おしゃれでトレンド感満載のボブヘアカタログ&簡単にこなれるヘアアレンジ・ヘアセット方法をご紹介します。40・50代のためのおしゃれな大人ボブや、セットが手軽で簡単に華やぐパーマボブのカタログと共に、ボブヘアの簡単こなれアレンジやセット方法も、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】

40・50代におすすめの大人のおしゃれボブ


ナチュラルなラフさが魅力の「透け感ボブ」

毛流れが軽やか!やわらかい動きで魅了する今時ボブ
毛流れが軽やか!やわらかい動きで魅了する、今どきボブ。

「前髪をセンターで分けてしまうと額が出すぎて、顔全体が間延びした印象になってしまいます。前髪を左右どちらかに流して肌の面積を隠すのがポイント。流した毛先が頰上くらいになる長さで切ると顔のフレームが菱形になり、面長顔に見えません」(RamieGINZAマネージャー・加藤貴大さん)

前髪をサイドに流しても、根元がペタッと潰れていては清潔感のない老けた印象に。根元をしっかりと立ち上げて、ふわっとさせることも大切です。

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「つるんと収まった重たい印象のボブではなく、毛流れに動きをつけるのがこのスタイルの特長。動きの出にくいスタイルですが、あえて動かすと、ふわっと揺れる前髪の毛流れと融合して、こなれ感のあるラフな印象に仕上がります。全体にハイライトを入れているのもポイント。毛流れで陰影とメリハリが生まれ、ツヤ感もアップします」(加藤さん)

普通のボブは卒業!40代からは、ラフでナチュラルな今っぽ「透け感ボブ」

丸顔がスッキリ見える「ワンレンボブ」

大人可愛いボブスタイルは、みずみずしい束感と顔まわりの抜け感がポイント
大人可愛いボブスタイルは、みずみずしい束感と顔まわりの抜け感がポイント。

さまざまな世代から人気を集める「ワンレングスのボブスタイル」。40代からも「上品で美人に見える」「スタイリングが簡単」と、絶大な支持を誇っています。
ですが、丸顔さんの場合は別。「ワンレンボブは輪郭がより丸く見える」「丸顔にはハードルが高い」と敬遠している方も多いですよね。

「前髪を長めに設定し、顔のフレームを縦長に見せることで丸い輪郭が気にならなくなります。顔まわりとトップの毛束に動きを出せば、全体のシルエットが菱形になり、より輪郭から目線を外らすことができますよ」(ABBEY店長・菊地佑太さん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「髪の表面にレイヤーを入れて、顔まわりとトップの毛束に動きが出るようにカット。顔まわりとトップに動きがないと、丸い輪郭が強調されてしまうので、できるだけ軽い印象になるよう工夫しています」(菊地さん)

丸顔がシャープに見える!輪郭矯正「ワンレンボブ」

まとまりとツヤ感で若見え効果抜群の「菱形ボブ」

まとまりとツヤ感がフレッシュなエアリーボブ
まとまりとツヤ感がフレッシュなエアリーボブ。

「ベース型は顔が四角く見えやすいので、トップとサイドにボリュームを持たせて輪郭に丸みをプラス。すると、角ばった顔の印象からやわらかい女性らしい印象にシフトできます」(BEAUTRIUM表参道 ヘアスタイリスト・中高下由真さん)

シルエットを菱形にするだけでなく、髪の「まとまり」や「ツヤ」も40代には必要だと言います。

「マットベースにほんのりグリーンの効いたベージュでカラーリングしました。透明感だけでなく、まとまった時のツヤ感が魅力です」(中高下さん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「重たすぎるボブは、古臭い印象に直結することも。顔まわりとサイドにレイヤーを入れて、ふんわり動く毛束をつくり、今っぽい抜け感を演出しています。スタイリングで顔まわりを開けることも大切です」(中高下さん)

若見え効果抜群!まとまりとツヤのある「菱形ボブ」

たるみカバーも叶う「ウェーブボブ」

軽やかウェーブでショート風にも見える!変幻自在に印象チェンジができるボブ
軽やかウェーブでショート風にも見える!変幻自在に印象チェンジができるボブ。

40代からも人気がある前髪長めのボブスタイル。ですが、「いつもの髪型なのにしっくりこない」「ずっと同じ髪型なのに最近違和感がある」「髪型は変わっていないのに老けて見える気がする」と言った悩みを抱えていませんか?その悩み、実はエイジングサインが原因かも。

「髪全体のフォルムを菱形に作る。菱形にすることで輪郭にいきがちな視線をグッと引き上げ、キュッと引き締まった小顔に見せることができます。気になる面長顔もエイジングサインも目立ちません」(Cocoon スタイリスト・SHUNさん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「ベースはショートボブ。髪をストンとおろすと顔がより縦長に見えてしまうので、髪の表面と毛先にウェーブをプラス。全体のフォルムを菱形に見せています。ニュアンスがでるように髪の内側をカットしているので、コテで巻くだけでショートっぽい雰囲気にもなります」(SHUNさん)

たるんだ輪郭が引き締まって見える!面長さんの正解ボブヘア

輪郭を隠して小顔になれる「レイヤーボブ」

動く毛束でエラの張りをカバーする軽やかなレイヤーボブ
動く毛束でエラの張りをカバーする、軽やかなレイヤーボブ。

「髪の表面と毛先に動きをつけることで全体のフォルムが丸くなり、顔をコンパクトに、小顔に見せることができます。輪郭から視線を外らし、エラを目立たせない効果もありますよ」(ROI デザイナー・小西浩純さん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「肩ラインで平行にカットしつつ、ハチ上にだけレイヤーを入れて動きを出したボブベースのレイヤースタイル。レイヤーを入れることで、髪の表面だけ独立して動くように。前にも後ろにも流れる毛束を作ることで、軽やかに仕上げています」(小西さん)

エラ張り顔が小顔に激変!丸いフォルムの輪郭隠しボブ

パーマで作るおしゃれボブ


ラフさと色気が共存するパーマスタイル

ブローとコテで優雅な毛流れば大人の色気が纏える
骨格に合わせたカットとワンカールパーマで、360度どこから見ても美しいシルエットに。

「大人世代のボブは骨格や頭の型に合わせてカットすることが大切です。髪のウエイトを頰よりも上に設定するとフェイスラインがキュッとリフトアップ。ボリュームゾーンをサイドに持ってくれば面長顔が綺麗な卵型になります」(air-AOYAMA副店長・小宮佑介さん)

さらにパーマを組み合わせると、より洗練されたシルエットになるのだそう。

「強めのウェーブは老け見えの原因に。毛先にカールが付くくらいのパーマがオススメです。特にボブなどの短いレングスは、カットでしっかりとウエイトを上げておかないとバランスが取れず、パーマが活きてきません。カットとパーマのバランスが重要になります」(小宮さん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「長めの前髪をそのまま下ろしてしまうと面長顔を強調させるだけでなく、老けた印象にもなってしまうので、根元からしっかりと立ち上げるのがポイント。毛先のカールが頰にかかるくらいの長さに設定すると顔のフレームが菱形になり、より小顔に見えます」(小宮さん)

【40代のボブスタイル】面長顔が小顔になる骨格矯正カットとは?

強めのウェーブでも古臭くないパーマスタイル

エッジの効いた「パーマ」と「かき上げ前髪」が今っぽい!
エッジの効いた「パーマ」と「かき上げ前髪」が今っぽい!

「強いウェーブのパーマヘア」と聞くと、ひと昔前のソバージュを思い浮かべる方も多いのでは?とくに40代は、「古臭くなる」「オバさんに見えるのでは?」とビクビクしてしまいますよね。

「根元から均等にパーマをかけて全体的にボリュームを出しています。頭頂部が潰れやすい、髪の量が少なくなった、という大人の女性にすごくオススメです。前髪をかき上げると、今っぽいカジュアルさ、大人の余裕も生まれます」(ZACC raffine 店長・湯淺星悟さん)

サイド
サイド
バック
バック

【How to style】

「ベースは台形フォルムの顎ラインボブ。全体的に軽くしてしまうとカジュアルになりすぎるので、毛先の方に少し重さと量を残し、台形にカットしています。表面の髪を短くカットし、レイヤーを入れているので、パーマをかけた時に根元から立ち上がります」(湯淺さん)

【古臭くない40代のパーマスタイル】正解は「強めウェーブ」と「かき上げ前髪」

ボブのおしゃれヘアアレンジ


広がる髪をおしゃれにまとめる「ハーフアップ」アレンジ

毛束を交差させるひと手間でメリハリのあるスタイルに!
毛束を交差させるひと手間でメリハリのあるスタイルに!
サイド
サイド
バック
バック

【How to アレンジ】

アレンジ前
アレンジ前
1:耳より上の髪をひとまとめにして、ゴムで束ねる
耳より前にある顔にかかる髪は「後れ毛」として残すので、束ねないこと。
耳より前にある顔にかかる髪は「後れ毛」として残すので、束ねないこと。
2:束ねたゴムを挟んだ左右から各1束ずつ毛束をとる
束ねていない下半分の髪から、ひとつまみずつの毛束を取る。
束ねていない下半分の髪から、ひとつまみずつの毛束を取る。
3:ゴムを隠すように2本の毛束を交差させる
大きな毛束を包むように2本の毛束を交差させる。
大きな毛束を包むように2本の毛束を交差させる。
4:2本の毛束の先端をアメピンで留める
2本の毛束を大きな毛束の下で1つにまとめ、ピンが見えないように留める。
2本の毛束を大きな毛束の下で1つにまとめ、ピンが見えないように留める。
5:結び目を抑えながらひとつまみずつ毛束を引き出す
結び目を中心に放射状を描くように5~6か所を目安に毛束を引き出す。
結び目を中心に放射状を描くように5~6か所を目安に毛束を引き出す。

広がる髪がおしゃれにまとまる「ハーフアップ」の作り方とは?

こなれ感のある「大人のひとつ結び」アレンジ

ラフでこなれ感のあるひとつ結びで老け見え回避!
ラフでこなれ感のあるひとつ結びで老け見え回避!
サイド
サイド
バック
バック

【How to アレンジ】

アレンジ前
アレンジ前
1: 手ぐしでゆるっとまとめてひとつ結びにする
手ぐしでざっくりと集めた髪をひとつ結びにする。
手ぐしでざっくりと集めた髪をひとつ結びにする。
2: 頭頂部の毛束をつまんで引き出す
トップに高さを出すイメージで引き出す。毛束は全方位へ細かくつまむイメージで。
トップに高さを出すイメージで引き出す。毛束は全方位へ細かくつまむイメージで。
3: 生え際に沿って後れ毛を細かく出す
結んだ毛束を抑えながら、耳裏、襟足を少しずつつまんで引き出す。生え際に沿って引き出していくと綺麗にまとまる。
結んだ毛束を抑えながら、耳裏、襟足を少しずつつまんで引き出す。生え際に沿って引き出していくと綺麗にまとまる。
4: コテで後れ毛にニュアンスをつける
コテは19mmを使用。25mm以下のできるだけ細いものを使って。後れ毛の中間から毛先にかけて外巻き、内巻きとMIXに。
コテは19mmを使用。25mm以下のできるだけ細いものを使って。後れ毛の中間から毛先にかけて外巻き、内巻きとMIXに。
5:毛先をワックスで散らす
ワックスは硬めのキープ力のあるものを使用。量は少し多めに、親指の爪くらいの大きさがベスト。まとめた毛先をつまみながらワックスをつけて動きを出す。仕上げに、後れ毛にもワックスをつけて。
ワックスは硬めのキープ力のあるものを使用。量は少し多めに、親指の爪くらいの大きさがベスト。まとめた毛先をつまみながらワックスをつけて動きを出す。仕上げに、後れ毛にもワックスをつけて。

老け見え防止!疲れたおばさんに見えない「簡単ひとつ結び」

ボブのおしゃれヘアセット


カーラーとコテでまとまりのあるスタイルに

カールで頭頂部に高さをプラスし、毛先のワンカールで菱形シルエットに
カールで頭頂部に高さをプラスし、毛先のワンカールで菱形シルエットに
サイド
サイド
バック
バック

【How to セット】

スタイリング前
スタイリング前
1: 前髪と頭頂部をカーラーで巻く
前髪は短い髪だけ。トップは分け目の毛流れに沿わせるように巻くのがポイント。正面から見たときにカーラーが横向きになっていればOK。
前髪は短い髪だけ。トップは分け目の毛流れに沿わせるように巻くのがポイント。正面から見たときにカーラーが横向きになっていればOK。
2: 全体の毛先をコテで内巻きにする
コテは32mmを使用。毛束は多めに取るとまとまりとツヤが出る。巻き終わったら前髪とトップのカーラーをオフ。
コテは32mmを使用。毛束は多めに取るとまとまりとツヤが出る。巻き終わったら前髪とトップのカーラーをオフ。
3:スタイリング剤を毛先に揉み込む
バームとオイルを1:1で混ぜたものを手のひらになじませて毛先にオン。
バームとオイルを1:1で混ぜたものを手のひらになじませて毛先にオン。

「スタイリング剤はキープ力のあるバームとツヤが出るオイルを1:1で混ぜたものがオススメ。髪の乾燥や広がりが気になる方はオイルを少し多めにしてもいいかも。艶やかでみずみずしい印象に仕上がります」(BEAUTRIUM 265スタイリスト・勝永智基さん)

頬骨・エラ張りを矯正できると話題!菱形シルエットの「内巻きボブ」とは?