前髪ありのボブスタイル、前髪なしのボブスタイル、パーマのボブスタイルなど、40代の大人の女性に似合うボブスタイルを、ラグジュアリーの入り口メディア「Precious.jp」内の髪型特集記事よりピックアップしました。

ふんわりと仕上げるスタイリングのコツも手順を追ってお伝えしています。ぜひお試しください。

【目次】

大人ボブの前髪ありスタイル


■前髪厚めのボリュームアップスタイル

■前髪厚めのボリュームアップスタイル
完成
サイド
サイド
バック
バック

【スタイリング方法】

■1:太めのカーラー2本で、頭頂部の髪を毛先から巻く

頭頂部の髪を前後2つに分け、前側は前向きに、後ろは後ろ向きにカーラーで毛先から巻く。
頭頂部の髪を前後2つに分け、前側は前向きに、後ろは後ろ向きにカーラーで毛先から巻く。

■2:カーラーで巻いた部分にのみワックスをなじませる

手のひらに広げたワックスを、カーラーで巻いた髪の中間から毛先にかけてなじませる。
手のひらに広げたワックスを、カーラーで巻いた髪の中間から毛先にかけてなじませる。

■3:手に残ったワックスで髪の裾を抑える

耳の下あたりの髪を首に沿わせるように、手ぐしでタイトに抑える。
耳の下あたりの髪を首に沿わせるように、手ぐしでタイトに抑える。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

■前髪を厚くしてトップにボリュームをつくる
■トップに高さが出るように髪は長めに残しておく
■トップをふんわりさせたら裾はタイトにまとめてメリハリをつくる

白髪が目立たなくなるコツは前髪の「厚み」にありました!

■毛先が軽やかなショートボブ

■毛先が軽やかなショートボブ
完成
サイド
サイド
バック
バック

【スタイリング方法】

■1: 分け目を作らないように髪を振りながら乾かす

分け目を作らないように乾かすのがポイント。根元を起こすことで空気感のある印象になる
分け目を作らないように乾かすのがポイント。根元を起こすことで空気感のある印象になる

■2:マジックカーラーで前髪を巻く

小さめのマジックカーラーで前髪を持ち上げるように根元まで巻く。
小さめのマジックカーラーで前髪を持ち上げるように根元まで巻く。

■3: つむじと前髪の間にある毛束を巻く

大きめのマジックカーラーで後頭部に向けて巻く。
大きめのマジックカーラーで後頭部に向けて巻く。

■4:サイドの表面を毛先から中間まで巻く

両サイドも同じように巻く。
両サイドも同じように巻く。

■5:サイドの内側を毛先から中間まで巻く

逆サイドも同様に。その後5分くらいキープして取り外せば完成。
逆サイドも同様に。その後5分くらいキープして取り外せば完成。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

■地肌をこするようにトップを乾かす
■前髪は持ち上げて根元まで巻く
■仕上げに襟足を抑えるとメリハリが出る

【40代直毛の悩みを解決】使うのはアレだけ!あっという間にふわっと立体的なボブに

■前髪・トップ・バックに丸みを持たせたショートボブ

■前髪・トップ・バックに丸みを持たせたショートボブ
完成
サイド
サイド
バック
バック

【スタイリング方法】

■1:手ぐしで髪をとかしながらドライヤーを根元にあてる

頭頂部の髪を右に倒しながらドライヤーを根元にあて、同様に左に倒しながら根元にあてる。
頭頂部の髪を右に倒しながらドライヤーを根元にあて、同様に左に倒しながら根元にあてる。

■2:手ぐしでとかしながらシアバターを髪全体になじませる

両手のひらにシアバターをひろげ、根元の立ち上がりをつぶさないように手ぐしでとかしながらなじませる。
両手のひらにシアバターをひろげ、根元の立ち上がりをつぶさないように手ぐしでとかしながらなじませる。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

■頭頂部をペタッとさせず、高さを出す
■暗い色で髪を染めない
■ツヤ感を出すスタイリング剤を使う

「トップを立たせるだけ」で、根元の白髪は隠せる!

大人ボブの前髪なしスタイル


■トップにレーヤーを入れたボブスタイル

■トップにレーヤーを入れたボブスタイル
完成
サイド
サイド
バック
バック

【スタイリング方法】

■1:頭頂部よりやや後ろの髪を垂直に立ち上げるようにして、毛先をワンカール

カールアイロンで毛先から後ろ方向に巻く。
カールアイロンで毛先から後ろ方向に巻く。

■2:マジックカーラーで前髪、頭頂部よりやや前、両サイド2段を内巻きに

毛先から巻き込むように7つのカーラーで内巻きにする
毛先から巻き込むように7つのカーラーで内巻きにする

■3:指先にワックスをなじませ、耳周りの髪をなで付けるようにして耳にかける

ちょっと固めのワックスで髪をなで付けるようにして耳にかける。
ちょっと固めのワックスで髪をなで付けるようにして耳にかける。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

■ボリュームゾーンはリップラインより上につくる
■頭頂部の毛先を巻くときは毛束を垂直にのばし、根元を立たせることを意識
■耳周りの髪は、タイトにまとめてメリハリをつくる

トップにボリュームを出すだけで若返る!大人のボブスタイルとは?

■顎のラインも隠せる大人のショートボブ

■顎のラインも隠せる大人のショートボブ
完成
サイド
サイド
バック
バック

【スタイリング方法】

■1:襟足をストレートアイロンでハネさせる

左右と後ろの3箇所をハネさせるとバランスが良くなる。
左右と後ろの3箇所をハネさせるとバランスが良くなる。

■2: 前髪をアイロンで外巻きにする

アイロンは26mmを使用。前髪の毛先を後ろに向けて外巻きに。
アイロンは26mmを使用。前髪の毛先を後ろに向けて外巻きに。

■3:ドライヤーで前髪とトップを立ち上げる

根元にドライヤーの熱を当てるのが正解。
根元にドライヤーの熱を当てるのが正解。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

■襟足をハネさせて目線を輪郭から外す!
■前髪とトップはドライヤーで根元から立たせる
■いつもの分け目と変えることでふんわり感が出る

立ち上がる前髪と毛先のハネ感で女らしく。顎のラインも隠せる大人のショートボブ

■襟足を締めた縦長フォルムスタイル

■襟足を締めた縦長フォルムスタイル
完成
サイド
サイド
バック
バック

【スタイリング方法】

■1:頭皮を擦るように熱風をあてる

爪を立てず、指の腹で根元を擦りながら熱風をあてる。
爪を立てず、指の腹で根元を擦りながら熱風をあてる。

■2:ふんわりさせたいサイドはワックスをなじませる

手のひらにワックスを広げたら、髪の中間~毛先になじませる。
手のひらにワックスを広げたら、髪の中間~毛先になじませる。

■3:襟足部分の髪をつかみ、毛先だけ外ハネに

襟足部分の根元は広がらないように抑え、毛先だけ動きを付ける。
襟足部分の根元は広がらないように抑え、毛先だけ動きを付ける。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

■髪を乾かすときは根元から
■ショートボブにするときは縦長シルエットを目指す
■膨らませる部分と引き締める部分とメリハリをつくる

ショート代表・滝沢直子さん(37歳・会社員)のクセ毛をいい感じにまとめるには?

大人ボブのパーマスタイル


■顔周りにデジタルパーマでボリュームアップ

■顔周りにデジタルパーマでボリュームアップ
完成
サイド
サイド
バック
バック

【スタイリング方法】

■1:髪の根元を中心に乾かす

手ぐしで髪の根元をとかしながらドライヤーで乾かす。
手ぐしで髪の根元をとかしながらドライヤーで乾かす。

■2:手にムースをのばしたら髪の中間から毛先にかけてクシュクシュと揉み込む

髪が8割方乾いたら、サイドからバックの髪を揉み込みながらムースをなじませる。
髪が8割方乾いたら、サイドからバックの髪を揉み込みながらムースをなじませる。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

■顔まわりの髪をカールさせ全体的にボリューム感を出す
■カールは大きめにし、ナチュラルな雰囲気に仕上げる
■毛先が揺れるように動きを出し、空気感をつくる

ブローの手間と時間が「半分以下」になる!くしゅくしゅミディアムヘアの作り方

■エッジの効いた「パーマ」と「かき上げ前髪」

■エッジの効いた「パーマ」と「かき上げ前髪」
完成
サイド
サイド
バック
バック

【スタイリング方法】

■1: 水分を含ませてパーマを出す

髪全体を濡らすイメージで水分を与える。スタイリング剤を使う場合は、ミスト状のものを使うと◎。
髪全体を濡らすイメージで水分を与える。スタイリング剤を使う場合は、ミスト状のものを使うと◎。

■2: 前髪とフロントの髪を熱風で立ち上げる

前髪とフロントの髪を持ち上げたら、根元に熱風を当てて髪を立たせる。
前髪とフロントの髪を持ち上げたら、根元に熱風を当てて髪を立たせる。

■3: 全体にワックスをもみ込む

ハード系のワックスを使用。パール粒ふたつ分くらいを目安に、髪の量に合わせて多めに馴染ませるのがポイント。
ハード系のワックスを使用。パール粒ふたつ分くらいを目安に、髪の量に合わせて多めに馴染ませるのがポイント。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

■まずはパーマをしっかりと出す!
■前髪は大袈裟なくらい立ち上げてよし!
■ワックスは多め。根元からしっかりともみ込む

【古臭くない40代のパーマスタイル】正解は「強めウェーブ」と「かき上げ前髪」

■“くせ毛風パーマ”で頭頂部をボリュームアップ!

■〝くせ毛風パーマ〟で頭頂部をボリュームアップ!
完成
サイド
サイド
バック
バック

【スタイリング方法】

■1:指で根元をこするようにドライヤーを当てる

ドライヤーで地肌をこすりながら乾かすと根元が立ち上がり、毛束にツヤが出る。
ドライヤーで地肌をこすりながら乾かすと根元が立ち上がり、毛束にツヤが出る。

■2:頭頂部をホットカーラーで巻く

カーラーは直径3㎝くらいのものを使用。つむじ前の毛束をふたつに分けて、後ろの毛束は後方に巻き、前の毛束は前方に向けて巻きつける。
カーラーは直径3㎝くらいのものを使用。つむじ前の毛束をふたつに分けて、後ろの毛束は後方に巻き、前の毛束は前方に向けて巻きつける。

■3:髪の根元にワックスをもみ込む

パール粒大ふたつ分のワックスを根元にON。根元にワックスをもみ込まないと髪が立たないのでしっかりともみ込んで。
パール粒大ふたつ分のワックスを根元にON。根元にワックスをもみ込まないと髪が立たないのでしっかりともみ込んで。

■4:頭頂部の毛束をひとつまみして根元にスプレーをする

仕上げにハード系スプレーを根元にシュッとひと吹き。立ち上がった根元をキープして束感をつくる。
仕上げにハード系スプレーを根元にシュッとひと吹き。立ち上がった根元をキープして束感をつくる。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

■根元をこすって根元をグッと立たせる!
■ワックスは毛先につけない!根元にだけON
■自然にできた毛束をスプレーで長時間キープ

「若返り」と「小顔」のダブル効果を実現!ボリュームゾーンで毛束が動くふんわりショートボブ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。