざり合って、こなれた印象に仕上がります」(宮川さん)

STEP1: マジックカーラーで前髪を巻く
スタイリング前

STEP1: マジックカーラーで前髪を巻く

STEP2: 顔まわりの毛束をリバース巻きにする
毛先から根元までしっかりと巻く。巻いたらドライヤーで熱風を当て、その後10分ほど放置する。

STEP2: 顔まわりの毛束をリバース巻きにする

STEP3: 毛先を外ハネにする
コテは32mmを使用。毛束の中間だけを巻くのがコツ。カールがついたら毛先に向けてすべらせるようにコテを抜いて。

STEP3: 毛先を外ハネにする

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
毛先をランダムに取って全方位外ハネにする。最後に前髪のカーラーを取って完成。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 前髪は分け目のない状態で巻く
  2. 顔まわりを巻く時は毛束の中間だけを!
  3. 毛先は一気に巻かない。少量ずつ外ハネにすると失敗しない

「前髪を巻くときは分け目のない状態で。根元が割れているとカーラーで巻いたあと毛先が割れてしまいます。前髪が割れていたら根元を濡らし、ドライヤーで分け目を直してからカーラーを巻きつけて」(宮川さん)

面長顔が劇的に小さくなる!前髪ありの「外ハネ・ミディアムヘア」

【7】顔回りが華やぐロングウェーブ

/mwimgs/a/7/-/img_a73e2bda36c897e254881ba9bdd719db107489.jpg
 

■スタイリング: 顔まわりは「隠すよりも出す」ことを意識して巻くのがコツ

「顔まわりをコテで外巻きにするときは、毛束の中間から毛先を巻くこと。根元から巻いてしまうと、失敗感のあるわざとらしいウェーブになってしまうので気をつけてください」(瓜生さん)

STEP1: ドライヤーでフロント部分の根元を立ち上げる
スタイリング前

STEP1: ドライヤーでフロント部分の根元を立ち上げる

STEP2:コテで顔まわりを外巻きに
前髪から頭頂部にかけて根元に熱風を当てる。

STEP2:コテで顔まわりを外巻きに

STEP3:オイルを中間から毛先になじまてツヤを与える
コテは26mmを使用。毛束の中間から毛先をリバース巻きにする。

STEP3:オイルを中間から毛先になじまてツヤを与える

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
パール粒くらいのオイルを手のひらになじませて、中間から毛先にかけてなじませる。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 分け目と逆方向から熱風を当てる!
  2. リバース巻きで顔まわりの毛束を後ろに流す
  3. オイルは必須!必ず仕上げになじませて

「仕上げのオイルは、手のひらに薄く伸ばして、毛束の中間から毛先にしっかりとなじませてください。毛先にツヤとまとまりがあれば、髪の豊かさ、しなやかさにつながり、それだけで若々しく見えます」(瓜生さん)

「根元を立ち上げる」「顔まわりを巻く」「ツヤを与える」だけ!5歳若返るロングヘア

【ベース型さん向け】ヘアアレンジ 7選


【1】縦と横の悩みを解決!ダブルバングショート

/mwimgs/0/9/-/img_09d01a887e13fd26e9ee2a480c8ba87f70304.jpg
 

■スタイリング:根本をふんわりと立たせることが大切!

「ワックスは髪の内側、根本にしっかりと揉み込むと、全体のボリュームが増して、ふんわりとした印象に仕上がります。表面から撫で付けるのはNG!」(泰斗さん)

STEP1: 根本を立たせるようにドライする
スタイリング前

STEP1: 根本を立たせるようにドライする

STEP2:ワックスを髪の内側に揉み込む
頭を下に向け、地肌をこするようにドライ。これで根本からふんわりと立ち上がる。

STEP2:ワックスを髪の内側に揉み込む

STEP3:指でつまんで束感を出す
ワックスはパール3粒くらいを目安に。手のひらに伸ばしたら髪の内側へ。根本へしっかりと揉み込む。

STEP3:指でつまんで束感を出す


〈まとめ!スタイリングのコツ〉
指に残ったワックスで顔まわりの髪に束感を出す。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 分け目をつけないようにドライする
  2. ワックスは髪の内側に!外から撫で付けない
  3. つくり込みすぎない。大胆にワックスをなじませて

「全体のシルエットを作り込もうとすると、逆に失敗することも。タオルドライするみたいに、バサバサって感じでドライしつつ、ワックスも髪の内側から勢いよくガシガシつけちゃってください!」(泰斗さん)

マスクをつけても野暮ったくならない! スッキリ小顔に見える「大人のショートヘア」

【2】丸みで輪郭を和らげる小顔ショート

/mwimgs/c/6/-/img_c64caa3c50c4aa1d434894dacd22e69c111426.jpg
 

■スタイリング:根元をしっかり立ち上げて!ふんわり感が丸いフォルムのカギ

「カットでふんわり感を作っているので、スタイリングではトップと毛先に丸みを出すことを意識して。少しセット力のあるワックスを全体にもみこんで、ふんわり仕上げましょう」(中島さん)

STEP1:ハチ上は立ち上げ、ハチ下は押さえてブロー
スタイリング前

STEP1:ハチ上は立ち上げ、ハチ下は押さえてブロー

STEP2:トップにマジックカーラーを巻く
8割程度ザッと乾かしたら、ハチ上は根元を立ち上げながらブロー。トップは分け目に逆らって風を当ててふんわりと。ハチ下は広がらないように押さえて乾かす。

STEP2:トップにマジックカーラーを巻く

STEP3:ワックスをもみ込む
前髪1段分は外し、トップに3本マジックカーラーを巻く。

STEP3:ワックスをもみ込む


〈まとめ!スタイリングのコツ〉
ややセット力のあるソフトワックスを10円玉くらい手に取り、手のひらにのばす。全体にもみ込んで、ふんわりとさせる。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. トップはしっかり立ち上げる
  2. ハチ下はふくらまないように押さえる
  3. 襟足はフィットするようにドライの際に押さえる

「タイトすぎる襟足はNGですが、フィット感は大切。全体が菱形フォルムになるように意識してスタイリングを」(中島さん)

ふんわりとした丸みで菱形フォルムに!ベース型を卵型にする「小顔ショート」

【3】フェイスラインをリフトアップ!菱形ミディアム

/mwimgs/c/2/-/img_c2faced12a57fe29b1f3d9f0d31413a090644.jpg
 

■スタイリング:ブローで根元を立ち上げておくとキープ力アップ!

「ブローするときは、根元に風をしっかり当てて、立ち上げてあげることが大切です。温風で乾かした後、冷風を当ててあげると、ブローした状態がキープできますよ」(小宮さん)

STEP1:根元に風を当ててブロー
スタイリング前

STEP1:根元に風を当ててブロー

STEP2:前髪にマジックカーラーを巻く
下から手ぐしを入れながらドライヤーの風を当てて、空気を入れるように根元を起こしてブロー。

STEP2:前髪にマジックカーラーを巻く

STEP3:表面の髪をストレートアイロンでブロー
前髪を持ち上げながら、中間から38mmのマジックカーラーを巻く。

STEP3:表面の髪をストレートアイロンでブロー

STEP4:トップは根元から丸みをつけてボリュームを出す
表面の髪を持ち上げ、リファのストレートアイロンを中間~毛先にすべらせて丸みをつける。

STEP4:トップは根元から丸みをつけてボリュームを出す


〈まとめ!スタイリングのコツ〉
頭頂部の髪を取り、ストレートアイロンを根元~毛先まですべらせて丸みをつける。カーラーを外し、毛先のみオイルをつけて束感を出したら完成。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 正面トップにボリューム感を出す
  2. 首元にほんのりくびれを作る
  3. フェイスラインの毛はタイトに仕上げる

「レイヤーが入っているので、ストレートアイロンをすべらせるだけで丸みがつき、自然と首元にくびれができます。直毛&ノーパーマなら、アイロンで毛先を外にワンカールさせても◎。フェイスラインの毛は軽く引っ張りながら乾かすとタイトに仕上がります」(小宮さん)

重心が下がりがちなベース型顔をリフトアップ!小顔を叶える「菱形ミディアム」

【4】キュッと小顔見えのレイヤーウルフ

/mwimgs/9/7/-/img_9758fd19bd6d574e9d41aace0ef6334f106925.jpg
 

■スタイリング:ボリュームダウンはNG!ブローでツヤとなめらかさをプラス

「トップはボリュームが出るようにレイヤーを入れているので、根元に空気を入れて乾かせば、ふんわり仕上がります。レイヤースタイルは軽さが出る分、パサついて見えると年齢を感じやすくなります。ブローで髪表面にツヤを出し、スタイリング剤で潤いをプラスして」(山本さん)

STEP1:根元をふんわり乾かす
スタイリング前

STEP1:根元をふんわり乾かす

STEP2:トップにマジックカーラーを巻く
髪の根元にドライヤーの風が当たるように乾かす。

STEP2:トップにマジックカーラーを巻く

STEP3:表面の髪をブロー
トップがふんわりするように、マジックカーラーを2カ所巻く。

STEP3:表面の髪をブロー

STEP4:アイロンで毛先を巻く
髪表面にドライヤーの温風を当てながら、ロールブラシでブロー。髪表面にツヤを出す。

STEP4:アイロンで毛先を巻く

STEP5:バームをもみ込む
38mmのヘアアイロンを使用。毛先をランダムに1回転ほど巻いて動きを出す。

STEP5:バームをもみ込む

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
柔らかめのバームタイプのスタイリング剤を手のひらにのばし、髪全体にもみ込む。潤いを与え、柔らかな動きを出す。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. トップの根元はボリュームが出るように乾かす
  2. スタイリング剤で柔らかい毛先の動きを作る
  3. ブローでツヤとなめらかな質感を出す

「40代のレイヤースタイルは、ボリュームダウンNG。スタイリングも、そこを意識するといいと思います。乾燥感が出ないように、仕上げには髪に潤いを与えてくれるバームタイプのスタイリング剤がおすすめです」(山本さん)

流行りの「レイヤーウルフヘア」でベース型をキュッと小顔に!

【5】輪郭を目立たせないエアリーなミディアムヘア

/mwimgs/1/4/-/img_1494aa84eb92fed823b1f8bdce5118b1120675.jpg
 

■スタイリング: 内巻きはストレートアイロンで作ると自然なカールに!

「スタイリングで外ハネをつくると、わざとらしくなったりすることもあるので、全体は内巻きにしておいて肩ラインで自然とハネさせるのがコツです」(栗原さん)

STEP1: トップの根元を起こす
スタイリング前

STEP1: トップの根元を起こす

STEP2: つむじ周りの毛束をブローする
頭頂部を指のひらでこすりながらドライヤーの熱を当てる。

STEP2: つむじ周りの毛束をブローする

STEP3: 耳前の毛束をストレートアイロンで内巻きに
根元にブラシを当てて持ち上げるようにブローするのがポイント。

STEP3: 耳前の毛束をストレートアイロンで内巻きに

STEP4: 耳後ろの毛束も内巻きにする
下に引っ張るのではなく、持ち上げながら内巻きに。ブローするようなイメージでアイロンを当てると◎。逆サイドも同様に。

STEP4: 耳後ろの毛束も内巻きにする

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
STEP3と同じように耳後ろの毛束も持ち上げながら巻く。逆サイドも同様に巻いて。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. 地肌をこするように乾かして根元を立たせる!
  2. 毛束を持ち上げながら内巻きにすると自然なカールができる
  3. パサつきが気になる時は仕上げにワックスで整えて

「自然なカールをつくる秘訣は、内巻きにする時に毛束を持ち上げること。ブローするようにストレートアイロンを毛先に滑らせるだけでナチュラルに仕上がります」(栗原さん)

ベース型の輪郭をカバーする、40代ミディアムヘア|ラフな毛流れがポイント!

【6】毛先の動きが華やかなセミロング

/mwimgs/5/1/-/img_51b053c8d8452f6102262820b332a618133308.jpg
 

■スタイリング:毛先に潤いを与えつつ、ラフな動きをオン!

「ダメージによるラフな質感はいかしつつキレイに見せるためには、毛先の潤い感が大切です。髪を乾かす前に、オイルをまんべんなくつけて、しっかり保湿してあげましょう」(高橋さん)

STEP1:前髪ともみあげをリバースに巻く
スタイリング前

STEP1:前髪ともみあげをリバースに巻く

STEP2:毛先を外ハネに巻く
32mmのヘアアイロンで、前髪を外向きにゆるやかに巻く。

STEP2:毛先を外ハネに巻く

STEP3:ヘアバターをもみこむ
ベースの毛先を外ハネになるようにワンカール巻く。

STEP3:ヘアバターをもみこむ

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
手のひらにヘアバターをなじませ、髪全体にもみこむ。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. スタイリング剤はまんべんなくなじませる
  2. 毛先はくずしてラフに散らす
  3. 乾かす前のオイル、スタイリング後のヘアバターで潤いを

「顔周りの髪は、耳にかけてボリュームを調整して。あご周りに髪をかけすぎないほうが、ナチュラルに輪郭をカバーできますよ」(高橋さん)

輪郭を隠すのは逆効果!ベース型をカバーするラフな質感のセミロング

【7】輪郭をボカす大きなウェーブロング

/mwimgs/2/b/-/img_2b54ec8c21a99351d9fc31657e1a10d5116208.jpg
 

■スタイリング:カーラーで根元を起こしながら太いまとまりをつくる!

「前髪とトップは根元からカーラーでしっかり巻いて。根元が立ち上がることで、毛束に太いまとまりをつくることができます」(CHINATSUさん)

STEP1:カーラーで後頭部と前髪を巻く
スタイリング前

STEP1:カーラーで後頭部と前髪を巻く

STEP2: 耳前ハチ上の毛束を巻く
太めのカーラーを使用。前髪と頭頂部を根元からしっかりと巻いたらドライヤーで熱風を10秒当てる。その後、20秒ほど自然放置すればキープ力アップ。

STEP2: 耳前ハチ上の毛束を巻く

/mwimgs/6/7/-/img_67b682f34c596a3108c32dd49a49a5b4157120.jpg
頭皮に対して斜め上に引っ張りながら根元まで巻きつける。両サイド巻いたらSTEP1と同様に熱風を当てて、自然放置。
STEP3: 中間から毛先に水分を含ませてパーマを出す
カーラーを巻いた状態

STEP3: 中間から毛先に水分を含ませてパーマを出す

STEP4:クリームワックスを毛先に揉み込む
スプレーなどで水分を与えながら少しずつパーマを戻す。髪が湿るくらいを意識して。

STEP4:クリームワックスを毛先に揉み込む

〈まとめ!スタイリングのコツ〉
手のひらにクリームワックスをなじませたら、持ち上げるように揉み込んで。

〈まとめ!スタイリングのコツ〉

  1. カーラーで巻いたら熱風でキープ力を高める
  2. 水分を与えたらドライしない!毛先がパサつく原因に
  3. クリームワックスは保湿力のあるものを選んでツヤ感を出す

「年齢とともに髪の水分量が少なくなるため、毛束の中間から毛先はパサつきがちです。仕上げのワックスはクリーム系で保湿力の高いものを選ぶと、毛先がツヤやかにまとまり、年齢を感じさせない若々しい仕上がりになります」(CHINATSUさん)

頬骨やエラ張りが目立たなくなる!神業ロングヘアとは?

ing01">前髪をあげて思い切っておでこを見せる髪型

前髪をあげて思い切っておでこを見せる髪型


■かき上げた前髪がエレガントなミディアムヘア

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

顔まわりにだけレイヤーを入れて、巻いたときに動きが出やすいようにしています。毛先がスカスカしていると艶やまとまりが出にくいので、カットベースは重めに設定。大人の女性は、毛先の毛量をある程度残した方がエレガントな印象に仕上がります。

【スタイリング方法】

顔まわりをリバース巻きするときは、かき上げた前髪の毛先と顔まわりの髪の毛を一緒に巻いてください。前髪の毛先をかませることでサイドとなじみ、自然な毛流れになります。

スタイリング前
スタイリング前
1: 前髪をかきあげながらドライヤーを当てる
根元に熱を当てるとうまく立ち上がる。
根元に熱を当てるとうまく立ち上がる。
2: 前髪と顔まわりの毛束の中間をリバース巻きに
コテは32mmを使用。前髪と顔まわりの毛束をとってコテでリバース巻きにする。前髪の毛先も一緒に巻くのがポイント。
コテは32mmを使用。前髪と顔まわりの毛束をとってコテでリバース巻きにする。前髪の毛先も一緒に巻くのがポイント。
3: ワックスを髪全体の根元につける
パール1粒大くらいのワックスを手のひらになじませて、髪の内側から大胆に揉み込んで。
パール1粒大くらいのワックスを手のひらになじませて、髪の内側から大胆に揉み込んで。

ワックスをつける時は前髪からつけないこと。やりがちですが、かき上げた前髪にワックスがつきすぎると時間とともに潰れてしまいます。ワックスは神の内側、襟足、耳の上の根元に重点的につけて。少し硬めでキープ力のあるものを使用すると根元からふわっとした印象に仕上がります。

前髪で輪郭を隠すのは逆効果!?エラ張りカバーの神業ミディアムヘア

■ハーフアップ+ひとつ結びのアレンジ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

くるりんぱをして結び目に表情を作ったり、トップの髪を引き出してボリューム感をつくると、印象が華やかになります。

アレンジ前
アレンジ前

【アレンジ方法】

1:耳の先端より上の髪を束ねてゴムを結ぶ
頭頂部の髪を、両耳の先端の延長線上でゴムで束ねる。
頭頂部の髪を、両耳の先端の延長線上でゴムで束ねる。
2:結び目の上に穴をつくる
くるりんぱをするための穴を結び目の上につくる。
くるりんぱをするための穴を結び目の上につくる。
3:穴に毛束を通して、くるりんぱをする
 
 
穴に毛束を通したら、毛束を左右に引っ張って結び目を引き締める。
穴に毛束を通したら、毛束を左右に引っ張って結び目を引き締める。
4:襟足の髪と一緒に束ねる
ハーフアップにした結び目のやや下あたりを束ねること。
ハーフアップにした結び目のやや下あたりを束ねること。
5:ひとつ結びにした結び目にマジェスタを付ける
毛束の髪をすくいながら棒を通すと、マジェスタが安定して崩れにくくなる。
毛束の髪をすくいながら棒を通すと、マジェスタが安定して崩れにくくなる。

クセやうねりがなく、真っ直ぐな毛質の方は、アレンジをする前にカールアイロンなので毛先を巻いておくとふんわりとしたニュアンスがつくれます。

「ハーフアップ+ひとつ結び」ならボリューム不足の髪も華やかに決まる!

■優美なカールが華やかなゆるやかウェーブロングヘア

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

【スタイリング方法】

スタイリング前
スタイリング前
1:フロント部分の表面をブローする
フロント部分の髪の表面に熱を当てると、キューティクルが整い、見た目がツヤやかになる。毛束の中間に熱を当てるイメージで。
フロント部分の髪の表面に熱を当てると、キューティクルが整い、見た目がツヤやかになる。毛束の中間に熱を当てるイメージで。
2:耳前の毛束をリバース巻きにする
コテは36mmを使用。耳前の毛束をまとめて中間だけを巻く。逆サイドも同様に。
コテは36mmを使用。耳前の毛束をまとめて中間だけを巻く。逆サイドも同様に。
3: 毛先に保湿剤をなじませる
仕上げに、クリームなどの保湿剤を毛先につける。
仕上げに、クリームなどの保湿剤を毛先につける。

40代は年齢とともに髪の水分量が減り、まとまりにくくなっているので『表面のツヤだし』『毛先の保湿』は重要です。この一手間で、みずみずしさ、コシ、ツヤ、まとまりのあるダメージレスな印象に仕上がります。毛束の中間を縦巻きにすると今っぽい仕上がりにするのが目標です。

顔まわりを巻くときのポイントは『毛束を太くとる』『縦に巻く』、この2つです。ブローで髪表面にツヤを出すと、ダメージを感じさせないみずみずしい印象になります。

面長な顔が小顔に見える髪型が判明!正解は「緩やかなウェーブのロングヘア」でした

■女性らしい巻き髪ミディアム

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

毛量が多く、髪の1本1本がしっかりしているため広がりやすい佐藤さんの髪。「生え方にもクセがあって、ボリュームが出やすい髪質です。ボリュームを下につくって丸みのあるシルエットにすると、ご本人のクセもボリューム感も生かせます」(natura Aolaniの副店長・鈴木みちるさん)

うねって広がる髪はツヤが出にくく、パサついて見えがち。髪に中間から毛先にかけてカールアイロンをサッと通すだけでツヤが出せます。

スタイリング前
スタイリング前

【スタイリング方法】

1:ブラシではち部分を抑え、その上からドライヤーをあてる
目尻の延長線上がはち。ここをブラシで抑え、その上からドライヤーをあてる。
目尻の延長線上がはち。ここをブラシで抑え、その上からドライヤーをあてる。
2:前髪以外は、髪の中間部からカールアイロンを通し、毛先だけ内巻きに1カール
サイドからバックまで同様に、中間部からアイロンを通して1カールさせる。
サイドからバックまで同様に、中間部からアイロンを通して1カールさせる。
3:顔にかかる前髪部分だけ毛先を外巻きに1カール
前髪部分だけ、毛束の中間からカールアイロンを通してから毛先を外巻きにする。
前髪部分だけ、毛束の中間からカールアイロンを通してから毛先を外巻きにする。

頭頂部にボリュームが欲しいときは、いつもよりやや外側に分け目をつくると、自然な立ち上がりがつくれます。プラス、はち部分を抑えておくと顔が小さく見えるので、挑戦してみてください。

髪の広がりを抑えるカールアイロンの使い方とは?ツヤも出て女性らしい巻き髪スタイルに!

■優雅な前髪アップのアレンジ

このような+サングラスをしたまとめ髪に。
このような+サングラスをしたまとめ髪に。
サイド
サイド
バック
バック

【アレンジ方法】

1:手ぐしで髪を後ろに束ねる
コームやブラシを使わず、手ぐしでざっくりと髪を後ろにまとめる。手ぐしでまとめることで、今っぽい抜け感をつくることができます。
コームやブラシを使わず、手ぐしでざっくりと髪を後ろにまとめる。手ぐしでまとめることで、今っぽい抜け感をつくることができます。
2:ゴムで結ぶ
耳の高さで髪を束ね、ゴムでしっかりと結ぶ。結ぶ位置は、低すぎると老けて見え、高すぎると若づくりに見えるので、耳の高さを守って。
耳の高さで髪を束ね、ゴムでしっかりと結ぶ。結ぶ位置は、低すぎると老けて見え、高すぎると若づくりに見えるので、耳の高さを守って。
3:毛束を結び目に巻き付ける
束ねた根元に、ひとつまみの毛束を巻き付けます。ゴムを隠すようにピンで留めます。
束ねた根元に、ひとつまみの毛束を巻き付けます。ゴムを隠すようにピンで留めます。
4:トップの毛をランダムに引き出す
結び目をしっかりと抑え、つむじ周りから後頭部にかけての毛をランダムに引き出します。このひと手間で、今っぽい印象に。
結び目をしっかりと抑え、つむじ周りから後頭部にかけての毛をランダムに引き出します。このひと手間で、今っぽい印象に。
5:毛束の毛先をほぐす
毛先を指でつまみ、根元に向かって裂くようにほぐします。細かくほぐすことで毛束にボリュームが出て、若々しさを演出できます。
毛先を指でつまみ、根元に向かって裂くようにほぐします。細かくほぐすことで毛束にボリュームが出て、若々しさを演出できます。

サングラスが似合うエレガンスなまとめヘア

前髪をおろしておでこの印象を薄める髪型


■前髪ありのふんわりヘア

■前髪ありのふんわりヘア
完成
サイド
サイド
バック
バック

【アレンジ方法】

1:「地肌を擦る」ように前髪の根元を乾かす
髪ではなく根元を乾かす。
髪ではなく根元を乾かす。
2:熱風を当てながら、髪の中間あたりから人差し指に2~3回巻き付けるようにねじる
手を自然な手ぐしとしてくるくる巻く。
手を自然な手ぐしとしてくるくる巻く。

【薄毛&髪が広がる女性必見】薄毛に見せないコツは、前髪の乾かし方にあった!

■アシンメトリーな丸みのあるシルエットのショート

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

シルエットにメリハリをつくると、ボリュームが欲しい頭頂部に視線が集まりにくくなり、目立たなくなります。そこで後頭部にグラデーションを入れて襟足部分を引き締め、丸みのある形にしました。左サイドは長めに残してアシンメトリーに仕上げていますが、やり過ぎは禁物。ここまで長さを変えたくない…という方は、片方だけ髪を耳にかけるだけでも、イメージはガラッと変わります。

【スタイリング方法】

スタイリング前
スタイリング前
1:頭頂部の中央にカーラー2本を縦に並べて巻き、その後ろに横向きカーラーを巻く
毛束を分け目の方向に引っ張りながら、毛先からカーラーを内巻きに巻く。後頭部のカーラーも同様に毛束を持ち上げながら毛先から後頭部の方向に巻く。
毛束を分け目の方向に引っ張りながら、毛先からカーラーを内巻きに巻く。後頭部のカーラーも同様に毛束を持ち上げながら毛先から後頭部の方向に巻く。
2:ドライヤーの熱を髪の根元にあてる
分け目の根元からふんわり立つように、根元を中心にドライヤーをあてる。
分け目の根元からふんわり立つように、根元を中心にドライヤーをあてる。
3:指で分け目のあたりをつまみ上げ、パウダーワックスをスプレー
指で髪の根元を握りながらスプレーし、分け目の立ち上がりをキープ。
指で髪の根元を握りながらスプレーし、分け目の立ち上がりをキープ。

スタイルにタイトな部分と膨らませる部分のメリハリをつくり、後頭部に丸みをつくったら襟足部分は引き締めるのがポイントです。

ボリューム不足を救う、アシンメトリーなおしゃれショートボブ

おでこが広くて面長タイプに似合う髪型


■甘すぎないふんわりウェーブロングヘア

スタイリング前
スタイリング前

【スタイリング方法】

1:髪を上下にブロッキング
髪を上下に分け。両サイドに張り出している頭の鉢部分を基点に髪を上下に分け、ダッカールなどで留めます。
髪を上下に分け。両サイドに張り出している頭の鉢部分を基点に髪を上下に分け、ダッカールなどで留めます。
2:下のブロックの毛先を内巻き&外巻きと交互に巻く
下の髪内巻き
下の髪内巻き
外巻きに。毛先10㎝くらいの毛束をはさみ、内巻きに。次の毛束は外巻きと交互に巻いていきます。
外巻きに。毛先10㎝くらいの毛束をはさみ、内巻きに。次の毛束は外巻きと交互に巻いていきます。
3:ダッカールを外し、上のブロックの髪も同様に巻く
上のブロックも交互に巻いていきます。クリップに毛先を挟んだままアイロンの持ち手を滑らせるように抜き取るのがポイント。
上のブロックも交互に巻いていきます。クリップに毛先を挟んだままアイロンの持ち手を滑らせるように抜き取るのがポイント。
4:毛束を指で裂くようにばらす
まとまった髪をばらしていく。
まとまった髪をばらしていく。
5:毛先から中間に向かってワックスを揉み込む
ワックスを揉み込む。
ワックスを揉み込む。
完成です!
完成です!
横から見た図
横から見た図
後ろから見た図
後ろから見た図

根元まで巻いたアレンジに比べ、半分の時間で完成するエアリーな春スタイル。甘過ぎない雰囲気で、知的なフォーマルなスタイルにもぴったりです。ボリューム不足や薄毛が気になる方も、このアレンジなら気になりません。ただし、巻き過ぎると〝ひと昔前〟の雰囲気になってしまうので、気をつけましょう!

ふんわりウェーブだけど甘くない! 知的でクールな仕事ヘア

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。