HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)の歴史

創業者:ハリー・ウィンストン
創業地:アメリカ・ニューヨーク
創業年:1932年。「ヨンカー」や「ホープ・ダイヤモンド」など、世界に名だたるダイヤモンドをはじめとする希少な宝石を所有したことでも知られるジュエリー&ウォッチブランド。創始者の意志を受け継ぎ生み出されるダイヤモンドジュエリーが、世界中の女性を虜にしています。

宝石のすべてを知り尽くした、「キング・オブ・ダイヤモンド」

セレブ_1,ダイヤモンド_1,ニューヨーク_1,名品_1
保安のために生前は公にされなかったハリー・ウィンストンの顔が写った、唯一のポートレート © Harry Winston

 ■創業当時のエピソード

小さな宝石店の息子として生まれ、幼少期からさまざまな宝石に触れてきたハリー・ウィンストン。それぞれの石が持つクオリティやポテンシャルを見極める才能が開花したのは、12歳の時でした。

地元の質屋で2級品のジュエリーに混ざった2カラットのエメラルドに目を奪われた彼は、たった25セントでこの石を購入。その2日後に800ドルで売ることができたのです。

15歳から父親がロサンゼルスで経営する宝石店で働いた後、1920年にニューヨークでプレミア・ダイヤモンド社を設立。時代遅れなデザインのジュエリーから取り外した宝石を、その石自体の美しさや輝きが引き立つようにカットし直し、よりモダンなスタイルにセッティングするという、新たなビジネスは大成功を収めました。

そして1932年、次のステップとしてニューヨークに自身の名を冠したハリー・ウィンストン社を設立。デザインから制作、販売までを担うブランドが誕生したのです。その後、1960年に五番街の718番地に本店を移転し、現在に至ります。

セレブ_2,高級時計_1,時計,ネックレス_1,イヤリング_1,指輪_1,ニューヨーク_2,名品_2
1969年に撮影された本店の様子 © Harry Winston

ハリー・ウィンストンを語る上で欠かせないのは、彼が収集した希少な宝石たちの存在でしょう。世界的に有名で貴重なダイヤモンドの3分の1以上を所有したといわれ、また多くのダイヤモンドの原石が、彼の鋭い審美眼によって、伝説的な宝石へと生まれ変わりました。

そのひとつが「ヨンカー」です。1935年に購入された726カラットの原石を、14か月にわたり細部まで研究した結果、12個のダイヤモンドにカット。最大の石は123.35カラットのエメラルドカットで、14年以上も売却を拒否し続けたほど、ハリー・ウィンストンのお気に入りとなりました。

セレブ_3,ネックレス_2,ブレスレット_1,指輪_2,ニューヨーク_3,名品_3
豪華絢爛なジュエリーと、ハリー・ウィンストンの手に載せられた歴史的な宝石の数々。人差し指と中指に挟まれている青い石が「ホープ・ダイヤモンド」(45.52ct)、中央の大きなエメラルドカットのダイヤモンドが「ヨンカー」の一部で、最大のもの(123.35ct) © Harry Winston

かつてマリー・アントワネットに贈られたことでも知られる、青く輝く「ホープ・ダイヤモンド」の最後のオーナーも、ハリー・ウィンストンでした。

彼は、「呪われたダイヤモンド」ともいわれ、常に世間の注目の的であったこのダイヤモンドを、一個人が所有するのではなく、分かち合うべきだと考えました。そして1949年に購入してから4年間、「コート・オブ・ジュエルズ(宝石の宮廷)」と銘打った、希少な宝石ばかりを集めた展示会の1点としてアメリカ各地で披露した後、1958年に、ワシントンD.C.のスミソニアン博物館に寄贈することを決意したのです。

■ブランドの転機

セレブ_4,ネックレス_3,ダイヤモンド_2,名品_4,ニューヨーク_4
クラスター・ネックレスのデザイン画 © Harry Winston

「個々のダイヤモンドが持っている自然な輝きこそが、ジュエリーのデザインを決定づける」というハリー・ウィンストンの信念が最も表れているのが、1940年代に誕生した「クラスター」セッティングです。 

ある晩、絡み合うヒイラギの葉そのものによって形作られるクリスマス・リースを目にした彼は、ジュエリーのデザインも、ダイヤモンドそのもので決めるべきだと気づきました。

そこで、ペアシェイプ、マーキース、ラウンドなど異なるカットのダイヤモンドを組み合わせ、繊細なプラチナ台に完璧な角度でセットする技法を考案。

これにより、ジュエリーに生き生きとした、動きのある立体感が生み出されるとともに、あらゆる角度から光を捉えられ、ダイヤモンドの輝きが最大限に引き出されるようになったのです。

セレブ_5,ネックレス_4,ダイヤモンド_3,名品_5,ニューヨーク_5
リース・ネックレス © Harry Winston

現代のジュエリーデザインを根本的に変えることにもつながった、革新的な「ウィンストン・クラスター」。それはブランドを象徴するものであり、今日のハリー・ウィンストンのジュエリーデザインにも、多大な影響を与えています。

 ■ブランドのアイコン・定番アイテム

セレブ_6,イヤリング_2,ダイヤモンド_4,ニューヨーク_6
クラスター・イヤリング © Harry Winston

ハリー・ウィンストンの信念を体現した「クラスター・コレクション」は、1940年代の誕生以来変わることなく、厳格な基準により選び抜かれた、最高品質のダイヤモンドの輝きを最大限に引き立てるデザインです。

極細のプラチナワイヤーに緻密にセッティングすることで、まるで肌の上に直接ダイヤモンドが飾られているかのような印象を演出します。 

セレブ_7,指輪_3,ダイヤモンド_5,名品_6,ニューヨーク_7
エメラルドカットのクラシック・リング © Harry Winston

世界中の女性が憧れる、ハリー・ウィンストンのエンゲージメント・リング。中でもセンターダイヤモンドの両脇にテーパードバゲットダイヤモンドをセッティングした「クラシック・リング」は、タイムレスな魅力を発揮する代表的なリングです。

センターダイヤモンドには、ラウンドカットやオーバルカットなど、さまざまな種類がありますが、創始者ハリー・ウィンストンが最も愛し、ブランドロゴにも採用されているエメラルドカットは、とりわけ象徴的なデザインといえます。

高級時計_2,時計,ダイヤモンド_6,名品_7,ニューヨーク_8
HW アヴェニュー・クラシック © Harry Winston

1999年の登場以来、高い人気を誇る「HW アヴェニュー・コレクション」。レクタンギュラーケースの中には、ブランドが誕生した1930年代に最盛期を迎えていたアール・デコ時代の流麗なデザイン美学と、ハリー・ウィンストン五番街本店の建築要素が取り入れられています。ニューヨークの洗練を体現した、アイコニックなタイムピースコレクションです。

■ブランドを愛用するセレブリティーとエピソード

1944年のアカデミー賞授賞式にて、最優秀主演女優賞に輝いたジェニファー・ジョーンズにハリー・ウィンストンがジュエリーを貸し出した時から、ゴージャスなジュエリーを身にまとうレッドカーペットのスタイルが始まったといわれています。

「スターたちのジュエラー」と呼ばれるハリー・ウィンストンとハリウッドの関係は、レッドカーペットだけにはとどまらず、ヒッチコック監督の『汚名』や名作『卒業』など銀幕の中にも見ることができます。

また、『紳士は金髪がお好き』では、マリリン・モンローが「教えて、ハリー・ウィンストン! 私にダイヤモンドのすべてを!」と歌いました。

エリザベス・テイラーが所有していた69.42カラットのフローレス・ペアシェイプ・ダイヤモンドも、ハリー・ウィンストンが241カラットのダイヤモンド原石から生み出したもの。彼女が40歳の誕生日に、夫のリチャード・バートンから贈られたことから、このダイヤモンドは「テイラー・バートン」と名付けられたのです。

セレブ_8,ネックレス_5,ダイヤモンド_7,名品_8,ニューヨーク_9
「テイラー・バートン」ダイヤモンドのネックレスを着用したエリザベス・テイラー ©REX/アフロ

また、海運王として知られるアリストテレス・オナシスが、ジャクリーン・ケネディに婚約指輪として贈った40.42カラットのマーキースカットダイヤモンドや、英国女王エリザベス2世がサウジアラビアのハリド国王から贈られたダイヤモンドネックレスも、ハリー・ウィンストンのものです。

セレブ_9,ネックレス_6,ダイヤモンド_8,イギリス_1
ハリー・ウィンストンのダイヤモンドネックレスを着用した、英国女王エリザベス2世 ©Shutterstock/アフロ

■ブランドが取り組む社会貢献活動

セレブ_10,ダイヤモンド_9,ニューヨーク_10
「コート・オブ・ジュエルズ」でハリー・ウィンストンのジュエリーをまとった女性たち © Harry Winston

地域社会を支援し、困難な状況にある社会に貢献する活動は、創始者ハリー・ウィンストンの時代から続くブランドの伝統といえます。

その始まりは、1949年から1953年にかけて開催された「コート・オブ・ジュエルズ(宝石の宮廷)」の展示会です。「ホープ・ダイヤモンド」や「ヨンカー」などの貴重な宝石を披露しながらアメリカ各地を巡回、そこで集められた基金は、開催地で活動している慈善事業団体に寄付されました。

1958年に「ホープ・ダイヤモンド」をスミソニアン博物館に寄贈したことにも、「世界への贈りもの」という想いが込められています。そしてこの寄贈から50周年を記念して、「ホープ・ダイヤモンド」は期間限定で新たなセッティング「エンブレーシング・ホープ(希望を抱いて)」へと生まれ変わりました。

今日もこのダイヤモンドは、スミソニアン博物館のハリー・ウィンストン・ギャラリーに、永久展示されています。

ネックレス_7,ダイヤモンド_10,名品_9,ニューヨーク_11
1958年に寄贈された「ホープ・ダイヤモンド」 © Harry Winston
ネックレス_8,ダイヤモンド_11,名品_10,ニューヨーク_12
「エンブレーシング・ホープ(希望を抱いて)」のデザイン画 © Harry Winston

日本においても、創始者の精神を受け継いだ活動が行われています。2015年からは、東日本大震災の支援として「ツバキ・バイ・ハリー・ウィンストン」チャームの販売がスタートしました。

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)の問い合わせ先

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)の公式サイト

HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)のSNS